Amazon Music Unlimited 3ヶ月99円で聴き放題を詳しく見る

D.Iの機能とは? -ギターアイテム解説シリーズ-

ぎたすけ

D.Iって聞きなれない言葉だな。何をする道具なの?

たけしゃん

インピーダンスを変換する機械だね。ライブハウスでは必ず登場する機材だよ。
この記事でわかること
  • D.Iは何をする機材か?
  • D.Iが必要な理由
  • D.Iは個人で購入するべきか?

D.Iとは

D.I(ダイレクト・インジェクト・ボックス)、通称ダイレクトボックス。

ライン接続の機器をコンソールへ接続する際に用いる機材です。

ライン接続

ライン接続とは、いわゆるラインケーブルで接続する機器の事。

ラインケーブルはギターシールドとも言われますが、下記のこと。

弾き語りだとギターやキーボードがライン接続なので、必ず関係してきます。

 

なお、後述されますがマイクの接続に用いられるケーブルはキャノンケーブルと呼ばれます。

下記のケーブルです。

コンソール

ミキシング・コンソールが正しい名称ですが、現場だとPAとか卓とか呼ばれます。

要は下記のような大きいミキサーの事。

ライブハウスだと音響さんが座るところに設置されています。

このミキシング・コンソールがライブハウスで流れる音楽の音量やエフェクトなどを調整しているのです。

D.Iはなぜ必要?

D.Iはライン接続の機器をコンソールへ接続する際に用いる機材。

では、なぜコンソールへ接続する際にD.Iを挟む必要があるのでしょうか?

 

その理由はノイズの発生、音の減衰が起こらないようにするためです。

ノイズ・音の減衰を防ぐためにD.I内で行われる処理は下記の2点。

  • インピーダンスを揃える
  • アンバランス接続からバランス接続へ変換

インピーダンスを揃える

インピーダンスとは交流抵抗とも呼ばれる、交流で電流が流れる時に発生する抵抗のこと。

インピーダンスには大きくローとハイがあります。

  • ロー…電流の効率は悪いがノイズに強く、音質が良い
  • ハイ…少ない電流でアンプを鳴らせるがノイズに弱い

ギター(エレアコ)はハイ・インピーダンスです。

そのまま、コンソールに繋ぐとノイズが発生したり音が減衰します。

 

対策として間にD.Iを入れてハイからローへインピーダンスを変換してローに揃えます。

インピーダンスを揃えることでノイズが少ない綺麗な音のまま、アンプへ出力できます。

アンバランス接続からバランス接続へ変換

D.Iのもう一つの機能として接続方式を変換する機能があります。

ギターなどに用いられるラインケーブルはアンバランス接続という方式を使用しています。

 

対して主にマイクなどに用いられるキャノンケーブルはバランス接続という方式を使用しています。

 

バランス接続の方がノイズに強く、ライブハウスなどケーブルを10m以上伸ばすことが多い現場ではバランス接続が基本です。

具体的にはステージ上にD.Iを設置し、下記の流れでコンソールに接続します。

現場での流れ

  • ギターからステージ上のD.Iへライン接続(アンバランス)
  • D.Iがバランス接続に変換
  • D.Iからキャノンケーブル(バランス)でコンソールへ接続

なお、アマチュアで利用するライブハウスには必ずと言っていいほど下記のD.Iが設置されています。

定番中の定番、BOSS DI-1です。

3つ接続口がありますが、あなたがギターケーブルを指すのは一番右の「INPUT」です。

リハーサルや本番でまごつかないように覚えておきましょう。

D.Iは個人で所有するもの?

D.Iという機材は弾き語りをやっている人の中でも、ライブを積極的にやる人しか知りません。

個人が所有するべき機材なのでしょうか?

 

ザックリと回答を書くと、こんな切り分けです。

  • ライブハウスで活動する人はいらない
  • 色んなところでライブをやる人は持っておくべし

ライブハウスで活動する人はいらない

ライブハウスにD.Iが設置されていないことはまずありえません。

備え付けのものを利用すれば良いので、個人で所有する必要はありません。

つまり、大抵の人は個人で所有する必要はないです。

色んなところでライブをやる人は持っておくべし

音響設備が整っていないところでライブをやることがある人は所有しておくべきです。

カフェ…公共施設…路上…など。

音響設備を持ち込む場合はD.Iも必要なことが多いですからね。

 

僕の体験談だと、市民ホールを借りてライブイベントやる時にD.Iが必要になりました。

プリアンプ付きD.Iがおすすめ

弾き語りすとにはプリアンプ付きD.Iがおすすめです。

高機能プリアンプにはD.I機能がついていることがほとんどです。

 

エレアコを使う人ならプリアンプは持っていて損はありません。

D.Iを買うというより、プリアンプのおまけとしてD.Iも手に入れてしまいましょう。

 

おすすめは超ロングセラーの「L.R.BAGGS Para Acoustic D.I.」。通称パラアコです。

音を整えるEQ、ノイズ・ハウリング対策のノッチフィルターに加えてD.I機能もついています。

どこの現場でも使える安定の1台です。

参考記事

おすすめアコギ用プリアンプ パラアコ(Para Acoustic D.I.)をレビューする

まとめ

  • D.Iは楽器とコンソールを接続するためのもの
  • ノイズや音の減衰を防止する機能がある
  • 色んな会場でライブをする人以外は個人で所有する必要なし
  • プリアンプ付きD.Iを買うのが得策

ぎたすけ

へー、知られていないけどライブには欠かせないアイテムなんだな

たけしゃん

どちらかというと音響さん側の話だからね。でも、弾き手も知っておいた方が良い事だね

D.Iについての解説記事でした!

僕もですが、プリアンプ買ったらD.Iも持っていた…。

というパターンが多いので気づかずにプリアンプ付きD.Iを持っている人は多いのではないでしょうか。

 

音響についての知識は必須ではないものの、間違いなく知っておいたほうが良い知識です。

ライブを通して少しずつ勉強していきましょう。