秦基博さんのギタースコア「evergreen」は初中級者は迷わず買っておいたほうが良い

たけしゃん(@_tkshan)です。

当ブログでは色んな記事に出てくる秦基博さんのギター弾き語りアルバム「evergreen」。

このアルバム&ギタースコアは初中級者向け課題曲の宝庫。初中級者の人は生産終了する前に迷わず買っておけと自身を持ってオススメできる一冊です。

秦基博さんのギタースコアって良いものいっぱいあるんですけど、生産終了しちゃって今では定価の倍以上の価格でしか買えないものが多いんですよね。

本書については2017年10月現在ではまだ普通に売っています。

そして生産終了してしまった本を合わせても、この「evergreen」が最もオススメできる良書です。

本記事では何故、ギタースコア「evergreen」がそこまでおすすめできるのか?

理由を徹底解説した上で、収録曲などについても触れていきます。

1. evergreenについて

evergreenは2014年に発売された秦基博さんの「弾き語りベストアルバム」です。

全曲、ギター弾き語り。スタジオ収録とライブ音源の楽曲が混ざって収録されています。

そして、ギタースコア「evergreen」はその「弾き語りベストアルバム」を本人監修でスコア化したものです。

さすが本人監修。しっかりと完コピされています。

しかも、ライブ音源のものはライブverで完コピされている。

2. 本ギタースコアがオススメな理由

さて、当ブログでギタースコア「evergreen」を激推ししていますが、推しているのにはもちろん理由があります。

その理由を余すことなく、ご紹介します。いやぁ、語れることがたくさんあるから気合い入っているぜ。

2-1. 弾き語りアルバムと連動している

弾き語りアルバムと連動してギタースコアが出ている事って実は珍しいんですよね。

しかも、本人監修の完コピしたギタースコアとなると本当にほとんどない。

僕が知る限りではここ10年くらいの間では秦基博さんの「evergreen」「BEST OF GREEN MIND ’09」。

後は弾き語りギタースコアの金字塔とも言うべき本である、山崎まさよしさんの「ONE KNIGHT STANDS」くらいです。

弾き語りアルバムと連動して完コピできる…というのは本当に素晴らしい事。

練習していて、CDの音がそのまま自分のギターで完全に再現できるので、練習におけるモチベーションが全然違います。

そして難易度も優しめです。
「ONE KNIGHT STANDS」は初中級者には厳しい内容が多いので、初中級者向けで本人監修のスコアでは「evergreen」が一番オススメですね。

逆に中級者以上でブルースなどの色合いも覚えたい人は「ONE KNIGHT STANDS」はおすすめです。こちらも弾き語りすとなら持っていて損はない。

2-2. ギター弾き語りノウハウの宝庫

初中級者向けと言っても、ギターのアレンジはしっかりされています。

特に「BEST OF GREEN MIND ’09」が発売された時代より、ギターアレンジが大分洗練されています。

このあたりは秦基博さん自身のインタビューでもGREEN MINDを定期的にやるようになってからギターアレンジを非常に意識するようになったと答えているので、その通りなんでしょうね。

【補足】GREEN MIND…秦基博さんが定期的に開催しているギター弾き語り中心のライブツアーのこと

バンドスコアと違って、基本的に「evergreen」はギター1本で勝負しているのでギターアレンジは非常にきめ細やかです。

本アルバムはギター弾き語りにおける基本的な演奏ノウハウは一通り網羅されています。

このギタースコアを完コピするだけで他のスコアを完コピする何倍も得られるものが多いです。

2-3. ベストアルバムなので使いやすい

本アルバムは「弾き語りベストアルバム」なので楽曲は基本的にシングル曲。

代表曲である「ひまわりの約束」「アイ」「girl」「鱗」の全てが弾き語りverで収録されています。

つまり、本ギタースコアを覚えれば学園祭や結婚式など人前で披露しやすい楽曲をレパートリーに加えることができます。

初中級者の練習曲として人前で披露しやすいことは大きなポイントです。

何故なら、人前での演奏経験ほど成長を促すものはないからです。本アルバムを練習すれば様々なシチュエーションで演奏できるレパートリーが増えます。この点も非常に大きいです。

3. 本書のレビュー

それでは収録楽曲のレビューへ。
僕が勝手に五段階評定した難易度別楽曲解説を記載していきます。参考にしてください。

3-1. 収録楽曲

それでは初めに収録楽曲から。

【補足1】ギター難易度は僕が独自に決めたものです。
    【補足2】ギターは比較的簡単でも歌がかなり難しい曲はセルが黄色になっています。

大体だけど、「★★ 初心者向け」「★★★ 初中級者向け」「★★★★ 中級者向け」って分類。4つ★でも別にそこまで難しくないけど初心者には厳しいレベル。

3-2. 色んな奏法が網羅されている

本スコアはアコギにおける奏法が一通り網羅されていておすすめ。楽曲別に何曲かご紹介していきます。

◆オーソドックスなストローク

  • Halation
  • 水無月

このあたりの楽曲はシンコペーションだったり、ミュートだったりと基本的なストロークにおける奏法が網羅された練習曲に最適な曲。

◆アルペジオ

  • アイ
  • 朝が来る前に
  • 僕らをつなぐもの

ハンマリング・プリングを含んだオーソドックスなアルペジオ。コードとコードのつなぎ目の音だったり、ベースの繋がりだったりと基本の中にも細かい工夫が入っています。

◆ミュート

  • ダイアローグ・モノローグ
  • フォーエバーソング

右手を使ったブリッジミュートを有効活用した楽曲。弾き語りだとバリエーションが出辛いので、こういった奏法で工夫することは必須。

——————————————————-

まあ、こんなところでしょうか。他にも練習曲として良い曲がたくさんあります。

4. まとめ

  • 本スコアは弾き語りベストアルバムに連動した本人監修という貴重で珍しいスコア
  • ギター弾き語りノウハウがぎっしり詰まった宝石箱のようなスコア
  • 基本的な弾き語りにおけるアコギ奏法が網羅されている

こんなところ。
僕のブログの売り上げランキングでも5位に入っている。ギタースコアだとダントツで買ってる人多いです。

秦基博さんがたくさんの弾き語りプレイヤーから好まれるところは歌が中心でギターは伴奏となっている点。

逆にギターマニアからすると物足りないと感じるところも多いと思うけど、最近の流れで言うと歌が中心の方が馴染む。

一世代前の弾き語り著名人と言えば山崎まさよしさんと斉藤和義さんだけど、どちらもギターがメインってもおかしくないほどギターが歌ってますからね。時代の流れを感じます。

そんなわけで秦さんの楽曲でギターが難しくて弾けないってものはないから、初中級者にオススメしやすい。

そして、ギターがそれほど難しくないけど弾き語りとしての完成度は素晴らしい。

その分、歌が難しい…。

ギターを始めた手の人からギターを一通り弾けるようになった人までレパートリー増 & 弾き語りテクニックの習得に必携の一冊です。

 

↓はCD

【まとめ】秦基博さんの商品・演奏・音楽制作・機材に関する記事 12本

2017.09.24

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。