成長スピードを極限まで高めるにはどうしたらよいのか

たけしゃん(@_tkshan)です。

早く上手くなりたい…。
早くカッコよく弾き語りできるようになりたいと思っている方々。

どうして、あの人はあんなに早く成長していけるのだろう?って思ったことはありませんか?
やっぱり、人それぞれ成長速度は異なるものなのです。

それはセンスや才能の差っていうのはもちろんあるんだろうけど、そんなことよりも大きいのはやっぱり練習量と経験。そして練習量と経験の差を生むのは自分のモチベーションというよりは環境だったりします。

今日は練習量と経験を手っ取り早く積み上げて、早い成長速度を実現するための方法について語ります。

1. 成長しない原因

なかなか、成長しない人ってどんなところに問題があるのでしょうか。
よくあるパターンを何通りかご紹介していきます。

1-1. 仕上げない

よくあるパターンの代表例が1曲、1曲を仕上げないというパターン。

ちゃんと、繰り返し練習して歌のピッチで合ったり、ギターのコードチェンジといった細かい部分まで追求して練習することが大事。

だけれど、一番だけ練習して覚えたら終わり!ってしちゃったり、通しで歌えるようになったら終わりにしちゃう人って多い。

そうやって、とりあえず出来たからオッケーという状態を繰り返して曲数を増やしたところで、どの曲もいい加減なところが多くて聴き手からするとイマイチに感じてしまいます。

まずは原曲をしっかりと聴き込んで、限りなく近い演奏内容を実現するために努力することが大事。

だから、課題曲を選曲する時に弾き語りverがある曲を選曲して、本人演奏をしっかり聞いて真似る…と言う取り組みは非常に効果的です。

キー高いですが、おすすめは秦基博さんですかね。弾き語りアルバムと対応したギタースコアを販売されています。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。