Amazon Music Unlimited 3ヶ月99円で聴き放題を詳しく見る

オクターブチューニングでギターの状態を定期的に確認しよう

ぎたすけ

オクターブチューニングって聞いたことはあるけど、よくわからんな

たけしゃん

ギターの状態を確認するには最適な手段なんだよ。結構知らない人多いけど覚えておいたほうがよいね

本日はオクターブチューニングについての解説記事。

ギターのメンテナンスする時は大抵が本体に大きな傷がついたり、音がビビったり…という局面。

 

しかし、割と発生するのがチューニングを合わせても、弾いてみると合わないという状況。

「ちょっとくらいはいっか」

…と放置しがちですが、演奏を聴いている方からすると「何か気持ちよくないなぁ」と感じさせてしまうポイントなのです。

 

本記事ではオクターブチューニングについての仕組み。確認方法について解説していきます。

いつも、良い演奏ができるように自身でギターの状態を見極められるようにしましょう。

オクターブチューニングとは

同じ弦の12フレットを押弦した音と12フレットのハーモニクスの音を合わせるチューニング方法。

ここでは下記の事項を解説していきます。

  • オクターブチューニングの必要性
  • オクターブチューニングがずれる原因
  • オクターブチューニングの確認方法

オクターブチューニングの必要性

ギターのようなフレット楽器は押弦した時と開放弦でチューニングが合いません。

これは構造上、仕方がないことです。

ですが、ギターの調子が悪くなると合わない度合いが強くなってきます。

 

度合いが強くなると、開放弦が絡むオープンコードの響きが徐々に気持ち悪くなってきます。

また、押弦した時にチューニングがズレるのでプレイ全体が気持ち悪くなってきます。

 

このチューニングのズレが発生した際に「弦のチューニングが合っていないのか?」「ギターの構造の問題で合っていないのか?」の切り分けが必要。

…で切り分ける方法がオクターブチューニングなのです。

オクターブチューニングがずれる原因

  • 弦が古い
  • 弦高が高い
  • サドルの山が変形している

主にこの3つ。

最低限、弦が古いかどうかは自分で切り分けしましょう。

それでは各原因について、もう少し掘り下げて説明していきます。

弦が古い

弦が古く緩んでくるとオクターブチューニングがずれてきます。

弦の寿命と共にチューニングが合わなくなってくるイメージの原因はオクターブチューニングなのです。

他の原因との切り分けのため、チューニングが合わない場合はまず弦交換しましょう。

弦高が高い

オクターブチューニングがずれる原因の1つは開放弦と押弦した時のテンション差です。

弦高が高いほどに押弦する時の力が強くなるので、ずれやすくなります。

といっても、弦高が低くても押える力が強いと音がシャープしがちになります。

 

なので、自分でチューニングがずれる原因が弦高という判断は難しい。

参考記事

アコースティックギターの弦高調整でおすすめの適正値と適したプレイスタイルを解説

サドルの山が変形している

画像赤枠の白い棒。

この棒が弦の高さを調整しているのですが、溝の深さや山の形が変形すると色んなところに影響が出ます。

影響がでる1つがオクターブチューニング。

 

サドルに異常があると、急に弦が切れたり、弦高が高くなったりします。

オクターブチューニングのズレは早い段階に表われるので、ズレに気づければ早期の修理ができます。

オクターブチューニングの確認方法

  1. 弦の12フレットを押弦して鳴らす
  2. 同じ弦の12フレットのハーモニクスを鳴らす
  3. 音の違いを確認

これだけ。

耳でもチューナーでも確認可能。

普段は耳でチューニングするようにして、ちゃんと確認する時はチューナー使いましょう。

 

ちなみに全弦ピッタリ合うってのは中々ないです。

調整したってチューナーで確認すると1~2目盛り分かはズレます。

オクターブチューニングの調整

アコースティックギターのオクターブチューニングを調整するにはギター工房にメンテナンスしてもらうのが一番です。

 

エレキギターだと、トラスロッドの調整など自分でやれることがあります。

アコースティックギターの場合はサドルやブリッジ、弦高の調整が主になるので素人がやるには危険です。

オクターブチューニングに敏感になろう

オクターブチューニングがズレる症状が出てくるのは、早期であることが多いです。

その後に音がビビったり、弾き辛くなったり…という症状が発生します。

つまり、オクターブチューニングのズレに敏感であれば演奏に大きな支障が出る前に修理に出すことが可能。

 

工房にメンテナンスに出すと数週間返ってこないことが多いです。

早い段階でギターの異常に気づけると工房に出すタイミングを検討できるので助かります。

 

そのためにも、定期的にオクターブチューニングを確認することが大事。

そして、耳で気が付けるようになることも重要です。

チューナーに頼りすぎずに耳を鍛える観点も持ちましょう。

参考記事

チューナーばかり使っていると、耳が悪くなる説は本当かを解説する

まとめ

  • オクターブチューニングはギター本体の状態を確認する作業
  • 12弦を押弦した音と12弦ハーモニクスの音を比較する
  • オクターブチューニングに敏感だとギターの異常に早期で気が付ける

ぎたすけ

チューニングって言っても、本体の状態をチェックするためのものなんだな

たけしゃん

症状が酷いと演奏に支障が出るから早期に気づいて、早期に直したほうが良いね

オクターブチューニングの解説でした!

アコギではオクターブチューニングがエレキギターほど浸透していない。

なので、メンテナンスに持っていて職人さんから言われて知るパターンが多い。

 

…ですが、自分で早期に気づけると早い段階で修理できます。

気づかず演奏して、聴いている人がチューニングのズレを不快に感じたら嫌ですからね。

日々、意識して演奏に支障が出る前に対処するようにしましょう。