アコギのギターメーカーをまとめて、メーカーごとの特徴や代表的なギターを解説

ぎたすけ

ギブソンとかマーチンのことだよな?

たけしゃん

そうだよ。有名どころからマイナーだけど良いギターを出しているメーカーまで色々紹介していくよ
この記事でわかること
  • 各ギターメーカーの特色
  • 各ギターメーカーの使用者
  • 各ギターメーカーのおすすめギター

Gibson(ギブソン)

たけしゃん

アコースティックギターメーカーの老舗。往年のスターが使っていたギターが多数存在します
  • 1902年設立
  • 本社はアメリカのナッシュビル
  • 代表的なアコースティックギターはJ-45

アコースティックギターの代表的なメーカー、Gibson(ギブソン)。

エルヴィス・プレスリー、ビートルズ、ボブ・ディラン…といった往年のスターが使ってきた憧れのブランドです。

以前は山野楽器が国内正規代理店でしたが、現在は日本法人のギブソン・ジャパンが実施しています。

 

Gibson(ギブソン)のギターはサイド&バッグの木材にマホガニーを使っているものが多いです。

サドルもアジャスタブルサドルと呼ばれる、形状が特殊なものを使っており、ジャキジャキした無骨な音色が特徴。

 

新品も人気ですが、1960年代ものを中心に中古のヴィンテージギターが人気。

有名プロアーティストでもヴィンテージギター使用者が多いです。

 

ロックギターやブルースといったジャンルに強い傾向があり、バンドボーカルやブルースよりの弾き語りプレイヤーから特に好まれているメーカーです。

ギブソンの使用者

  • 井上陽水
  • 植村花菜
  • 大橋卓弥(スキマスイッチ)
  • 大橋トリオ
  • 奥田民生
  • 北川悠仁(ゆず)
  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • 斉藤和義
  • 桜井和寿(Mr.Children)
  • 清水依与吏(back number)
  • 野田洋次郎(RAD WIMPS)
  • 秦基博
  • 藤巻亮太(レミオロメン)
  • 藤原 基央(BUMP OF CHICKEN)
  • 堀込高樹(KIRINJI)
  • Nakajin(SEKAI NO OWARI)
  • 福山雅治
  • 星野源
  • 宮田和弥
  • miwa
  • 山崎まさよし
  • 吉田拓郎

たけしゃん

たくさんいすぎて書ききれないです!

ギブソンの詳細記事

Gibson(ギブソン)のギターを徹底解説しておすすめのアコギを紹介する

Gibson(ギブソン)のアコギを解説して、おすすめギターを紹介する

おすすめのGibson(ギブソン) J-45

Gibson(ギブソン)ギターの代名詞と言えば、何といってもJ-45

ラウンドショルダーと呼ばれるGibson(ギブソン)を代表するギターの形。

 

低音もスッキリしており歌ものと合うため、バンドボーカルの使用者が特に多い機種です。

2018verだと初期装備でL.R. Baggs Element VTCが内蔵されているエレアコ仕様になっています。

 

音やルックスも魅力的ですが、J-45という圧倒的な知名度を自身の活動に活かすことも可能。

miwaさんがデビュー当初は小柄なルックスとJ-45の印象をギャップとして活かしたように自身のセルフプロデュースという観点でも有効活用できるかもしれません。

関連記事

Gibson J-45とはどんなギターなのか?年代別でJ-45の仕様を解説 -有名アコギ解説シリーズー

J-45 解説Gibson(ギブソン) J-45とはどんなギターなのか?年代別でJ-45の仕様を解説 -有名アコギ解説シリーズー

Martin(マーチン)

  • 1833年設立
  • 本社はアメリカのナザレス
  • 代表的なアコースティックギターはDー28

200年近く続く、アコースティックギターの老舗。Martin(マーチン)。

エリック・クラプトン、ジョン・メイヤーをはじめ、数々の名プレーヤーから愛されるギターメーカーです。

国内正規代理店は黒澤楽器。

 

Martin(マーチン)にはDシリーズ、Oシリーズがあり、木材もローズウッド、マホガニーそれぞれで有名ギターが存在します。

どんなギターもオールマイティに扱っているギターメーカーです。

 

高級ギターの代名詞となってきたMartin(マーチン)ですが、最近で10万円程度のギターも積極的に販売。

ミニギターも販売しており、エド・シーランがMartin(マーチン)のミニギター「リトルマーチン」をメインギターで使用しています。

Martinの使用者

  • 植村花菜
  • エリック・クラプトン
  • 大橋卓弥(スキマスイッチ)
  • 草野マサムネ(スピッツ)
  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • 斉藤誠
  • 坂崎幸之助(アルフィー)
  • 桜井和寿(Mr.Children)
  • 清水 依与吏(back number)
  • ジョン・メイヤー
  • スガシカオ
  • 玉置浩二
  • 藤原さくら
  • 堀込 泰行(キリンジ)
  • ポール・マッカートニー
  • 森山直太朗
  • 森山良子
  • 山本彩

たけしゃん

マーチンも、たくさんいすぎて書ききれない!

マーチンの詳細記事

Martin(マーチン)のギターを徹底解説しておすすめアコギを紹介する

Martin(マーチン)のアコギを解説して、おすすめギターを紹介する

Martin(マーチン)のおすすめギター D-28

ギブソン J-45と並ぶ、アコースティックギターの代名詞。Martin(マーチン) D-28です。

アコースティックギターの基本形であるドレッドノート型の中でも一番人気がある機種。

 

D-28は様々なギターの基礎となっており、D-28を基準に作られているギター、レプリカモデルなども数多く存在します。

トップ材:スプルース、サイド&バッグ:ローズウッドという組み合わせで煌びやかで温かいサウンド。

 

プロの使用者も非常に多く、日頃音源で聴いているアコギの音を再現できるギターです。

関連記事

Martin D-28とはどんなギターなのか?年代別にD-28の仕様を解説 -有名アコギ解説シリーズー

Martin D-28 解説Martin(マーチン) D-28とはどんなギターなのか?年代別にD-28の仕様を解説 -有名アコギ解説シリーズー

Martin(マーチン)のおすすめギター LX1

Martin(マーチン)のミニギター、リトルマーチンことMartin LX1

この価格帯でMartin(マーチン)の音を作っている、脅威のミニギター。

 

サイズ感が通常のギターの2/3程度。

1/3小さくなっただけで、部屋での使いまわしや電車移動が驚くほど楽になります。

 

初めて買うギターとしても優秀ですし、メインギターにもできます。

僕のようにサブギターで使うのにも便利。

 

…と自由度が高く、色んな使い方が可能な万能ギターです。

エレアコ仕様のLX1Eも発売されているため、自身の用途に合わせて選択しましょう。

LX1(アコギ)

LX1E(エレアコ)

関連記事

使えるミニギター!リトルマーチンを解説し、Martin LXMをレビューする

リトルマーチン使えるミニギター!リトルマーチンを解説し、Martin LXMをレビューする

YAMAHA(ヤマハ)

  • 1946年よりギター製造業を開始
  • 本社は静岡県浜松市
  • 代表的なアコースティックギターはLシリーズ

国産ギターメーカーの最大手、YAMAHA。

ピアノ、オルガン、ハーモニカや音響設備も販売しており、総合楽器店といったメーカーです。

 

アコースティックギターも1946年から販売されており、初心者からプロまで幅広いユーザーが存在します。

価格帯も1万円台から数十万円まで…と非常に幅広いこともYAMAHAの特徴です。

 

昨今では特に女性シンガーソングライターの使用者が多く、10万円前後で販売されているAシリーズ(エレアコ)はプロ・アマ問わずに人気の製品です。

 

安心、安定のYAMAHA…というイメージですが、ギター名手の使用者も多くブランド力は今もなお成長中と言えるでしょう。

YAMAHAの使用者

  • 阿部真央
  • 井上苑子
  • 大石昌良
  • 竹原ピストル
  • Char
  • 中島みゆき
  • ななみ
  • MADOKA(たんこぶちん)
  • miwa
  • 矢井田瞳
  • 山崎あおい
  • yui
  • 弓木英梨乃(KIRINJI)
  • 吉澤嘉代子

YAMAHA(ヤマハ)のおすすめギター AC3M

YAMAHAのAシリーズよりエレアコ AC3Mです。

Aシリーズは10万円前後の価格帯ですが、品質は高く初中級者からプロを目指すユーザーまで誰にでも薦められるギターになっています。

 

AC3Mは10万円という価格間でプロユーザーが多数います。

AC3Mの使用者

  • 中島みゆき
  • MADOKA(たんこぶちん)
  • 山崎あおい
  • 弓木英梨乃(KIRINJI)

それも納得な音質のバランス、非常に弾きやすいギターです。

 

YAMAHA独自のSRT(Studio Response Technology)というピックアップシステムを適用。

エレアコとしてもピエゾに空気感が足された自然鳴りを再現してくれます。

YAMAHAの詳細記事

YAMAHA(ヤマハ)のギターを徹底解説して、おすすめアコギを紹介する

YAMAHA(ヤマハ)のアコギを解説して、おすすめギターを紹介する

Taylor(テイラー)

 

  • 1974年設立
  • 本社はカリフォルニア
  • 2014年にアメリカでのシェア率No.1メーカーとなった

品質の高い、カッタウェイモデルのエレアコで定評のあるテイラー。

アメリカを中心に人気が出始め、2014年に全米シェア率No.1のギターメーカーに成長しました。

国内正規代理店は山野楽器です。

 

ギターの型番は3つの数字とアルファベットで記載されています。

(例)814ce

日本では2008年から山野楽器が国内正規代理店になり、本格的に楽器店に並ぶようになりました。

ここ数年で使用者も相当増えた印象です。

 

ギターの個体差がなく、安定した品質。

ピックアップにはテイラー独自のESシステムを導入。

通常のピエゾやマグネットよりも自然な音質でギターの打音もきれいに拾ってくれます。

 

エレアコとしての完成度が非常に高く、プロアーティストでもライブギターとして活用している方がたくさんいます。

Taylorの使用者

  • 家入レオ
  • 大橋卓弥(スキマスイッチ)
  • 押尾コータロー
  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • ジェイソン・ムラーズ
  • スガシカオ
  • 高野寛
  • テイラー・スウィフト
  • 福山雅治
  • 山崎あおい

おすすめのTaylor(テイラー)ギター 314ce

テイラーギターの中でも使用者が多い、314CE

価格帯的に20万円台で優秀なエレアコって意外に選択肢が少ないんですよね。

その中で214CE314CEあたりが本命になってくるので、プロ・アマ問わず使用者が多いです。

 

木材はトップにシトカ・スプルース、サイド&バッグはサペリ。

ピックアップはTaylor独自のES2と呼ばれる3つのセンサーで音を拾うタイプのものを適用しています。

 

テイラーのギターは700番台までいかないと生音はイマイチ。

ですが、エレアコとしての音質は抜群。

ライブギターとしてガンガン使っていきたい方にはおすすめのメーカーです。

テイラーの詳細記事

テイラー(Taylor)のギターを徹底解説しておすすめのアコギを紹介する

テイラー(Taylor)のアコギを解説して、おすすめギターを紹介する

ヤイリギター(K.Yairi)

  • 1935年設立
  • 本社は岐阜県可児市
  • 品質の高い国内メーカー。永久保証などサポートが充実

製品の品質が高いことで有名な国内メーカー、ヤイリギター(K.Yairi)です。

MEMO
S.Yairiは全く別の会社です

ヤイリギターは機械製作部分を最小限に抑え、大量生産はせずに30人ほどの職人が手作業で1本ずつギターを制作しています。

カスタムショップもあり、オーダーメイド型でのギター発注も可能。

 

代表的なメーカーはマーチンギターを基調に制作されているDYシリーズ(ドレッドノート)とYFシリーズ(スモールボディ)。

質はマーチンに負けておらず、価格はワンからツーランク下がる脅威のシリーズです。

 

保証についても、永久保証が採用されています。

MEMO
各種調整、消耗品の交換・修理、経年劣化や人災・天災などに起因する不具合等は有料修理です

永久保証といっても、製品の不良以外は有償なのですが有償修理も安いことで有名。

長く使ってほしいというメーカー方針で不可能な状況でない限りは修理してくれます。

 

楽器店でのギタークリニックイベントも開催されており、職人仕事にこだわる姿勢やアフターケアの充実からファンが多いギターメーカーです。

ヤイリギターの使用者

  • 浅井健一
  • 桑田佳祐
  • サキタハジメ
  • 島袋優(BEGIN)
  • 星羅
  • 長渕剛
  • ハナレグミ
  • 橋本絵莉子(元チャットモンチー)
  • 向井秀徳
  • 矢井田瞳
  • 山根万理奈

おすすめのヤイリ(K.Yairi)ギター DY-28

ヤイリギター伝統のスタンダードシリーズからDY-28

見た目からも想像できますが、マーチン D-28を基にして作られたギターです。

 

木材も「スプルース × ローズウッド」。

基本的な造りや品質は本物に負けていないのに、値段が本物より10万円近く安いという驚異のギター。

 

ヤイリギターって品質の割に安いので、もっと有名でもおかしくないんだよなぁ…と感じます。

10万円台、20万円台で良いギターを探すならヤイリギターは相当強いので覚えておきましょう。

K.Yairiの詳細記事

K.Yairi(ヤイリギター)のギターを徹底解説して、おすすめアコギを紹介する

K.Yairi(ヤイリギター)のアコギを解説して、おすすめギターを紹介する

Takamine(タカミネ)

Takamine DMP551C

  • 1962年設立
  • 本社は岐阜県中津川市
  • 日本で初めて本格的なエレアコを発売したメーカー

エレアコで有名な国内メーカー、Takamine(タカミネ)。

日本国内で初めてエレアコを発売したメーカーでピックアップやプリアンプを独自に開発しています。

 

10万円前後のエレアコが豊富。

学生がアルバイトをしてお金を貯めてエレアコを買いたい!…となるとメインの選択肢になってくるギターメーカーです。

 

エレアコは100シリーズ~800シリーズまでラインナップがあり、どれもピックアップとプリアンプがギター本体に内蔵されています。

Takamine ボディサイズ

使いやすいサイズは200シリーズ、700シリーズ、800シリーズあたりですね。

 

ギター本体に内蔵されているプリアンプは3種類ありますが、どれもチューナーやEQが付いておりライブ仕様になっています。

Takamine ピックアップ

プロアーティストではサブギターとして使っている方が多く、アマチュアミュージシャンで使用者が多いメーカーです。

Takamineの使用者

    • AMEMIYA
    • 大原櫻子
    • 岡崎倫典
    • 押尾コータロー
    • 川本真琴
    • 小渕健太郎(コブクロ)
    • さだまさし
    • 佐野元春
    • 長渕剛
    • 福山雅治
    • 松山千春
    • 南こうせつ

Takamine(タカミネ)のおすすめギター PTU121C

PTU121C

やや小さめのボディでTakamine(タカミネ)の中でも安いエントリーモデルになる、PTU121C

10万円未満で買える貴重なエレアコです。

 

木材はトップ:メイプル、サイド&バック:ナトーとなっています。

ナトーはマホガニーの代替として用いられる木材です。

 

ピックアップ・プリアンプが内蔵されており、プリアンプにはチューナーも内蔵されています。

10万円未満でライブ即戦力の貴重なエレアコです。

Takamineの詳細記事

Takamine(タカミネ)のギターを解説して、おすすめのアコギを紹介する

Takamineの解説Takamine(タカミネ)のアコギを解説して、おすすめギターを紹介する

Epiphone(エピフォン)

  • 1873年設立、1928年にEpiphoneに社名が変わる
  • 本社はアメリカのナッシュビル
  • 1957年にギブソンに買収され、ギブソン傘下になる

ギブソン社の傘下で、ギブソンギターの類似モデルを安価で販売しているギターメーカーEpiphone(エピフォン)。

Epiphoneにはオリジナルギターもあり、The Beatlesに愛用されていたフルアコ エピフォン・カジノやアコギ Texan(テキサン)が有名です。

 

ギブソンギター、Epiphoneオリジナルギター共に1960年代の復刻版を数万円という低価格で販売しています。

ギブソンのヴィンテージギター特有である、クルーソン3連ペグ、ラージピックガード、 アッパーベリーブリッジ…など見事に再現されています。

 

演奏以外でも、レトロなルックスを部屋のインテリアとして活用することもできます。

1万円~7万円くらいの価格帯で様々なギターを販売しているので、手ごろで買い求めやすいギターメーカーです。

Epiphoneの使用者

  • ポール・マッカトニー
  • 片平里菜
  • 北川悠仁
  • 秦基博

Epiphone(エピフォン)のおすすめギター Texan

Epiphone / Inspired by 1964 Texan

1964年のTexan(テキサン)を再現したEpiphone 1964 Texan

The Beatlesのポール・マッカトニーが使用していたため、人気があるギターです。

ヴィンテージ仕様のパーツに加え、インレイなどもしっかり入っており渋いルックスです。

 

演奏面ではプリアンプ付きピックアップが搭載されており、音質も安いギターなりにアコギの音はする…という感じ。

ナローネック仕様でネックが細めになっており、握りやすいところも初心者には嬉しいところ。

これで5万円なので、非常に優れたコスパのギターです。

Epiphoneの詳細記事

Epiphoneの解説Epiphone(エピフォン)のギターを解説して、おすすめのアコギを紹介する

Fender(フェンダー)

Fender ロゴ

  • 1945年設立
  • 本社はアメリカ カリフォルニア州
  • ギター、ベース、アンプなど有名製品 目白押しのメーカー

エレキギターやアンプで世界的に有名なギターメーカー。

アコギも製造・販売しています。

 

日本ではYUIさんがデビュー前からデビュー初期にかけて Fender GA-45SCEを使用されていたことで女性から人気が高いメーカーです。

GA-45SCEはその後、井上苑子さんや新山詩織さんも使用されていました。

MEMO
GA-45SCEは生産完了しているので、中古品しか市場には出回っていません。

 

アコースティックギターとエレキギターの中間的なルックスや仕様にしているところがFender(フェンダー)アコギの特徴です。

Fenderアコギの使用者

  • 井上苑子
  • 新山詩織
  • YUI

Fender(フェンダー)おすすめギター PM-1 Deluxe Dreadnought

PM-1 Deluxe Dreadnought Vintage Sunburst

Fender(フェンダー)アコギの上位シリーズ、ParamountシリーズからPM-1 Deluxe Dreadnought

2016年頃から新山詩織さんがメインギターとして使用されています。

 

YUIさんの影響で人気があったGA-45SCEに近い仕様のエレアコです。

ネックがCシェイプと呼ばれる握りやすい形になっており、エレキギターを普段弾く人も馴染みやすい仕様になっています。

 

FishmanとFenderが共同開発したピックアップ・プリアンプが搭載されており、弾き語り・バンド両方で活躍できるギターです。

PM-1 Deluxe Dreadnought Vintage Sunburst

Fenderの詳細記事

Fender(フェンダー)のギターを解説して、おすすめのアコギを紹介する

Fender アコギFender(フェンダー)のアコギを解説して、おすすめギターを紹介する

Morris(モーリス)

モーリス ロゴ

  • 1961年設立
  • 本社は長野県松本市
  • 1970年代の日本フォークブームを支えたギターメーカー

昔からある国内ギターメーカーの老舗、Morris(モーリス)。

アコギやギターアクセサリー全般の製造・販売をしています。

 

フィンガーピッキングデイというギターイベントを毎年開催しており、ソロギタリストからの信頼が厚いギターメーカーでもあります。

 

製造ラインはエントリーモデルは中国、中堅モデル以上は長野県の松本工場と分かれています。

中国で生産されたギターについても松本工場で検品を厳しく行っており、品質への高い意識が見受けられます。

 

昨今では「新生Morris~大量生産から、半手工品へ~」というキャッチコピーを掲げて、質を更に高めていく方針を取っているギターメーカーです。

Morrisの使用者

    • 荒井 岳史(the band apart)
    • 打田 十紀夫
    • エバラ健太
    • 大木 伸夫(ACIDMAN)
    • 岡崎 倫典
    • 川崎 恒一(the band apart)
    • 岸部 眞明
    • 谷村 新司
    • TOSHI-LOW(BRAHMAN)
    • 中川 イサト
    • 堀内 孝雄
    • 丸山 ももたろう

Morris(モーリス)おすすめギター MG-101 III

MG-101 III RBS

オーソドックスな形状にルックス・品質共に優れたエレアコ MG-101 III

国内の松本工場で職人が作り上げるHAND MADE PREMIUMシリーズの代表的ギターです。

 

トップ:ソリッドスプルース、サイド&バック:ソリッドローズウッドの木材で構成されています。

ドレッドノート型ボディに箱鳴りしやすいスキャロップドXブレーシングが採用されているため、ストロークで鳴らした時のパワーと響きが良好です。

スキャロップドXブレーシング
ボディトップ裏の補強板を波上に削り取るブレーシング。ボディの響きが豊かになる

B-Band製のピエゾピックアップとプリアンプが内蔵されているため、エレアコとして即戦力になります。

 

実売価格で20万円台前半ですが、海外メーカーの有名ギターに引けを取りません。

Morrisの詳細記事

Morris(モーリス)のギターを解説して、おすすめのアコギを紹介する

morris ギター解説Morris(モーリス)のギターを解説して、おすすめのアコギを紹介する

コールクラーク(Cole Clark)

コールクラーク

  • 2001年設立
  • 本社はオーストラリア
  • メーカー独自のピックアップが高品質でエレアコに強いメーカー

オーストラリアで2001年に設立したばかりの若いギターメーカー、コールクラーク。

同じ、オーストラリアのギターメーカー Maton(メイトン)で勤務していた、ブラッドレー・クラークが独立して設立したギターメーカーです。

 

オーストラリアの木材を活用することを掲げており、ブンヤ・ブラックウッド・クイーンズランドメイプルなどを使ったギターを製造・販売しています。

 

また、独自に開発したピエゾ、フェイスセンサー、コンデンサーマイクの3wayピックアップシステムを採用しています。

これが非常にナチュラルで聴き心地の良い音質を実現させています。

 

SSW’19(シンガーソングライターフェス)で色んなギターでの弾き語りを見ましたが、コールクラークのエレアコは音質が非常に良かったです。

コールクラークの使用者

  • 北川悠仁 (ゆず)
  • 佐藤竹善
  • ジャック・ジョンソン
  • ダイスケ
  • 高田漣
  • 平井大
  • 村山辰浩(カサリンチュ)
  • 山下穂尊 (いきものがかり)

コールクラークのおすすめギター CCAN1E-BM

CCAN1E-BM

小型ボディのANGELシリーズからCCAN1E-BMです。

木材はトップ:ブンヤ、サイド&バック:クイーンズランドメイプルというオーストラリアのギターメーカー定番の組み合わせ。

 

小型ボディとクイーンズランドメイプルの組み合わせにより、音のレスポンスが良好で高音も伸びます。

アルペジオはもちろん、ストロークも中高音強めでまとまったジャキっとした音質。

 

また、以前は上位モデルからランクが落ちる2wayピックアップ搭載機種でしたが、3wayピックアップシステムが搭載されるようになりました。

コンデンサーマイク・ピエゾ・フェイスセンサー3つのピックアップが付いており音量比率をコントローラーで調節できます。

バンドライブでも弾き語りでも活躍できる優秀なエレアコです。

コールクラークの詳細記事

コールクラーク(Cole Clark)のギターを解説して、おすすめのアコギを紹介する

コールクラークの解説コールクラーク(Cole Clark)のギターを解説して、おすすめのアコギを紹介する

Maton(メイトン)

Maton ギターヘッド

  • 1946年設立
  • 本社はオーストラリア
  • オーストラリアの木材とオリジナルピックアップを用いたエレアコが強み

オーストラリアの老舗ギターメーカー、Maton(メイトン)。

創設者のビル・メイはジャズ・ギタリストであり、木工学校の先生をやりながらギターのルシアーでもあったそうです。

 

オーストラリアの木材を活用したギター作りと独自のピックアップ・プリアンプを用いたエレアコが強みのメーカーです。

 

Maton(メイトン)は上質なスプルースをトップ材に使い、サイド&バックにオーストラリア特有のブラックウッドやクイーンズランドメイプルを使っています。

このスプルース×クイーンズランドメイプルがなかなか良いんですよねぇ。

明るい音質でレスポンスもよく、弾いていて非常に気持ち良いです。

 

また、ピックアップもコンデンサーマイクとピエゾのデュアルタイプを採用しており、ナチュラルな音質を実現しています。

 

以前からトミー・エマニュエルがMaton(メイトン)ギターを愛用しており、ソロギタリストからの評価が高いですね。

最近では秦基博さんがMaton(メイトン)のシグネイチャーモデルを作ったことでシンガーソングライターからも注目されているギターメーカーです。

Matonの使用者

  • 井草聖二
  • キース・アーバン
  • エリック・ジョンソン
  • エバラ健太
  • ジョー・ロビンソン
  • トミー・エマニュエル
  • 秦基博

Maton(メイトン)のおすすめギター EBG808TE

EBG808TE

Maton(メイトン)ギター伝統のEBG808をベースにトミー・エマニュエルがカスタマイズしたシグネイチャーモデルEBG808TE

 

木材はトップ:シトカスプルース、サイド&バック:クイーンズランドメイプル。

通常のEBG808はサイド&バックがブラックウッドですが、クイーンズランドメイプルに変更されています。

 

小ぶりなギターにクイーンズランドメイプルの組み合わせが明るい音質で良好なレスポンスを実現しています。

フィンガースタイルに最適なギターですね。

 

ピックアップも質が高くエレアコとしても非常に優秀。

ソロギタリストにも弾き語りすとにも適したエレアコです。

Matonの詳細記事

Maton ギター解説Maton(メイトン)のアコギを解説して、おすすめギターを紹介する

アコギのメーカー解説をして

ぎたすけ

色んなメーカーで特色があるんだなぁ。最近はギブソン、マーチン以外を使っている人増えてきたもんな

たけしゃん

そうだね。最近はギブソン、マーチン以外の人もかなり増えたイメージだよ。色んなメーカーを知っておくと選択肢が広がっていいね

アコースティックギターのメーカー特集でした!

詳細なメーカー別の記事はこちら。

ギブソン、マーチンは知名度も抜群で音質も信頼できます。

その一方で実はお値打ちで良いギターを出しているメーカーっていっぱいあるんですよね。

 

特に国内メーカーは品質良くて、良いギターを出しているところが多いです。

色んなメーカーを知って、もっともっとギターを好きになると日ごろのプレイにも熱が入ります。

 

面白そうなギターを買うのもよし。

国産の品質高いギターを探すもよし。

やっぱり、憧れのギブソン、マーチンを買うのもよし。

広い視点を持ってギター選びを楽しみましょう!

Amazonでギターを安く買う方法

Amazonギフト券

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)して買い物するのがおすすめです。

チャージするたびに「チャージ金額 × 最大2.5%」分のAmazonポイントが付与されます。

Amazonを利用される方は使わない手はありません!僕は貯まったポイントでギター弦を購入してます。