あなたに最適なアイテムを提案!弾き語りすとナビ

音叉の使い方とチューニング方法について解説。日ごろのチューニングで音感を鍛えよう

ぎたすけ

漢字の読み方が既にわかんないや

たけしゃん

音叉(おんさ)って読むんだよ。チューニングに使う道具だよ。

アナログなアイテムなんだけど、耳のトレーニングにも使えるね

飛ばし読みガイド

音叉(おんさ)とは

音叉

  • 何かにぶつけると特定の音が鳴る金属棒
  • 大半の製品はラの音が鳴るように作られている
  • 楽器のチューニングに使用する

楽器のチューニングに用いるアイテム、音叉(おんさ)。

何かにぶつけると特定の音が鳴りますが、どこをぶつけても決まった音が鳴るのが特徴です。

 

その性質を利用して、楽器のチューニングやアカペラの音取りなどに利用されます。

 

クリップチューナーなどの便利アイテムがあるため、あまり使用されませんが耳の音感トレーニングにもなります。

そのため、あえて音叉でチューニングを行うミュージシャンは結構います。

 

音叉の使い方

音叉を手で持った画像

ギターでの音叉の使い方

No. 内容
1. 音叉で何かを叩く
2. 音叉の丸部分を歯でくわえる
3. 音叉と5弦の音を合わせる
4. 5弦の音を基準に各弦の音を合わせる

音叉の使い方自体はどの楽器も共通。

音叉で何かを叩くとラの音が鳴るので、音叉と楽器でラの音を合わせるという作業です。

 

ギターの場合はチューニングするので両手を使うため、音叉を持ちながらのチューニングができないところがポイントです。

説明図を用いながら各項目を解説していきましょう。

1. 音叉で何かを叩く

音叉先端で机などを叩く

どこで叩いても、同じラの音が鳴りますが先端部分で叩くのが一番音の持続性が長いです。

2. 音叉の丸部分を歯でくわえる

音叉の丸い部分を歯で挟む

ギターのチューニングには両手が必要なので音を聴きながら、チューニングを合わせるには丸い部分を歯で挟んで音を聴くようにしましょう。

音は振動なので歯でくわえると直接、頭に音が伝わってきます。

 

ちなみに音叉はこんな音です。

音叉を叩くと鳴る音

3. 音叉と5弦の音を合わせる

ギターの5弦開放弦と音叉の音は一緒

音叉の音はA=ラなので、5弦の開放弦が同じ音になります。

ただ、開放弦だとオクターブが違うため、やや合わせ辛く5弦5Fのハーモニクスのほうが合わせやすいです。

ハーモニクス
フレットの真上に指を軽く置いて、弾くと同時にゆっくり離して音を鳴らす奏法。ポーンと高い音が鳴る

ハーモニクスの出し方

5弦5F ハーモニクスの音

4. 5弦の音を基準に各弦の音を合わせる

5弦を基準とした各弦の音の合わせ方

音叉で5弦の音をチューニングしたら、5弦を基準に各弦の音を合わせていきます。

  1. 音叉の音と5弦 5Fのハーモニクスを合わせる
  2. 5弦 5Fと4弦の開放弦を合わせる
  3. 4弦 5Fと3弦の開放弦を合わせる
  4. 3弦 4Fと2弦の開放弦を合わせる
  5. 2弦 5Fと1弦の開放弦を合わせる
  6. 1弦 開放弦と6弦 開放弦を合わせる

ここまでで、音叉を使ったチューニングは終了です。

 

少し手間ですが、クリップチューナ-で音のズレを確認しましょう。

自分の耳がどれくらいの精度かを視覚的に確認できます。

 

繰り返し、繰り返し耳でチューニングをして視覚的にズレを確認していると、ちょっとずつ精度がよくなっていきます。

 

ギター用のおすすめ音叉

音叉

おすすめの音叉は定番中の定番ですが、Wittnerです。

すごい安いのを買うと、音叉を叩いたときにビビってしまって音が非常に聴きとりにくいです。

 

Wittnerでも強くたたきすぎるとビビりますが、普通に綺麗に聴こえます。

Wittnerの音叉の音

ギターに使う音叉の周波数

音には周波数という概念があります。

ポップスにおけるA(ラ)は一般的に440Hzの音を指していますが、クラシックではA=442Hzを用いることが多いです。

 

特殊な事情がある方以外はA=440Hzの音叉を購入しましょう。

A=440Hzが国際基準であり、クリップチューナーのデフォルト設定も大半がA=440Hz。

基本的に440Hzをチューニングで用います。

 

音叉(おんさ) まとめ

勉強しているところ

  • 音叉はどこかに当てると、必ず特定の音がなる金属棒
  • 音叉は楽器のチューニングを行うための道具
  • ポップスで使うならA=440Hzの音叉を買うべし

ぎたすけ

ふーん、なんか音叉でチューニングしていると玄人っぽい感じするな

たけしゃん

音叉を歯で挟んで、チューニングしていると職人っぽいよね。

日頃の耳を鍛えるって意味でもソロギターの人とかで使っている人が多いね

音叉(おんさ)の解説でした。

僕も日頃は音叉でチューニングするようにしていますが、毎日やってると音感が良くなってる感じはしますね。

 

クリップチューナーが便利すぎて、意識しないと使うことがない音叉。

ただ、音叉でのチューニングは毎日の習慣にしやすい音感トレーニングなので、是非取り入れてみてください。

ギター用チューナーが音を拾う仕組みの種類と使い分け方法を解説 ギター チューニングのヘルツ(周波数)の違いを音源付で解説。440Hz、441Hz、442Hzの使い分け・対応方法を理解しよう ギターのチューニング方法を解説。チューナーがなくてもチューニングできるようになろう チューナーばかり使っていると、耳が悪くなる説は本当かを解説する