Amazon Music Unlimited 3ヶ月99円で聴き放題を詳しく見る

カラオケで練習する時はエコーを切るべきか?について解説する

「カラオケでエコーをつけて歌うと下手になる?」

カラオケでよく言われるお話。

エコーを付けて歌うことに慣れると下手になるからエコーを切ったほうがよいのではないか?

 

まず結論から言うと「そんなことはありません」。

ただし…!使い方を気を付けないと確かに下手になる。

 

逆に全く使わないのも、それはそれでデメリットもある。

そこで、何故こんなお話が出てくるのかについて解説しながらエコーと活用についてお話していきます。

エコーについて

エコーとは音の反響を表す言葉。

カラオケで音を響かせるために用いられるエフェクトのことです。

 

ちなみにライブハウスで主に用いられるものはエコーではなくリバーブ。

こちらは反響音ではなく残響音を付けたすエフェクト。

 

反響音というと「やまびこ」「こだま」といった全く同じ音が遅れて聴こえてくるというイメージ。

残響音というと、色んな音が混ざり合った後の音が鳴ってるから同じ音ではないけど響きが足されるイメージ。

 

ボーカルで使う範囲だと、どっちも大して変わらない。

エフェクトを強めていくとエコーは全く同じ音が聞こえてくるけど、リバーブは同じ音は聞こえてこない。

近い性質のものだけど、仕組みが少し違うと認識しておけばよい。

エコーを切ったほうが良い理由

エコーを使うメリットと言えば「歌がうまく聴こえる」ということ。

歌声に反響による余韻が加わることで非常に聴きやすくなります。

 

では、何故エコーをかけないほうがよいのか。

それはエコーを強くかけることで本来の歌声がわからなくなってくるからです。

 

エコーを強くかけると、反響音でどんどん音がぼやけてきます。

強めにかけるとお風呂の中で歌っているような感じになってきます。

 

そうすると、聴いていても「音程」「リズム」「抑揚」などが一切感じられなくなってきます。

この3つの要素は歌の上手い下手を分ける大きな要素です。

音程、リズム、抑揚が感じられないとわけわからなくなるのですが、そもそも3つの要素ができていない人はわけわからん状態のほうがマシに聞こえるわけです。

 

マシになるといっても、わけわからん状況が良い歌なわけはなく。

改善するためにはちゃんと自分の歌の状況が分かるようにエコーを切っちゃうか、弱めるかする必要がでてきます。

これがエコーを切ったほうがよい理論のみなもと。

エコーを切ることに慣れてはいけない

さて、理屈もしっかりしているし、今後はエコーを切って歌おう。

…そう思った方は少し待ってください。

 

事はそう単純ではありません。

ここで忘れてはいけないこと。それは…。

 

「人に歌を披露する場合は必ずエコーやリバーブがかかるということ」です。

エコーやリバーブをかけているほうが絶対聴きやすく、プロのライブでも必ずかかっています。

 

だから、読んでいるみなさんもライブをしたり、録音して誰かに聞かせるときはエコーをかけるわけです。

つまり、エコーを切って歌うことに慣れてしまっても本番とは違う環境になるのでよろしくないのです。

できるだけ、本番と同じ状況で練習することが望ましい。

 

表現力のある余韻の作り方や音の伸ばし方、切り方などは反響音も考えて作り込んだほうが良いです。

ベターな選択は?

それではエコーの使い方についてベターな選択をご紹介します。

それはエコーの使い分けです。

  1. 音程・リズム・抑揚をチェックする音源
  2. 客観的に聴く音源

この2つでエコーの強さを変えましょう。

①は自分の練習用に録音して、②は人に聴かせる音源として良いかどうかを客観的に確認するもの。

 

チェックするためのものは弱くエコーをかけましょう。

客観的に聴くためのものは良い具合にエコーをかける。

具体的には自分が好きな歌手の音源を聴いて比べて、同じくらいの深さのエコーをかけるとよいでしょう。

 

そのうち、②で①の判断もできるようになるので、②だけでよくなります。

①を採点マシンでやろうと思う人がいると思いますが、自分で気づける力が身につかないと、なかなか改善されません。

あくまで採点マシンの評価は参考にして基本は自分で判断できるように聴きましょう。

楽しむことも忘れずに

歌が上手くなるには歌うことが好きであること非常に重要。

上手くなるために…といって毎回エコーを切って歌っていても気持ちよくないです。

 

重要な事は自分の歌声を正しく把握すること。

正しく把握できて、改善していければエコーを切る必要なんてありません。

 

あくまで、エコーを切るのは一つの手段。

そこに執着して、歌うことが楽しくなくなっては本末転倒です。

 

気持ちよくカラオケで歌うこともボーカルとして非常に大事であることは意識しましょう。

楽しむときと練習する時は区別するのもよいでしょう。

まとめ

  • エコーは強くかけると本来の歌声がわからない
  • 適度なエコーを上手い人の音源を参考に勉強すべし
  • エコーの強弱を使い分けて練習すると良い
  • たまには何も考えずに気持ちよく歌うべし

こんなところ。

 

エコーに頼ると音程・リズム・抑揚への感度が鈍っちゃう。

でも、人前で歌う時やレコーディングの音源は必ずエコー・リバーブがかかるので、同じ環境で練習したほうが良い。

ということでした。

 

結局のところ、エコーを切るってのも一つの手段だからやってみたらよいです。

ただ、ゴールが何かを明確にして有効なのかどうかは考えるべき。

 

そうするとエコーを切った環境に慣れるってのも違うわけです。

ボーカルの練習は「どうしたら、良い歌が歌えるか?」に立ち戻ると答えが見えてくるものが多いものです。