SEOを意識した言葉選びとブログの専門性特化の両立で悩む

たけしゃん(@_tkshan)です。

今日は最近の悩みを思い切り書きなぐろうと…この話題に。

ブログを書くことも慣れてきて、「サーチコンソール」「アナリティクス」などのブロガーなら毎日チェックするようなツールを日課としてチェックしております。

そうやってブログの状態をチェック・分析することを続けるようになったわけで、日々改善するために頑張っているわけですが、課題も多くあり…。

その中で今日書くのはSEOを意識した言葉選びについて。

ブロガーをやっていると基本的なことではありますが、そこそこ記事を書いてPV数を稼いで…と段階を踏まないと何で言葉選びを頑張らないといけないのか?って中々わからないのです。

僕も最近はようやく理解してきたのですが、ブログの専門性との両立で悩むことが多く、記事にして整理してみようと考えました。

音楽ブロガーには参考になるはずなので、張り切って書いていきます。

1. SEOを意識した言葉選びとは

まずはSEOについて。

検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization, SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは、検索結果において、ウェブページをより高い順位に表示させることを目的として行う取り組みのこと

-Wiki pedia-

SEO=検索エンジン最適化

主にはGoogleで検索した時に自分のHPをより上位に表示されせることを目的とした取り組みです。

自分がGoogle検索した時も、やはり上位に出てくるHPをクリックしますよね。

1ページ目に出てくるHPは10個ですが、スクロールするのも面倒。ましてや次ページなんて面倒で大半の方は最初のページに掲載されているHPから見ていきます。

となれば、どうやって自分のHPを上位にさせるかというのは凄く大切な事。上位かどうかでPV数が全然変わってしまいます。

また、検索で上位…と一言で言っても「検索ワード」が大事で「とある検索ワード」毎に検索順位があります。

だから、誰も検索しないようなワードで1位より、みんなが検索するワードで10位のほうが明らかにPV数に繋がります。

2. SEOと専門性の関係

続いて本題。SEOと専門性の関係について。

SEO的に考えると、もちろん検索する人が多いキーワードで検索上位になれることが望ましいです。

しかし、検索する人が多いキーワードと言うのは往々にして専門性が薄いです。

どんな分野でも一緒で「初心者」が最も人口が多く「上級者」になるにつれて人口が減っていきます。

つまり、専門性が高くなるにつれて検索者数は減ってしまうのです。初心者をターゲットにしたほうがボリューム数は絶対的に多い。

だから、ネットの記事であったり、書籍は初心者用のものが非常に多く、中級者以上向け…となると一気に記事数が激減するわけです。

そんなわけで、現在は専門性に偏った本ブログですが悩みをいくつかご紹介。

2-1. 専門性を取るとPVが頭打ちになる

Googleなどの検索エンジンに上位表示させようと思うと検索ワードの選定が重要です。

ブログのタイトルであったり、記事中に書く言葉であったり…こういったもので特定の検索ワードでの上位表示を狙うのが基本的なSEO対策。

ここで僕が悩むわかりやすい事例を一つ紹介。対象となるのはこの記事。

ギターで使うピックの種類と選び方 ~アコギ編~

2016.07.14

アコギのピックについて書いた記事。「アコギ ピック」という検索ワードで2017年9月現在は1位です。

アコギとピックを絡めた検索ワードだと大抵1位なので素晴らしい事です。

そして、アコギのピックを探している人には結構有益な情報を載せることができている…と感じています。読者と筆者でWin-Winになっているのではないかと。

しかし、月間のPV数というと1,500PVくらい。

たぶん、検索流入者数はこれ以上伸びない。だって検索順位1位なわけですからね。

当ブログは検索流入が流入者の75%くらい占めるから、もう基本伸びないって事です。

ピックってギターの関連商品の中でも必須なもので検索者も多いであろう代表格な道具です。それで、このPV数で止まっちゃうのは…うーん。

考えさせられちゃうなぁとなるわけです。

2-2. SEOを取ると専門性が薄れる

続いて逆の発想。上記の記事についてSEOを意識すると、どうなるのか。

単純に対策として思い浮かぶのは「アコギ」という言葉を「ギター」に変えるという選択がでてきます。

検索ボリュームを調べても「アコギ ピック」と「ギター ピック」だと後者のほうが検索者数が約10倍です。

普通に考えて「ギター ピック」だとエレキギターの演奏者も対象に入ります。また、アコギ弾きの方でも「ギター ピック」で検索する人は多いはず。

その辺は大手楽器店はわかっていて、大抵は「ギター ピック」を狙った記事を書いていて、エレキやアコギに限定化していないです。

しかし、僕の記事を「ギターで使うピックの種類と選び方」とすると下記の影響が出ると考えられます。

  • 「アコギ ピック」の検索順位が落ちる
  • エレキギター弾きの人が流入しては即離脱するから直帰率が上がってページ評価が下がる
  • 「ギター ピック」で検索しているアコギ弾きの読者を獲得できる可能性がある

こんなところ。
検索順位が落ちるってところが気になるところなんですよね。

「ギター ピック」の豊富な検索者をターゲットにできるのは良いけれど、「アコギ ピック」でピンポイントに探している検索者への利便性が落ちる可能性がある。

それにエレキギターの人を獲得できても、ほとんど意味がない。
だって、エレキのピックについてはもっと専門的なサイトがたくさんある。ニーズと異なる人が集まるようになっては検索エンジン最適化と真逆になってしまう。

3. SEOと専門性を両立させるためには

さて、対策について。
正直なところ、正解はないんだろうけどそれらしい答えも見つかりません。誰かに教えてほしいくらい。

前章の例で出した「アコギ 〇〇」って検索ワードで1位だけど、元々の検索者がそこまで多くないってパターンの記事が結構いっぱいあるんですよね。

アコギの専門性には特化しているけれど…特化しすぎて読者の層が限定化されすぎてもなぁ…というお話です。

目標は下記の2点。

  • 「ギター」で検索するアコギ弾きの方へリーチできるようにする
  • アコギに対する専門性は下げない

まずは対策として下記を試してみようかなと思っています。

3-1. タイトルをギターに変える

単純明快。タイトルの「アコギ」を「ギター」に変える。

ただ、後半に「~アコギ編~」とつける。
別にエレキギター編を作るわけでもないのですが、そこは今後エレキギターも弾いていく中で考えようかなってくらい。

ちなみにアコースティックギターではなくアコギにしているのは検索ボリュームが多いからです。まあ、スマホで正式名称書くの面倒ですもんね。

メリットとしては記事タイトルを読んでくれたエレキの人はクリックしないだろうから検索エンジン最適化を邪魔したりはしないし、アコギへの専門性は保てそう。

逆にデメリットとして、エレキギター編はないのか?ってガッカリさせそう。

3-2. 記事中の言葉を置き換える

記事中の言葉をアコギではなくギターに置き換える。

まあ、イマイチな気もするけどタイトルは「アコギ」のままにするからアコギの専門性はキープできるかなと感じる。

作業量もあるから大変だし、逆にアコギの専門性を損なう可能性もあるから書いたけど、今のところ乗り気ではない。

前章の「タイトルをギターに変える」を実行しても効果がないときに考えようかなってくらい。

4. まとめ

  • 検索ワードに専門性を持たせすぎるとPV数が頭打ちになる
  • SEOを意識しすぎると、サイトの専門性がなくなる
  • 両立する方法を模索中

今の段階だとこんなところ。

とりあえずは「アコギ ○○」で検索順位1位の記事を使って実験してみようかなと思っています。

上記の記事はどれもPV数だけじゃなく、収益率もいいので失敗するのは痛いけど今後発展させていくための必要経費と割り切ろう。

こういったことを相談できる人を見つけるのもいいのかもなぁ。難しいとこだ。

こんなことを考えているもの、今のままでアコギ弾き語りに特化させてブログ書いても10万PVが限界かなぁと感じるからです。

個人的には数年後に30万PVくらいはいけるようにしたいから、もう少し色々と考えようと思っているわけです。

今くらいの規模でないとトライアンドエラーでチャレンジすることが難しくなってくるので、チャレンジしてみます。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。