投稿記事数が300記事に到達!300記事書いた実績とわかったこと、感じたことを語る

たけしゃん(@_tkshan)です。

ようやく本ブログも投稿記事数が300に到達。

200に到達してから記事を書く頻度が低下していたので時間がかかってしまいましたが、ようやく達成。

100記事に到達したときはまだまだブログ駆け出しって感じでした。

200記事に到達したときは100記事から随分遠くまで来た感じがしたし、結構専門的なことも覚えたなぁと感じていました。

さて300記事に到達して、一体何を思うのか。

1. 300記事到達しての現状

まずは200記事到達時と同様に達成しての現状から。9月のPVと収益予測で現状を語っていきます。

  • PV数 33,000 PV程度
  • 収益  18,000 円程度

こんなところ。
収益はブレるので何とも言えないけど、今の通りいけばこんなもんかな。毎月、月末に割と伸びるので収益が2万円いってくれると嬉しいなぁ。

10月は4万PV & 2万円に届きそうと期待しています。

200記事到達時は2万PV、収益1万円くらいだったので伸びてきた感じがします。

そして、最近は環境もカッチリと固まってきて記事書く頻度もスピードも上がって順調に投稿できているのでこの後は伸び率が加速するかなと思っています。

最近は新しい記事が伸びてPV数ランキングの上位が入れ替わってきており、少しずつコンスタントにPV数を稼ぐ記事が増えてきてブログ全体を底上げしている状態です。

2. 300記事書いてわかったこと・感じたこと

300記事というと、多いようで少ないようで。
毎日書いていると1年かからず、書けてしまう量でもあります。

でも、個人的な所感だと僕の場合は1記事が結構文字数多くて中身もそこそこ濃い内容の記事も多いかなと感じているので300記事で結構書いた感があります。

そんな中でわかったことや感じたことをつらつらと。

3-1. 同じ内容を書く意味がわかった

プロブロガーの方を見ると同じ内容をタイトルや方向性を少し変えて何度も何度も書いていることをよく見かけるんですよね。

イケダハヤトさんとか正にそのパターンで全記事読んでみると「また、この内容の記事出てきた」って思うことが多い。

最近、ようやく意味と言うか効果がわかってきた。

検索ワードを意識されているんですよね。例えば、今書いているこの記事だってそう。

ぶっちゃけ、先日書いた記事と大して変わらない。

ブログ運営から1年半が経過。次のビジョンを考え始める

2017.09.13

ただ、見る人が違うんですよね。

もちろん、全記事読んでくれている方は同じような内容だなって気づきます。
でも、大半の人は全記事読むわけじゃなくてGoogleとかから検索でピンポイントにやってきます。

そうすると、検索ワードが「ブログ 1年半」って人と「ブログ 300記事」って人がいて、求める内容は似たようなもんだけど、それぞれ検索で出てくる記事が違うわけです。

たぶん、両ワードを1つの記事でカバーするのは厳しい。だから、同じような記事をタイトルや中身を若干変えて書いてカバーしてるんだなと。

もちろん、丸々同じじゃダメなんだけど結局は同じような事を少し表現変えて書いている。

これなら執筆時間も短縮できて、PV数も稼げて検索からの受け皿多くできる。うーん、やっぱ工夫してんなぁプロは。

3-2. 記事の内容が大事だけど手法も大事

300記事書いてきて、記事の内容が大事なのは痛いほどわかった。

けど、同じくらいSEOも大事。ワード選定とか、内部リンクの貼り方とか。

そういったSEOを工夫するだけで、ずいぶんと結果が違う。

最近、一番考えるのがワード選定とかのSEO関係なんですよね。

僕のブログの上位検索ワードを見ると下記の通りに二分化がされている。

  1. 検索ボリューム数がそこそこだけど検索順位は1位~2位
  2. 検索ボリューム数が多くて検索順位は5位以下

そんで悩んでいるのは①。
①については完全にギター弾き語り専門記事。

この二つの傾向を今後、どうしていこうかを悩むことが増えた。

具体的に書くと①の記事はタイトル付けや言葉選び次第で検索ワードの対象範囲を広げることはできるけど、そうすると読者から見て使い勝手が悪くなるのではないか…ということ。

詳しくは別途記事にしようと思う。

こんなことを意識するようになったのも、300記事書いてある程度傾向が見えてきたからだし、次のステップが見えてきたからともいえる。

3-3. 書かないことには始まらない

最後はよく言われる基本的な事なんだけど、見方が少し変わった。

「書かないことには始まらない」って言葉は書かないことにはPV数も収益も発生しないよって意味合いが多い。

もちろん、その通りで僕自身も100記事、200記事の段階だとその意味合いで頑張って書いていた。

ここ最近思うのは行動前に建てた計画なんて所詮、捕らぬ狸の皮算用みたいなもんだなってこと。

その時にしっかりと考え、計画したって走り出してみると全然違う風景が見えてくることって多いなぁと思うのです。

ブログも正にそのパターンで方向性決めても記事をたくさん書いて実行・改善を繰り返していると最初と違う方角に行くことが多い。

だから、計画を建てる事は大事だから建てるんだけど「書かないことには始まらない」こともわかったので、とりあえず書きながら計画建てようって考えるようになりました。

同じように悩んでいる時もやってみないことには悩みが解決されないから、書きながら悩もうと腹を括ることができてきました。

4. 終わりに

お陰さまで300記事達成。
長いようで短い道のりでした。といってもブロガーからすれば初心者を抜けたくらいのところ。

SEOだったり、今後のビジョンだったりと昨年は考えなかった大きく深い分野を考えることも増えました。

ブログの規模が大きくなるにつれて収益も増えてきて、チャレンジすることが難しくなってくるので今が大きくチャレンジするタイミングとしては良いころかなとも感じます。

タイトル付けとか一気に変えてPV数や収益が激減しても、今なら月1~2万くらいのダメージで済みますからね。

だから、今年はPV数や収益も気にしつつも更に飛躍するために色々とチャレンジしたり、実験したりしてみようかなと思っています。

400記事到達もブログ運用開始して2年経つまでに達成できるように頑張るぞ!

ブログ100記事達成。到達してみて感じた事

2016.07.12

ブログ200記事に到達!コツコツ書いた現状を語る

2017.01.26

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。