あなたに最適なアイテムを提案!弾き語りすとナビ

アコギのオクターブチューニングを覚えて、ギターのコンディションを確認できるようになろう

ぎたすけ

オクターブチューニングってオクターブが違う音で音を合わせるってこと?

たけしゃん

まあ、そうだね。ギターのコンディションを確認するための手法で知ってると便利だよ

飛ばし読みガイド

オクターブチューニングとは

ハーモニクスの音を鳴らす

オクターブチューニングとは、開放弦と押弦したときのチューニングがあっているかを確認する手法のことです。

 

ネックが反っていたり、サドルが消耗して変形すると開放弦と押弦したときの音がズレてきます。

アコギのサドル

開放弦と押弦した時の音がズレると、コードを鳴らしたときに微妙な音のズレが発生して気持ち悪く聴こえるので、非常に大きな問題です。

 

また、コード感が気持ち悪く聴こえてくるまで人によって個人差があります。

自分が気持ち悪くなくてもリスナーさんで気持ち悪く聴こえる人もいるため、自身の楽器の状態には日頃から敏感になっていたいもの。

 

更にはあなたが楽器を買う時にもオクターブチューニングがあっているか確認することでハズレを回避できるようになります。

 

ミュージシャンとしては覚えておきたいチューニング手法、それがオクターブチューニングです。

 

オクターブチューニングのやり方

手順1
チューニングを合わせる
まずはギターのチューニングをちゃんと合わせましょう

クリップチューナー 

手順2
ハーモニクスを鳴らす
各弦の12Fのハーモニクスを鳴らします

12フレットのハーモニクスを鳴らす 

手順3
押弦して同じ音を鳴らす
同じ弦で12Fを押弦した音を鳴らす

12Fを押弦して鳴らす 

手順4
音を聴き比べる
ハーモニクスの音と押弦した音が一緒か確認する。

チューニングがあった状態のクリップチューナー 

 

ぎたすけ

あれ?開放弦と12フレットの音を比べるんじゃないの?

たけしゃん

開放弦でも大丈夫だよ。

ただ、開放弦だと1オクターブ違って耳で違いを聴き分けづらいからハーモニクスを使うのが一般的だね

ぎたすけ

へーそうなのか。じゃあ、ハーモニクスの出し方も教えてよ

たけしゃん

あ、そうだね。解説するね

ハーモニクスの出し方

たけしゃん

成功すると、こんな音が鳴ります

6弦12Fのハーモニクス

ハーモニクスと12Fを押弦した音の違いを確認する際はチューナーを使いましょう。

ただし、アコギのオクターブチューニングは完全に合ってることは基本ありません。

なので、少しズレてるくらいなら正常です。

 

また、心地よい音かどうか?が最重要です。

全弦をチューナーで視覚的に確認するのはもちろん、耳で聞いて違和感がないかは常日頃意識しましょう。

 

オクターブチューニングが狂う原因

J-45 正面

オクターブチューニングが狂う原因は色々とあるものの、大きくは3つです。

  • サドルの山が消耗して変形している
  • ネックが反っている
  • 弦が古くなって、テンションが緩くなっている

最も多いのはサドル山の変形です。

消耗パーツなので、たくさん弾き込んでると仕方ないことではあります。

 

そして、オクターブチューニングの狂いが気になったら、まず簡単に確認できるところは弦です。

古い弦であれば、新しい弦に交換してみましょう。

 

安いギターほどオクターブチューニングが狂いやすかったりはしますが、パーツの消耗が原因の場合が多いです。

特にサドルの消耗などはたくさん弾いてると、仕方ないことですしね。

 

アコギのオクターブ調整

エレキギターならブリッジ部分のネジをドライバーで回して、サドル位置を調整することで自身でオクターブ調整できます。

ストラトのサドル調整

しかし、アコギのオクターブ調整はサドルの形成やネックの反りの修正などが必要となります。

そのため、自身でやるのはかなり厳しいため修理に出すのが賢明です。

 

自身でやる場合はサドルを削りながら微調整することになりますが、失敗すると戻せないのでサドル交換が必要になります。

初回で上手くいく人はほぼいないので、失敗しても良いギターで実験することを強くおすすめします。

 

ただ、アコギでオクターブ調整が必要となるときは弦高とか音の詰まりなど、他の問題も抱えていることが多いです。

なので、ギター工房に出して他の部分も含めて総点検してもらったほうが良いですね。

 

オクターブチューニング まとめ

  • オクターブチューニングは開放弦と押弦したときの音の違いを確認するもの
  • ギターの状態に異常があるとオクターブチューニングは合わない
  • エレキだと自分でオクターブ調整できるが、アコギはギター工房に依頼したほうが良い

ぎたすけ

チューニングで異常がわかるって何かすごいな

たけしゃん

まあ、ギターって音を出す楽器だから状態も音に出るもんだよね

アコギのオクターブチューニングについての解説でした。

愛用している楽器の状態を確認することはすごく大事なことですよね。

 

オクターブチューニングは簡単なので、知っているだけで全然違います。

愛用ギターの状態確認にも使えて、新しいギターを買うときの選び方にも使えるテクニックです。

 

慣れてしまえば、簡単なので早速自身のギターで試してみましょう。

ギターのチューニング方法を解説。チューナーがなくてもチューニングできるようになろう ギター用チューナーの種類・仕組み・使い方を画像付きで細かく解説 クリップチューナー クリップチューナー おすすめランキングベスト10を解説 ペダルチューナー解説 ペダルチューナー おすすめランキングベスト10を解説【アコギ向け】