音楽ブログを始めて、少しずつ収益を上げるための5つのポイントを解説する

ぎたすけ

僕も音楽ブログを始めてみようかなぁ。ちょっとでも稼げたら嬉しいし
ミュージシャンなら音楽ブログを始めてみると良い事いっぱいあるよ。今日は始め方を紹介していくね。

たけしゃん

本ブログは運用期間2年。毎月、約5万PVと約3万円の収益があります。

まだまだ、発展途上なブログではあるものの月3万円の収入は物凄く大きいです。

バイトしながら活動しているミュージシャンからすると3万円あれば、相当違いますよね。

 

そして、ブログは収益だけではありません。

自身の認知度を高めてくれるので音楽活動にも役立つ。

ブログを書くことで音楽をやるモチベーションにもなる。

良い事づくしの音楽ブログだけど、継続してブログを運用するためには最初にある程度の計画を考えることが大事。

本日は「音楽ブログを始めて収益を上げていくための5つのポイント」を解説していきます。

1. ブログの趣旨を考えよう

音楽ブログというとミュージシャンが自身の活動について報告し、告知するものってイメージ。

または音楽好きなリスナーがアーティストについて解説するものが多い。

音楽ブログには大きく区切ると下記の3パターンがあります。

  • アーティストがファンに向けたブログ
  • 音楽に対して感じたことを発信するブログ
  • 音楽を通して誰かの役に立つブログ

もちろんブログなので好きな事を書けばよい。

しかし、好きな事を書いているだけでは収益を上げることはできません。

自分がどうやって収益を上げるのか…?

この点をブログを始める前にちゃんと考える必要があります。

まずは上記3パターンについて解説していきます。

アーティストがファンに向けたブログ

アーティストがファンに向けたブログは実にイメージしやすい。

みなさんも好きなアーティストのブログを読んだことはありますよね。

自身で同じことをするだけです。

このタイプのブログはブログ自身で収益を上げることは難しい。

ブログを媒介してファンを増やしたり、ファンの満足度を高めるのが主目的となる。

最近でみると、このパターンであればブログを作るよりSNS内の活動を頑張ったほうが有効な気がします。

このパターンでブログを始める方は収益を上げるのは難しいです。

音楽に対して感じたことを発信するブログ

アーティストの活動や音源に対して感じたことを発信するブログ。

リスナーの方がやること…と思いきやプレイヤーでやっている方もいます。

代表的なブログとしてはバンドシーンをエッジの効いた表現で評論している「BASEMENT-TIMES」です。

僕も読んでいますが、色んなバンドを独自の切り口で解説していて面白いです。

この記事とかタイトルから笑っちゃったけど、めっちゃ面白い。

女、全員miwa嫌い説/BASEMENT-TIMES

 

BASEMENT-TIMESは2015年の時点で月間100万PVに到達しています。

今はもっと読者も多いだろうし、何人かが生活していくには問題ない収益を上げているはず。

新しい音楽を探して聞くのが3度の飯より好きな人はこういったブログで収益を上げられる可能性はあります。

また、独特な切り口で物事を見れる人なども向いています。

このテーマで稼ぐには他人にはない文才が必要でもあります。

音楽を通して誰かの役に立つブログ

音楽を通して誰かの役に立つブログ。

画像は本ブログのトップ画。弾き語りすとLABOはこのタイプのブログです。

誰かの役に立つブログというのが誰でもできて、かつ収益を上げやすいブログです。

 

別に個性もいらないし、尖った表現もいらない。

ただただ、「人の役に立つことって何だ?」って考え抜いて実行することができればPV数も収益も上がっていきます。

みんなが知りたい、でも調べるのは面倒と思うことを頑張ってやることで価値が生まれる。

読者とWin-Winな関係を目指せるので広告やアフィリエイトをやっていても批判されることも少ない。

 

このブログの代表例というとフリーの作編曲家をされている「こおろぎさんち」とドラマーの星川さんが運用する「バン活」

どこで収益を上げるのかを考えよう

上記でご紹介した3パターンのうち、「音楽に対して感じたことを発信するブログ」「音楽を通して誰かの役に立つブログ」は将来的に音楽活動と紐づけできます。

例えば、「BASEMENT-TIMES」の事例で言うとバンドシーンの批評サイトですが、イベンターもやられています。

将来的にはレーベル作っちゃうんじゃないかなと思ってます。

だって、BASEMENT-TIMESは月間100万以上のPV数がある。

そこがレーベル作って特定のバンドを売り出したら、結構な読者が気になって聴くでしょ。少なくとも僕は聴く。

 

「音楽を通して誰かの役に立つブログ」をやっている「こおろぎさん」や「星川さん」も同じ。

お2人が自身の作品紹介したら、聴いてみるって人は多いはず。僕は聴いている。

そして、こおろぎさんのようにブログを入口として音楽の仕事を獲得している人もいる。

このようにお役立ち系ブログは読者の信用を獲得すれば、その後は活動に紐づけたり自由度高く運用できます。

 

逆にルックスが良いなど、人間的魅力の付加価値が強ければ「アーティストがファンに向けたブログ」で集客をしたほうがよいです。

握手会やチェキ会を開催してブログでイベント集客を呼びかけるほうがよっぽど収益性は高いはず。

どちらが自身の活動方針と合うかを考えて、ブログの趣旨を決めましょう。

2. 自分が好きなことを書こう

ブログを書いて収益を上げるのは本当に地道な作業です。

僕自身も月3万円稼げるようになるまでに2年かけて350記事以上の記事を書いてきました。

こんな地道な作業は自分が好きな事でないと続けられません。

僕は「文章を書くこと」「ギター弾き語り」の2つが大好き。ずっとやってられます。

だから、この2つのジャンルを組み合わせて「ギター弾き語りのブログ」を運用しています。

 

ブログを始めようと思った人は少なくとも文章を書くことに抵抗はないはず。

あとは何をテーマに書くかです。

自分が興味を持って日頃から調べものをしたり、探求しているジャンルを選びましょう。

自分が好きなジャンルを選んでブログを始められれば、ブログを継続できるので少しずつ稼げるになります。

まあ、それが稼げるジャンルだと言うことなしですが稼げるかどうかより、好きかどうかで決めたほうが絶対良いです。

3. 使用するブログサービスを決めよう

ブログを始める時に重要なのはブログサービスの選定。

ブログで収益を上げようとしていない人は何でもいいです。

収益を上げようとしている人はちゃんと選びましょう。そもそも、収益を上げられない構造のブログサービスは多いです。

ここでは収益を上げられるブログサービスとして下記2点を推します。

  • WordPress
  • はてなブログ

この2つの比較については下記の記事で詳細を書いています。

【Wordpress vs はてなブログ】シンガーソングライターが始めるならどっちがよいかを語る

本記事ではザックリと特徴と向いている人について解説します。

 Wordpress

WordPressはブログを作るための無料ソフトウェア。

自分でレンタルサーバーを借りて、Wordpressをインストールしてブログを作ります。

WordPressの特徴

  • ブログジャンルなどの制限がない
  • ブログデザインが販売されており、自由度がとにかく高い
  • 広告貼る位置に制限がない
  • 自分で作るから敷居が高く覚えることも多い
  • レンタルサーバー代などが発生する

WordPressの強みは自由度の高さ。

ブログを作るソフトウェアと書きましたが、公式HPも作れるし何でもできます。

現にプロアーティストの公式HPはWordpressで作られているものが多い。

だから、Wordpressでブログを始めてしまえば後から方向性変えたり、追加要素を付けたしたい時も自由自在。

また、無料のブログサービスと違って規約で縛られることもありません。

正に自由そのもの。

しかし自由な分、サービス提供もされないので自分でブログを作っていく必要があります。

そこまで難しいわけではないですが、PCスキルゼロな人にはちとつらい。

レンタルサーバー代については、どこのサービスを使うかに寄りますが毎月250円~1,000円(税抜)くらい

価格を押さえつつも、サービスを充実したところを選びたいなら「ロリポップ」がオススメ。

本ブログもロリポップのスタンダードプランを使用しています。


将来的にPV数を10万PV以上伸ばしていくつもりなら「エックスサーバー」をおすすめします。

プロブロガーをはじめ、本気で専業ブログを取り組んでる人は大半がエックスサーバーを使っています。

月額1,000円~と価格は高いものの、それ以上にサーバーが安定しており、速度も速く、絶大なるブロガーの信頼を得ています。


はてなブログ

はてなブログをはじめよう

はてなブログが株式会社はてなが運用するブログサービス。

はてなブログの特徴

  • ブログを簡単に作って始められる
  • ある程度はブログデザインを変えられる
  • 広告を貼るには有料サービスに加入が必要
  • ブログ以上の事をやるならWordpress

はてなブログの強みは初めからブログを始めるサービスができていること。

簡単にブログをスタートできます。

広告を貼るには有料サービスに加入が必要です。料金は2年プランで月額600円(税抜)。

WordPressのレンタルサーバー代と同じくらいです。

ブログを簡単に始めるなら、はてなブログがオススメ。

ただし、後々は公式HP化するなどブログ以上の事をするならWordpressが良いです。

WordPressとはてなブログどっちにするべきか?

オススメなのは「はてなブログ」で始めて物足りなくなったところで「Wordpress」に移行。

ただし、移行作業が中々に大変みたい。

初めからブログ以上の事をやりたいと考えている人は面倒でも「Wordpress」で始めちゃったほうが後々面倒はありません。

また、ブログのデザイン性を凝りたい人も「Wordpress」で始めることをお勧めします。

 

僕は初めから「Wordpress」で始めました。

振り返ってみると、ブログ運用を1年半やった段階では「はてなブログ」で始めたほうがよかったかなぁと思いました。

しかし、今は色々とやっているから「Wordpress」ではじめてよかったと思ってます。

正直、どっちで始めるかの差はそんなもんです。

4.最低限の準備しておくと良いもの

ブログを始めるにも最初に最低限準備しておくと良いものがあります。

  • 独自ドメイン
  • アイコン
  • 有料テーマ(Wordpressのみ)

それが、この3つ。

ブログは形から入ったほうがやる気もモチベーションも断然続くので、少しお金をかけてでも初めに準備してしまうことを強くおすすめします。

それでは、それぞれを解説していきます。

独自ドメイン

独自ドメインとはブログのアドレスの事。

初期設定ではWordpressならレンタルサーバーのドメイン、はてなブログならはてなのレンタルサーバードメインが割り振られています。

収益を上げるなら独自ドメイン必須です。

レンタルサーバーのドメインを使っていると、その会社に依存してしまいます。

例えば、はてなのドメインがGoogleからペナルティを受けると自分のサイトもペナルティを受けてしまいます。

また、Googleは同じドメインから2つ以上を1ページ目に表示しないという設定があります。

更にドメイン利用している会社がなくなったり、レンタルサーバーを引っ越す時にはサイトの検索順位や優位性が0になってしまいます。

こういった状況を防ぐために独自ドメインは必ず設定しましょう。

独自ドメインなら、レンタルサーバーのドメインに依存しないので何かあった時にも影響は少ないです。

独自ドメインを作るなら「お名前.com」が安くてオススメです。

お名前.com

アイコン

本ブログのアイコン。

こういったものは絶対あったほうが良いです。

下記のような「no image」だと、それだけで読まずに離脱しちゃう読者の方は多いです。

こういったアイコンは「ココナラ」を使えば500円から依頼することができます。

本ブログのような対談式にしたい場合は一緒に対談式用のイラストも頼むと良いでしょう。

ぎたすけ

対談式は説得力があるよね!
話す中身はちゃんと考えなきゃだめだぞ!

たけしゃん

イラスト作成ならココナラ

有料テーマ(Wordpressのみ)

WordPressだとサイトデザインを選べる「テーマ」というものがあります。

無料テーマはたくさんありますが、デザイン性を高めるためにはカスタマイズが必要。

CSSの知識も必要となり、上手くカスタマイズするには相応のスキルが必要になります。

その悩みを解消してくれるのが「有料テーマ」。

本ブログも有料テーマである「スワロー」を使っています。

WordPressでブログを始める強みが、この有料テーマのデザイン性です。

簡単に手間もかからずにハイレベルなデザインのブログを作ることができます。

 

僕は他のブログも併せて何種類かの有料テーマを使っていますが、その中でも「スワロー」を強くオススメしてます。

理由はカスタマイズをほとんどしなくても、優れたデザイン性を作り出せることです。

必要な機能は初期装備で入っているので、初期設定をやるだけでレベルの高いブログを作れます。これは本当にすごい。

自分でやったら何十時間もかかるものが数時間ででてきてしまう。

9,990円するけど、自分でカスタマイズする作業時間を考えると費用対効果高すぎなので迷わず導入することをお勧めします。



5.アフィリエイトの登録

いよいよ、収益の要となるアフィリエイトについて。

本ブログでは主な収益源となるアフィリエイトは下記の4つ。

  • Amazonアソシエイト
  • 楽天アフィリエイト
  • Googleアドセンス
  • A8.net

どのブログでも、この4つは必ず加入しています。

それぞれ、どういった使い方をするのかを少し見ていきましょう。

Amazon・楽天

Amazonと楽天の使い方は基本的に一緒なので、まとめてご紹介します。

この二つは主に商品を紹介するのに使用しています。

本ブログだと「弾き語りに使う機材レビュー記事」を多く書いており、そこで活躍するわけです。

使い方としては下記の手順。

  1. Amazon・楽天のアフィリエイトに登録
  2. カエレバブックマークレットを設定
  3. 商品リンクを貼る

この工程。

①は下記のリンクから登録しましょう。

登録したら「カエレバブックマークレット」を設定しましょう。

見栄えが断然よく、「Amazon」「楽天」両方のボタンを設置できます。

カエレバの使い方(amazonと楽天のアフィリエイトリンクの作成方法)

 

ちなみに本ブログはAmazonの収益力がナンバー1です。

たまにA8.netで高単価案件が入って、トップになるけど平均的にはAmazonとGoogleが稼いでくれています。

なお、広告を出すためには審査が必要です。

審査に通るためにはある程度、ブログが完成して記事数がないといけません。

Googleアドセンス

Googleアドセンス申込方法

続いて、Googleアドセンス。

Googleアドセンスはユーザーにとって自動的に最適な広告を選択して表示してくれます。

みなさんもサイトを開くと自分がさっき見ていた商品・サービスの広告が出てきて驚いたことはあるはず。

あれがGoogleアドセンス。

そして、他のアフィリエイトと異なり商品が売れなくてもユーザーが広告をクリックしただけで収益がもらえます。

本ブログでは1クリック30円程度。

お手軽で効果的な広告、それがGoogleアドセンス。

Googleアドセンスも広告を貼るためには審査があります。

しかも、審査が厳しめ。ブログをちゃんと作って、そこそこの記事数書いたら申し込みましょう。

僕は100記事書いた時点で申し込んで一発オッケーでした。

A8.net

最後はアフィリエイトの最大手。A8.net。

A8.netは特定サービスの広告を貼るので、これまでの「Amazon・楽天・Google」より難易度は高い。

けど、1件当たりの収益額も高い。

アフィリエイト中級者以上はA8.netが収益源となっている人が大半。

音楽ブログだと下記のサービスが紹介しやすい。

  • 求人サイト(バイト・派遣・転職)
  • 定額配信サービス・定額動画サービス
  • 楽器屋のリンク
  • HP制作サービス
  • ココナラ

僕もまだ使いこなせていないけど、最近はちょっとずつ収益出せるようになってきました。

A8.netは登録には審査不要です。

といっても、各案件ごとに審査があります。結構自動承認が多いから記事数が全然ない状態でも承認されることが多い。

なので、とりあえずブログ作ったら同時にA8.netに登録しておきましょう。



終わりに

ここまで音楽ブログの始め方について色々書かせてもらいました。

ブログで収益を上げるにはとりあえずブログを初めて見るのが一番早い。

ただ、計画はある程度作らないと前に進まないので注意しましょう。

 

僕もブログ始めるぞ!と思い立ってから実際に始めるまで半年かかってます。

レンタルサーバー契約してWordpressインストールして、そのあとにWordpressの無料テーマを自分でカスタマイズしようとしてできずに半年経過しました。

振り返ると、初めから有料テーマ買っておけばよかったよ…と死ぬほど後悔したわけです。

 

だから、始め方としては下記の順番がオススメ。

Point

  1. ブログの趣旨を決める
  2. 目標のPVや収益を決める
  3. 達成するために使う予算を決める(有料テーマ・ココナラで依頼するための予算)
  4. ブログサービスに申し込み

失敗を恐れずに挑むのは超大事。

でも、先人の知恵を使って余計な失敗を回避するのも大事。

音楽ブログは収益以外にも色んなメリットがあるので、積極的に取り組んでみましょう。

音楽活動と並行するのは結構大変だから、どうメリハリつけるかも重要です。