サラリーマンが副業ブログで稼げるようになるまでの道のりを解説

ぎたすけ

最近はサラリーマンでブログやっている人が増えたよな

たけしゃん

僕が始めたころもいたんだけどね。たぶん増えて辞めてを繰り返しているんじゃないかな

サラリーマンやりながら副業でブログを始めて、はや2年半。

ブログも生活の一部として、安定して収益も上げてくれるようになりました。

 

今は月4~5万円くらいなので、お小遣いレベルは超えてきた感があります。

しかも、月2万円超えてからは2~3か月毎に1万円ずつ増えていっているので今後も楽しみ。

 

今や立派な副業ですが、ここまで道のりは楽ではなかったのです…。

今回はこれから副業としてブログにチャレンジするサラリーマン向けの手引きを経験則からご紹介していきます。

僕の副業ブログ経験談

たけしゃん

月1万円稼げるまで1年間かかりました。最初の1年はそれなりに夢中になってやってたなぁ

このブログを始めたのは2016年2月。

当時は残業が多くて、23時以降に帰宅することが多かったです。

だから、時間作るのが最大の難関でしたね。

そんな、2年半を簡単にご紹介していきます。

ブログ立ち上げまで

最初の記事を書いたのは2016年2月なのですが、実際にレンタルサーバーを借りてWordpressインストールしたのは2015年7月。

空白の半年がありました。

仕事が忙しかったのと、Wordpressの初期設定が思いのほか面倒で一通り終わったら満足しちゃいました。

 

なんて体たらく…と思ったら結構あるらしいです。このパターン。

WordPressでブログ立ち上げるって実は相当大変。特にPCスキルが低い人は高確率で挫折します。

 

クラウドソーシングで誰かにやってもらうのも手かもしれないですね。

ブログで稼ぐ!という鉄の意思がある人…もしくはWordpressの知識がある人以外は「はてなブログ」ではじめることをおすすめします。

ブログ1年目

音楽系のブログを書こうと決めて、自分のやっている「弾き語り」というジャンルに特化することに。

 

そして、記事をガンガン書き始める。一か月で25記事くらい書いてました。

仕事とブログで他のことやる時間なかったです。

 

最初の数か月は100PVくらいの月が続き…。

4か月目で1,000PVを超え、1年経つころには月20,000PVに到達。収益も1万円を突破。

最初の半年は誰も見てない感が半端なかったです。

ブログ書くの好きじゃないと、この半年耐えられないよなぁ。

ブログ2年目

2年目には初っ端から謎のPV減少にあいました。

原因はたぶん、キャッシュ系プラグインとWordpressテーマの相性。

PV数減少の犯人はW3 Total Cacheだったっぽい

この事件でプロブロガーの不安定さと厳しさを知りました。今思えばいい経験でした。

 

…でキャッシュ系プラグインとわかって対処してからは順調にPV数が伸びていきました。

丸2年経つころには月50,000PV、30,000円の収益達成。

2年目途中からはリライト中心で記事量産スタイルを止めました。

 

2年目になると残業が多い中でも時間捻出する方法を確立して、そこそこ作業できていました。

といっても、現在進行形で「時間がない」とずっと嘆いています。

ブログを始める準備をしよう

たけしゃん

副業ブログを始める前の確認、決めるべきことを紹介していくよ

副業ブログを始めよう!…と思ったら、これだけ最初に確認・決定しておきましょう。

  • 会社の就業規則を確認
  • 顔出しするか匿名か
  • 使うブログサービスを何にするか
  • ブログのテーマを決める

僕の経験談も踏まえて1つずつ解説していきます。

会社の就業規則を確認

あなたの勤めている会社が副業OKかどうか?

副業可否を確認するには就業規則を確認するのが一番確実です。

MEMO
従業員が10名未満の会社は就業規則設置義務がありません。ない場合は直接、総務か経営者に確認しましょう。

たけしゃん

僕のところは「他社に雇用されてはいけない」だけだったので自営はOKでした

顔出しするか匿名か

サラリーマンと兼業するときに厄介なのが顔出し。

そんなにリスクはないんだろうけど、やっぱり顔出しは怖い。

顔出しするか匿名かはブログの方向性で決めましょう。

 

たとえばゴールが「ブログを活用して集客したい」「メディアに出たい」なら顔出したほうが絶対有利。

僕のブログみたいにノウハウ記事を書いてるだけなら、どっちも大差なし。

たけしゃん

僕の場合はサラリーマンだから匿名ってのが強いです。音楽活動と紐付けするためには顔出しでやったほうがいいかな。

使うブログサービスを何にするか

稼ぐブログを書くなら、下記のどちらかがおすすめ。

  • WordPress
  • はてなブログ

ザックリ言うと、万人向けは「はてなブログ」。

本気で稼ぐ決意がある人は「Wordpress」を推します。

 

はてなブログのほうが初期投資も少なく、何より簡単に始められるので最初の段階でつまずく可能性は圧倒的に低い。

本格的に稼げるブログを作るなら、Wordpressがおすすめだけど初期投資と初期設定が大変。

たけしゃん

ブログ始める人の9割以上は「はてなブログ」で十分。残り1割のお小遣い以上の稼ぎを本気で狙う人たちはWordpressを選んだほうが良いです。

ブログのテーマを決める

大まかにブログを始める時に分かれるのが下記の2つ。

  • 雑記ブログ
  • 専門ブログ

このブログは専門ブログ。

何らかの専門知識を持っている人は迷わず専門ブログをおすすめします。

とりあえず、続けることを目的にするなら雑記ブログもあり。

 

専門ブログのほうが断然稼げるし、方向性も定めやすく続けやすいです。

ただし、稼げるかどうかはジャンルに依存します。

 

稼げるジャンルを選ぶのが重要。でも自分が興味あるジャンルを選ぶのはもっと重要です。

 

僕の例で言いますと、ずっとやっている「ギター弾き語り」というジャンルを選択しました。

正直、稼げません。

でも知識もあるし、熱意もあるので続けられています。

結果的には月5万円くらいは稼げてるし、悪くないと思っています。

  1. 興味があるジャンル
  2. 稼げるジャンル

この優先順位で該当しそうなものを探すと良いでしょう。

たけしゃん

稼げるジャンルは競合も多いし、目的がお金だけだと続けられないです。興味があることを優先したほうが良いです

ブログを書く時間を作る

たけしゃん

サラリーマンは時間がない。時間を作る努力と生産性を上げる工夫が必要です!

サラリーマンをやりながら副業ブログをやる時に一番大変なのが時間を作ること。

僕も残業が多いので、一番頭を悩ませています。

これまで色々と取り組んでみて、効果的だったことは下記の3つ。

  • 朝に作業する
  • 昼休みを有効活用する
  • 企画と作業を分ける

2年やってる中で色々と試行錯誤して、上記3つを有効にやれる方法を考えました。

僕も残業時間が60時間以上の時とか結構多いので、よほどの残業まみれな人以外は同じことができるはず。

朝に作業する

仕事の時間以外に作業をするとなると、早朝か夜のどちらか。

 

僕も最初は会社から帰ってきて、ご飯を食べて風呂に入ってブログ執筆…とやっていました。

しかし、夜は仕事の疲れが残っていて集中力が続かないんですよねぇ。作業スピードがイマイチ。

 

そこで、早起きすることにしてみました。

会社行く前に30分~1.5時間程度、執筆時間を作っています。

すると、作業スピードが飛躍的にアップしました!早朝は疲れもなく集中力も高い。

 

帰宅後はスムーズに寝ることに注力して、出勤前に作業。

生活リズムにもよりますが、朝に作業することをおすすめします。

休みを有効活用する

続いて、会社の昼休みの活用です。

ご飯食べている時間を除くと、30分程度ですが塵も積もれば山となります。

 

こちらも僕の事例を紹介。

下記の流れで変化していきました。

  • STEP1
    スマホで執筆
    スマホに無線キーボードを接続。近くのSUBWAYで執筆。作業効率わるし
  • STEP2
    iPadで執筆
    スマホが使い辛いため、iPadを購入。変わらずSUBWAYで執筆。作業は捗って30分で700~900文字くらい書ける
  • STEP3
    ネカフェで執筆
    会社近くのネカフェのオープンスペース(30分110円)で執筆。デスクトップPC最高。30分で1000~1500文字書ける。イマココ
  •  

都内のネカフェは30分200円程度のところが多いです。

カフェでコーヒー買うと、もっと高いので会社近くにあればネカフェがおすすめ。

やっぱり、デスクトップは執筆が楽。

ノートPCは持ち歩くのが少し大変ですしね。僕はネカフェで落ち着きました。

 

僕の場合は残業が多くて朝の作業時間も限られているので、昼休みの作業時間が最重要ですね。

企画と作業を分ける

最後は時間の確保ではなく、有効活用の手法。

サラリーマンが時間を作ろうとすると、どうしても時間が細切れになりがち。

 

僕も残業が多いときは休日と平日の朝30分・昼休み30分がメインの作業時間になるんですよね。

30分という短い時間を有効活用するにはどうしたらよいか?

 

考えた結果、企画と作業を分けることにしました。

具体的には下記のやり方をしています。

  1. まとまった時間で記事のテーマ・骨子を検討・作成
  2. テーマ・骨子に沿って30分間で執筆

こうやってわけることで、30分の短い時間を有効活用できています。

テーマや骨子が決まってれば、30分間で1000~1500文字くらいは書けます。

逆に決まってないと、500文字も書けません。

やることやれば月1万円は稼げる

たけしゃん

月1万円稼ぐまでの過程を思い出すと特殊な能力は何も必要なかったですね

月1万円稼ぐまでの過程を思い出すと必要なのは「人の役に立つ記事を書く」という意識と実行力の2つだけ。

この2つがあれば誰でも達成できる。

 

ただ、この「黙々とコンテンツ作成」というのが結構厳しい。

しかも、1万円稼げるようになるまで1年はかかる。

「食べる量減らして運動すれば誰でも痩せられる」というのと同じ理屈。

誰でもできる内容だけど、実際に実行できる人はあまり多くない。

 

下手でもよいので、まずは100記事ほど書いてみましょう。

100記事書くころには色々と課題や目指す方向性も見えてくるはず。

終わりに

ぎたすけ

サラリーマンでブログやっている人って増えたけど大変なんだなぁ

たけしゃん

大変さは残業時間にもよるけどね。「定時帰りサラリーマン + ブロガー」というスタイルはかなり良いと思うよ

「定時帰りサラリーマン + ブロガー」はほんとにおすすめ。

僕も、この組み合わせ目指して今の会社辞めることにしたくらいです。

 

残業で頑張って稼いでも一過性のものだし、毎年の昇給額にも限界があります。

ブロガーは最初から稼ぐのは難しいですが、じっくり育てれば年々稼げる額が上がる可能性があります。

責任と会社への依存度は平社員のまま、年収は部長より高いという状態も十分目指せる。

 

何より、会社以外の副収入があると人生の選択肢が一気に増えます。

残業で夜遅くまで毎日残るより、ブログを活用して心にも時間にも余裕のある生活を目指してみませんか?