音楽活動における運も実力の内という言葉の意味をちゃんと理解しよう

たけしゃん(@_tkshan)です。

音楽活動してプロになるとか成功するためには運が凄く重要。
これって、色んな人から物凄く言われます。

特に全然、音楽知らない大人からは必ず言われるくらいのワード。

具体的には「いくら上手くたって、見つけてもらえないと成功できない」って言われるんですよね。

これは正論です。間違いない。

ただ、この字面だけみてとにかく日頃の練習よりも人との繋がり、いわゆるコネをたくさん持つことを頑張る人が結構います。

特にバンドマン!バンドマンの方はコネを恐ろしく重視している人が多い。
それも大事だけどライブを見ると、まず演奏がまともになるように必死に練習せーよと言いたくなる人が多い。

そしてそういった人に限って言うんです。「いくら上手くても見つけてもらえなきゃ意味ないから。だから運も実力の内って言うんだよ」って。

でも、「運も実力の内」って言葉はそういう意味じゃないよって思うのです。だから僕が思う「運も実力の内」を語ります。

1. 僕の考える運も実力の内の意味

まず、この動画見てください。

見てほしいのは最後の20秒です。

残り2秒で逆転されて、最後にダメ元で遠投したら奇跡的に入って再度逆転したって動画です。いわゆるブザービーターってやつ。

これが、僕の考える「運も実力の内」の最もわかりやすい例です。

1-1. 運を活かすためには確かな実力が必要

最後の遠投で逆転して「運って大事だなぁ」って思う方もたくさんいると思います。

しかし、それって最後の結論だけ見て思う感想なわけです。

最後の遠投で逆転するためには「残り2秒で2点差以内であること」という前提条件が必要です。

【補足】バスケのルールで3ポイントライン外からのシュートは3点扱いとなっているので、最後の遠投は3点です。

そもそも、実力がなくて残り2秒で10点差だったら最後の遠投が入ったところで絶対に勝てないわけです。運の入りこむ余地がありません。

この状況は相手チームとほぼ互角な実力を有するだけの日頃の努力と確かな実力があったから起きたことなのです。

逆に言ったら、相手チームの敗因は「運が入り込む余地ができちゃうほど実力が拮抗していたこと」です。
残り2秒の時点で4点差以上つけられる実力があれば負けなかったわけですからね。

これ、決勝戦なんでお互い強いチームですから、きっと相手チームはそうやって敗因分析したでしょうね。運がなかったで片付けちゃうと成長しなくなっちゃいますからね。

つまり運が重要って言ったって、そもそもの実力がないと運の入り込む余地なんてないよってこと。

1-2. 勝負は1回だけではない

どのジャンルにおいても勝負って1回きりではありません。
トーナメントだって、リーグ戦だって、プロ野球のペナントレースだって何度も何度も試合します。その積み重ねで結果が出てくるわけです。

音楽活動だって一緒。
何度もライブやって、何度も曲を発表して結果的に評価されます。

例え、誰かに見つけてもらえたって演奏がダメで魅力もなかったら意味がない。

仮にコネで演奏力がなくてもデビューできたとして、その後に人気が出なかったら続かないです。

つまり運が重要って言ったって、そもそも実力がないと継続的に音楽で飯を食べていく「いわゆるプロ」ってやつにはなれないってこと。

2. 実力という土台の上に運という要素がある

このグラフみたいなイメージです。
赤い部分が運。茶色みたいな色の部分が実力。そして運はいくら努力してもこれ以上大きくはならない。でもこんくらいまでは努力で大きくはできる。

そんなイメージ。

つまりは言いたいことは「運と実力は両方必要ってことです。

音楽活動においては「人に見つけてもらう努力」は絶対に必要。その一方で「人を惹きつける演奏力」も絶対に必要。

どっちが大事なんてない。どっちも大事。

だから、そもそも運と実力は比較的対象ではない。どっちが大事とか比べる時点でナンセンス。

運を引き寄せるための日頃の活動と運良くチャンスを掴んだ時に活かせる実力の両方を頑張る必要がある。

だから「運も実力の内」って言うんだよと僕は思います。

3. まとめ

  • 運を活かすには確かな実力が必要
  • 成功するには運と実力の両方が必要
  • 運と実力は比較対象ではない

うむ。こんなところ。

んなことわかっとるわ!と言われそうですが、コネを頑張って作っている人と話していると結構思うんですよね。

運と実力って比較対象じゃないから、どっちも高めていく必要があります。
でも、0か100かみたいな話をされることが多いんですよね。

0か100かって話されると、どうしても実力がないからって「実力あっても運がなきゃ意味がない」って言い訳しているようにしか聞こえないんですよね。

最後に僕の結論をもう一度、「運と実力、両方なきゃ意味ないっす」。だから運も実力の内なんです。

厳しい世界だぜ…。俺も両方高めていけるよう頑張ります。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。