Amazon Music Unlimited 3ヶ月99円で聴き放題を詳しく見る

リバーブの使い方を覚えてボーカル・ギターの魅力を引き出そう

ぎたすけ

リバーブってカラオケのエコーみたいなものだよな?

たけしゃん

そうだね。仕組みは違うけど狙いは近い。ボーカルを綺麗に聞かせるにはには欠かせないエフェクトだね
この記事でわかること
  • リバーブの基礎知識
  • 弾き語りにおけるリバーブの使い方
  • おすすめのリバーブ

リバーブの基礎知識

たけしゃん

リバーブは音に残響音をくわえてくれるエフェクトです

リバーブは音にモデリングした残響音をくわえて、音の奥行や広がりを演出するエフェクト。

EQ、コンプレッサーと並んで使用頻度が高いエフェクトの1つです。

 

具体的には部屋や音楽ホールの残響音をモデリングし、原音とMIXすることで自然な響きを作り上げます。

強くかけすぎるとお風呂で歌っているかのようになってしまいます。

エコーやディレイとの違い

カラオケのエコーやギターで良く使うディレイと似たような効果があるため、ごっちゃになりやすいのがリバーブ。

それぞれの特徴をまとめると、こんな感じ。

  • リバーブ…ある空間の残響音を加える
  • エコー…同じ音を遅らせて鳴らす(短)
  • ディレイ…同じ音を遅らせ鳴らす(長)

つまり、エコーとディレイは遅らせる感覚が異なるだけで基本一緒。

リバーブは反射音なので、同じ音が鳴るわけではなく反射されて残った音が加えられます。

 

といっても、リバーブとエコーの使い方はほぼ一緒。

ディレイは使い方が幅広く、リバーブのような使い方もされればフレーズづくりに使われたりもします。

余韻を作って雰囲気をよくする

リバーブの主な役割は余韻を作って楽曲の雰囲気をよくすることです。

細かく言うと…。

  • 残響音を加えてリスナーに臨場感を与える
  • 楽器・ボーカルに同じ残響音を与えて馴染ませる
  • ボーカルのニュアンスに余韻を加える

と言った感じ。

レコーディングブースなど全く反射がない部屋で歌を録ると、ほんとに味気ない音源になります。

リバーブで彩ることでグッと雰囲気が良くなるのです。

強すぎるとぼやける

リバーブをかけると一聴した感じは演奏がうまく聞こえるので、強くかけてしまいがち。

しかし、リバーブを強くかけると逆に不自然さが際立ってきます。

 

ニュアンスや抑揚もなくなってしまうので、聴いていて感情移入できない音源になります。

また、音程やピッチのズレもある程度はリバーブでぼやけさせるとわからなくなります。

 

基本の考えは化粧と一緒。

やりすぎには注意して、程よいところで調節しましょう。

参考記事

カラオケで練習する時はエコーを切るべきか?について解説する

リバーブのパラメーター

たけしゃん

リバーブはパラメーターでかかり具合を細かく調節できます。モデリングする環境の設定もたくさんあるので定番を解説していきます

リバーブタイプ

リバーブタイプとはモデリングする環境の設定をさします。

多種多様な環境が用意されていますので、オーソドックスなものをご紹介していきます。

主なモデリング

  • Hall
  • Room
  • Plate(鉄板プレートの残響音)
  • Convolution(実在する場所からモデリング)
  • Spring(金属スプリングの残響音)

このあたりがよく使うもの。

ボーカルはバンド形態であれば、Plate系を使うことが多いです。

ギターはSpringリバーブが定番ですが、アコギだとRoomやPlateが合うことも多いので「これ!」というものはありません。

 

弾き語り音源だと、HallやRoomで統一させたほうが浮いた感じが出にくく有効ですね。

プリセットで「ボーカル(男女別)」「アコースティックギター」が用意されているものも多いため、活用するのもよいでしょう。

プリセット
前もってパラメーター設定された項目のこと。よく使う設定はプリセット化しておくと楽です

リバーブタイム(Decay)

リバーブがかかり始めてから消えるまでの時間を調節するパラメーター。

曲のテンポと合うようにかけるのが定石です。

 

ザックリ言うと、音がごちゃごちゃになっている場合は長すぎ。

逆にリバーブかけているのか、よくわからない時は短すぎです。

ボーカルのロングトーンなどでテンポと響きにずれがないかを確かめると良いでしょう。

プリディレイ

原音が入力されてから残響音が発生するまでの時間を設定するパラメーター。

狭い部屋ではすぐ反射されるため、プリディレイは早め。

逆にホールなどの広い空間では反射に時間がかかるため、プリディレイは遅め。

 

弾き語りだと、ルーム感を出すことが多いですがプリディレイ自体はやや遅めくらいが合います。

また、プリディレイにEQやフィルターを併用して高音域をカットするなど調節することもあります。

MIX

原音とリバーブをかけた音との比率。

MIX以外にDRY(原音)、WET(エフェクト音)という表記も使われます。

 

MIXの調整でリバーブのかかり具合が変わります。

他の設定にもよりますが、弾き語りだと薄っすらかける程度が良いので10~20%あたりが合うことが多いですね。

バラードなら、もう少し強めでも良いでしょう。

弾き語りでのリバーブ活用

たけしゃん

弾き語りでは自然な鳴りになるように薄くかけるのが良いでしょう!

基本的にどのエフェクトにも共通ですが、弾き語りでは薄めがおすすめ。

原音を聴きやすいように整える…といったレベルが良いです。

状況別でおすすめを書くと、こんな感じ。

  • ライブ配信…RoomやHallを薄めでかける
  • 弾き語り録音…全体薄めだが、盛り上がるとこはやや深めにする
  • バンド録音…Plate系で弾き語りより深め。歌が浮かないようにする

リバーブは聴き手に臨場感や距離感(奥行)を演出します。

深ければ遠くに感じますし、浅ければ近くに感じます。

弾き語りは基本的に近めの音が適しているので、リバーブなど空間系エフェクトは浅くなるよう薄めにかけましょう。

 

僕の理想の音は秦基博さんの音源。

秦さんは弾き語りのレコーディングで「肉薄するような近い音」という注文を出すそうです。

弾き語りアルバムevergreenを聴くと正にそんな感じ。

 

レコーディングエンジニアの諸鍜治辰也さんのコメントでは「Aメロは少なく、徐々に上げてサビは深めで曲中で三段階くらい変えている」とのことでした。

「Live at the room」の音源では全体通して薄めに設定されており、弾き語りの良さが良く出ています。

Live at the room
秦基博さん初期のシングルにカップリングで収録されていたスタジオ1発録りの弾き語り音源。

参考記事

宅録で秦基博さんの「Live at the room」と同じ品質を目指したい

おすすめのリバーブ

たけしゃん

おすすめのリバーブではソフトウェアとハードウェアの両方をご紹介していきます

リバーブを使う場面は大きく2つ。

  1. ライブ
  2. レコーディング

ソフトはかけ録りできないため、ライブではハードウェアでの対応が基本となります。

MEMO
ライブ配信ならOBS STUDIOAudio Input FXなどの配信用ソフトが有効

逆にレコーディングは後がけで自由に対応できるソフトウェアのほうが万能。

 

弾き語りすとだとソフトウェアを使うことが多い。

ライブではライブハウスの音響さんがリバーブ設定してくれるので、独自で用意する必要はあまりないからです。

ハードウェアを持つ人は音を作り込みたいギタリスト寄りの方が多い。

ソフトウェア

DAWに付属のプラグインでも対応は十分可能です。

ただ、汎用性があって品質が良いのはサードパーティー製の製品。

 

おすすめはド定番ですが、Waves Renaissance Reverb。

DTM本のリバーブ講座では超高確率で登場するソフトウェアプラグインです。

バンドル WAVES Goldに入っています。

WAVES GoldにはEQ、コンプレッサーをはじめ、良く使うエフェクターが一通り入っているので弾き語りすとにおすすめです。

ハードウェア

ハードウェアで購入する場合はリバーブ単体よりマルチエフェクター型を買うことをおすすめします。

昨今の製品だとEQ、コンプレッサー、リバーブとアコギエフェクター三種の神器が揃っている良製品が多く、単品よりコスパが良いからです。

 

得におすすめなのはアコースティックギター用のプリアンプ兼マルチエフェクターFISHMAN ToneDEQ

ベーシックな奏法から特殊奏法まで1台で完結させられる万能機種。

主な機能

  • 4バンドEQ
  • ブースター
  • コンプレッサー
  • リバーブ/ディレイ/コーラス/フランジャー/トレモロ
  • D.I

FISHMAN ToneDEQ一台あれば音作りで困ることはない優れものです。

ピックアップの有名メーカーであるFISHMAN製なのでピックアップとの相性も良いところもおすすめです。

おすすめの関連記事

おすすめのアコースティックギター用プリアンプ 12選をレビュー

まとめ

  • リバーブはモデリングした残響音を加えるエフェクト
  • 弾き語りでは弱めにかけて近い音を演出するのが良い
  • ハードウェアよりソフトウェアを活用することが多い

ぎたすけ

弱めで近い音か~。確かに弾き語り音源って囁く感じの歌が多いもんな

たけしゃん

そうだね。弾き語りの醍醐味って感じだよね。ただ、あの近い距離感を出すのが難しいんだよ

リバーブの解説記事でした!

ライブ配信や宅録だと、ついつい強くかけてしまいがち(経験談)。

 

リバーブ強くかけると歌っていて良い感じに聴こえるんですよね。

後で聴きなおして我に返る。

 

弾き語りだと歌にギターにお世話になることが、とにかく多いリバーブ。

自身の歌を自然にかつ聴きやすくなるバランスを意識して実験してみましょう。

おすすめの関連記事

アコースティックギター用のエフェクターとは -ギターアイテム解説シリーズ-