Amazonサイバーマンデー おすすめのセール品

アコギ(エレアコ)用プリアンプ おすすめランキングベスト10を解説【プロアーティスト使用プリアンプも紹介】

アコギ用プリアンプ 解説

ぎたすけ

アコギ用のプリアンプってそんなにたくさんあるの?

たけしゃん

年々充実していくイメージだよ。今回はランキング形式と目的別の2つの観点でプリアンプを紹介していくよ

飛ばし読みガイド

アコギ(エレアコ)用 プリアンプとは

プリアンプとは音をアンプやスピーカーから出す前に予め増幅するための機械のことです。

ピックアップの音はそのままでは非常に小さいため、増幅する必要があります。

しかし、スピーカーやアンプで増幅するとノイズが載ってしまいがち。

 

そこで、プリアンプの登場です。

プリアンプ内の回路を使ってノイズを極力発生させずに綺麗に音を増幅します。

 

また、増幅させる中でプリアンプ毎に特有の音色付けがされます。

原音を純粋に増幅させるものから、ギターの箱鳴り感をモデリングした音をくわえたりするものまで…。

様々な機種が販売されています。

内蔵型と外付け型

アコギ用のプリアンプには「ピックアップ内蔵型」と「外付け型」の2種類が存在します。

内蔵型・外付け型の特徴

  • ピックアップ内蔵型…スマートだけど最小限の機能
  • 外付け型…場所は取るけど多機能

本記事ではプリアンプを独立させて様々な機能を盛り込んだ「外付け型プリアンプ」をレビューしていきます。

プリアンプの機能

外付け型プリアンプは実に多機能。

音を増幅させるだけではなく、音を整えたり、エフェクトをかけたりできるものまで存在します。

 

アコギ用のプリアンプによくある機能はこんなところ。

  • EQ
  • ノッチフィルター
  • エフェクター
  • チューナー
  • D.I

プリアンプ買う際に極力欲しい機能はEQとハウリング対策機能(ノッチフィルターなど)。

ノッチフィルター
特定の周波数帯を完全カットする機能。ハウリング対策で使用する。

他の機能はあったら便利ですが、必須というレベルではありません。

自身の活用方法に合わせて選択しましょう。

【参考記事】アコースティックギター用プリアンプの必要性と選び方を解説。-ギターアイテム解説シリーズ-

 

おすすめのアコギ(エレアコ)用プリアンプ ランキング

たけしゃん

ギター弾き語り、バンドでのボーカルギターという観点で評定してランキングを作りました

それではおすすめのアコギ用プリアンプをランキング形式で解説していきます。

ランキングではギター弾き語りやバンドでのボーカルギターとして活用することを前提に評定をしています。

 

といっても、ボーカルギターで使えるプリアンプは万能タイプばかりなので、ソロギターやギタリストの方も使えるものが多いです。

10位 FISHMAN Platinum Stage

PSの評価
音質
(4.0)
機能性
(2.0)
コスパ
(3.0)
総合評価
(3.0)

PSへのコメント

小型・軽量サイズで腰に付けることが可能なプリアンプ、FISHMAN Platinum Stage

機能一覧はこちら。

  • 3バンドEQ
  • ギター/ベースモード切替
  • ローカットフィルター
  • ブーストスイッチ

腰につけられるサイズ感なのもあり、機能も少なめ。

EQに関してもレンジが狭く、そこまで音を変えられません。

 

…が初期設定時点で音がある程度作られている感じです。

なので、ギターを挿すだけで音はある程度、整うので初心者にも安心です。

 

軽量なプリアンプが欲しい、ステージを動き回るので足元より腰につけていたい。

そんな携帯性に重きを置く方にはおすすめの1台です。

9位 L.R.Baggs Align Series Session

ASSの評価
音質
(5.0)
機能性
(3.0)
コスパ
(2.0)
総合評価
(3.0)

ASSへのコメント

L.R.Baggsから2018年に発売されたアコギ用プリアンプ AlignシリーズからAlign Series Sessionです。

Alignシリーズは下記の4つの製品があります。

  1. Align Series Session…サチュレーションとコンプEQ
  2. Align Series Equalizer…アコギ用EQ
  3. Align Series Reverb…リバーブ
  4. Align Series Active DI…アコギ用D.I

Alignシリーズではそれぞれの機能を独立させることで、1つ1つがより高品位に仕上げられています。

 

プリアンプの機能としては②Align Series Equalizerと④Align Series Active DIがメイン。

でも、②④の両方を買うならパラアコを買ったほうが圧倒的にコスパが良いです。

 

…で音質向上におすすめなのは、①Align Series Session。

サチュレーションとコンプEQで構成されています。

  • サチュレーション…真空管やテープなどアナログ感を加えるエフェクト。
  • コンプEQ…コンプレッサー&EQ。特定の周波数を音を整えて均一化させるエフェクト

2つとも、ボーカルやアコギのレコーディングだと使用されることが多いエフェクトです。

製品コンセプトも「一流スタジオの音をライブで再現」なので、挿せば音がよくなる系のプリアンプです。

 

なので、便利ではありますがAlign Series SessionだけではEQも細かく調整できないし、ノッチフィルターもないので不十分。

パラアコもしくはAlign Series Equalizerとのセット購入がおすすめです。

8位 Radial J48

J48の評価
音質
(4.5)
機能性
(3.0)
コスパ
(3.0)
総合評価
(3.0)

J48へのコメント

女性アーティストで使用者が多いメーカー、RadialからJ48です。

原音に忠実に音を増幅させる、シンプルかつ高品質なプリアンプ。

J48の機能

  • フェイズスイッチ
  • ハイパスフィルター
  • 15dBパッドスイッチ
  • D.I

EQ機能がないですが、ハイパスフィルターで一定の音質調整はできます。

なので、音を作り込むのは難しく、原音を基に太く・増幅する機能に特化したプリアンプです。

 

藤原さくらさんが使用していますが、彼女の場合はJ48からギターアンプとPAのそれぞれにパラアウトするために使用しています。

パラアウト
同時に違う系統に音を出力する機能
J48の使用者

  • 藤原さくら

7位 ZOOM  Acoustic Creator3

AC3の評価
音質
(3.0)
機能性
(4.5)
コスパ
(2.0)
総合評価
(3.0)

AC3へのコメント

積極的な音作りから飛び道具的な使い方まで何でも対応できる、ZOOM  Acoustic Creator3

AC3の機能

  • 3バンドEQ
  • チューナー
  • クリーンブースター
  • リバーブ/ディレイ/コーラス/トレモロ
  • コンプレッサー
  • アコースティック・リモデリング
  • D.I

安価版であるAcoustic Creator 2(2位で登場)との主な違いはエフェクト数が増、リモデリングの種類が増、入出力系統が増の3点。

多機能でいろんな場面で活用できるようになっています。

 

3バンドEQ、コンプレッサー、リバーブ、リモデリング機能でアコギらしい音の作り込みができ、ディレイ、トレモロやコーラスで飛び道具的な音を作ることも可能です。

多機能ですが、弾き語りすとだとここまで使う人は少ないため、Acoustic Creator 2で十分ではあります。

6位 FISHMAN Platinum Pro EQ/DI Analog Preamp

APの評価
音質
(4.0)
機能性
(4.0)
コスパ
(3.0)
総合評価
(3.5)

APへのコメント

ピックアップ・プリアンプの大手メーカーFISHMANからPlatinum Pro EQ/DI Analog Preamp

APの機能

  • 5バンドEQ
  • チューナー
  • ノッチフィルター
  • クリーンブースター
  • コンプレッサー
  • D.I

ボーカルギター、リードギターの方がステージで使う機能を凝縮した感じですね。

5バンドEQは調整幅が広く使いやすいです。

 

音質は素直で原音を忠実に増幅してくれるタイプの万能プリアンプ。

FISHMANのピックアップを使っている方におすすめの製品です。

なお、音を積極的に変えたい人はモデリング機能がある、後述のAura Spectrum DI Preampを選択しましょう。

FISHMAN ( フィッシュマン ) / Platinum Pro EQ/DI Analog Preamp

5位 FISHMAN  Aura Spectrum DI Preamp

ASの評価
音質
(4.0)
機能性
(4.5)
コスパ
(3.0)
総合評価
(3.5)

ASへのコメント

積極的な音作りが可能なプリアンプ、FISHMAN Aura Spectrum DI Preampです。

ASの機能

  • 3バンドEQ
  • チューナー
  • アンチフィードバック
  • モデリング
  • コンプレッサー
  • D.I

一番の売りはモデリング機能であるAURA アコースティック・イメージング・テクノロジー。

原音にスタジオで録音したような音をミックスしてくれます。

ツマミでミックス具合を調整できるので、ピエゾやマグネット特有のエレキっぽさを解消できます。

 

ナチュラルな音にしたいけど、コンデンサーマイクだとハウリングが心配…という方におすすめしたいプリアンプです。

4位 FISHMAN ToneDEQ Preamp EQ

ToneDEQの評価
音質
(4.0)
機能性
(4.5)
コスパ
(3.0)
総合評価
(4.0)

ToneDEQへのコメント

ベーシックな奏法から特殊奏法まで1台で完結させられる万能プリアンプ、FISHMAN ToneDEQ

ToneDEQの機能

  • 4バンドEQ
  • ブースター
  • コンプレッサー
  • リバーブ/ディレイ/コーラス/フランジャー/トレモロ
  • D.I

この機種は原音に忠実に音を増幅させるタイプのプリアンプ。

そこに空間系のエフェクターが内蔵されており、音作りできるようになっています。

前述の同メーカーの2機種とのすみわけはこんな感じ。

よって、モデリングで原音自体を変えたい人はAura Spectrum DI Preamp

原音を基に色んなギターの音を作りしたい人はFISHMAN ToneDEQという感じ。

 

空間系エフェクトが充実しているので、アコギっぽくない音も作れます。

ペダルスイッチでエフェクトを切れば原音に忠実なアコギ音へ瞬時に変えられるので、飛び道具的な使い方も可能。

3位 L.R.Baggs Venue DI

Venue DIの評価
音質
(5.0)
機能性
(4.5)
コスパ
(3.0)
総合評価
(4.5)

Venue DIへのコメント

シンプルかつ高品質なプリアンプ機能に「クリーンブースター」「チューナー」の機能を付けて万能性を高めた、Venue DI

Venue DIの機能

  • 5バンドEQ
  • チューナー
  • クリーンブースター
  • D.I

原音を忠実に増幅させるタイプのプリアンプになっています。

クリーンブースターも同様に歪まず。音量ブーストしてくれます。

 

本体にチューナーが内蔵されているため、別途チューナーを用意する必要がありません。

また、ギターソロを弾くときやアルペジオだけ音量を高めるようにクリーンブースターがついています。

弾き語りからギター伴奏まで万能に対応できる仕様となっています。

Venue DIの使用者

  • 秦基博

参考記事

L.R.Baggs Venue D.I.をレビュー。エレアコでよく使う機能を1台に凝縮したプリアンプ

ギター用プリアンプL.R.Baggs Venue D.I.をレビュー。エレアコでよく使う機能を1台に凝縮したプリアンプ

2位 ZOOM  Acoustic Creator2

AC2の評価
音質
(3.5)
機能性
(4.5)
コスパ
(5.0)
総合評価
(4.5)

AC2へのコメント

2017年に発売されたZoom製の多機能プリアンプ Acoustic Creator 2

AC2の機能

  • 3バンドEQ
  • チューナー
  • クリーンブースター
  • リバーブ
  • アコースティック・リモデリング
  • D.I

小型で低価格な割に非常に多機能です。

アコースティック・リモデリングは16種類のソースギター・プリセットがあり、ギターのサイズを選ぶとモデリングされた箱鳴り感が足される仕様です。

 

ピエゾやマグネットPUだと箱鳴り感がどうしても足りないので、こういったモデリング音で補完するのは有効な手段です。

他にリバーブもついているため、ちょっとした調整から積極的な音の作りこみまで、本機のみで対応できる仕様となっています。

1位 L.R.Baggs Para Acoustic D.I

パラアコ

パラアコの評価
音質
(5.0)
機能性
(4.0)
コスパ
(4.5)
総合評価
(4.5)

パラアコへのコメント

アコギ用プリアンプのベストセラー製品、L.R.Baggs Para Acoustic D.I。通称パラアコ

パラアコは音質調整に必要な機能のみをシンプルで高品質に揃えた製品。

パラアコの機能

  • 4バンドEQ
  • ノッチフィルター
  • フェイズスイッチ
  • D.I
フェイズスイッチ
ピックアップを2系統出力するときに位相を切り替えできるスイッチ。音がファンキーっぽい感じになる

音質は原音を忠実に増幅するタイプです。

音痩せせずにそのまま増幅されるので、ピックアップ内臓プリアンプの時より音が太くなったように感じます。

 

EQやノッチフィルターも効きがよく使いやすい。

どのステージでも万能に使える、ベストセラーも納得の1台です。

パラアコの使用者

  • 大石昌良
  • 秦基博
  • miwa

参考記事

おすすめアコギ用プリアンプ パラアコ(Para Acoustic D.I.)をレビューする

L.R.Baggs Para Acoustic D.I.(パラアコ)をレビュー。ライブ会場問わずに音質が安定するアコギ用プリアンプ  

ニッチな要望に応えた アコギ用プリアンプ

エレキギター

たけしゃん

使用場面をいくつか想定して、ニッチな要望に応えられるプリアンプを解説していきます

歌モノのアコギからソロギターまで基本的には前述のランキングに登場したプリアンプで十分対応できます。

本章ではもう少し、踏み込んでニッチな要望に応えられるアコギ用プリアンプを解説していきます。

項目をタップで解説に飛びます

2本のアコギを交互に使いたい

PZ-Preの評価
音質
(4.0)
機能性
(4.0)
コスパ
(2.0)
総合評価
(3.5)

PZ-Preへのコメント

入出力が2系統ある、Radial Tonebone PZ-Pre Acoustic

ギターを2本接続できるので、シールド抜き差し無しで曲ごとにギターを入れ替えできます。

PZ-Preの機能

  • 3バンドEQ
  • ノッチフィルター
  • ローカットフィルター
  • フェイズスイッチ
  • ブースター
  • D.I

音質調整などに必要な機能は揃っており、高品質。

アマチュアだと1ステージでアコギとウクレレ・バンジョーなどの楽器を交互に使い分ける人が使用するイメージですかね。

 

プロアーティストだとアコギを頻繁に入れ替えることも多いので、使用されている場面も多いですね。

2系統出力を利用しない人にはPara Acoustic D.Iで十分なので、使いみちがある人だけが買いましょう。

PZ-Preの使用者

  • 大原櫻子
  • YUI

真空管の暖かい音をくわえたい

TD100の評価
音質
(5.0)
機能性
(2.0)
コスパ
(2.0)
総合評価
(3.0)

TD100へのコメント

ベーシストの亀田誠司さんが愛用していることで有名なSUMMIT AUDIO TD100

EQなどの機能はついておらず、純粋なプリアンプ/DI。

 

真空管プリアンプなので、ギターに太く暖かい音質が加えられます。

機能面は少ないですが、真空管特有の太い音を求める人はTD100が間違いないです。

 

ベーシストが利用していることが非常に多いプリアンプですが、アコースティックギターにも合います。

秦基博さんはこれまでパラアコVenue DIを使ってきましたが、2018年現在では全アコギのプリアンプにTD100を使用しています。

TD100の使用者

  • 亀田誠司(ベース)
  • 秦基博

ボーカルとギターの両方に色んなエフェクトを使いたい

VE-8の評価
音質
(3.0)
機能性
(3.5)
コスパ
(2.5)
総合評価
(3.0)

VE-8へのコメント

弾き語りすと向けにボーカルとギターのエフェクトを搭載させたBOSS VE-8

マイク入力(XLR)とギター入力の2系統分かれており、エフェクトもそれぞれに独立しています。

BOSS VE-8の機能

  • ノッチフィルター(ギター)
  • モデリング(ギター)
  • リバーブ(ボーカル&ギター)
  • コーラス/ディレイ(ギター)
  • ボーカルエフェクト
  • チューナー
  • ルーパー
  • D.I

ボーカル&ギターのエフェクト中心に多彩な機能を有しています。

ただ、EQやコンプレッサーなど音を整えるエフェクトはありません。

 

ボーカル&ギター共に積極的な音作りをする方向けの製品です。

特にボーカルはエフェクトでラジオボイスやエレクトロニックボイスもできるので、かなり自由度は高め。

弾き語りに多彩な価値観を取り入れたい人にはおすすめできます。

色んな音やループ機能も使いたい

AD-10の評価
音質
(3.0)
機能性
(5.0)
コスパ
(2.0)
総合評価
(3.0)

AD-10へのコメント

ベストセラー製品であるBOSS AD-8の後継機、AD-10

AD-8より多機能で正に全部入りといったところ。

AD-10の機能

  • 5バンドEQ
  • チューナー
  • クリーンブースター
  • リバーブ/ディレイ/コーラス
  • コンプレッサー
  • アンチフィードバック
  • ルーパー
  • アコースティック・リモデリング
  • D.I

ギターの音を作りこみたい方におすすめの製品。

アコースティック・リモデリング機能では、ギターの箱鳴り感をミックスしてくれる機能。ツマミで調整可能です。

ルーパーもついているので、エド・シーランみたいに音を重ねての弾き語りもできます。

 

ただ、機能がありすぎて画面操作が見づらいです。

本番で操作すると事故る可能性があるので、事前に設定は済ませて、ステージ上での操作は最小限にしましょう。

 

アコギ(エレアコ)用プリアンプを解説して

ぎたすけ

色んな機能がありすぎて、使いこなせる気がしないなぁ

たけしゃん

まあ、プレイスタイルにもよるけどPOPSの弾き語りならシンプルなのが良いよ

アコギ用プリアンプのレビューでした!

ランキングを振り返ってみましょう。

項目タップで解説に戻ります

さすがにL.R.BaggsとFishmanだらけですね。

更に使用シチュエーション別で、僕のおすすめをまとめると…。

…と言った感じですね。

POPSの弾き語りならロングセラーなだけあって、Para Acoustic D.Iが今でも強いです。

 

弾き語りだと、歌とギターの音だけなのでギターの音をしっかり作ることは非常に重要。

外付けプリアンプを使って音を整えて歌が際立つ伴奏を作り上げましょう。

おすすめの関連記事

おすすめのアコギ用ピックアップ ベスト10をランキング形式で解説【プロアーティストの使用ピックアップも紹介】

アコギ用ピックアップ 解説アコギ用ピックアップ おすすめランキングベスト10を解説【プロアーティストの使用ピックアップも紹介】