あなたに最適なギターを提案!弾き語りすとナビ

男性の音域を平均・低め・高めの3種類に分けて解説する【参考アーティストも合わせて紹介】

ぎたすけ

年々、男性ボーカルのキーって高くなってる気がするぞ。高くて歌えないアーティスト多いよ

たけしゃん

まあ、キー変更すればいいんだけどね。男性曲を歌うのにどれくらいのキーが出ると困らないのかを色々調べてみたよ

飛ばし読みガイド

音階の表記について

音階の表記について

関連記事

女性ボーカル女性の音域を平均・低め・高めの3種類に分けて解説する【参考アーティストも合わせて紹介】

男性の音域 早見表

男性の音域早見表

男性の音域 最低音 地声最高音 裏声最高音
低め MID1 C MID2 G hi B
平均 MID1 D hi A hi D
高め MID1 F hi C# hi F

男性アーティストの楽曲を分析すると、概ね上記の3分類に分けることができます。

楽曲内で使用される音域のオクターブは平均で2オクターブ程度です。

 

最低音については低めの男性でもMID1 Cあたりの楽曲が多く、普通の男性はLOW Gあたりまでは出るので困ることはあまりありません。

 

逆に地声の最高音、裏声の最高音はトレーニングをしないと低めの男性の音域でも大変な人は多いはず。

そのため、歌い手の方々は高音域で苦労することが非常に多いです。

 

次章からは低め、平均、高めの3分類を該当するアーティストと合わせて解説をしていきます。

読みたい項目をタップでジャンプ

低めの男性 音域

低めの男性 音域

低めの男性
最低音 MID1 C
地声最高音 MID2 G
裏声最高音 hi B

音域低めな男性アーティストでよくある音域幅は「MID1 C~hi B」。地声の最高音は「MID2 G」です。

実際に音の高さを聞いてみましょう。

最低音 MID1 C

最高音地声 MID2 G

最高音裏声 hi B

該当するアーティストは少ないものの、ジャニーズの方はほとんどが低めの音域に該当するので歌える曲は割とあります。

 

低音域の男性アーティストは音域が狭めなので歌いやすいです。

反面、最低音がLOW Gくらいまで下がる曲もあるので声が高めの人は歌えないことがあります。

 

そして、低音域についてはあまり鍛えても下に伸びないので出ないものは出ないと割り切りも必要です。

低音域の男性アーティスト

 

低音域のアーティスト 最低音 地声最高音 裏声最高音
星野源 MID1 D MID2 G hi A
福山雅治 MID1 C MID2 E MID2 G# 
BUMP OF CHICKEN MID1 D MID2 G# hi C#
補足
上記の音域表は対象アーティストの楽曲で頻度が多い最低音・最高音を拾っています

地声はMID2 Gあたりが最高音なので、歌いやすい音域幅ですね。

最高音は楽曲によって変わることがあまりありません。

 

対して最低音は曲によって幅広く、福山雅治さんやBUMP OF CHICKENは曲によってLOW Gなど、かなりの低音が出てきたりします。

 

特にBUMP OF CHICKENについては地声最高音は普通ですが、最低音と裏声の最高音の音程差が激しく2.5オクターブくらいあります。

地味に普通の男性で全曲歌いこなすのはしんどいアーティストです。

男性の平均音域

男性の平均音域

男性の平均音域
最低音 MID1 D
地声最高音 hi A
裏声最高音 hi D

続いては平均的な男性アーティストの音域。

「MID1 D~hi D」で地声は「hi A」あたりまでが対象です。

 

ポップスでは平均音域に該当する楽曲が8割以上と非常に多いですね。

実際に最低音と最高音を聞いてみましょう。

最低音 MID1 D

最高音地声 hi A

最高音裏声 hi D

やはり、大変なのは地声の最高音である hi Aです。

普通の男性は歌のトレーニングをしないと綺麗には出せない高さの音です。

 

その反面、hi Aの音を綺麗に出せると歌える曲が激増します。

音域が広がることで音色・声量の自由度も上がり、歌の表現力も一気にあげることもできます。

 

hi Aくらいであれば、トレーニング次第で割と誰でも出せるようになります。

後述の<音域の広げ方>を参考にトレーニングしてみましょう。

平均 音域の男性アーティスト

 

平均音域のアーティスト 最低音 地声最高音 裏声最高音
米津玄師 MID1 D hi A hi B
秦基博 MID1 D hi A# hi E 
Mr.Children MID1 D hi A hi C
back number MID1 B hi A hi C
スピッツ MID1 F hi A hi C
補足
上記の音域表は対象アーティストの楽曲で頻度が多い最低音・最高音を拾っています

地声の最高音「hi A」の曲が多いアーティストは全体の8割くらいを占めており、幅が広いです。

例えば、米津玄師さんであれば「hi A」が出てくるところは最後のワンポイントだけであったり、基本的に音域低めに該当するアーティストです。

 

一方でSPITZも地声の最高音「hi A」の曲が多いアーティストです。

しかし、hi A付近がずっと続く曲であったり、高音が出し辛い言葉やソフトな出し方をするため音域以上に高く感じるアーティストです。

 

なので、地声の最高音「hi A」の曲が多いアーティストは人によって歌いやすさに幅があります。

最高音 hi Cの楽曲より、最高音 hi Aの曲のほうが高くて歌えない…なんてことはよくあることです。

 

といっても、地声(ミックスボイス)でhi Aが出せれば、巷で流れる曲の大半が歌えます。

そして、大抵は一瞬だけ音が上がる程度であればhi Bなども問題なく出せるようにもなります。

 

なので、男性ボーカルの音域についてはhi Aが安定して力強く出せるかが壁になることが多いです。

 

とはいえ、男性の平均音域…といってもプロアーティストの話です。

何のトレーニングもせずにを平均音域を歌いきれる方は稀で、ボイストレーニングを重ねて歌えるようになる方が多いです。

 

巷の人気曲をストレスなく歌いこなすには裏声とミックスボイスのトレーニングを重ねることが重要ですね。

高めの男性 音域

高めの男性 音域

高音域の男性
最低音 MID1 F
地声最高音 hi C#
裏声最高音 hi F

高音域の男性アーティストとなると、女性アーティストの平均的な音域幅とほぼ一緒です。

よくある音域幅は「MID1 F~ hi F」。地声の最高音は「hi C#」。

 

2015年くらいからは高音域の男性アーティストを抱えるバンドが人気なので、日頃聞いている人も多いでしょう。

まずは、最低音と最高音を実際に聞いてみましょう。

最低音 MID1 F

最高音地声 hi C#

最高音裏声 hi F

かなり、高いですね…。

最高音については地声、裏声共に出せない人が大半なのではないでしょうか。

 

しかも、楽曲内で活用するにはある程度の余力が必要なので「出せる」だけでは意味がないのも辛いところです。

裏声の最高音 hi Fは出せる人は結構いるものの、余韻などを付けられる余裕はない人が多いですからね…。

 

ボイストレーニングで高音は伸ばせるものの、高音域なアーティストまでくると自身の声質にも依存してきます。

あまり、音の高さにこだわりすぎずに自分の魅力を出せる音域に留まることも考えましょう。

高音域の男性アーティスト

 

高音域のアーティスト 最低音 地声最高音 裏声最高音
Official髭男dism MID1 D# hi C hi F
King Gnu MID1 C hi B hi F# 
Mrs. GREEN APPLE MID1 C hi B hi G
UNISON SQUARE GARDEN MID1 E hi B hi D
ONE OK ROCK MID1 E hi D hi D
補足
上記の音域表は対象アーティストの楽曲で頻度が多い最低音・最高音を拾っています

高音域の男性アーティストはここ数年で傾向が変わってます。

2015年くらいまではヘッドボイスで高音域を出すロック系アーティストが中心でした。ONE OK ROCKが代表例ですね。

ヘッドボイス
裏声で出す音域を地声に寄せて力強く出す発声方法。ミックスボイスの超高音域verみたいなイメージ

2018年以降は地声寄りの音域はhi Bくらいまでで、裏声でhi Fやhi Gといった超高音域を出す人が多くなりました。

King GnuやMrs. GREEN APPLEが代表例です。

 

一方でブルーノマーズの影響もあり、ブラックミュージック寄りのアーティストでヘッドボイスを活用するアーティストも多いです。

最近ではOfficial髭男dismなどが代表例です。

 

ヘッドボイスや裏声(ファルセット)での高音域自体はトレーニングを重ねれば、割と出せるようにはなります。

ただし、声質的に合う合わないがハッキリ出やすいです。

 

声質がもともと太い人は高音域を出せるようになっても、オペラっぽくなります。

それはそれで合う曲はもちろん存在するのですが、昨今のハイトーンボーカルが歌う曲調には合いません。

正直、声質による相性はどうしようもないので自分の声が魅力的に聴こえるジャンルを探しましょう。

たけしゃん

次章では僕の経験から音域の広げ方についての解説をします!

音域の広げ方

ギターを弾く男性

出せる音域自体はトレーニングすれば、広がります。

僕の場合ですが、地声で出せる最高音は下記のように広がっていきました。

  1. 中学生時代…MID2 G
  2. 高校生時代…hi A
  3. 大学生時代…hi C

逆に低音域はほとんど変わってないですね。

高音域は伸ばせるが、低音域はあまり変わらないというのは僕の実体験からもその通りだなと感じてます。

 

そして、高音域の伸ばすポイントは下記の3つです。

  1. ミックスボイス
  2. 呼吸のコントロール
  3. 歌い込み

全体的に言えるのはスポーツと一緒で「体の使い方を理解する」ことが重要ですね。

ミックスボイス

ミックスボイスとは地声と裏声の中間的な発声方法のこと。

地声で出すことが難しい高音域を力強く発声することができます。

 

仕組み的な話だと、地声・裏声・ミックスボイスの違いは下記の通り。

  • 地声…声帯を短く厚くして接触面を多くしている
  • 裏声…声帯を長く細くして、声帯同士が接触しない
  • ミックスボイス…声帯を長く細くして、声帯同士を接触させる

声帯の形状は裏声に近いですが、声帯同士が接触する部分で違いがでます。

ちなみに高音で声が裏返えるのは発声しているときに声帯が接触していたものが、離れてしまうからです。

 

「声帯を長く細くして、声帯同士を接触させる」ことが安定すると高音で苦しむことはかなり減ります。

練習方法としては裏声で声帯を細長く扱うことに慣れて、そこから徐々に声帯同士を接触させる感覚を掴むのが王道。

なので、裏声と地声を行き来させるトレーニングが主流です。

 

詳しくは下記の記事を参照してください。

関連記事

ミックスボイスとは?平均音域、出し方や練習方法を参考アーティスト付きで解説

ボーカルミックスボイスとは?平均音域、出し方や練習方法を参考アーティスト付きで解説

呼吸のコントロール

パワーブリーズ赤

※呼吸筋トレーニングでプロ使用者も多いパワーブリーズ

呼吸のコントロールはポイントが2つあります。

  1. 一瞬で吸う力を高める
  2. 吐く量をコントロールする

歌が不安定な人ほど吸う量が少なく、吐く量が多いです。

そして、自然体で吸う量、吐く量が適切になるのが好ましいので日頃のトレーニングが大事になります。

吸う力を高める

吸う力を安定して高めるには運動したり、呼吸筋を鍛えるトレーニングが有効。

トレーニング機器としておすすめなのはパワーブリーズです。

 

B’zの稲葉さんやOfficial髭男dismの藤原さんが使用されています。

僕も使ってますが、高音域というよりは歌全体の安定感が増す感じです。

関連記事

パワーブリーズの効果・使い方を解説。肺活量トレーニングでボーカル力をアップしよう

パワーブリーズ赤パワーブリーズの効果・使い方を解説。肺活量トレーニングでボーカル力をアップしよう

吐く量をコントロールする

高音域を出す時に一番ダメなのが息を吐きすぎて、窒息した状態になること。

喉をしめちゃうのであっという間に喉が疲弊してきます。

 

なので、高音域を出す時ほど息を吐く量は減らしたほうが良いです。

そうはいっても、慣れるまでは難しいわけで強制的に吐く量を減らした状態に持ってく方法で感覚を掴みましょう。

 

その強制的に吐く量を減らす方法がペットボトルを使った通称「タピオカハイトーントレーニング」です。

少し前にYouTubeで話題になってましたね。

 

やり方は簡単。

500mlのペットボトル(タンブラー等でも可)に7割くらい水を入れます。

ペットボトル

そして、タピオカ等に使われる極太ストロー(10mm以上)を用意します。

タピオカ用の太いストロー

極太ストローは100均でも売ってますし、Amazonでも買えます。

日頃からやる人は30本入りを買っておいてストックさせておくと便利ですね。

そして、ストローをペットボトルに入れてブクブクさせながら曲を歌うだけ。

ストローの入れる深さは水面から2~3cmくらいが良いです。きつい人は浅めにしましょう。

 

水圧で息を吐く量が調節されちゃうので、よほど無理しないと息を多く吐けません。

なので、ブクブク歌ってるときの感覚で日頃も歌えば、息の吐きすぎを防止できます。

 

自然体でやれることが大事なので、習慣化して続けるのが大事です。

関連記事

タピオカハイトーンで手軽に高音の発声練習。やり方・効果・意識すべきポイントを解説

タピオカハイトーンで手軽に高音の発声練習。やり方・効果・意識すべきポイントを解説

歌い込み

最後は歌い込み。単純にたくさん歌いましょうという話です。

 

自分が歌いたい曲を繰り返し歌っていると、自然と声が出るようになってきます。

SPITZの草野マサムネさんもラジオで高い声の出し方を質問され、「高い歌を何度も歌ってると勝手に馴染んでくる」と回答されていました。

 

ただ、声の出し方を試行錯誤しながら歌い込むことが必要です。

そして、無理をしすぎないことも大事。喉壊しちゃいますからね。

 

時間をかけて、歌い込んで声を作っていくことは絶対必要なので焦らずに楽しみながら、たくさん歌いましょう。

男性の音域 まとめ

男性 音域別のアーティスト一覧

  • 男性の平均的な音域はMID1 D~hi D(地声はhi A)
  • 地声(ミックスボイス)でhi Aが安定すると歌える楽曲が爆発的に増える
  • 平均的な音域の中でも曲によって歌いやすさに大きく違いがある

ぎたすけ

色んな曲を歌いたければ、ミックスボイスの習得が必須って感じか…。大変だな

たけしゃん

そうだね。ミックスボイスが安定すると歌の自由度は一気に上がるから楽しいよ。頑張ってみる価値はあると思うよ

男性の音域についての解説でした!

平均的な音域といっても、プロアーティストの話なので素人には十分、高いキーなんですよね(苦笑)。

 

なので、カラオケでは無理せずキーを下げましょう。

ボイストレーニングしながら、段階踏んで原曲キーに向かって上げていくのも良い練習ですね。

 

また、音域ばかりに注目しがちですが良い音で安定して出せなければ意味がありません。

日頃から運動したり、パワーブリーズなどのトレーニング機器を活用して土台を固めるのも忘れないようにしましょう。

緑(標準負荷)

青(高負荷)

赤(超高負荷)

関連記事

パワーブリーズの効果・使い方を解説。肺活量トレーニングでボーカル力をアップしよう

パワーブリーズ赤パワーブリーズの効果・使い方を解説。肺活量トレーニングでボーカル力をアップしよう 女性ボーカル女性の音域を平均・低め・高めの3種類に分けて解説する【参考アーティストも合わせて紹介】 ボーカルミックスボイスとは?平均音域、出し方や練習方法を参考アーティスト付きで解説 音程(ピッチ)を改善して歌が上手くなる練習方法・アプリの活用を解説 カラオケではエコーなしで歌うべきか?歌の上達とエコーの関係を解説