ギブソン(gibson)のギターを徹底解説しておすすめのアコギを紹介する

ぎたすけ

アコギといったらギブソン!って感じはするよな

たけしゃん

ギブソン J-45って言えばアコギの代名詞的な存在だしね
この記事でわかること
  • ギブソンについて
  • ギブソンのギターの種類と特徴
  • ギブソンギターのプロ使用者

ギブソン(Gibson)について

  • 1902年設立
  • 本社はアメリカのナッシュビル
  • 代表的なアコースティックギターはJ-45

ギターメーカーの最大手、ギブソン。

代表的な製品は何といってもレスポール(エレキギター)ですが、アコースティックギターでも最大手のメーカーです。

 

プロミュージシャンでギブソンを使用している人は数知れず。

アマチュアミュージシャンからも憧れの楽器メーカーとして認知されています。

 

設立が1902年ということで歴史も長く、中古市場におけるギブソンのヴィンテージギターは一目置かれる存在です。

エルヴィス・プレスリー、ビートルズ、ボブ・ディラン…など往年のスターに愛されたギターが多く存在します。

 

そんなギブソンですが、ギターの種類を分けるとザックリこんな感じ。

ギブソンギターの分類

  • ラウンドショルダー…標準的なサイズのなで肩
  • スクウェアショルダー…いかり肩でラウンドショルダーよりやや大きめ
  • スーパージャンボ…ジャンボサイズのギター
  • スモールボディ…丸みを帯びた小型ギター

ラウンドショルダー

ギブソン独自のシェイプでなで肩のギター。写真はJ-50。

他の型より低音が控えめで静かな曲から激しめな曲まで万能に使えます。

 

プレイスタイルを問わないポテンシャルからシンガーソングライターの使用者は非常に多いです。

代表製品にはJ-45J-50がある。

スクウェアショルダー

いかり肩が特徴のギブソン独自のシェイプ。写真はDove(ダヴ)

ラウンドショルダーより低音を中心にパワーがあり、ロック系のギタリストに好まれます。

 

シンガーソングライターで言うと高橋優さんや見田村千春が使用されています。

イメージ通りといったところではないでしょうか。

代表製品にはハミングバードDove(ダヴ)があります。

スーパージャンボ

キングオブフラットトップと呼ばれる大型ボディ。写真はJ-200

箱鳴りが強く、生音が大きい。

 

ロック、ブルース、カントリーとジャンルを問わず、往年のスターが使ってきたギターです。

このサイズのギターはJ-200(SJ-200)。

他にJ-185などありますが、一般的なものはJ-200くらいしかありません。

スモールボディ

丸みを帯びた小型ボディが特徴。写真はB-25

小型ボディが扱いやすい音量・音質を出してくれるため、人気が高い。

 

ストロークのザクザクした音はブルースやファンクで活きやすい。

また、単音弾きしても粒が立った音なのでテクニカルプレイヤーが好んで使用することが多い。

代表的な製品にはLGシリーズやB-25がある。

ギブソン(Gibson)のおすすめアコースティックギター

たけしゃん

ギブソンはJ-45が有名ですが、他にもほんとにたくさんのギターが使われています!

それでは実際にギブソンの有名ギターを紹介していきましょう。

本章では各ギターの木材、特色、使用プロミュージシャンを中心に解説していきます。

J-45

  • トップ木材:シトカスプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • 2018verはピックアップ L.R. Baggs Element VTC内臓

ギブソンの代表製品、J-45です。

プロの使用者も非常に多い、Martin D-28と並ぶ超有名ギター。

 

1942年にMartin Dシリーズに対抗して発売されたモデル。

ラウンドショルダー・ジャンボと言われるサイズで当時人気であったスーパージャンボ(J-200など)と比べて低音が控えめで歌モノと相性が良い。

 

ヴィンテージでは1960年代に製作されたものが人気で使用者が多い。

J-45の使用者

  • 大橋卓弥(スキマスイッチ)
  • 奥田民生
  • 北川悠仁(ゆず)
  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • 斉藤和義
  • 桜井和寿(Mr.Children)
  • 清水依与吏(back number)
  • 野田洋次郎(RAD WIMPS)
  • 秦基博
  • 藤巻亮太(レミオロメン)
  • 藤原 基央(BUMP OF CHICKEN)
  • 堀込高樹(KIRINJI)
  • Nakajin(SEKAI NO OWARI)
  • 福山雅治
  • 星野源
  • 宮田和弥
  • miwa
  • 山崎まさよし
  • 吉田拓郎

J-50

  • トップ木材:シトカスプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • 現在はあまり作られておらず、基本はヴィンテージ品

J-45から3年遅れて1945年から発売されていたラウンドショルダー型の名器、J-50

仕様はほぼJ-45と一緒。

 

ただし、トップのカラーリングはナチュラルしか存在しません。

サンバーストなどが欲しい人は他の機種を選択しましょう。

 

また、有名な割に近年は限定モデルなどの製作ばかりで新品はあまりお目にかかれません。

市場では1960年代物のヴィンテージが中心です。

 

鳴りが良いためプロアーティストでJ-50を所有している方は多いです。

往年のスターではボブ・ディランがデビューから使用していたことで有名なギターでもあります。

J-50の使用者

  • 大橋卓弥(スキマスイッチ)
  • 大橋トリオ
  • 佐橋佳幸
  • 斉藤和義
  • 秦基博
  • ボブ・ディラン
  • 細野晴臣
  • 福山雅治
  • 星野源
  • 吉川忠英

J-160E

  • トップ木材:シトカスプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • エレアコで使用することが前提のギター

1954年に発売されたピックアップ専用モデルJ-160E

当時はエレアコというものが存在しておらず、大規模会場向けに大きい音が出せるアコースティックギターの需要が高まっていました。

その需要に合わせて、1951年にギブソンからCF-100Eというピックアップ搭載モデルのギターが発売されます。

MEMO
CF-100Eは奥田民生さんや森山直太朗さんが使用しています

CF-100E

その後に更なるピックアップ付きアコースティックギターの需要に合わせてJ-160Eが発売されました。

ピックアップにはギブソンがエレキギター用に開発したシングルコイル「P90」が使用されています。

 

ギター弦も通常アコギで使うスチール弦ではなく、エレキギターに使うニッケル弦を使用。

ブレイシングなどの造りもJ-45とは異なり、エレアコとして使った時のハウリング防止策が施されています。

つまりはアコースティックギターですが、中身はエレキギターに寄せられたギターです。

 

J-160Eはビートルズのジョン・レノン、ジョージ・ハリスンが使っていたことで有名。

往年のビートルズサウンドにはJ-160Eは欠かせない存在。

ビートルズマニアで所有している人がたくさんいるギターです。

J-160Eの使用者

  • 井上陽水
  • エルヴィス・コステロ
  • 奥田民生
  • 北川悠仁(ゆず)
  • 斉藤和義
  • ジョージ・ハリスン
  • ジョン・レノン
  • 秦基博
  • 山下達郎

J-200(SJ-200)

  • トップ木材:シトカスプルース
  • サイド&バック:メイプル
  • キングオブ・フラットトップと呼ばれる最高級モデル

1938年に発売された、ギブソンアコースティックギターの最上位モデルJ-200

仕様と共に名称が何度か変更されて、現在はJ-200となった。

名称の移り変わり
SUPER JUMBO-200(初期)⇒SJ-200(1947年)⇒J-200(1955年~)

スーパージャンボと呼ばれる、丸みのある大型ボディは胴が厚く、箱鳴り感が強く出て大音量で鳴ります。

ストロークではジャキジャキしたギブソンらしい歯切れのよい音が鳴ります。

 

1950~1970年代で使用されているスターが多く、当時を見て憧れた世代が1980年代で使用する姿も多くみられたようです。

J-200の使用者

  • エルヴィス・プレスリー
  • ジョージ・ハリスン
  • 斉藤和義
  • 清水依与吏(back number)
  • ニール・ヤング
  • 土屋公平
  • ボブ・ディラン
  • ホリエアツシ(ストレイテナー)

ハミングバード

  • トップ木材:シトカスプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • いかり肩のスクウェアショルダーという形

1960年に発売されたスクウェアショルダー型のアコギ、ハミングバード

ピックガードにハチドリと鳩が書かれているのも特徴のひとつ。

 

1950年代からフォークソングを筆頭にギターを弾いて歌う、弾き語りスタイルが流行。

その中でギブソン社が「歌の伴奏に適したギター」を目指して作った機種がハミングバード

 

1960年代のギブソンを象徴するアジャスタブルサドルでジャキっとした音質で音量やや控えめ。

ナローネックタイプになっており、演奏もしやすい。

正に歌もの用に作られているギターです。

ハミングバード使用者

  • 忌野清志郎
  • 大森靖子
  • 北川悠仁(ゆず)
  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • 斉藤和義
  • シェリル・クロウ
  • ジミー・ペイジ
  • ジョン・レノン
  • 清水依与吏(back number)
  • 長渕剛

Dove(ダヴ)

  • トップ木材:シトカスプルース
  • サイド&バック:メイプル
  • ハミングバードの上位モデル

1962年に発売されたハミングバードの上位モデル、Dove(ダヴ)

同じスクウェアショルダー型ですが、ハミングバードは形以外の基本仕様をサザンジャンボに準じているのに対し、Dove(ダヴ)J-200に準じています。

サイド&バックの木材もメイプル。

 

Dove(ダヴ)はブライトなトーンで良い意味でギブソンっぽくないところがあります。

他のギターと少しキャラクターが違うところが逆に魅力で愛用者も多いギターです。

 

1960年代のヴィンテージものは本数が少ないのか、50万以上のものが多く値段が張ります。

最近のシンガーソングライターでも使用者が多い機種ですが、新品を使っている人が多いです。

Doveの使用者

  • エルヴィス・プレスリー
  • 桑田佳祐
  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • 斉藤和義
  • 高橋優
  • CHAGE
  • 秦基博
  • 浜田省吾
  • 馬場俊英
  • 見田村千春
  • 森山直太朗

サザンジャンボ

  • トップ木材:シトカスプルース
  • サイド&バック:メイプル
  • ハミングバードのバリエーションモデル

当初、1942年にJ-45などラウンドショルダーの上位モデルとして発売された、サザンジャンボ

しかし、1962年からは形がスクウェアショルダー型に変わり、ハミングバードのバリエーションモデルという扱いになっています。

 

当初の上位モデルという取り扱いもあってか、フレットのインレイなど少し豪華。

ザクザクとした弾き心地がいかにもギブソン…という感じの1本です。

 

ラウンドショルダー時代のヴィンテージモデルは車買えちゃう値段なことが多いです。

代わりに復刻版の2000年以降に作られたものは20万円前後と割とお買い得なものが見つけられます。

日本だと山崎まさよしさんのライブギターとして有名。

サザンジャンボの使用者

  • 斉藤和義
  • シェリル・クロウ
  • 秦基博
  • 山崎まさよし

LGシリーズ

  • スモールボディのギブソンギター
  • LG-0、LG-1、LG-2、LG-3などがある
  • ブルースギタリストに愛用している人が多い

1902年から発売されている、ギブソンのスモールギター。

当初はLシリーズとしてL-1が1902年より発売を開始。

 

1937年にL-1、L-0が販売終了。

1942年にL-00がLG-2という名称に変わりLGシリーズが主力に変わりました。

 

Lシリーズと言えば、伝説のブルースミュージシャンであるロバート・ジョンソンは外せない。

その後も影響を受けたミュージシャンがLGシリーズを愛用しています。

 

小ぶりでテクニカルなプレイにも対応しやすく、ザクザクした音が気に入って使用するブルース・ファンク系のプレイヤーが多いです。

ヴィンテージギターの中でも手が届きやすい価格帯なので、アマチュアで使っている方も多い機種です。

LGシリーズの使用者

  • おおはた雄一(L-00)
  • 押尾コータロー(L-1)
  • 斉藤和義(L-00)
  • 佐藤克彦(L-00)
  • スガシカオ(LG-2)
  • 秦基博(L-00)
  • 森山直太朗(LG-1)
  • 山崎まさよし(L-0)

L-00

LG-1

LG-2

B-25

  • トップ材:スプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • LG-2、LG-3のマイナーチェンジモデル

1962年からLG-2LG-3がマイナーチェンジして名称変更されて生まれたギター、B-25

LGシリーズ同様にスモールタイプのボディになっています。

 

年代によって細か~いマイナーチェンジが施されています。

マイナーチェンジの数々

  • 1960年前半…レギュラータイプ(LG-2とほぼ一緒)
  • 1960年中盤…ナローネックタイプに変更
  • 1969~1970年…ブリッジが逆さについている

カラーは基本はナチュラルかチェリーサンバースト。

1960年代半ばにサンバーストも制作されており、たまに市場に現れます。

 

また、1969年~1970年ものはブリッジが逆さについているという理由で何故かヴィンテージ市場では若干安いことが多い。

音質的な変化は少ないため、お手頃価格でヴィンテージB-25を買いたい人は1969~1970年ものが狙い目ではあります。

 

小ぶりなサイズ感に渋い見た目…とルックスも良い感じなので、ファッション・音質共に楽しめる1本です。

B-25の使用者

  • 植村花菜
  • スガシカオ
  • 曾我部恵一
  • 星野源

終わりに

ぎたすけ

ギブソンって歴史がすごいなぁ。J-45ばっかりイメージあるけど、たくさんあるんだな

たけしゃん

そうだね。100年以上の歴史があるからね。J-45使っているプロの人もギブソンの色んなギター持ってるしね

ギブソンのアコースティックギター特集でした!

J-45が憧れのギター…というイメージですが往年のスターが使っているギターって色々あるんですよね。

 

エルヴィス・プレスリー、ボブ・ディランに憧れて、J-200

ジョン・レノンに憧れて、J-160E

シェリル・クロウに憧れて、ハミングバード…など。

 

憧れという理由でギターを選ぶと愛着がわきます。

結果、ギターを触る機会が増えて上達も早いです。

憧れのミュージシャンのギターを使い、本人になりきって音楽を楽しみましょう!