ギターは木材で音が変わるのか?アコギに使われる木材の特徴と木材別の代表機種を演奏動画付きで解説

ぎたすけ

ギターの木材って色々あるの?

たけしゃん

大体、パターンは決まっているんだけどね。音質も結構違うから覚えると面白いよ
この記事でわかること
  • アコースティックギターに使われる木材
  • アコースティックギターによくある組み合わせ
  • 木材別 代表的なアコースティックギター

アコースティックギターに使われる木材

たけしゃん

ギターのパーツによって使われる木材は概ね、決まってます。パーツごとに見ていきましょう

ギターのパーツ

  • トップ(表板)
  • サイド&バック
  • 指板&ブリッジ

木材が分かれる部分は上記の3つ。

1つずつ見ていきましょう。

トップ(表板)

トップ(表板)はホールが付いているボディの表面部分を指します。

使用される木材

  • スプルース
  • シダー
  • ブンヤ
  • サペリ
  • HPL
  • マホガニー
  • ローズウッド
  • コア
  • メイプル

色々とありますが、大半は決まっており

  • アコースティックギターはスプルース
  • クラシックギターはシダー

このパターンが全体の9割以上を占めます。

 

アコースティックギターの場合はスプルースがほとんどです。

それ以外の場合は異なる音質を狙った特殊ギターかコストを抑える目的で、サペリやHPLを使っている場合があります。

サイド&バック

サイド&バックはボディ横と後ろの部分で同じ木材を用います。

使用される木材

  • ローズウッド
  • マホガニー
  • コア
  • メイプル
  • シダー
  • オバンコール
  • ウォルナット
  • サペリ
  • ブラックウッド
  • HPL

サイド&バックに関してはトップと異なり、これといった木材はありません。

それぞれ、異なる音質がキャラとなって需要があります。

 

その中で高級ギターの王道となっているのが、ローズウッドとマホガニーです。

 

また、ギター選びをする時に木材で一番悩むのはサイド&バックです。

面積も大きく、ギターのキャラクターを決める箇所でもあるからです。

指板&ブリッジ

指で弦を押える指板部分の木材です。

指板の木材

  • ローズウッド
  • エボニー

このどちらかがほとんど。

サイド&バックの木材に合わせて選択され、サイド&バックの木材がローズウッドだと指板&ブリッジは「エボニー」、マホガニーだと「ローズウッド」というのが原則です。

 

ただし、Taylor(テイラー)のギターはサイド&バックに関係なくエボニーで統一されていたり、例外も結構多いです。

サイド&バックに比べると、指板の木材で悩むことは少ないです。

オーストラリア特有の木材

オーストラリアのギターメーカーであるMaton(メイトン)とCole Clark(コールクラーク)はオーストラリア特有の木材をギターの材に使用しています。

オーストラリア特有の木材

  • ブンヤ…強度があり、素朴な音。トップ材に使われる
  • ブラックウッド…ハワイアンコアに近い、硬めの音質でサイド&バックに使われる
  • クイーンズランドメイプル…軽量で強度があり、マホガニーに近い音質でレスポンスが良い。サイド&バックで使われる
  • Huon Pine(ヒューオン・パイン)…軽量で経年変化に強い、高級木材。サイド&バックに使われる

特におすすめなのはトップ:ブンヤ × サイド&バック:クイーンズランドメイプルの組み合わせですね。

音が明るくて伸びがあり、レスポンスも良い。

ソロギタリストを中心に人気のあるオーストラリア木材を用いたギターです。

ギターに使われる木材のアレコレ

たけしゃん

木材のアレコレから、ギターを選ぶ際の木材組み合わせについて解説していきます

同じ木でも種類が豊富にある

例えば、スプルース1つにしても種類は複数あります。

スプルースの種類

  • シトカ・スプルース
  • ソリッド・スプルース
  • イングルマン・スプルース
  • アディロンダック・スプルース
  • ジャーマン・スプルース

音質が変わってくるため、どれが良いということはなくキャラが違うという位置づけ。

 

また、中にはブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)のように入手が困難で価格が高騰している木材もあります。

ブラジリアン・ローズウッド
ワシントン条約で絶滅危惧種に指定されており、希少価値から値段が高騰している

音質は良いが、必ずしもブラジリアン・ローズウッドだからといって最高の音が鳴るとは限らないので注意が必要。

同じ木材でもランクがある

同じスプルースでも高級スプルース、最高級スプルースがあります。

そんなわけで例えば、同じシトカスプルース使用のギターでも値段が全く違ったりします。

 

ただ、僕ら素人が聞いたところで木材の良し悪しがわかるわけもなく。

弾いてみて、自分が好きかどうか確かめる以外に術がないので指標にはなりません。

サイド&バックが悩みどころ

実際に高級ギターを買ってみよう!…と考えると選択肢がどうなるのか?

大体、下記の2パターン。

  1. トップがスプルース以外の特定機種に一目惚れ
  2. トップ:スプルースでサイド&バックに悩む

トップがスプルース以外の特定機種に一目惚れ

高級ギターになると、トップ材がスプルース以外のギターも選択できるものの9割以上はスプルース。

よって、スプルース以外を選択する人は「音が気に入った」「見た目が気に入った」などの理由で特定機種に一目惚れして購入することが大半です。

 

ただし、シダートップが気に入った場合はクラシックギターを検討すれば、いくらでも選択肢は増えます。

シダーの音が好きならアコースティックギター以外の選択肢も視野に入れましょう。

トップ:スプルースでサイド&バックに悩む

9割以上の方が、このパターン。

特定機種に一目惚れパターン以外はトップ材がスプルースでサイド&バックに悩むことになります。

 

候補としては…。

  • ローズウッド
  • マホガニー
  • メイプル
  • コア
  • サペリ

…とこのあたりが多いです。

20万円以上になるとサペリが選択肢から消えます。

 

都内であれば、全種類触れるので触ってみると良いでしょう。

地方だと、全種類は難しいため、ローズウッドとマホガニーは触ってから購入するギターを検討しましょう。

木材別の代表的ギターと特徴

たけしゃん

それでは参考動画付きで、よくある木材の組み合わせを解説していきます

解説する木材組み合わせ

  • スプルース × ローズウッド
  • スプルース × マホガニー
  • スプルース × メイプル
  • スプルース × コア
  • ブンヤ × クイーンズランドメイプル
  • シダー×ローズウッド

解説するのは、この5種類です。

参考として対象木材のギターを弾いている古澤剛さんもしくは代表的なアーティストの演奏動画をセットで紹介していきます。

スプルース×ローズウッド

  • 指弾きもストロークも両方いける優等生
  • 高音の伸びが良く、キラキラした抜けの良い音がなる
  • いわゆるMartin(マーチン)の音

高級ギターの王道である「スプルース × ローズウッド」。

動画では代表的な「スプルース × ローズウッド」であるMartin(マーチン) D-28を演奏されています。

 

キラキラして抜けの良い音が心地良いですね。

ストローク、アルペジオ、ソロ弾きなど何をしても優等生です。

 

代表的なギターは何といってもMartin(マーチン) D-28ですが、各メーカー最上位機種は「スプルース × ローズウッド」であることが多いです。

関連記事

長年使っているTaylor(テイラー) 814ceをレビュー。超万能な優等生! Martin D-28 解説Martin(マーチン) D-28とはどんなギターなのか?年代別にD-28の仕様を解説 -有名アコギ解説シリーズー

スプルース×マホガニー

  • 中音域が出ていて箱鳴り感が出る
  • ヴィンテージは枯れた感じの渋い音がしてカッコいい
  • いわゆるGibson(ギブソン)の音

高級ギターのもう1つの王道である「スプルース × マホガニー」。

動画では代表的な「スプルース × マホガニー」であるGibson(ギブソン) J-45を演奏されています。

 

ローズウッドに比べると、キラキラ感はないですが落ち着きのある音です。

ジャラーンと鳴らした時の箱鳴り感もアコースティックギターならではの美味しい音です。

 

ヴィンテージものの「スプルース × マホガニー」は特に鳴りが良く、乾いた音がたまらないです。

関連記事

ギブソン(gibson)のギターを徹底解説しておすすめのアコギを紹介する

Gibson(ギブソン)のアコギを解説して、おすすめギターを紹介する

スプルース×メイプル

  • 硬くて高音の伸びは少ない
  • ストロークがジャキジャキして歯切れがよい
  • 音のレスポンスが良く明るい音質

エレキギターには良く使われるメイプル。

アコースティックギターでは一部の高級ギターに用いられます。

動画では代表的な「スプルース × メイプル」であるGibson(ギブソン) J-200(SJ-200)を演奏されています。

MEMO
SJ-200は1955年から名称変更でJ-200となったためJ-200(SJ-200)としています

高音の伸びはローズウッドやマホガニーと比べると控えめ。

その代わり、音が固く中音域が出ているのでクッキリと抜けの良い音が鳴ります。

音のレスポンスが良く、クッキリと明るい音質なのでストロークは非常に気持ち良い音で鳴りますね。

 

Gibson(ギブソン)では昔から、最高級モデルである J-200(SJ-200)Dove(ダヴ)にメイプルを使用しており高級木材…というイメージが強いですね。

関連記事

Gibson(ギブソン) J-200(SJ-200)とはどんなギターなのか?-有名アコギ解説シリーズー

Gibson J-200 解説Gibson(ギブソン) J-200(SJ-200)とはどんなギターなのか?-有名アコギ解説シリーズー

スプルース×コア

  • 音が固くクッキリしており、粒立ちが良い
  • 中高音域が強くてドンシャリな音
  • 高音域は弱め

ウクレレに良く使われる木材コア。

動画ではTaylor(テイラー)K-10を演奏されています。代表的な機種はTaylor(テイラー)214ce

 

動画でもわかりやすく、固くてドンシャリな音がしています。

僕は行き過ぎている感がして強く推さないのですが、たまらない人にはたまらない音らしいです。

 

どこのメーカーもレギュラーモデルで出してはいません。

例えば、「Gibson(ギブソン ハミングバード リミテッドエディション」とか「Martin(マーチン)ooo-28 Authentic 1921」といった限定モデルが多いです。

 

そんな中、Taylor(テイラー)はレギュラーモデルとして214ceを販売しています。

20万円ジャストくらいでプロアーティストでも家入レオさんや大橋卓弥(スキマスイッチ)などが使用されています。

関連記事

テイラー(Taylor)のギターを徹底解説しておすすめのアコギを紹介する

テイラー(Taylor)のアコギを解説して、おすすめギターを紹介する

ブンヤ × クイーンズランドメイプル

  • 高音の伸びが程よくある
  • ストロークがジャキジャキして歯切れがよい
  • 音のレスポンスが良く明るい音質

オーストラリアのギターメーカー、ColeClark(コールクラーク)で用いられるオーストラリア特有の木材同士の組み合わせ。

 

明るくジャッキとした音質ですが、高音の伸びも程よくあります。

音のレスポンスも良く、ストローク・アルペジオのどちらでも使いやすい、素晴らしいギター材です。

 

参考動画ではジャック・ジョンソンがColeClark(コールクラーク)のブンヤ × クイーンズランドメイプルのギターを使用しています。

他にもトミー・エマニュエルが同じオーストラリアメーカーのMaton(メイトン)のスプルース × クイーンズランドメイプルのギターを使用していることが有名です。

Cole Clark / CCAN1E-BM コールクラーク エレアコ
Cole Clark

シダー×ローズウッド

  • 丸い感じの音で温かみがある
  • ストロークよりフィンガーピッキング向け。
  • クラシックギターでよくある組み合わせ

クラシックギターでよくある「シダー × ローズウッド」。

動画ではJason Mrazが自身のシグネイチャーモデルのエレガット、Taylor(テイラー)JMSMを演奏しています。

 

あまり、アコースティックギターでは見ない組み合わせ。

Jason Mrazのようにクラシックギターの丸い音を利用した弾き語りをやる方には非常に良い組み合わせです。

ソロ弾きでも良い音がするので、僕も1本欲しいんですよねぇ。

まとめ

  • アコギの使用する木材は「トップ」「サイド&バック」「指板&ブリッジ」と3つある
  • トップ、指板&ブリッジは選択肢は大凡決まっており、サイド&バック選びがメインになる
  • 高級ギターのサイド&バックはローズウッドかマホガニーが多い

ぎたすけ

うぅーん。木材の違いって難しいな!

たけしゃん

まあね。ギターって同じ木材だから同じ音がしないからね。最終的には弾いた感覚で好きなの使ったら良いよ

アコースティックギターの木材についての解説記事でした!

改めて、木材の組み合わせと代表的なギターをまとめると…。

木材と代表的なギター

Taylor(テイラー)JMSM以外は大きい楽器屋さんに行くと全部置いてあったりします。

試しに全部弾いてみて違いを実感してみるとよいでしょう。

 

木材に詳しくなると、普通に弾いているよりアコースティックギターに愛着がわくものです。

ぜひ、自身の使っているアコースティックギターの木材から勉強してみましょう。

ギター本体も詳しくなろう

アコースティックギターのメーカー別で特徴や代表製品を紹介

アコギのギターメーカーをまとめて、メーカーごとの特徴や代表的なギターを解説
Amazonでギターを安く買う方法

Amazonギフト券

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)して買い物するのがおすすめです。

チャージするたびに「チャージ金額 × 最大2.5%」分のAmazonポイントが付与されます。

Amazonを利用される方は使わない手はありません!僕は貯まったポイントでギター弦を購入してます。