ギターのチューニング周波数は440Hz?441Hz?442Hz?

「チューニングのHz数ってどれが正しいの?」

今日は少しマニアックなお話。

ギターチューニングの周波数について。

普段、そんなに気にすることはないんですけど知っておいた方が良いときがあります。

それは生ピアノや管楽器などと一緒に演奏する時です。

互いの基準周波数がずれているとチューナーで合わせても音が合わなくなってしまいます。

弾き語りをやっていると、グランドピアノなど生ピアノとセッションすることは割とあることです。

ちゃんと、勉強してその場で慌てることがないようにしておきましょう。

周波数(Hz)について

まずは音の周波数について少し勉強しましょう。

音と言えば「ドレミファソラシド」です。

しかし、この「ドレミファソラシド」も周波数によって音が異なります。

例えば「440Hzのラ」と「442Hzのラ」では後者の音が高くなります。

 

…で肝心なのはどの周波数で音を合わせるのか?

音楽で使われる周波数は以下の3つ。

  • 440Hz
  • 441Hz
  • 442Hz
MEMO
この周波数は「ラ」の音を基準にしています。

それでは、もう少し楽器や状況別で周波数を掘り下げて解説していきましょう。

440Hz

J-POPやバンド演奏では主に440Hzが用いられることが多いです。

理由は単純で市販のギターチューナーは440Hzに設定されていることがほとんどだからです。

例えば、Amazonでベストセラー1位のチューナー。

これは軽量で反応も良い。非常に優れたチューナー。使用者も多い。

この製品も周波数は440Hzのみ対応している。

 

キーボードについても、初期設定は440Hzに揃えられています。

そういったわけで普通に音楽やっていれば440Hz以外使うことは少なく、そもそも周波数の違いについて知らない人も多い。

441Hzと442Hz

続いて441Hz、442Hzについて。

こちらはクラシック音楽やオーケストラで用いられる周波数。

といっても、オーケストラでも国際基準は440Hzだそうです。

でも442Hzを使うとこが多いらしい。ややこし。

 

そもそも、管楽器などは標準が442Hzに合わせられて作られていてチューナーも442Hzに合わせられている。

そして、同じようにピアノも441Hzや442Hzに合わせられて調律されているものが多い。

周波数に注意するケース

とまあ、周波数の解説をしたものの気を付けるケースってそんなに多くはない。

普通に演奏していれば440Hzでチューニングしていればよい。

周波数を気にする必要がある時は主に下記2パターン。

  • クラシック楽器とのセッション
  • レコーディング

つまりは他の楽器と合わせなければいけない場合。

それぞれを解説していきましょう。

クラシック楽器のとのセッション

管楽器・弦楽器・生ピアノなど。

一緒に演奏する場合は周波数を合わせる必要があります。

生ピアノがいる場合は調律を簡単に変えられないので、生ピアノに合わせるのが普通。

 

アマチュアで弾き語りやっていると中々、管楽器・弦楽器とコラボすることはないはず。

逆に生ピアノと一緒にやることは結構多い。

というわけで、基本的にはライブハウスの据え置きのグランドピアノやアップライトピアノを使う場合にこのお話が出てくる。

都内だと441Hzか442Hzのお店が多い印象です。

 

ただ、440Hzと441Hzの違いって絶対音感がある人でもわからないレベルです。

だから、お店の人も気にする人以外は周波数の話をしてくれたりしません。

この間、行ったライブハウスの店長さんも

「440Hz、442Hzのどちらの奏者がきても良いようにグランドピアノは441Hzにしてる」

と仰っていました。

 

さすがに440Hzと442Hzとなると違いがあるようで、気になる人もいるそうです。

レコーディング

DTMも含めてレコーディングする時はチューニングの周波数を指定してくる方もいます。

こちらも、本チャンのレコーディングでは生音に差し替える場合なのかな。

例えば、ソフトのピアノを本チャンはグランドピアノで録りなおす場合にグランドピアノが442Hzだったら、他の楽器も合わせるしかないですもんね。

ちなみにソフトウェア(打ち込み)は周波数を変更できます。

詳しくはこちらの動画で解説されています。

 

このようにレコーディング時も周波数を指定されることがあります。

僕は今のところ、指定されたことはありません。たぶん440Hzから変えることってそんなに多くないんでしょうね。

ギターでの周波数の変え方

最後にギターで周波数を変える時はどうしたらよいのか?について。

これは非常に簡単です。

他の周波数にも対応しているチューナーを買うことです。

前段で紹介している「KORG PC-1」のように周波数(440Hz)固定のチューナーが多いですが、周波数設定を変えられるものも存在します。

その代表的な商品が「Flanger FT-12C Clip-on Chromatic Tuner」。

このように左上に周波数が出ており、430Hz~450Hzの間で変えられます。

こういった製品を買っておけば、周波数変化にも対応できて安心。

あんまり出番はないものの、備えあれば患いなしってやつですね。

ただ、反応とか使い勝手だけなら「KORG PC-1」は抜群なんで両方持っていても良い気もします。

僕は両方持ってます。

まとめ

  • 同じ音でも基準の周波数によって音程が変わる
  • 周波数は主に440、441、442Hzの3種類がある
  • ギターチューナーは440Hzが基準
  • 周波数変更に対応したチューナーを持っておけば安心

こんなところです。

正直、周波数について指定されることはほとんどないです。

あと、ライブハウスによって言われる場合も周波数合わせたチューナーを貸してくれるところしかなかったです。

だから、別に周波数変えられるチューナー持ってないと困ることって中々ない。

ただ、備えておけば間違いないので上記の「FT-12C」買っておくとよいでしょう。1000円くらいだし。

知っているだけで、うろたえずに済むのでマメ知識として覚えておきましょう。