ギター弾き語りから音楽を始めるべき、3つのメリットを解説!

ぎたすけ

音楽を始めるといったらバンドってイメージだけどな

たけしゃん

ギター弾き語りから音楽を始めると音楽を長く楽しめる確率が高いんだよ。今日は弾き語りで始めるメリットをたくさん語るよ!

音楽を始めるにも色んな始め方があります。

  • カラオケ
  • 弾き語り
  • バンド
  • ユニット

…等々。

その中でも、ギター弾き語りから音楽始めることをオススメします!

楽器を弾きながら歌うので、少し敷居は高め。

その分、弾き語りができるといろんな場面で活用できて便利。

今日は弾き語りから音楽を始める3つのメリット…

Point

  • 始めやすい
  • 続けやすい
  • 自由度が高い

というポイントを解説していきます!

ギター弾き語りは始めやすい

ぎたすけ

まあ、確かに弾き語りの方がバンドよりは簡単に始められる気はするよ

たけしゃん

弾き語りは始めるためのお金が安いし、初心者用のコンテンツが充実しているから楽器の中でもトップレベルに始めやすいよ。

弾き語りは始めやすい。

この事実は何となく、みんなイメージできますよね。

僕の周りでも学生時代にギター弾き語りをやってみたことがある人って結構多いんです。

ギター弾き語りを始めやすい理由は2つ!

  • 始めるためのお金が安い
  • 初心者用のコンテンツが多い

2つとも初心者には非常に重要。

それでは1つずつ解説していきましょう。

始めるためのお金が安い

ギター弾き語りを始めるために必要なものはギターのみ!

もちろん、そのギターも値段にはピンキリあります。高いギターは何十万とします。

 

しかし、最初に買うギターは安くて十分。

むしろ、安いギターから始めることで高いギターの価値をちゃんと理解できるようになります。

 

そして、その安いギターの相場というと「1万円~3万円」くらい。

アクセサリー用品や教本含めて2~3万円くらいで、一式揃えられます。

 

ちなみにオススメなのは「1~2万円くらいのギター」と下記の記事に書いてあるアクセサリー一式買うこと。

【参考記事】迷ったら、これを買おう!ギター弾き語りの鉄板アクセサリー用品をまとめてみたcheck

 

バンドを始めるとなると、ギター以外にもエフェクターやアンプも必要になるから、2~3万円ではきびしいです。

その点、ギター弾き語りは「2~3万円」で必要なものは一式揃います。

 

また、最近だと「楽器をプレゼントしてくれる音楽教室」というのがあります。

道具を教室が用意してくれて、レッスンで基本も教えてくれるからギター弾き語りをマスターするための環境が全部そろいます。

無料体験レッスンができるので、お近くにある方は行ってみましょう。

楽器がもらえる音楽教室【EYS音楽教室】

初心者用のコンテンツが多い

ギター弾き語り向けの雑誌や書籍は初心者向けが非常に多いです。

簡単コードだけで弾ける楽曲集とかも発売されています。

ギター弾き語りは最初の壁が少し大変なので、壁を超えるためのアイテムがたくさんあるわけです。

こういったアイテムを活用して、ギターを少しずつ練習していきましょう。

他の楽器と比べても、初心者向けコンテンツは非常に充実しています。

そして、管楽器やピアノと比べても演奏が形になるまで、比較的早いので挫折する可能性も低めと言えます。

ギター弾き語りは続けやすい

ぎたすけ

Fコードで死んでいったやつをたくさん見てきたけど、ほんとに続けやすいのか?

たけしゃん

まあ、Fコードは大変だけど続けやすい環境作りは他の楽器より、断然やりやすいよ

ギター弾き語りは続ける環境作りが楽。

漠然と続けるって結構難しいんですよね。

ギター弾き語りは楽しく黙々と続けることがもできるし、チャレンジを続けることも可能。

ここで続けやすさとして解説するのは下記の2つ!

  • 1人で完結できる
  • お披露目する機会を簡単に作れる

それぞれ、解説していきましょう!

1人で完結できる

ギター弾き語りの良いところは1人で演奏を完結できること。

よく、バンドを始めたいと言って楽器を買う人でありがちなのが仲間を中々見つけられずに終わっちゃうパターン。

仲間がいれば、音楽が楽しいのは間違いない。

でも、気軽にマイペースで続けるには1人で完結できるに越したことはない。

 

1人で完結できるってことは何の曲をやるかも自由。

いつ休んで、いつ再開するかも自由。

細く長く音楽と付き合っていくことができます。

 

僕自身、中学時代にギターを始めて高校・大学時代はバンドでエレキギターを弾いてたけど、バンド活動が終われば辞めて、始まれば続けて…と実際は大してやっていない。

そして、大学卒業前から猛烈にギター弾き語りを始めて今に至る。

たまに無性に、バンドをやりたくなるけど1人で完結できる弾き語りがあるから常に音楽をやっている感はあります。

お披露目する機会を簡単に作れる

ギター弾き語りが続けやすい特徴②

それは「お披露目する機会を簡単に作れる」ことです。

  • ライブイベント
  • オープンマイク
  • 学園祭
  • 結婚式

などなど…。

アウトドアな人は夏のバーベキューとか、キャンプとかもありますね。

 

人前で演奏するって敷居が高いところもありますが、最大のモチベーションアップにつながります。

続けるため、上達するために最も必要なのは人前で演奏する機会かもしれません。

 

都内であれば、オープンマイクというイベントが毎日どこかで開催されている

【参考記事】オープンマイクはライブハウスデビューしたい人に最適なイベントcheck

 

ギター弾き語りは人前で演奏する機会を簡単に作れるので続けるためのモチベーション管理が楽なことが強みです。

ギター弾き語りは自由度が高い

ギター弾き語りはPOPSをやるにあたって万能なスキルです。

ギター弾き語りができるようになれば、活動する選択肢は物凄くたくさんできます。

  • ギターボーカルデュオ(ゆずとか)
  • アコースティックユニットのボーカルギター
  • バンドのボーカルギター
  • アコギ伴奏
  • DTMer
  • 作曲家

…など。

他にもたくさんありそう。

ボーカルとアコギができれば、色んな道が開けます。

 

逆に言ったら、専門が別の楽器でギター弾き語りできる人って凄くたくさんいます。

編曲家やっている人って上手い下手は置いておいて、ギターかピアノでの弾き語りは大抵の方ができるイメージです。

それだけ、POPSにおいて弾き語りのスキルって万能ってことです。

ギター弾き語りから音楽を始めることで、後からジョブチェンジは自由自在。

とりあえず、チャレンジしちゃって損はないのがギター弾き語りなのです。

まとめ

  • アコギは初期コストが安く、初心者向けコンテンツも充実
  • ギター弾き語りは人前での演奏機会を作りやすくて続けやすい
  • ギター弾き語りスキルは活用可能な範囲が物凄く広い

ぎたすけ

確かにギター弾き語りって、始めやすいのにできると凄く便利だもんなぁ

たけしゃん

気軽に音楽を楽しむのに、ギター弾き語りほど適したものはないよ。僕も部屋にいると、とりあえずギター弾いてるもん

「音楽を始めるなら、ギター弾き語りからチャレンジしてみよう!」

というお題でお送りしました。

ギター弾き語りから音楽を始めるというのは効率的だし、敷居も低い。

また、学生から定年退職後の方まで万人にオススメできます。

 

遅すぎることはありません。

始めてみたいなぁ…と思ったらすぐにチャレンジできるのがギター弾き語り。

今日始めれば、半年後にはあなたも立派な弾き語りすとになっています。是非チャレンジしてみてください!