勉強したことをブログでアウトプットすることで得られる3つのメリット

たけしゃん(@_tkshan)です。

本ブログも2016年2月から運用を開始。投稿記事数はもうすぐ300。

まだまだ、駆け出しではあるもののブロガーとしては初心者からは脱却できたかなと感じています。

このブログはタイトル通り、音楽の「弾き語り」と言うジャンルに特化したブログです。

記事としても弾き語りに関するノウハウや関連商品のレビュー。アーティストの紹介がメイン。

つまりはこれまで長年勉強し、学んてきたものをブログでアウトプットしてきたわけです。

こうやって、自分が音楽をやるために勉強してきたことをどっかに書くってのは初めてなわけですが書いてみると、凄く良い!と感じることがあります。

今日はブログで自分が学んだことをアウトプットすることのメリットを語ります。

1. 知識を整理できる

ブログに自身のノウハウを書く場合は頭の中で考えているようにはいきません。

理由としては読者が読みやすく、かつ魅力的と感じるように構成を作って書く必要があるからです。

自分の知識を基に「起承転結」をしっかり作り、また掻い摘んで読む人向けに「まとめ」など簡潔に結論とポイントをまとめる必要があります。

つまりは自分の頭の中で知識がとっ散らかった状態だと書けない…というわけです。

これが書こうと考えると、驚くくらい自分の頭の中が整理されていないことに気づくのですよ(笑)

そして、音楽の知識って単体でまとまっていることが少なく、何らかの要因と密接してできていることが多いから1つの項目だけ絞って端的に書くって結構難しい。

僕のブログも読みやすさを考えて「大項目(1、2、3)」「小項目(1-1、1-2)」といった感じで分けるから構成を考える時にどういった風に書くか悩むことが多いです。

ただ悩んだ分、散らかった知識が整理されて新しい発想が出てくることもあるので、すごくタメになっています。

2. 深堀するので更に詳しくなれる

ノウハウ記事を書いていると、何も調べずにサラっと書けることはあまりありません。

自分が「このジャンルは自身がある」って思っていてもウラを取ったり、追加で調べたりすることが出てきます。

別にブログに間違った情報載せたからって責任があるわけじゃないけど、そりゃあ読者に正しくタメになる情報を提供したいって思いますからね。

だから、これまで少し曖昧だったところはWebや本読んで徹底的に調べる。

書いていて「あれ?これって〇〇の可能性もあるよなぁ」って思えば納得できるまで試す。

そんなわけで、結論が出ないからお蔵入りした記事もあるわけですが、代わりに音楽の知識量はブログ書く前よりも格段についたと感じています。

とにかく、内容の正確性と深みを出すために知っていることを更に本やWebを使って調べます。

ブログ書くことで知識を更に深く、より専門的につけていくモチベーション管理と行動力を養えます。

3. 新しい事に敏感になる

情報は鮮度が命なので、新しい製品やジャンル・ビジネスなどには敏感になります。

本ブログで言えば弾き語りに特化したブログなので、弾き語りに関連するような製品やビジネス、弾き語り系の新ジャンルのアーティストなどについては一早く記事を書きたいという気持ちが出てきます。

ブログ書いた一番変わったのは、この「新しい事に敏感になる」ってことかな。

ブログ書き始めるまでは旧態依然というか、とにかく定番で普遍な音楽を追い求めている感が強かったです。

それが今では新しいジャンルや新しい製品に対するアンテナが随分と伸びたなと感じます。

音楽の練習曲を決める時や機材を買うときも、「読者のニーズ」をかなり気にするようになったからです。

「読者のニーズ」を気にすることで音楽の自由度が下がる…と思いきや逆で世界が広がることが多いので自由度が上がります。

趣味でやる分にはニーズなんて気にする必要は全くないですが、何かしらお金を稼ぐのであればニーズへの意識は必要不可欠です。

ブログをやることで意識は相当上がったので本当によかったと感じます。

4. まとめ

  • ブログでアウトプットすることで頭の中の知識や情報を整理できる
  • ブログでアウトプットすることで今持っている知識をより深く調べて研究するようになる
  • ブログでアウトプットすることで顧客ニーズを考えて新しい情報や製品への興味が湧くようになる

ブログってこんなにいいことがあるのです。

やはり、発信するってことが大きいんでしょうね。
実際に責任取る必要がなくても、自分で発信することで自分なりに責任感じますからね。

これまでいい加減にやっていたことが人にちゃんと発信することで正されるわけです。

顧客ニーズを捉えるって点も大きいです。
いわば、セルフプロデュース能力とも言える分野です。

音楽活動をしていてもセルフプロデュース能力って演奏能力並みかそれ以上に重要な力です。

ブログ書いていても、書くだけじゃPV数や収益は上がらないわけで、自分のキャラクターやブログの方向性などセルフプロデュースが重要です。

こうやって自分の思いや考えを文字にすることで見えてくることがたくさんあるんだなぁとブログの偉大さを感じた今日この頃でした。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。