相対音感を鍛えよう。絶対音感とは違う特徴や重要性を語る

「相対音感って何だろう?絶対音感なら知っているけど」

絶対音感と比べると知名度が低い相対音感。

しかし、POPS音楽をやる時に重要なのは相対音感なのです。

絶対音感と異なり、大人になってからでも身に着けられるのもよいところ。

そんな、相対音感とはどんなものなのか?

どういった時に活用するのか?

等々。相対音感について掘り下げていきます。

相対音感とは

まずは相対音感の概要から。

その前に絶対音感についても少し触れておきます。

絶対音感とは絶対音感とは単独である音を聴いたときにその音の高さを把握することができる能力。

ピアノの音がポーンと鳴らした時に「今の音はミだね」など鳴った音を当てることができます。

幼少時にピアノなどをやって音に触れていないと身につかない能力と言われています。

 

さて、対する相対音感とは…。

相対音感とは相対音感とはとある音を基準として、その音と他の音の高さを認識する能力。

とある音を単独で認識はできないけど、二つの音が鳴っている時に二つの音の関係を認識することができます。

例えば「ド」を鳴らして、「この音はドですよ」と教えてもらった後に「ラ」を鳴らすと「ラ」と認識できる能力。

相対音感には入・出力がある

相対音感には「聞き取る力」と「発する力」の二つがあります。

耳で聞いて各音の関係や音の高さを認識できるのが聞き取る力。

その音を認識して発することができるのが発する力。

発する力はそのまま演奏力にもなります。

ボーカルが最もわかりやすく、聞いた音を的確に発声できるかがそのまま歌唱力にもつながります。

ギターでも耳で聞いて認識したコードをそのまま演奏するにはコードの知識が必要です。

このように聞き取る力・発する力のそれぞれが必要になります。

そして両方の力を繰り返し活用していくと、「アドリブ」や「編曲」といったジャンルにも強くなれるわけです。

相対音感の活用

さて、相対音感の概要を説明したところで活用される場面をいくつかご紹介していきます。

POPSだと相対音感を活用する場面は相当多いです。

逆に言えば、自然と相対音感を活用していたりもします。

そこから相対音感の力を鍛えて活用範囲を広げていくことで、より有効に能力活かせることができます。

コーラス(ハモり)

一番わかりやすいのがコーラス。

メインボーカルの歌う主旋律に対して、音程の異なる副旋律を歌います。

副旋律を正確に歌うためには主旋律に対して音程差を認識して歌わなければいけないので相対音感が必要です。

相対音感の「聞き取る力」「発する力」が高い人は音源を聞いてコーラスパートをすぐに覚えてしまいます。

逆に言うとコーラスは双方の力を持ち合わせていないと上手に対応できません。

わかりやすい上のハモりはできるけど、少し複雑なものや下のハモりは正しく音を認識して発声するのは中々難しいです。

コーラス(ハモり)はどの楽器よりも重要で強力なのだ

2016.09.19

耳コピ

続いては耳コピ。

相対音感を必要するのはもちろん、耳コピによって相対音感は鍛えられます。

ギター弾き語りにおける耳コピの重要性

2016.02.13

耳コピを繰り返して相対音感が鍛えられると作業時間が一気に短縮されます。

特にコード感が身に付くといろんな場面で活用できて非常に便利。

曲中のコードを聞き取って、そのコードが何のコードかまでは相対音感ではわかりません。

しかし、ローマ数字表記のどこのコードかは判別できます。

ⅠなのかⅡm7なのか…といったところはわかります。

あとは曲のキーだけ特定しておけば、すぐに何のコードか割り出すことができます。

「dim」や「Ⅴ7」といったものは特定できる人も多いと思いますが、特定できる範囲をどんどん広げていけるようにしましょう。

 

特定範囲が広がると自身で作曲しているときもメロディーに簡単にコード付できます。

また、コードから曲を作るときも色んなパターンが思いつくのでレパートリーが広がっていきます。

作曲・編曲力の向上

相対音感が強くなると作曲・編曲力が格段に向上します。

作曲や編曲などはコードから基にメロディーを付けていくことが多いです。

その際にコード進行から生み出せるメロディーの種類は相対音感の強さによって全然変わってきます。同じような言葉でよく、コード感とか言います。

 

例えば、自分でギターソロを考えて弾いてみよう…と思って練習すると最初は似たようなフレーズばっかりになるんですよね。

マイナーペンタトニックスケールばっかりだったり、音階内の隣り合った音を行き来するだけだったり…。

 

音感が少しずつ強くなっていくと色んな音の並びのメロディーを作れるようになります。

また、同じコード進行から多彩なメロディーを生み出せるようになります。

この同じコード進行から多彩なメロディーを生み出せる力は歌にもコーラスにも楽器演奏にも使える凄い能力です。

まとめ

  • 相対音感は音と音の高さや関係性を聞き分ける力
  • 相対音感には「聞き取る力」と「発する力」がある
  • 相対音感を鍛えると歌、楽器、作曲と色んな分野が成長する

こんなところ。

自分もまだまだ、相対音感が弱いと感じることが多い。

特に同じコード進行から多彩なメロディーを生み出すってところがなかなか…。

ビートルズとか聴いていると単純なコード進行から想像できないようなメロディが出てきますからねぇ。

 

楽器上手い人に歌が上手い人が多いのも、こういった音感力が強いから…と言えます。

音楽全般に活きてくる力なので是非、鍛えてみましょう。

最後に相対音感にフィーチャーした本を紹介します。

半分は音楽理論、半分は音感トレーニングって構成の本ですがオススメです。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。