UQ WiMAX(GMOとくとくBB)の使い勝手をミュージシャン視点でレビューする。

たけしゃん(@_tkshan)です。

最近、引っ越しましてインターネット環境をUQ WiMAXに変更しました。
ちなみに以前はマンションが自動契約している回線を無料で使えたので、特に個人で契約はしていませんでした。

今回、どこと契約するかを検討するにあたり僕は普通のインターネット利用とライブ配信くらいしか利用用途がないので、その点を中心に便利なところと思われるものを選びました。

だから、視点としては完全にライブ配信をするミュージシャン目線。
普通にレビューしている人は腐るほどいますので、弾き語りミュージシャンとしてUQ WiMAXはどうなのかを語ります。

1. WiMAXにした理由

まずはWiMAXにした理由から。

WiMAXというか、モバイルWI-FIにするか自宅に回線引くかの二択で結構悩みました。

これまでは自宅の回線だったわけですが、その時に楽だったことと困ったことをまずは書き出します。

1-1. 自宅に回線引いて楽だったこと

  • 回線が安定している
  • 1日中動画見ていても通信制限がない
  • モバイルWI-FIを持ち歩かなくてよい

大きいところでこんなとこでしょうか。
よく、モバイルの方は通信が途切れ途切れになると聞いていたので回線を引いているとその点安心です。

そして、休みの日はゴロゴロとyoutubeをずっと見ていることが多く、amazonプライムに加入してからはamazonビデオ見ていることも多いです。ちなみにamazonビデオはすげー便利です。

Amazonプライムはミュージシャンにとっても神サービス!活用方法を解説!

2017.01.25

通信容量としては多い時で1日で8GBくらい行っちゃってたりしたのですが、それでも制限なんてもんは何もない。

1-2. 自宅に回線引いて困ったこと

  • スマホが通信制限にかかってしまう
  • 外出先でニコ生聴くと音が凄く悪い
  • スマホの通信容量あげるのは割高

こんなとこ。当たり前だけど不満は外出先での通信についてばっかり。

最初の二つは似たような話ですが、以前はニコ生でライブ配信をやっていて週1程度でライブ配信をやって翌日の通勤時に聴きなおすっていうルーチンワークだったわけです。

週1くらいだったらスマホの通信制限に引っかかったりしないですが、このルーチンを週4~5くらいでやっていると月3GBくらいは他も併せてすぐに超えちゃいます。

そして、記載の通りですが4Gでニコ生聴くと時間帯にもよるみたいですが音がくそ悪くてギターや歌の細かいところを聴きなおせません。結構困ります。

他にも電車の中でyoutube見たり、ドラマ見たりするとこれまたあっという間に通信制限がかかります。
引っ越す前は始発だったので基本座れて、スマホ見ている時間も長かったのもありましたが、すぐに制限かかっちゃうから移動中は基本youtubeは見ないというルールを設けていました。

3つ目のお話ですが、スマホの通信容量も5GB(現在は6GBしかない)に増やしていましたがこれ以上は割高すぎて増やすのが少し辛いです。

僕はmineoなのですが、3GBが1,510円、6GBが2,190円、10GBが3,130円と上がっていってしまいます。

外で移動中にガンガン動画見ていると1日で800MB程度だったので、30GBくらいの契約にしておけば不自由ないかなって印象ですが30GBだと6,510円なので…うーんとなってしまいました。

1-3. WiMAXにした理由

引っ越し後は楽器演奏可能なマンションだったのでライブ配信をガンガンやって仕事の通勤時間等にライブ配信の振り返りをしたいなぁと考えました。

そうするとモバイルWi-Fiにするかスマホの通信容量を上げるかの二択しかないです。比較してみると…

WiMAXの場合⇒ スマホ 3GB(1,510円)+ WiMAXギガ放題 2年契約(4,263円)= 5,773円

【補足】WiMAXの繋がりにくいエリア用に4G通信も使いたいのでスマホは3GB契約とした

自宅回線の場合⇒ スマホ 10GB(3,130円)+  フレッツ光ネクスト(3,150円) = 6,280円

【補足】通勤距離が短くなる為、スマホは10GB契約とした。フレッツ光ネクストはマンション入居時に管理会社に確認したプランで最安値を適用

まあ、一応WiMAXのほうが500円くらいは安いのねとなった。

金額的にも安いし、レンタル機を借りてWiMAXの通信テストをやってみたところライブ配信や動画視聴に問題なさそうだったので決めました。

モバイルWi-FiでWiMAXを選んだのは通信制限内容が緩めで金額も安めだったのが理由です。少し前に通信制限条件が改定されて3日間で10GB以上使うと通信制限がかかる仕様になったのが決め手です。

2. レビュー

それでは実際に契約して使用してみた感想をつらつらと…。
使ってみると思っていたところと違う部分が多いものなのです。むずかしや。

2-1. ライブ配信には困らない

自宅での通信状況はかなり安定しています。
動画視聴やライブ配信には困ったことがないです。テスト機レンタル前はここが一番の不安材料だったので、これは助かった。

ちなみにライブ配信については音声のみなことも理由でしょうが通信制限がかかっていても安定して配信できます。

ここも心配だったのですが、問題なくて助かりました。
逆に帰省などなど、そこそこの期間外出する時も最低限の機材持ってくかスタジオで借りられればライブ配信できることは強みかな。

路上ライブとかを配信したい人はWiMAXおすすめです。

2-2. 通信制限は割と簡単にかかるけど、かかってもそんなに問題ない

通信制限の条件は「3日間で10GB以上の通信があった場合、翌日18時頃からAM2時まで概ね最大速度1Mbpsになる」といったもの。

僕の場合は土日で10GB超えて、月・火に通信制限かかるパターンが多いです。
ちょっと嫌なのが3日間ってなっているから金土日で10GB超えと土日月で10GB超えって感じで二日間かかっちゃうことが多い点ですね。

例えば日曜日にずっと動画見っ放しで短日で10GB近くいっちゃうと、日曜日がカウントされなくなるまで通信制限が解除されないので月・火・水と遅い状態になります。

僕の例だと日曜日引き籠ってAmazonビデオでZガンダム全話見たら1日で10GB超えてました!うーん気を付けなければ。

ただ、通信制限にかかっても割と大丈夫です。

僕の場合はライブ配信聴きなおす時間帯は朝の通勤時間だから影響が全然ないですし、通信制限中もyoutubeとか見ると止まっちゃうこともそこそこあるものの割と普通に視聴できます。4G通信と比べるとダメですが、昔の3G通信よりは遥かによいです。

このあたりは僕もレビューを見て確認していましたが、想像通りくらいで安心しました。

2-3. 地下やビル内は繋がりにくい

この点は想像以上で悪い点です。

まず、地下鉄ではほとんど繋がりません。
駅に停車中は繋がるようになりますが電車が動き出すと接続が切れます。

僕は朝、地下鉄に乗り換える前に前日のツイキャス配信をダウンロードしておいて対応しています。ストリーミングで聴くのはほとんど無理。

そして、ビル内も通信状況が非常に悪いです。
電車同様に地下は全然繋がらないです。そして上層階もかなり繋がらないです。

じゃあ、低・中層階は大丈夫なのかというと窓際は問題ないです。窓から遠いところはかなり繋がりにくい状態になります。

例えば、ビル内の真ん中くらいに配置されている飲食店に入ると中々繋がらないです。

職場での繋がりやすさを重視する人は休憩室に窓があるかなど確認してから契約するか決めるとよいでしょう。

個人的にはビル内はいいからメインどころの地下鉄は通信状態がよくなってほしいですね。都内勤務で外回りしていると東京メトロとか乗ること凄く多いし。

2-4. サービスが不親切

安いし、キャッシュバックも凄いのである程度は諦めていますがサービスの作りが不親切です。

例えば、料金明細はWeb明細のみなところはいいとしてサイトの作りが凄く悪くてわかり辛いです。

初見で迷わず、料金明細ページに行ける人はいないのではないか?…というくらいわからないです(苦笑)

最初の料金説明ページも不利益部分は別ページに記載されていて、中々気づかなかったりします。これは某携帯会社も同じ手を使っていますが…。

サイト作りからしても不親切感が漂いますがレビューでサポートに連絡しても不親切という声が多いです。

まあ、このあたりは安かろう悪かろうが基本なので割り切れる方以外は高くても大手と契約されることをおすすめします。

3. まとめ

  • 通信自体は想像以上に安定している。動画視聴もライブ配信も問題なし!
  • 通信制限はかかり辛く、かかっても割と緩い。ライブ配信は問題なし!
  • 地下鉄や巨大ビル内は繋がりにくい。サポートもやや不親切

こんなところ。
総合すると、自宅回線を引くもしくはスマホの通信容量上げるという選択肢よりWiMAXを契約することをおすすめします!

僕も2か月使っていて不便な部分ってほとんどないです。
サポートが不親切ってところは少し気になりますが、ぶっちゃけ大手も返信遅いし、電話繋がらないし、基本的には不親切です。

しかし、インターネット業界は凄いスピードで進化しているんだなぁと感じました。
正直、使っている感じでいくと既に自宅に回線引く意味ってよほどのヘビーユーザー以外はないよなぁ。

ライトユーザーはスマホのみ。中間層はWiMAX、ヘビーユーザーは自宅に光回線。この3択になったなって感じ。

そして、音楽やっている人はほとんどが中間層に該当するはず。これまでのレビュー記事から検討してみましょう。

WiMAXといっても色々なプロバイダーがありますが、下記のリンクであるGMOとくとくBBが一番キャッシュバック金額が高く、トータルコストが安くなりますのでオススメです。


インターネット回線って低コストで安定したものを探すのは意外と大事です。
今の状態が本当に適切かをしっかりと検討しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。