あなたに最適なギターを提案!弾き語りすとナビ

ギター チューニングヘルツ(周波数)の違いを音源付で解説。440Hz、441Hz、442Hzの使い分け・対応方法を理解しよう

ぎたすけ

440Hz?何の記号かわかんないぞ!

たけしゃん

これは音の周波数だよ。同じ音階でも周波数によって音程が変わっちゃうんだ

飛ばし読みガイド

ヘルツ(周波数)について

まずは音のヘルツ(周波数)について少し勉強しましょう。

 

音と言えば「ドレミファソラシド」ですね。

この音階は1オクターブで12個の音が存在するわけですが、12個の音というのは均等な周波数比で分割した音律で作られています(平均律)。

 

…でその均等な周波数比で分割した音は下記のように数字化されています。

ヘルツ(周波数)一覧

補足
各音階のHzは四捨五入されています。正しくは小数点まで細かい数値があります

そして、チューニングの基準として用いられるのは440HzにあたるA(ラ)の音です。

440Hzの音を楽器で言うと…

  • ピアノ…88鍵盤で左から49鍵目に当たる音
  • ギター…1弦 5フレットの音

このA(ラ)の音が440Hzでなくなると…もちろん他の音のヘルツ(周波数)も変わってくるわけです。

なので、チューニングを合わせる際には基準となるA(ラ)の音が何Hzなのかを合わせる必要があるわけですね。

音楽で使われるヘルツ(周波数)

ピアノを演奏している人

前章でヘルツ(周波数)について説明しましたが、肝心なのは「どのヘルツ(周波数)で音を合わせるのか」です。

音楽でよく使われるヘルツ(周波数)は以下の3つがあります。

  • A(ラ)=440Hz…国際基準値となっており、一般的に使われる周波数
  • A(ラ)=441Hz…プロアーティストの現場で良く使われる周波数
  • A(ラ)=442Hz…クラシック・オーケストラで標準的な周波数

何ともまあ、ややこしいですね。

まずは聴き比べてみましょうか。

440Hz

441Hz

442Hz

これを聴いて違いが判る人はなかなかいないはず。

それくらいの差しかないんです。

 

下記の写真は実際に441Hzの音声を取った後に440Hzにチューニングし直したときのチューナーです。

441Hzから440Hzへチューニングし直したとき

このようにどの弦も1目盛り変わるかどうかです。変わらない弦もありました。

なので、相当シビアにやらない限りは気にする必要はありません。

 

…が、知っておいて損はない知識ですので、それぞれのヘルツ(周波数)を掘り下げて解説していきます。

440Hz

国際基準となっているのがA(ラ)= 440Hz。

市販のギターチューナー、キーボード、ソフトウェア音源など初期設定は440Hzに設定されていることが大半です。

そのため、440Hzでチューニングされて演奏されるのが一般的です。

 

何かしら、こだわりがある人やクラシックを演奏される方が他のヘルツ(周波数)を選択するわけで、普通に音楽をやっている分にはみなさん440Hzでチューニングしています。

441Hz

POPS系のプロミュージシャンで最も使われているのが441Hz。

そして、ライブバーやライブハウスでグランドピアノなどを置いているお店も441Hzに合わせているお店が意外と多いです。

 

1Hz分、音が上がって心地良く聴こえつつも楽器への負担はそんなに大きくないことから、プロの現場では良く用いられるそうですね(亀田誠治さん談)。

 

先日お邪魔したライブハウスのオーナーさん(プロギタリストの方)に理由を聞くと…

「441Hzだと440Hz・442Hzのどっちの方がきても、そこまで違和感なく演奏できるし、そもそもプロミュージシャンは441Hzが多いからね」

…と回答されていました。

 

ベーシスト&プロデューサーの亀田誠治さんもJ-WAVEの「BEHIND THE MELODY~FM KAMEDA」で「プロの現場だと441Hzが一番多い」と仰ってます。

 

その一方で最近は本チャンレコーディングでもソフトシンセが使われていて、周波数設定自体知らない人が増えてきて440Hz基準に戻りつつあるとも仰っていますね。

引用元

参考 BEHIND THE MELODY~FM KAMEDA81.3 FM J-WAVE

442Hz

クラシックの管楽器・弦楽器ではA=442Hzで調律することが多く、オーケストラのコンサートも442Hzで演奏が行われることが主流です。

 

しかも、最近ではピアノ調律師の方も442Hzで設定する方が多いそうです。

以前、いつも実家のピアノの調律をしてくださる方が来られた時にヘルツ(周波数)を聞いた時も

「自宅にピアノ置く人はクラシック系の方が大半なんで、指定されない限りは442Hzにしてますね」

…と仰っていました。

 

そんなわけでクラシックだと442Hzが標準であることが多いわけですね。

ヘルツ(周波数)による音の違い

ヘルツ(周波数)が高い方がキラキラ華やかな響きを得られます。

音にもっと迫力が欲しいときにヘルツ(周波数)を上げると、若干ですが音が前に出る感じがするわけです。

 

ただし、他の楽器にも影響は出ますし、テンションを上げすぎると楽器本体にも負担がかかります。

そんなわけで、440Hz~442Hzの間が一般的に使われるヘルツ(周波数)になっているわけですね。

ギター チューニングのヘルツ(周波数)に注意するケース

ヘルツ(周波数)の解説をしたものの、気を付けるケースは実はそんなに多くありません。

アマチュアとして演奏している分には440Hzでチューニングしていれば問題ないからです。

 

前述の周波数表を見ても、半音変わるのに数十ヘルツは動きます。

ヘルツ(周波数)一覧

1Hz変わったくらいでは人間の耳では違いは中々気づけないレベルです。

しかし、2Hz違うと音程感にシビアな方はアンサンブルの中で違和感も感じるもの。

 

そこで、ヘルツ(周波数)を気にする必要がある状況をきちんと理解しておきましょう。

主に気を付ける状況は2パターンです。

  • クラシック楽器とのセッション
  • レコーディング

つまりは他の楽器と合わせなければいけない場合ですね。

それぞれを解説していきましょう。

クラシック楽器のとのセッション

管楽器・弦楽器・生ピアノなど。

一緒に演奏する場合はヘルツ(周波数)を合わせるのが望ましいです。

 

そして、生ピアノがいる場合は調律を変えられないので、生ピアノに合わせるのが一般的です。

 

アマチュアで弾き語りやっていると中々、管楽器・弦楽器とコラボすることはないはず。

逆に生ピアノと一緒にやることは結構多いですよね。

 

というわけで、基本的にはライブハウスの据え置きのピアノを使う場合に周波数の話が出てきます。

東京都内のライブハウスやライブバーで店員さんにヘルツ(周波数)を聞くと、不明か441Hzと回答されることが多かったです。

 

ただ、440Hzと441Hzの違いって人間では、中々わからないレベルです。

だから、お店の人も気にする人以外にはヘルツ(周波数)の話をわざわざしたりはしません。

 

実際に楽器によって異なる周波数のチューニングでセッションされていることも、まったく珍しいことではありません。

レコーディング

DTMも含めてレコーディングする時はチューニングヘルツ(周波数)を指定してくる方もいます。

本チャンのレコーディングでは生音に差し替える場合などが主な理由ですね。

 

例えば、ソフトのピアノを本チャンはグランドピアノで録りなおす場合。

グランドピアノが442Hzだったら、他の楽器も合わせるしかないですもんね。

 

ちなみにソフトウェア(打ち込み)はヘルツ(周波数)を変更できます。

詳しくはこちらの動画で解説されています。

このようにレコーディング時もヘルツ(周波数)を指定されることがあります。

 

僕はアコギ録りの仕事を依頼されてやっていたこともありましたが、ヘルツ(周波数)指定されたことはありません。

ただ、プロの現場は441Hzが主流なわけですから、441Hzに対応できるようにはしておくべきですね。

チューニング ヘルツ(周波数)の変え方

最後にギターでヘルツ(周波数)を変える時はどうしたらよいのか?について。

これは非常に簡単です。

他のヘルツ(周波数)にも対応しているチューナーを買うことです。

 

ギター用チューナーにはヘルツ(周波数)変更できるタイプのものが多く発売されています。

代表的なものだと、クリップチューナーの代表製品。KORG AW-4Gです。

ピエゾ式でヘルツ(周波数)も436~445Hzで変更可能。

出典:AW-4G 取り扱い説明書

上記の通りでディスプレイに周波数表示されており、ボタンで上下に変更できます。

 

最近のチューナーは大半のものがヘルツ(周波数)変更に対応しています。

下記の記事ではヘルツ(周波数)の変更幅など含めて、代表的なチューナーを解説していますので参考にしてください。

参考記事

おすすめのギター用クリップチューナー ベスト10をランキング形式で解説

クリップチューナークリップチューナー おすすめランキングベスト10を解説

半音下げチューニングのヘルツは?

レギュラーと異なるチューニングをする場合についても、ヘルツ(周波数)の基準となるのはAの音です。

なので、レギュラーチューニングのときと同じようにA=何Hzなのかで考えましょう。

その上で6弦であればE♭に合わせ、5弦であればA♭に合わせ…とチューニングしていくだけです。

 

半音下げチューニングにすることでコードの響き方は変わりますが、ヘルツ(周波数)を合わせていればアンサンブルで濁ることはないので大丈夫です。

キャリブレーション(Cab)

楽器メーカーでは周波数を合わせることをキャリブレーション(Cab)と呼ぶことが多いです。

キャリブレーション設定やピッチ設定といった表記でチューナーの取り扱い説明書にも記載されています。

 

要は周波数設定と同じ意味です。

メーカーによって表記が違うので覚えておきましょう。

 

僕は非常に多数のチューナーを所有していますが、最も多い表記はキャリブレーション(Cab)です。

音叉にもヘルツがある

音叉とは叩くとA(ラ)の音がするチューニングに使われる道具。

この音叉にもヘルツ(周波数)の設定があり、440Hzはもちろん他の周波数が設定されているものまで存在します。

 

なので、購入する時は自身が普段設定しているヘルツ(周波数)と同じ音叉を買いましょう。

ギター チューニングのヘルツ(周波数) まとめ

ノートPCとノート

  • 同じ音でも基準のヘルツ(周波数)によって音程が変わる
  • ヘルツ(周波数)は主に440、441、442Hzの3種類がある
  • ギターチューナーは440Hzが基準
  • 周波数変更に対応したチューナーを持っておけば安心

ぎたすけ

ふぇ~、同じ音階なのに音程違うこととかあるんだな

たけしゃん

1~2Hzだと聴いていても、中々気づけないレベルなんだけどね。合わせられると、お互い気持ちよく演奏できるから備えてはおきたいね

ヘルツ(周波数)について解説記事でした!

正直、ヘルツ(周波数)について指定されることはほとんどないです。

 

また、ライブハウスによって言われる場合も、ヘルツ(周波数)を合わせたチューナーを貸してくれるところばかり。

だから、別にヘルツ(周波数)を変えられるチューナーを持ってないと困ることって中々ないです。

 

ただ、備えておけば間違いないので周波数変更可能なチューナーを1台買っておくとよいでしょう。

知っているだけで、うろたえずに済むのでマメ知識として覚えておきましょう。