iPadでブログ執筆・音楽制作するのは効率が良いのか?iPad使用レビュー

たけしゃん(@_tkshan)です。

本日はブログ執筆について。
自宅にいる時はPCを使ってブログ執筆しています。

だけど、僕はサラリーマンなので平日はもちろん会社にいるかお客様先にいます。出張だって、たまにあります。

休日も地方に帰省することもあれば、旅行することもあります。

とまあ、それなりに自宅にいない時もあるわけです。そういった時にどうしようかなぁって考えたのが始まり。

まあ、旅行や帰省時はブログを忘れてしまってもいいかなぁという気もしますが、サラリーマンミュージシャンは本当に時間との戦いなので出先でブログを書く環境って必須なのです。

そんな理由で比較的ブログ運用開始初期からの悩みではあったのですが、ようやく動くことにしました。

使ってみて実際、どうなのかについて語ります。

1. iPadにした理由

僕のiPad買う前の現状について。
やっぱり、ミュージシャンなのでミュージシャン利用も視野に入れてます。

1-1. ノートPCは大きいし、値段が高い

元々、14インチ型のノートPCを持っていました。
このノートは2年前くらいに買ったのでブログ始める前に購入したものです。

使用用途はブログではなく、その時の住まいが日中は大丈夫でしたが、夜に楽器弾けない部屋だったのでスタジオ行って生放送やら歌録りやるために買いました。

といっても、性能もそこそこ良く、もちろん当初はこのノートPCを使って外出先でブログも書くつもりでいました。

ですが…やっぱり大きい。
会社に持っていくにもノートPC用に別の鞄用意するか、大きい鞄を買うかしなきゃいけないし、正直目立つので微妙。

そして、帰省時に持って帰っているけど新幹線の中では大きくて開けないし、やや不便。

結果、別で小さいノートPCを買うか、iPad買うかしたくなったわけです。

比べてみると性能面や使い勝手では正直iPadより小さいノートPCのほうが断然使えそうでした。

しかし、値段が使えそうなものだとiPadの2倍するので外出時専用として買うにはきつい値段だなぁとなりました。

1-2. 普通のiPad買った

今、主流なのはiPad proなのですが、性能を比べてみると僕にはオーバースペックなので普通のiPadを買いました。

その分、外出先でライブ動画を見たいのでたくさん入れられるように容量は128GBを選択。

使用用途しては前章でも書いていますが大きくは下記の二つ

  1. 外出先でのブログ執筆
  2. スタジオでのレコーディング・ライブ配信

今の環境だと自宅が24時間演奏可能なマンションになったのでメインは①です。②については帰省時か友達のレコーディング手伝う時くらい。

これから他にも使用用途が増えることを期待していますが、現状はこんなもん。

だから、そんなにお金かける気もないし、ハイスペックを求める気もないって感じです。どちらかというメインの作業を行う自宅PCにお金かけたいです。

2. 使い勝手をレビュー

それでは1か月ほど使ってみて使い勝手をレビューしていきます。
目線は基本的にはブログ執筆。あとはちょっと音楽使用の目線でも記載していきます。

2-1. 値段はそこそこ

128GBを買ったので48,800円(税抜)でした。
ちなみに僕は自宅のネット環境にWiMAXを選択しているのでセルラーではなくWi-fiモデルを購入しました。

UQ WiMAX(GMOとくとくBB)の使い勝手をミュージシャン視点でレビューする。

2017.07.23

当初は小さいノートPCを買おうかなと思いましたが、iPadに足りない部分を補おうとすると10万近くするモデルになっちゃうし、5万くらいまで下げると何かとiPadのほうが便利そうって感じで良い選択肢がありませんでした。

所感としてはコスパはそこそこ良い。

Proを買っちゃうと、使いこなせる人にはコスパが良いと思うのですが、僕だとオーバースペック気味でよろしくなかったでしょう。実際に普通のiPadを使ってみても、そう感じました。

全体的に考えると及第点といったところ。
外出用と割り切ると、値段的にも性能的にもちょうどよいです。

2-2. 持ち運びは凄く楽

iPadの一番良いところと言ってもよい。持ち運びが凄く楽です。

僕の場合は下記の3点セットを持ち歩いています。

  1. iPad
  2. 三つ折りできるワイヤレスキーボード
  3. モバイルバッテリー

これが小さいショルダーバッグに入るので、めっちゃ楽。
会社行くときもお弁当やら手帳やら入れている会社用鞄に一緒に収納できるので大変助かっています。

モバイルバッテリー以外は昼休みに持ち歩きますが、それも全然苦ではないレベルです。

iPadにして一番良かった点は持ち運びの点ですね。
ちなみにカバーはしっかり選んだほうが良いです。ちゃんと、自立出来るタイプの物を選択しましょう。

僕は定番製品を買いましたが、自立させるために角度が結構重要で触ると倒れてしまったりするので、少し後悔しています。

2-3. ブログ執筆

ブログ執筆については自宅PCが100点とすると65点くらいです。

ちなみに所有しているノートPCは持ち運びなどに難はありますが単純にブログ執筆だけ考えると80点。

この点は他の方も書いていますが、ショートカットキーなどが活用できなかったり、画面操作がマウスではないのでやりにくいところがあったり…というところの違いです。

また、僕がわかっていないだけかもしれませんが予測変換が出たり、出なかったりして困る。

少しずつ使い方を勉強していけば使い勝手の点数も上がりそうな気がしますが、何も分かっていない状態だと高くて65点くらいです。

ただ、スマホで外付けキーボードを使って書くと30点くらいなので、それよりはずっと良いです。iPadなら自宅PCで書いた場合の8割くらいのスピードで書けます。

2-4. 音楽用途

使えるかどうかの確認で少し試してみました。

僕の場合、音楽でのメイン用途はライブ配信です。ただ、ライブ配信で言うと別にiPhoneでもiPadでも大差ないです。iPadのほうがコメントとかの視認性が良いってくらい。

モバイルレコーディングだとさすがにiPhoneとは比較になりません。そして、意外とノートPCより良い点がいくつかありました。

  • 持ち運びが楽
  • タッチパネルなので場所の確保や楽器持ちながらの操作が凄く楽
  • 電源なくても結構な時間持つ(普通にレコーディングしている分には十分)

こんなとこ。
持ち運びが楽ってのはもちろん大きいですが、タッチパネルってのが思いのほか大きいです。

ブログ執筆においてはマウスが欲しくなる場面が結構ありますが、レコーディング用途では逆にタッチパネルで済むのは凄く楽です。

ちなみに録った音源をファイルでPC側に転送するにはGarageBandだと「iTunes」を経由するのが一般的かな。

CUBASISならDrop Boxに転送できるみたいなので、iTunes経由が困る人はそちらが良い感じです。

オーディオインターフェースも以前と比べてiPad対応機種が飛躍的に増えました。

安価なエントリーモデルが多く発売されていますが、音質に拘る場合もAPOGEEが対応しているので、「APOGEE DUET」以上を買っておけば、まず問題ないです。

僕はAPOGEE ONEを使っています。僕のように基本の音楽制作は自宅PCが前提の場合はONEでも良いでしょう。

iPadは自宅で楽器が弾けなくてレコーディングは基本スタジオって人やバンドなど団体行動で音楽活動する人には非常にオススメできます。

3. まとめ

  • 持ち運びがとにかく楽でよい!
  • ブログ執筆での利用はまあまあってとこ。スマホより格段に良いけどPCには及ばない
  • 音楽関連での使用も割と良い。対応機材も増えてきたので今後もっとよくなるはず

こんなところ。
今後はより、PCよりタブレット・スマホの時代になるでしょう。

ちなみに今回は紹介しなかったけど、他の方のレビューを見ていると自宅利用で便利って声も大きいです。

しかし、僕は今のところ自宅だとあんまり使わないです。どうしてもスマホかPCかって感じになってしまう。

読書やyoutube、ゲームといったところで画面が大きいのでiPad使うと良い感じらしいので、徐々に使っていこうかとは思うんですけどね。

今後の使用用途拡大に期待したいところ。
便利なグッズがいっぱい出ているので活用方法を考えればいくらでも広がりそう。

また、音楽やブログなどで良い使用用途があったら別途ご紹介しようと思います。以上!

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。