ギター初心者時代に適当に覚えてはいけない3つのスキル

ぎたすけ

譜面通りに弾けないから、適当にかき鳴らすぞ!
楽しく適当に弾くのも良いけど、基本的なことはキッチリやらないと後で後悔するんだぞ

たけしゃん

初心者時代って実はすごく大事。

基本が大事とは音楽以外のどのジャンルにおいても言われることですが、ギターも一緒です。

最初、ギターを始めた際に覚えやすいやり方でチャレンジするのは悪い事ばかりではないです。

挫折しないためにはとにかく1曲やれるようになることが大事。

しかし、一度間違えたやり方を体が覚えてしまうと中々、直せません。

上手くなっても、ずっと間違えたやり方で演奏し続ける人も少なくない。

まずは弾けるように自分がやりやすい方法で演奏するのもあり。

その中で、ここは初心者のうちにちゃんとやっておこう!という3つのスキルを解説していきます。

空ピッキング

シンコペーションなどの時に使う空ピッキング。要は空振りです。

ギターのストロークはリズムに合わせてダウン・アップで下上下上とジャカジャカ弾いていきます。

シンコペーションというのは、その下上下上の法則からタイミングをずらすことでリズムに変化をつけるテクニックです。ギターには必須テクニック。

ストロークのタイミングをずらしながらも、テンポはずれることがないように空振りを使って右手のリズムは一定をキープします。

慣れるまでは、この空振りが結構難しい。

初心者は空ピッキングなんてしなくても、自分でリズム合わせりゃいいやってなりがち。

僕は空ピッキングを使わず合わせるシンコペーションを「根性シンコペーション」って呼んでます。

弾き語りでやっていると、大した問題ないように聴こえるのです。

自身で歌も歌うから歌とギターのリズム合わせられますからね。

 

しかし、バンドやレコーディングでは根性シンコペーションだと、相当きついです。

特にレコーディング。

メトロノームに合わせて弾かないといけないですが根性シンコペーションの方は合わせるのが相当無理。

その場で根性から空振りのシンコペーションに変えようたって体が覚えているから、すぐには無理。

そうならないように、面倒でも初心者時代にしっかり空ピッキングしてリズムを合わせるように練習しましょう。

アルペジオで使う指

続いてはアルペジオの指です。

初心者用の教本や楽譜にはどの弦をどの指で弾くのかが記載されています。

基本的には4-6弦は親指、3弦が人差し指、2弦が中指、1弦が薬指となります。

といってもコードによっては変わってしまいますが、大抵は親指が何弦を弾くかで合わせてスライドしていくだけです。

そんな風に臨機応変に対応する必要があるためか、指のルールが曖昧な人がたまにいます。

まずはスリーフィンガーかフォーフィンガーかを決めて、指の運びは教本の内容を順守して練習しましょう。

MEMO
スリーフィンガー…親指、人差し指、中指の3本で弾く奏法。クラシックやカントリーで良く使われる

フォーフィンガー…親指、人差し指、中指、薬指の4本で弾く奏法。POPSでは一般的なのはこっち。まずはフォーフィンガーにチャレンジするとよい

これもデタラメにやっていると後でリズムの早いアルペジオをやる時に指がついてきません。

その状態から指の運びを矯正するのは大変なので初めの段階で基本をしっかり身に付けましょう。

オルタネイトピッキング

最後はオルタネイトピッキングです。

オルタネイトピッキングとはダウン・アップのピッキングを交互に繰り返すピッキングの事。

同じ弦を弾いていると自然とできるのですが、1弦、2弦と弦を移動すると中々できない奏法。

一番最初はドレミファソラシド~と弾く練習を誰もがやると思いますが、ダウン・アップ交互のピッキングは難しいので全部ダウンでやってしまいがちです。

 

これも空ピッキングで同様ですが、リズムキープには必須と言っていいほど重要なスキルです。

総てダウンの根性ピッキングで対応すると、リズムが早くなるほどリズムキープが至難の業になっていきます。

その点、オルタネイトピッキングでやっていれば、早いフレーズでもリズムキープできます。

オルタネイトピッキングも最初から癖付けてしまえば何のことはないですが、弾けるのようになってから身に着けるのは結構シンドイです。

まとめ

  • 「空ピッキング」「アルペジオ」「オルタネイトピッキング」の3つはきっちりやるべし
  • 上記テクニックをおろそかにすると、バンド演奏やレコーディング時に死ぬほど後悔する

ぎたすけ

こうしてみると右手のことばっかりだな
そうだね。リズム関係は体で覚えちゃうと、後から矯正するのがしんどいから、間違ったやり方で覚えちゃうと危ないんだよね。

たけしゃん

ギターやりはじめは挫折しないように、まずはやり方を気にせず、弾けるようになることが最重要。

でも、間違って覚えると後からすごく大変なのが「リズム関係」です。

リズム関係だけはやり辛くても、地道に教本に書かれた内容を真似して覚えましょう。

 

右手と左手を分けて練習するというのも有効。

まずは右手単独でストロークやアルペジオの運指を練習して体に覚えこませる。

そのあとに左手のコードフォームを覚える。

このようなやり方も有効です。

 

一つのスキルを分解して、段階的に身に着けていくことで基本に忠実なプレイスタイルを作り上げることができます。

サボるところはサボり、地道にやるところはキッチリと。

そうやってメリハリをつけることで、上級者に向かって成長しつづける土台を作ることにつながるのです。