スガシカオのギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

ぎたすけ

スガさんは歌詞がかっこいいよなー。おしゃれなんだけど、人間くさい

たけしゃん

あの歌詞は素晴らしいよね。ファンクって音楽性もカッコいいし、僕も昔から大好きなんだよね
この記事でわかること
  • スガシカオさんについて
  • スガシカオさんの使用機材
  • スガシカオさんの弾き語りの特徴

スガシカオ

  • 1966年生まれ
  • 1997年2月デビュー
  • SPEEDSTAR RECORDS所属

ファンクとソウルをPOPSに調和させ、エッジの効いた歌詞を載せるシンガーソングライター。

メジャー⇒インディーズ⇒メジャーと活動の場を移しています。

所属事務所

  • Office Augusta(メジャー) 1997~2011年 
  • フリー(インディーズ) 2011年~2013年
  • SPEED STAR RECORDS(メジャー)2014年~

と、こんな感じ。

ご本人著の「愛と幻想のレスポール」で上記の移籍について、詳細に触れています。

最初のメジャー時代に10年続いて、このまま続けてもダメになると思った。

そして、やりたいことを全部やるためにフリーになったけど事務処理仕事が多すぎてメジャーに戻った。

…とまあ、こんな流れ。

 

このパターンって音楽業界以外でも結構聞きますね。

フリーだと自由だけど、全部自分でやるから事務処理仕事に追われちゃうらしいです。

 

スガシカオさんは定期的に「ヒトリシュガー」というギター弾き語りライブを開催されています。

2018年も開催されていますが、ギターが上手く色んな機材や奏法で工夫してくれるので、見ごたえ十分。

 

2010年発売のシングル「サヨナラホームラン」の初回特典DVDにヒトリシュガーツアーのDVDがついていますが、選曲も良くておすすめ。

僕は発売日に買ってから何回みたかわからんくらい見てる。

影響を受けたアーティスト

影響を受けたアーティストは邦楽がFlying Kids、洋楽はプリンス、スライ&ザ・ファミリーストーンをよく挙げています。

メッセージ性の強いソリッドなブラックミュージックが好みと答えており、ご自身の楽曲にも色濃く出ています。

Flying Kidsについては「自分がやりたいことを先に全部やられた」とまで仰ってましたね。

他にはダニーハサウェイなども、インタビューでよく話されていますね。

代表曲

代表曲は「Progress」「午後のパレード」「黄金の月」など。

楽曲提供も多くされており、歌詞を提供しているSMAPの「夜空ノムコウ」やKAT-TUNの「Real Face」などが有名。

 

楽曲の色は多彩で「午後のパレード」のようなダンスミュージックから、「黄金の月」のような王道バラードもある。

でも、やっぱり一番魅力が出るのは「19才」のようなメッセージ性の強いブラックミュージックですね。

一度フリーになってからは昔のように攻めた楽曲が多くて聴きごたえがあります。

 

特に2016年発売の「THE LAST」というアルバムはデビュー初期の尖った感覚と20年近いプロミュージシャンのキャリア、この2つの魅力を感じられる奇跡のバランスを保った作品です。

スガシカオの使用ギター、使用アイテム

それではスガシカオさんの使用機材について解説していきます。

活動時期が長いことと、最近の情報が薄いところはありますが分かる範囲で細かく解説していきます。

アコースティックギター

MEMO
画像はマーチン OOO-28です
  • Gibson LG-2(1950年代製)
  • Gibson Advanced Jumbo(2010年製)
  • Martin 000-28(1993年製)

アルバム「THE LAST」発売時の情報。

昔からスモールボディのギターを持っている印象ですが、今もLG-2がレコーディング、000-28はライブ用ギターと両方スモールボディのギターです。

Advanced Jumboはライブでスラム奏法するためのギターでトップ裏に力木が補強されており、打音を拾うピックアップが載っているそうです。

 

過去にはGibson B-25やTaylorのコアウッド木材のギターを使用されていました。

昔からスガさんは手元に10本しかアコギを置かないというルールを設けており、11本目を入れる時はどれか1本を手放すそうです。

コレクターではなくプレイヤーってことなのか、面白いルールですね。

エレキギター

  • Gibson JeffBeck Les Paul Oxblood(1954)
  • Fender テレキャスターシンライン
  • SPILAR ストラトキャスター

ライブはLes Paul、レコーディングはシンラインみたいですね。

確かに黒のジェフベックモデルのレスポールはスガシカオ!ってイメージが凄いあります。

 

ファンクをやっているため、ワウを多用されていますがワウペダルはアイバニーズWH10という生産終了したものを使っています。

アルバム「Time」の時点で第4代目を使っていて、壊れても大丈夫なように第8代目まで用意されていましたが今でも使用されているのだろうか…。

アコギ用機材

続いてアコギ用機材。

雑誌に情報が少ないものの、ブログに載せてくれている情報がそこそこあって助かります。

ピック

オリジナルピックを使用されています。

トライアングル型の0.8mmなのでミディアムくらいの固さですね。

 

滑り止めで穴が開いてます。汗かくと滑って落としやすいですからね。

ライブ使用にいいかも。

ライブステージによって変えているそうですが、Martin SPがメインみたいです。

使用者が多い、Martinのフォスファーブロンズ弦ですね。

チューナー

弾き語りDJ Liveのエフェクターボードより。

tc electronic PolyTuneを使用されています。

 

6弦全てのチューニング状況を一発で目視確認できる便利なチューナーです。

クリップ型もあります。

ご本人が使っているわけではないですが、アマチュアだとこっちの方が便利。

関連記事

ギター用クリップチューナー TC ELECTRONIC Polytune Clip(ポリチューンクリップ)をレビューする

カポタスト

Kyserのローズウッドを使用しています。目視確認なので色はちがうかも。

ちなみにスガさんの楽曲は半音ダウンチューニングが多く、カポの使用頻度はあまり高くありません。

関連記事

ギター用カポタスト Kyser(カイザー)の種類を解説し、Kyser KG6をレビューする

ギター用カポタスト Kyser(カイザー)の種類を解説し、Kyser KG6をレビューする

プリアンプ

  • YAMAHA DG-STOMP
  • JOE MEEK Dual Studio Channel TwinQ

弾き語りDJライブのエフェクターボードよりYAMAHA DG-STOMP。

渋いなぁ…。

かなり昔に廃盤になった商品ですが、プリアンプ&マルチエフェクターとして使用できます。

JOE MEEK Dual Studio Channel TwinQはEQやコンプが入った本格的なマイクプリアンプ。

スガさんはライブ用のプリアンプとして1CHはエレキギター、2CHはアコギに使っています。

ルーパー

弾き語りDJライブのエフェクターボードより、DigitechのJAMMAN STEREO

ヒトリシュガーでもルーパー使ってることが多いので活躍する場面は多そうです。

 

ただ、10万くらいするので多機能ですが、アマチュアが持つにはちと高いですね。

スガシカオの弾き語り

弾き語り難易度
ギター
(4.0)
(3.5)
総合評価
(4.0)

難易度はやや難しめ。

曲にもよりますが、ファンクやダンスナンバーは歌・ギター共にグルーブを出せないとカッコがつかない。

グルーブ感を出すには、そもそも演奏に余裕がないといけません。

 

その分、コードやストロークパターンなども豊富。

練習していて、勉強になることも多いアーティストです。

また、最近ではスラム奏法など「ヒトリシュガー」でバリエーションを出せるようにご本人も創意工夫されているので更に勉強になることが多いです。

ギター

コード進行が多彩。

スガシカオさんの楽曲以外では出てこないレアなコードが結構出てきます。

 

また、ファンクはカッティング命なので細かいミュートを組み合わせてストロークが多いです。

両手で瞬間ミュートすることに慣れないと中々演奏できません。

しかも、弾きながら歌うので違和感なく聴かせるためには結構なやり込みが必要です。

最高音はG#~Hi A#が多い。全体的にやや高めな曲が多い。

スガさんの楽曲を大きく分けると2種類。

  1. グルーブ感が重要なファンク系の楽曲
  2. 雰囲気が重要なダーク系のバラード

①の代表例は「19才」「午後のパレード」。

ギターと一緒に歌もハネたグルーブ感が出ていないと、うまくまとまらない。

J-POP中心に歌っていると、ファンク系の楽曲は少ないのでどうしてもノッペリしがちになる。

やりすぎなくらいやってみたverを録音して微調整していくと良いでしょう。

 

②の代表例は「黄金の月」「夏陰」など。

こちらはうって変わって、メロディと歌詞の儚さをしっかり表現することが重要。

上手く歌い上げると逆にハマらないのが何とも難しいポイント。

語尾をヴィブラートかけずにスーッと消えていく感じにしたり、入りの音をクッキリ出さずに切なさを演出したり…と雰囲気を出す工夫が必要。

元も子もないけど、スガさんは声が良いんだよなぁ。

おすすめのギタースコア

おすすめのギタースコアはスガ シカオ/全曲集 (ギター弾き語り)

デビュー初期から9thアルバム「FUNKAHOLIC」まで掲載されてます。

「黄金の月」「愛について」はアコースティックライブverの楽譜が掲載。

SMAPに提供された「ココニイルコト」や「夜空ノムコウ」もスガさんverの楽譜があってPOPSからファンクまで色んな曲が練習できる1冊。

終わりに

ぎたすけ

ファンクってカッコいいな。キレのあるカッティングとボーカルが楽しそう

たけしゃん

音楽やってる!って感じがするね。難しいけど、色んな事に応用できるからチャレンジしたいジャンルだね

スガシカオさんの解説記事でした!

ヒトリシュガーは結構小さめのライブハウスでやったりするので、勉強になることたくさん。

近くで開催されるときは見に行ったほうが良いです。

 

また、常に新しい事にチャレンジしている方なので今後も楽しみです。

特にアルバム「THE LAST」を聴いたら、次回のアルバムが楽しみになりました。

弾き語りすとで聴いたことない人は是非、聞いて曲をコピーしてみましょう。勉強になること間違いなしです!