ZOZOSUITはミュージシャン必携のアイテム。今すぐ予約するべし。

「着るだけで採寸してくれるスーツ!」

服を買う時に一番悩むのがサイズ感。

スーツのお店だと大抵は採寸やってくれます。

だけど、カジュアル目な服屋さんで採寸してくれるとこってあんまりないですよね。

店員さんもそんな服について専門的な知識ある人いないわけだし。

それに店員さんも売りたいからサイズ感あってない服でも、何かしら理由をつけて勧めてくること多いんですよねぇ。

「タイト目に着ても大丈夫」とか「緩めに着ても大丈夫」とかね。

セール時期は特に。

だから、適切なサイズ感の服買うのって実は結構難しい。

そんな中でZOZOTOWNから発表された画期的なサービス。

ZOZOSUIT。

本当に画期的です。

ファッション性も重要なミュージシャンには必携と言ってもよいサービス。

そんな、ZOZOSUITについて考えます。

サイズ感の重要性

記事を書いている僕自身、特別おしゃれなわけでは全くなく、普通の格好してます。

ただ、この普通の格好というものが意外と難しい。

そんなに高等テクニックなどはいらない代わりに、サイズ感と色合いはちゃんと押さえていないといけない。

そして、このあたりは別に高いセンスを必要とするものではない。

基本的な事を勉強して、ちゃんと実行するだけ。

サイズ感が合うと雰囲気に余裕が出る

サイズ感が合っている服だと雰囲気に余裕が出ます。

こなれているって表現が的確かもしれないですね。

袖や裾などが合っていないと、それだけでアンバランスな体型に見えてしまいます。

また、ジャケットやスーツを着ていてもサイズ感が合っていないと、どこかにシワが出ます。

こういった違和感がほとんどない状態だと、それだけで余裕があって格好良く見えます。

普通の格好こそサイズ感が命

男性の弾き語りアーティストは奇抜な恰好もありですが、基本はオーソドックスな服装が適しています。

自然体で日常を歌うアーティストなどはそれこそ普通の格好が良い。

そして、雰囲気に余裕があることは非常に重要。

下記の記事で人気アーティストを例に男性ミュージシャンの服装について語っています。

ギター弾き語りに適した服装(ファッション)を考える ~男性編~

2017.02.05

だから、服自体は定番の「白シャツ + チノパン」といった格好が適しています。

しかし、白シャツ + チノパンで格好良く見せるためには適したサイズ感であることが必須条件です。

ZOZOSUITの凄さ

さて、サイズ感の重要性を書いたところでZOZOSUITの凄さを考えます。

まずはZOZOSUITの説明から。

ZOZOSUITについて

ZOZOSUITは、あなたの身体の寸法を瞬時に採寸することのできる伸縮センサー内蔵の採寸ボディースーツです。
上下セットで着用し、お手元のスマートフォンをかざすだけ。
人が服に合わせる時代から、服が人に合わせる時代へ。
ZOZOSUITから始まる新しいファッションの世界をどうぞお楽しみください。

-ZOZOTOWN-

このスーツを着ると、伸縮センサーがサイズ感を図ってスマートフォンにインストールしたZOZOTOWNアプリと連携する…というもの。

すげー!

これまでサイズ感を店員さんに聞きながら自分でわからないながらも確認していたものが、一発で正解を出してくれるわけです。

しかも、体型が変わったら再度スーツを着て測ればいいだけ。革新的すぎる。

料金

1着目は無料!かかるのは送料200円だけ。

2着目からは「3,000円(税込)+送料」になるようです。

それでも3,000円なのね。万単位するかと思ってた。

発売時期

予約したZOZOSUITの発送は1月上旬となっています。

予約した人は相当多そうなので、1月上旬に発送される人は一部なんじゃないかなぁ。

供給が遅れそうな気がするので、早めに予約しといたほうがよいです。

予約するにはZOZOTOWNのアカウント作成が必要です。

服の通販が使いやすくなる

服の通販は使っている人はいるものの、未だに店舗で買うことをメインにしている人が多い。

僕も服については通販は使わず、店舗で買っています。

理由は何と言ってもサイズ感を合わせたいから。

S・M・Lだけの表記だと自分に適したサイズがどれかわからないんですよね。

メーカーによって同じMでもサイズが違うことありますしね。

 

しかし、ZOZOSUITを使えば、そんな心配がなくなります。

採寸したサイズから適した服を買えば問題ないですからね。

着てみたらイメージと違った…ってことも多いのがファッションだから、その点は心配ではある。

けど、そのパターンって大抵がサイズが合ってないパターンな気もするので、使ってみたらいけそうな気がします。

オーダーメイド品が安くなりそう

オーダーメイドやパターンオーダーがこれまで以上に安くなり、使いやすくなりそうです。

オーダー品が高い理由は「正確な採寸するための人件費」と「一品ものによるコスト高」です。

ZOZOSUITがあれば、少なくとも前者は不要なわけです。

また、データを基に人口が多いゾーンのパターンオーダー品も多く作られるだろうから、普通サイズの人は結構恩恵がありそうです。

ミュージシャンは活用したほうがよい

ミュージシャンはライブ用の衣装が絶対必要です。

まあ、男性シンガーソングライターは大抵は普段着と兼用かと思いますが…。

それでも、ライブ等の大事なイベントでしか着ない勝負服はもちろん用意しているはず。

そんな服は値段もそれなりに高いですから、サイズ感での失敗は回避したい。

また、体型の維持や改善もミュージシャンにとって大事な仕事。

ZOZOSUITを使えば、自身の体型管理にも活用できそうです。

まとめ

  • ZOZOSUITは着ただけで細かく採寸してくれるスーツ
  • 1着目は送料200円のみで1月上旬頃に発送される予定
  • ZOZOSUITを使えば服をネットで買っても失敗しにくくなる
  • ミュージシャンは衣装購入や体型維持・改善に活用できるから必携

こんなところ。

僕も早速予約したので、1月に届いたら早速試してみて服を買ってみます。

サイズ感ばかり、気にしてパターンオーダーのシャツとか買っているんですけど種類が少ないんですよね。

特に面白いデザインとかはオーダー品では中々見つけられない。

今後はZOZOSUITを使って、基に気に入った服からサイズが合いそうなものをチョイスできるようになるのは本当に素晴らしい。

地方にいる人は中々、お気に入りのブランドを店舗で購入することが難しいから本当に革新的なサービスです。

ギター弾き語りに適した服装(ファッション)を考える ~男性編~

2017.02.05

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。