カポタスト5種類のタイプ別の特徴をプロの使用率も踏まえて解説

ぎたすけ

え、カポタストって5種類もあるの?どれも大して変わらなくないか?

たけしゃん

まあ、良く使われているのは大体決まってるからね。実はシチュエーション別のアイテムがあったりするんだよ

普段、何気なく使っているギター必須アイテム、カポタスト。

そんなカポタストにもジャンルがあるんです。

 

本記事ではジャンル別の特徴を解説していきます。

自分のギタープレイに合ったカポタストはどれか?今一度、じっくり考えてみるいい機会です。

何気なくカポタストを買っている人は一通り勉強してみましょう。

カポタストの種類

早速、カポタストの種類を解説していきます。

カポタストは下記の5種類に分かれます。

  1. クリップタイプ
  2. バンドタイプ
  3. スクリュータイプ
  4. オープンチューニングタイプ
  5. ローリングタイプ

この5種類。

人によってはネジ式(スクリュータイプ)とかバネ式(クリップタイプ)なんて呼ぶこともある。

本記事ではアコースティックギターマガジンで採用されている呼び方で解説していきます。

MEMO
アコースティックギター・マガジンだとローリングタイプもクリップタイプに含まれていますが、本記事では使用目的が違うため分けて解説します

クリップタイプ

  • 軽量で片手のみの着脱が可能
  • 色んなネックの幅や厚みに対応可能
  • 押弦するテンションは調整不可

お手軽で使用者も多い、クリップ式。

他の種類と比べてパーツが少ないため、軽い。

また、片手で掴んで着脱できることが強み。

ただし、握力が弱いと片手での着脱は厳しい。

 

クリップ式はネックの太さや厚さに柔軟に対応できるため、万能で使いやすい。

押弦するテンション(強さ)は調整できないが、程よく設定されているので普通に使っている分には困らないだろう。

 

代表的な製品はKyser。プロの使用者も多い安定の一品。

バンドタイプ

  • 値段が安くて、軽い
  • 軽くて留め金の位置で多彩なネック幅に対応可能
  • 見た目が美しくない

伝統的なゴムバンドで押さえるタイプカポタスト。

初心者セットなどに付帯していることが多いので、一度は見たことある人が多いはず。

 

値段が安く、非常に軽い。そしてネック幅に柔軟に対応可能。

…と実は意外と万能で優秀。

ですが、見た目がなぁ…。

スマートじゃないんですよね。人前で弾くなら他のカポタストにしたいとこ。

実際にライブで使っている人はほぼいない。

created by Rinker
S.Yairi
¥460 (2018/08/17 14:38:57時点 Amazon調べ-詳細)

スクリュータイプ

  • 取り外しに力が要らない
  • ネジで押弦のテンションを微調整可能
  • 重いが頑丈

ネジを使って取付るスクリュータイプ。

片手でつけられないものの、付ける際に力が要らないので便利。

 

また、ネジで押弦のテンションを微調整できる。

カポ取付時のチューニングのズレが気になる時もネジの絞め具合で改善できることがあるので便利です。

 

スクリュータイプには良い商品がたくさんありますが、代表的な製品はSHUBBのC1。

重さも大したことなく、取付が簡単。

プロの使用者も多い。僕もメインで使っています。

オープンチューニングタイプ

  • 特定弦だけにつける特殊なカポタスト
  • チューニングを変えずにオープンチューニングにできる
  • 固有のコードフォームの対応が必要

カポタストを使用してオープンチューニングにするタイプのカポタスト。

別名、パーシャルカポとも呼ぶ。

画像のカポはKyserのKG3Bだが、3・4・5弦だけ押弦するカポタスト。

他にも1~5弦を押弦してドロップDチューニングにするカポタストが販売されている。

 

欠点としては通常のオープンチューニング、レギュラーチューニングと違うコードフォームで押さえる必要があること。

ちなみにスガシカオさんの「8月のセレナーデ」は半音ダウンチューニングで1~4弦だけ4フレットにカポをつけるという構成になっている。

こちらは弦ごとにどれを抑えるか決められる究極のパーシャルカポ。

その名もスパイダーカポ。

created by Rinker
D’Andrea
¥3,279 (2018/08/17 14:38:58時点 Amazon調べ-詳細)

ローリングタイプ

  • 瞬時にカポ位置を移動可能
  • 位置移動後もチューニングのズレが少ない
  • カポ移動がなければ普通のカポ推奨

ローリングタイプのカポタスト。

曲中に転調でカポ位置を変える時に使います。

J-POPだと最後のサビで半音転調することが多く、使う場面は割と多い。

 

半拍などでのスムーズなカポ移動には結構な練習が必要。

バンドだとアコギが1小節休み、クリップタイプのカポで余裕を持って移動させてることが多い。

実戦でローリングタイプを活用して瞬時に転調する人と言えば、アルフィーの坂崎さんくらいでしょうか。

 

僕もローリングタイプのカポを使いますが、普段使いだとSHUBBやKyserの方が断然便利。

カポ移動がないステージでは普通のカポ使ったほうが良いです。

created by Rinker
Greg Bennett
¥2,780 (2018/08/17 14:38:58時点 Amazon調べ-詳細)

プロの使用率を見てみよう

実際にプロミュージシャンはどのタイプのカポを使っているんでしょうか?

気になりますねぇ…。

僕の所有している雑誌、スコアなどをかき集めて50名の使用率を調査しました!

ソロギタリストも結構いるので、全員verとシンガーソングライターverに分けて解説します。

全員ver

  1. スクリュー 37名(74%)
  2. クリップ 11名(22%)
  3. バンド 1名(2%)
  4. ローリング 1名(2%)

スクリューの圧倒的勝利!

まあ、スクリューには良い製品が多いですからねぇ。

ソロギタリスト御用達の「JIM DUNLOP ビクターカポ」と「Planet Waves NSカポ」の二大勢力は強かったです。

created by Rinker
JIM DUNLOP
¥2,370 (2018/08/17 14:38:59時点 Amazon調べ-詳細)

シンガーソングライターver

  1. スクリュー 21名(75%)
  2. クリップ 6名(21.4%)
  3. ローリング 1名(3.6%)

ドン!

ほとんど変わらず!

ただ、中身は少し違います。

スクリューが多数なのは「SHUBB (9名)」と「G7th Performance 2(8名)」の2種が圧倒的なシェア率だったからです。

なお、シンガーソングライターのクリップ型使用者は全員Kyserでした。

ローリング使用者はもちろん、坂崎幸之助さん(アルフィー)です。

ちなみに女性シンガーソングライター(8名)は「SHUBB(2名)」「G7th Performance 2(4名)」「Kyser(2名)」しかいませんでした。

これは少し面白いデータですね。

まとめ

  • カポタストには5種類のタイプがある
  • プロで最も使用率が高いのはスクリュータイプ
  • SHUBB C-1買っとけば間違いない

ぎたすけ

へー、カポタストってこんなに色んな種類があるんだな。オープンチューニング用とか知らなかったぞ

たけしゃん

シンガーソングライターやっている分にはクリップとスクリューあれば、十分だしね

カポタストの種類についてでした!

プロの使用率を取ってみると、思った以上にスクリュータイプが人気なのは面白かったですね。

 

アコギを弾いているとカポタストのお世話になることは結構多いです。

その分、ちゃんと勉強して最適なアイテムを選びたいところ。

今、適当に選んだカポタストを使っている人は今日見た製品から買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?