Amazon Music Unlimited 3ヶ月99円で聴き放題を詳しく見る

ブロガーという職業が怪しくないことを理解してもらうのはたぶん無理

ぎたすけ

確かにブロガーって何か怪しいイメージだよな

たけしゃん

そうなんだよ。僕も仕事辞めて、しばらくブログやるって言うと周りから怪しまれそうだなぁって悩んでるんだよね。

専業ブロガーになろうって人が悩む問題の1つは社会的信用。

ブロガーって怪しい・不安定ってイメージが定着しています。

家族や友人に怪しい仕事をやっていると思われるのは結構辛い。

 

不安定というのはわかりますが、別に怪しくはないと思うんですよね。

では何故、怪しいと言われるのか。

そして、怪しいと言われる理由と解決策について考えます。

ブロガーが怪しいと思うのはなぜ?

まず、ブロガーが怪しいと思っている理由を考えます。

周りの人達と話して怪しいと思う理由として考えられるのは下記の3つ。

  • ブロガーをよく知らない
  • ブログで稼げている人を見たことがない
  • 騙されていそうな人はそこそこ見る

ブロガーをよく知らない

怪しいと思う最大の理由。それはブロガーをよく知らないから。

仮想通貨やFXを怪しいと思っているパターンと同じ。

人は知らないことには警戒心を抱きます。

そして、知らないことについては世間で一般的なのかどうか?という物差しで評価します。

 

となると職業としてのブロガーは怪しさ満点。よくわからないし、一般的でもありません。

ブログで稼げている人を見たことがない

TwitterやWebサイトを調べていると、ブログで稼いでいる人って相当たくさんいるように見えます。

しかし、周りにブログで稼げている人がいるか?というと大半の人がいないのです。

 

プロブロガーを目指している人からすると、稼げている人の発言ばかり目につく。

または情報商材などを売ろうとしてる輩の話ばかり回ってくる。

だから、稼いでいるブロガーがたくさんいると勘違いしがち。

実際は月数万円稼げている人すら超少数なので、周りの家族や友人はブログで稼げるなんて夢物語だと思っているのです。

 

まあ、無理もない。

ブログで稼いでいる僕でさえ、未だにブログで稼いでいる人にリアルで会ったことがない。

ブロガー界隈のイベントとかいかないと、普通の生活では出会えないです。それぐらい希少。

騙されていそうな人はそこそこ見る

ブログで稼いでいる人には滅多に出会えないんですが、騙された人&騙されていそうな人には割と簡単に出会えるんですよね

具体的に言うと…。

  • ブログで稼げると聞いて情報商材買った
  • ブロガーのセミナーに行った

こんな感じの人はちょいちょいいるんです。僕の周りでも3~4人はいました。

…で結果、稼げていれば怪しさを払しょくできるんですけど、稼げていないんですよね。

 

また、こうやって騙されていそうな人が語るブログ論が全然理にかなっていない(苦笑)。

んなわけねーだろって、ちょっと考えればわかるような情報をセミナーとか商材で学んできて、周りに話すわけですよ。

だから、周りの人はなおさらブロガーって怪しいなと思ってしまうのです。

ブロガーって怪しい仕事なのか?

僕自身、ブログでお金を稼いでいるわけですがやっていることはサラリーマンとほとんど変わらないです。

会社で物を売るための大枠をザックリ説明すると、次のようなプロセスになります。

  1. マーケティングリサーチ
  2. サービス・商品企画(もしくは選定)
  3. 営業活動

ブロガーも全く一緒のプロセス。

サービス・商品選定ってのがアフィリエイト選定にあたるし、営業活動ってのがブログの記事を書くことやSNS上の活動に当たる。

僕は営業サラリーマンですけど、大枠は全く一緒と感じています。

 

だから、全然怪しくない。そして変わった仕事でも何でもない。

その代わり、やることの大枠は一緒なんで仕事できない人はブログでも稼げないです。

MEMO
例外として、強烈なタレント性・先見性がある日本社会では受け入れられない才能人だけは仕事できなくてもブログで成功できます。

だから、ブロガーなんてのは現代のテクノロジーとライフスタイルに合わせて生まれた個人事業主の1つの形でしかないんですよね。

ブロガーが怪しくないとわかってもらえるのか?

前述の通り、別にやっていることは怪しくないのです。

なのに家族や友人から怪しいと思われるのはしんどい。

どうしたら、怪しいと思われないのでしょうか。

 

…で僕は考えた結果、怪しいと思われないのは無理だなと割り切ることにしました(笑)。

前述の通り、ネット上に「稼げています!」って方がわんさかいたって、僕の周りに稼げている人が僕しか存在しない。

だけど、情報商材に引っかかって損している人はそこそこいる。

これじゃ怪しくないと思ってもらうの無理だなと(笑)。

 

まあ、割り切るってのは独り身なので取れる選択ですけどね。

誰にも迷惑をかけずに自立して生活できていれば、特に説明を求められることもないし。

ブロガーという職業が一般的に認知されるのを待ちながら、ミュージシャンブロガーという職業を確立させるために頑張ります。

 

しかし、家庭がある人は大変ですよね。

相手も理解があれば良いですが、パートナーがやっていることをちゃんと知ろうとせずに怪しむのは勘弁してあげてほしいところです。

終わりに

仕事辞めて、しばらくブログばっかりやっていよう。

そう思って、ちゃんと計画を考え始めるとプロブロガーやっている人って本当にすごいなぁと感心します。

 

世間体や周りの人を考えると、相当暮らし辛いでしょうし。

「周りを気にしてたら成功しないだろ」と30代になっても、言い張れるほど僕も強靭な精神持ってないので大変です(苦笑)。

 

まあ、でもブログは楽しいし、人の役に立っている実感もある。

そんな恵まれた仕事は中々ないだろうから、職業に出来るように頑張りたいですな。