ギター用チューナー 4種類の測定モードによる違いを解説

ぎたすけ

チューナーの測定モードって何か違いがあんの?

たけしゃん

特定の音にだけ反応するモードとかあるんだよ。自分の使用用途に合わせて商品を選んだほうが良いね

ギター用チューナーの測定モードを解説する記事です。

最近は色んな商品があって、一口でチューナーと言っても色んな使用目的に合わせた商品があるのです。

 

自分がどんなチューニングを使うのか?

レギュラーチューニングだけなのか、オープンチューニングも使うのか…など。

やりたいことによって、買うものが変わります。

 

本記事では自分の希望と異なるチューナーを買うことがないように測定モードに違いについて解説をしていきます。

チューナーの測定モード

  1. ギター/ベース・モード
  2. クロマチック・モード
  3. ポリフォニック・モード
  4. ストロボ・モード

チューナーの測定モードは概ね、この4つ。

上記のうち、1つの機能しかないチューナーは少なく複合型チューナーが多い。

それぞれを掘り下げて解説していきましょう。

ギター/ベース・モード

  • 開放弦の音程にだけ反応するので初心者も迷わない
  • レギュラーチューニングしかできない

ギター/ベース・モードとはそれぞれの楽器のレギュラーチューニング時の開放弦にだけ反応する測定モードのこと。

ギターはギターモード、ベースはベースモードを使用します。

 

ギターモードだとレギュラーチューニングの開放弦「EADGBE」。

この5つの音しか反応しません。

初心者だと、どの音がどのアルファベットなのかわかりませんが、ギターモードなら開放弦の音にしか反応しないので迷うことがありません。

 

ただし、決まった音だけ反応するためレギュラーチューニングしかできません。

半音ダウンやオープンなど変則チューニングは対応できないので注意しましょう。

 

ギター/ベース・モードに対応する代表的なチューナーはKORG AW-4G

ギター/ベース・モードとクロマチックの両対応。

精度も使い勝手も良い、クリップチューナーの代表的製品です。

クロマチック・モード

  • 変則チューニングやカポタストにも対応
  • 万能で最もよく使われる測定モード
  • 音階をアルファベットで覚える必要がある

半音単位で鳴っている音の音程を表示するモード。

クロマチックという言葉は「半音」という意味なので、この名前がついています。

 

クロマチックであれば変則チューニングも対応可能。

カポタストをつけたままでもチューニング可能なので、カポ装着による音程の狂いも補正可能。

 

デメリットはほとんどありませんが、アルファベット表記の音階を覚えていないと使いづらいです。

「ドってアルファベットだと何だっけ?」

となる人は、まずはギター/ベース・モードのほうが良いですね。

 

クロマチック・モードに対応する機種はほんとにたくさんあります。

ここではシンプルな操作性が魅力の「KORG PitchClip2」をご紹介します。

クロマチック・モードのみ対応し、必要最小限の機能のみにそぎ落とした製品です。

シンプルイズベストなチューナーで非常に使いやすいです。

ポリフォニック・モード

  • 全部の弦をまとめてチューニング可能
  • ライブで瞬時にチューニングできて便利
  • 決められたチューニングしかできない

全部の弦をまとめてチューニングできるモード。

少し前に発売されて、プロの使用者も徐々に増加中。

 

ライブの曲間でジャラーンと鳴らして、ずれている弦だけチューニングを合わせられます。

普通に1弦ずつ合わせるより、圧倒的に早い。

 

欠点としては決められたチューニングのみにしか対応できません。

例えば、代表機種であるpolytune clipだと「ドロップチューニング」と「カポタスト装着時のチューニング」をボタンで切り替えできます。

ですが、オープンチューニングなどは非対応です。

 

紹介するのは代表機種であるpolytune clip

前述のとおり、ポリフォニック・モードではオープンチューニング非対応。

ですが、クロマチック・モードかストロボ・モードもあるので、何でも対応できる万能機種です。

値段は高めですが、精度や機能面は抜群で評判も良い機種です。

ストロボ・モード

  • 高精度なチューニングが可能
  • ストロボ・モード対応機種は大体反応が良い
  • 値段が高く、クリップだと非対応が多い

針の幅では表現できないほどの超高精度チューニングを行うモード。

針の幅より細かい精度なため、光表示の動きでチューニングを行います。

 

ソロギタリストのようにチューニング制度にこだわる必要がある人が好んで使います。

精度が高いためか、ストロボ・モード対応機種は大体反応が良いです。

 

欠点としては値段が高く、クリップチューナーで対応している機種が非常に少ないことです。

ペダルチューナーなら、普通にあります。

 

ここではストロボモードがあるクリップチューナーtc electronic UNITUNE CLIPをご紹介します。

先ほどのpolytune clipからポリフォニックモードを取り除き、安価にした製品です。

 

測定モード別に代表的なクリップチューナーを紹介しました。

他にもたくさんのチューナーがあるので、下記記事でチェックしましょう。

弾き語りで使う測定モード

  • クロマチックモードがあれば問題なし
  • ライブ中のチューニング時間を短縮にはポリフォニック。
  • 正確なチューニングにこだわるならストロボ

…とこんな感じ。

ギター/ベースモードだけしかないチューナーは辞めたほうが良い(あんまないけど)。

 

クロマチックモードがあれば基本的に困ることはありません。

更に高性能求めるなら、ポリフォニックやストロボ機能があるチューナーを使うとよいでしょう。

 

僕はpolytune clipを使っていますが、このチューナーは全対応できるのでおすすめ。

  • 変則チューニング⇒クロマチック
  • ライブ⇒ポリフォニック
  • レコーディング⇒ストロボ

一台で全部対応できて、最強に便利。

高いですが、利便性を考えると価格以上の価値があります。

まとめ

  • チューナーの測定モードは4種類ある
  • 弾き語りで使用するならクロマチックモードがあれば十分
  • 全対応のpolytune clipは高いけど超便利なクリップチューナー

ぎたすけ

へー、測定モードって4種類もあるのか。クロマチックモードだけあれば十分そうだな

たけしゃん

まあ、クロマチックモードだけで困らないよね。でも、ポリフォニック使っちゃうと便利すぎて戻れないよ

ギター用チューナーの測定モードの解説でした!

個人的にはポリフォニックモードをおすすめしていますが、クロマチックモードがあれば十分。

 

ギターのチューニングがずれた状態で練習していると歌のピッチとかもズレやすい。

耳も敏感じゃなくなるので、チューニングはこまめにやったほうが良い。

なので、お手軽に使えるチューナーを持っておくようにしましょう。