ギター用ピックアップのアクティブとパッシブの違いを解説する

ぎたすけ

アクティブとパッシブ?何のことやら全然わかんないな

たけしゃん

簡単に言うと電池を使うか使わないか?ってことだよ

本日はギター用ピックアップのアクティブとパッシブについて解説していきます。

アコースティックギター用のピックアップはアクティブが多く、そこまでパッシブが知られていません。

 

しかし、少ないながらも自身でアコギの音作りをこだわりたい人はパッシブを選択する人もいます。

本記事ではアクティブ・パッシブの違いを解説しつつ、オススメ製品も紹介していきます。

 

なお、下記記事にてピックアップについての情報をまとめています。

基本的な知識から、豆知識まで幅広くあるので参考にしてください。

アコースティックギター用のピックアップとは -ギターアイテム解説シリーズ-

アクティブとパッシブ

違いを一言で言うと…。

  • アクティブ…プリアンプ内蔵
  • パッシブ…プリアンプなし

ギターの音をピックアップから、そのまま送ると音量が小さすぎます。

そのまま、アンプやPAに繋いでで増幅させるとノイズが目立ちます。

対策として前段でプリアンプに繋ぎ、プリアンプ内でハイ・インピーダンスの信号をロー・インピーダンスに変換し音を整えるのが一般的。

 

アクティブはプリアンプが内蔵されており、パッシブは内臓されていないタイプのピックアップ。

それぞれをもう少し掘り下げていきます。

アクティブ

  • 電池を使用
  • プリアンプ内蔵型
  • 音質が調整されている

アクティブはピックアップにプリアンプが内蔵されており、音質が調整されているもの。

電池はプリアンプが使用しています。

 

プリアンプの中には音質調整するためのEQやハウリングを抑えるノッチフィルターが付けられているものもあります。

アクティブ型のピックアップは別途プリアンプを買う必要がないのが利点です。

 

逆に弱みとしてプリアンプを自分で選べないという点が挙げられます。

プリアンプは音を増幅する時にその機種特有の音色付けがされます。

人によって、音色付けの好みというものがあります。

自身で好みが明確にある場合はあえてパッシブを購入して、自分でプリアンプをいじって音作りする人もいます。

 

…といっても、プロを見てもアクティブのピックアップに外付けプリアンプを接続して音質調整する人が多い。

プリアンプの重複について

アクティブのピックアップを使っていると外付けプリアンプを使用できないのか?…という疑問について。

問題なく使えます!

僕もですが、プロの方でも二重接続している方はたくさんいます。

使用用途は音質…というよりは内蔵プリで調整できないEQとかノッチフィルターの調節です。

 

殺すプリアンプはEQなど全部フラットにして、音量も絞ります。

音質を反映したいほうのプリアンプで音量を上げるようにしましょう。

おすすめ製品

アクティブ製品は非常に多いですが、ここではL.R.BaggsのAnthemをご紹介します。

ピエゾとコンデンサーマイクのデュアル型。

プロの使用者も多い、安心の一品です。

パッシブ

  • 電池不使用
  • 音質未調整。そのまま使うのは難しい
  • 外付けプリアンプで好きなように音色作りが可能

パッシブは電池不使用。

プリアンプが内蔵されておらず、ピックアップだけの製品です。

 

狭いカフェでアコギ弾き語り…など音量を生音から少し引き上げるレベルならパッシブでも対応可能。

普通のライブハウスで、そこそこ音量を上げるとノイズが載って厳しいです。

ライブ活動を積極的に行うなら、外付けプリアンプを買いましょう。

 

パッシブの良さは色付けがされていない音質です。

L.R.Baggsのパラアコなどの良質なプリアンプを使うと、クリアなまま音を太く増幅できます。

参考記事

アコースティックギター用プリアンプの必要性と選び方を解説。-ギターアイテム解説シリーズ-

定番製品

L.R.BaggsのM80をご紹介します。

マグネットタイプのピックアップ。先代のM-1はプロの使用者も多い大ヒット製品です。

このM80はアクティブとパッシブを選択できる仕様になっています。

両対応だと、現場に合わせて変えられるので嬉しいですね。

外付けプリアンプを使うなら、やはり同メーカーのパラアコVenue D.I.がおすすめですね。

プロの使用率は?

  • アクティブ 23名(69.8%)
  • パッシブ 0名(0%)
  • 不明 8名(24.2%)
補足
不明は両タイプある製品を使っていて、アクティブかパッシブかわからない方。

シンガーソングライター限定の33名を対象としたデータ。

あら、パッシブ誰もいなかった(笑)。

不明の方もインタビューで言及されていないところを見ると、ほぼアクティブと思われます。

 

アコギだとプリアンプ必須なので、パッシブ選ぶ人ってほとんどいないんですかね。

パッシブだとギターから外付けプリアンプまでのギターシールドが長いとノイズ載ったりしますしね。

 

ちなみにアクティブからの外付けプリアンプ使用者はわかる範囲で6名。

実際はもっとたくさんいると思いますが、情報がなくて不明です。

 

元々、内臓プリに細かい音質調整機能がついていない方は大抵、外付けプリアンプを挟んでいます。

内蔵で細かい音質調整機能がついているギターは下記のようなギター。

アクティブのピックアップを使って、必要に応じて外付けプリアンプも使用する。

このスタイルがプロだと一般的のようです。

まとめ

  • アクティブはプリアンプ有、パッシブは無し
  • アクティブは万能。パッシブは音質にこだわれる
  • プロの現場ではアクティブ利用が多い

ぎたすけ

たけしゃん、パッシブのギターあるよな?

たけしゃん

あるけど、あえてパッシブ選ぶことはないかなぁ。アクティブでも外付けプリで音作れるし

ギター用ピックアップのアクティブとパッシブについての解説でした。

アクティブが多いだろうなぁ…と思ってましたが、調べてみるとアクティブしかいない(笑)。

まあ、アコギはライブ使用ならプリアンプ必須ですしね。

 

アクティブとパッシブ両方を試してみたい!という方には前述のL.R.BaggsのM80(ピックアップ)L.R.Baggs製の外付けプリアンプという組み合わせがおすすめ。

音作りを楽しめると、よりギターの面白さを知ることができます。

 

この記事を読んだ、そこのあなた!

より良い音質でライブできるようにピックアップを研究してみませんか?

おすすめの関連記事

アコギ用ピックアップ おすすめの定番17機種をレビューする