大石昌良のギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

ぎたすけ

ギターだけとは思えない、すごい演奏力だな

たけしゃん

ほんと、ギターも歌もすごすぎて弾き語りってこんなことまでできるのかって驚いちゃうよ
この記事でわかること
  • 大石昌良さんについて
  • 大石昌良さんの使用機材
  • 大石昌良さんの弾き語りの特徴

大石昌良

  • 1980年生まれ
  • 2001年9月にSound Scheduleとしてデビュー
  • 2007年からソロ活動開始

アコースティックギターの可能性を無限に引き出す、弾き語りプレイヤー。

 

アニソンやらMC業をやるときは名義がオーイシマサヨシに変わります。

一応、大石昌良さんとは親せきという設定。オーイシマサヨシさんの時は黒縁メガネをかけています。

 

大石さんは毎年、「弾き語りラボ」というアコギ弾き語りのライブツアーを開催しています。

弾き語りのシンガーソングライターで日本一になるという目標もあり、弾き語りへの思い入れが強いアーティストです。

影響を受けたアーティスト

ビートルズ、オアシス、サイモン&ガーファンクルなど。

往年の洋楽サウンドに強い影響を受けています。

 

他にも90年代のJ-POPやら、昔のアニソンにも強く影響を受けていると答えており、邦楽・洋楽問わずに色んなジャンルの音楽を聴いていることで幅広い音楽性が作られているようです。

代表的な楽曲

どれか微妙なところですが、僕の中では「君じゃなきゃダメみたい」です。

動画はギター弾き語りverですが、端的に大石さんの弾き語りプレイの特徴を表している楽曲です。

 

ギタープレイからもファンキーな楽曲が目立ちますが、アルバムを通して聞くと定番J-POPからJAZZテイストな曲まで幅広いです。

 

ライブ演奏では盛り上がる楽曲中心に演奏されていますが、時折入るPOPな楽曲がアクセントになっています。

 

アニソンではファンキー色が強くなり、大石昌良さん名義だとPOPSの色が強め…という感じですね。

使用機材

たけしゃん

大石昌良さんのパーカッシブなプレイを支える機材を細かく解説してきます!

アグレッシブなギタープレイが多い、大石昌良さん。

使用機材が気になる方も非常に多いのではないでしょうか?わかる範囲で細かく記載していきます!

アコースティックギター

  • YAMAHA LS36 ARE

YAMAHAの高級ギター Lシリーズの中でも人気なLS36

小ぶりなボディでレスポンスが良いため、フィンガースタイル・テクニカルなプレイに人気な機種です。

大石昌良さんのプレイスタイルとマッチするギターといえます。

 

更に大石さん仕様としては弦高をかなり下げていると推測されます。

フィンガーピッキング向けに特化された仕様にしているため、同じような音質にしたい方はギター工房に行って相談してみましょう。

MEMO
工房に弦高下げを依頼する際は1音下げチューニング(大石さんが良く使う)を良く使うことも伝えましょう

ピックアップは少し変則でYAMAHA初期装備のSYSTEM41(ピエゾ&マイクのデュアル)からピエゾを抜き取って、代わりにSUNRIZE S-2というマグネットタイプのピックアップを入れています。

SUNRIZE S-2は弦を叩く打音をきれいに拾うため、押尾コータローさんなどパーカッシブなソロギタリストがよく利用しています。

大石昌良さんもパーカッシブな演奏が多いため、あえてピエゾから入れ替えているのでしょう。

 

ストロークで鳴らすと箱鳴りして生感がありますが、パーカッシブなプレイではジャキジャキな音に仕上がっています。

弾き語りにこだわっているだけあって、ファンク系もPOPS系もバッチリな素晴らしい音の仕上がりです。

YAMAHA LS36 ARE

SUNRIZE S-2

エレキギター

  • フェンダーシンライン

ライブで見ることは少ないですが、黄色のフェンダーシンラインを使用されています。

主にはレコーディング使用とのことです。

 

エフェクターはディレイ、ディストーション、オクターバー、トレモロ、ワウといった定番ものが中心。

アコギ用機材

アコギのアイテムも、しっかり実用性を踏まえて選ばれています。

機材ではないですが、爪を使ったプレイも見逃せないため、爪についても解説していきます。

大石昌良さんは基本的にピックは使わずに爪で演奏されています。

普通に弾くと爪が割れてしまうため、グラスネイルを使って爪を補強されています。

大石さんくらいのアグレッシブなプレイだとベースコートだけ塗っても全然無理です。

ツイートの通り、二重にしてやっと耐えられるくらいです。

ちなみに三重にしても良いですが、うまく塗らないとヒビ入ったり、剥がれたりと逆に脆くなります(僕の経験談)。

 

グラスネイルを使ってもストロークだと爪が割れるため、親指でカバーしながら弾き、かつストローク曲がライブ全体の1割程度になるよう比率を抑えているそうです。

関連記事

ギタリストの爪強化におすすめ!グラスネイルの使い勝手をレビューする

ギタリストの爪強化におすすめ!グラスネイルの使い勝手をレビューする

ピック

ピックはジムダンロップのウルテックススタンダード トライアングル型の.73ミリ

基本は爪ですが、爪で出せない固めの音が欲しいときに使用されるそうです。

 

具体的にはバンドアレンジのアコギやギターソロで使用するとインタビューで回答されています。

アコギ弦

Elixir(エリクサー)のフォスファーブロンズ カスタムライトを使用されています。

弦高も結構下げており、弦も細め。

 

テクニカルなプレイをすることが多いため、弾きやすさを重視されているように感じます。

 

チューニングを1音下げにしていることが多いのですが、弦高下げてカスタムライトだとビビりやすいです。

ギリギリの線で調整されているように思います。

関連記事

寿命が長いギター弦 Elixir(エリクサー)の種類とおすすめのポイントを解説する

寿命が長いギター弦 Elixir(エリクサー)の種類とおすすめのポイントを解説する

カポタスト

G7TH PERFORMANCE 2 CAPOを使用されています。

握るだけで装着できて、取り外しも楽。握力がない方でも簡単につけられます。

 

このカポはチューニングがずれにくく、装着後の音質もよいため評判が良い。

また、スクリュータイプですが未使用時にはギターヘッドにつけられるため、ポケットがない服を着る方も収納場所に困りません。

関連記事

ギター用カポタスト G7TH PERFORMANCE CAPO2をレビューする

ギター用カポタスト G7TH PERFORMANCE CAPO2をレビューする

チューナー

チューナーはクリップ型でKORG Sledgehammer Pro

ピッチ検出はピエゾ。測定モードは「クロマチック」「ハーフストロボ」「ストロボ」の3つに対応。周波数も436~445Hzで変更可能。

 

チューナーとして必要な機能は揃っており、見た目もカッコイイモデルです。

コンデンサーマイク

  • ノイマン TLM 102
  • ペルーソ22 47LE

主には2本使用されており、ニコ生などのライブ配信でボーカルマイクで使われているのはノイマン TLM 102

軽量で扱いやすく、音質もクリア。

EQ調整しなくても、ある程度バランスの良い音で録れる優れもの。

 

本格的なレコーディングではペルーソ22 47LEを使用されています。

このマイクは往年の名器ノイマン U47の復刻版として製作されたコンデンサーマイクです。

大石さんはボーカル・アコギ共にペルーソ22 47LEを使用されています。

ノイマン TLM102

ペルーソ22 47LE

関連記事

コンデンサーマイク NEUMANN(ノイマン) TLM102をレビューする

コンデンサーマイク NEUMANN(ノイマン) TLM102をレビューする

弾き語りについて

弾き語り難易度
ギター
(5.0)
(5.0)
総合評価
(5.0)

歌もギターも全部難しいです!

大石さんの持ち味であるファンクな楽曲では歌・ギター共にグルーブが非常に重要。

 

グルーブを出しながら、歌ではかなりの高音やロングトーンが求められ、ギターではテクニカルプレイが続きます。

安定した演奏をするためにはかなりの練習量が必要になるでしょう。

ギター

まず、爪ですが伸ばさなくても同じプレイはできます。

ただ、本人のような輪郭のある固い音を出したいなら右手の爪を伸ばして補強しましょう。

 

そして、見てわかる通りギターの難易度は非常に高いです。

様々な奏法を駆使してリズムの作り方も複雑。

 

ここでは大石さんのようなギタープレイをやるために知っとくべき奏法を3つ解説していきます。

  • スラップ
  • スラム奏法
  • ギャロップ奏法

スラップ

ベースで良く使われるテクニックですね。チョッパーとも呼ばれます。

スラップの弾き方は主に2通り。

  1. 親指で弦を叩いて発音させる
  2. 人差し指 or 中指で弦を引っ張って叩き付けて発音させる

大石昌良さんの場合は②がメインですね。

山崎まさよしさんがたまに見せるスラップは①がメイン。

 

このテクニックを活用すると一気にファンクっぽくなります。

動画と連携した雑誌

スラム奏法

大石昌良さんのギタープレイには欠かせないスラム奏法。

アコギの弦や本体を叩きながら演奏することでパーカッシブなギタープレイにするものです。

 

大石さんほど複雑なプレイは珍しいですが、弾き語りで使用される頻度も多い奏法です。

シンプルに打音を入れるところから始めて、慣れて来たら細かく刻んでみると良いでしょう。

動画と連携した雑誌

ギャロップ奏法

親指でベース音を弾いて、人差し指や中指で和音を弾くことを交互に繰り返す奏法。

カントリーなどで良く使われますが、POPS系で使われるものとは若干違う感じです。

 

大石さんのスタイルだと<ベース音⇒スネア音>と解説されており、スネア音は弦を弾いて音を出してドラムのスネアに近い音を出しています。

 

更に裏拍に音を入れたり、プルでパーカッシブな演出をしたり…と複雑な構成で演奏を作っています。

プル
弦を引っ張ってハジく奏法

ギャロップ奏法はジョン・メイヤーの曲などにも登場しますので、覚えておくと色々使えます。

…が裏拍に細かいフレーズが入っており、難しい。

動画と連携した雑誌

難易度激高だが得るものも多い

ここまで解説した奏法を中心に多様なプレイスタイルを用いています。

弾き語り歌うのが、相当難しい。

 

逆に大石昌良さんの楽曲を何曲か完コピできれば、プレイの幅も相当広がります。

努力する価値はある楽曲ばかりです。

ギターにばかり目がいきますが、歌も実は相当難しいです。

ここでは下記の3点を中心に大石昌良さんのボーカルを解説していきます。

  1. 楽曲の特徴(キーなど)
  2. リズム
  3. メリハリ

楽曲の特徴

表声の最高音はHi A~Hi Bが多いです。たまにHi Cが登場します。

ファルセットとの切り替えも多く、全体通してキーが高い楽曲が多め。

 

高音のロングトーンも多用されるため、歌いこなすためにはボーカルとしての基礎体力が高いレベルで求められます。

 

加えて「リズム」や「メリハリ」といったテクニック面も非常に難しいため、本人のように歌いこなすのは相当大変です。

リズム

ギタープレイでわかるようにファンク調な楽曲が多いです。

更にギター演奏が凝っており、裏拍にゴーストやプルで印象付けたフレーズが入っていたりします。

 

ボーカルも裏拍を意識してグルーブを出せないとギターとバラバラ感が出て、演奏全体がゴチャっとした感じになってしまいます。

 

特に16分のクイが入っているところが多いので、しっかりアクセントを載せれるようにボーカルのリズムを意識しましょう。

 

練習曲としては「君じゃなきゃダメみたい」が良いですね。

全体通して16分でクってるポイントが多いです。

あのギターを弾きながらリズムを載せるのが、めっちゃむずいです(苦笑)

メリハリ

大石昌良さんはボーカルのダイナミクスが激しいです。

ささやくようなシングライクトーキング的なボーカルから張り上げる高音まで…。

 

弾き語りだと楽器の音数がボーカル・アコギしかないので、ダイナミクスは重要な要素です。

 

ボーカルのダイナミクスを大きくするには大きい音より小さい音が重要。

大石昌良さんがささやくようなボーカルを演出するときは「ほぼ吐息レベル」くらいまで落としています。

 

…といっても、素人がそこまで思い切りやると事故ることが多く難しいもの。

まずは練習で極端なくらい思い切りやってみた時のバージョンを録音して、そこから微調整して仕上げるようにしましょう。

おすすめの音源とギタースコア

CD

おすすめCDは迷わず「弾き語りラボ」です。

人気楽曲を中心に全編ギター弾き語りで構成されています。

 

入門編としても適していますし、卓越した弾き語りに酔いしれたい方にも最適な1枚です。

関連記事

大石昌良の弾き語りラボ CDレビュー

…ただし、大石昌良さんのギタープレイを耳コピする目的ならCDはおすすめしません。

プレイが複雑なので、どんなふうに弾いているのか目でも見えないとついていけないからです。

DVD

大石昌良さんの演奏を耳コピしたい方はDVD「大石昌良の弾き語りラボツアー2015 東京公演」がおすすめ。

 

大石昌良さんは演奏もすごいですが、ライブ造りもほんとに素晴らしいです。

弾き語りでここまで楽しく盛り上がれるライブは他にはないですよ。必見です。

ギタースコア

バンドスコアなのですが、大石昌良さんパートのアコースティックギターはそのまま弾き語りでも使える楽譜になっています。

 

「ようこそジャパリパーク」「枕男子」「君じゃなきゃダメみたい」を完コピしたい方にはおすすめ。

 

…ですが、どれも難しいので中級者になってから買うことをおすすめします。

終わりに

ぎたすけ

改めてみると、すんごい難しそうだなぁ

たけしゃん

そうだねぇ。ただやりがいあるし、大石昌良さんみたいな人がいると弾き語りの世界が広くなるから嬉しいよね

大石昌良さんの解説記事でした!

なかなか、マネできない高等テクニックが目白押しでしたが…完コピにチャレンジしたいアーティストですね。

 

大石昌良さんのプレイを見ると弾き語りの可能性を感じますよね。

ほんとギター1本とは思えない充実さ。

 

ライブに行くとMCやオーディエンスの巻き込み方が上手くて、弾き語りなのに物凄く盛り上がりますしね。

今後も弾き語りシンガーソングライターの業界をどのようにけん引していってくれるのか、非常に楽しみなアーティストです。