ギター弾き語りのコツ ~初心者編~

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です。

ついにギター弾き語りのコツを書くことにしました。
とりあえず、初心者編と中級者編あたりを書いていくことしたので、今回は初心者編。

僕はピアノとギター両方やります。ピアノは一応くらいなもんですが…。

その経験からいくと敷居が高いのはピアノ。両手で弾けるようになるまでの道のりは険しい。

でも、挫折しやすいのはギター。
指痛くなったり、ある程度弾けるまで本当に面白くないので挫折しちゃうんですよね。

今日は挫折せずに成長していくためのコツを中心にお話していきます。

1. 最初に覚えるべきこと

初心者は何から始めるかも分かっていない状況の人です。
最初にやるべきことを明確化しましょう。

ちなみにギター購入などについては済んでいる前提で話を進めます。
もし、ギターや備品購入が済んでいない方は下記の2記事を先に参照しましょう。

初心者が初めてアコースティックギターを購入する際の選び方

2016.02.07

【まとめ】ギター弾き語り初心者に読んでほしい当ブログ記事15本

2016.07.27

1-1. 初めに覚えるべきコード

コードを覚えていくことはギターを上手くなるための必須事項です。
しかし、コードは物凄くたくさんあります。

どれから覚えるのがいいのだろう?と迷っていると、それだけでも時間の無駄。
初めに覚えるべきコードは下記の8種類です。繰り返し練習しましょう。

C

D

Dm7

E

Em7

G

A

Am7

上記のコードの形をすっと抑えられるようにします。
指が形を覚えるまで何日も繰り返しましょう。

1-2. ストロークのリズム

ストロークとはジャカジャカ弾くこと。いわゆるギターを弾くってやつ。

これも種類が物凄くあるのですが、オーソドックスな8ビートだけ練習します。
ジャカジャカジャカジャカ~って何の工夫もないやつです。

ただし!ただし、必ずアップ(上から)とダウン(下から)は指定されている通りにやりましょう。

このアップダウンルールはリズムキープにおいて非常に重要。
結構な割合の方が適当にやって、いざレコーディングをするくらいまで成長した時に初心者時代に適当にやっていたことを後悔するポイントです。

後で苦労しないようにするために右手のルールは教則本や参考ページの教えを守りましょう。
下記のページなどが非常に参考になります。

ストロークの基本/a-ki’s Factory

1-3. 練習曲

これまでの内容だけ頑張れば演奏できる曲を男性・女性それぞれ1曲ずつ紹介します。
少し変則的なコードが出てくるものの、ほぼほぼ最初にご紹介したコードだけで演奏できます。

車輪の歌/BUMP OF CHICKEN

車輪の唄 / BUMP OF CHICKEN ギターコード譜 – U-フレット

ストロークパターンにシンコペーションが入っていますが、まずはストロークはジャカジャカ弾いているだけで大丈夫です。

慣れて来たら、シンコペーション部分も練習して動画に近い状態で弾けるようにしましょう。
この曲は初心者向け曲として、良く紹介されるイメージですがシンコペーションまで含まれているので正に最適ですね。

コードチェンジが早くて練習になるものの、最初はきついのでテンポを落としましょう。
また、順番としては下記の通りにやるといいでしょう。

  1. テンポを落としてギターだけ。ストロークはジャカジャカ
  2. テンポを戻してギターだけ。ストロークはジャカジャカ
  3. 歌とギター一緒に弾く。ストロークはジャカジャカ

1~3ができたらストロークを原曲通りにして1~3と同じ順番で練習。

ちなみにバンプの曲は大抵が半音ダウンチューニング(1~6弦の全て半音下げる)です。歌のキー的に問題なければ、レギュラーチューニングで演奏すればよいでしょう。

無料のギターコード譜も上記にリンクを貼りましたが、ちゃんと販売された楽譜を購入して細かいところも確認しながらやることが上達のコツです。下記に車輪の歌が掲載されている書籍を紹介しておきます。

ヒカリへ/miwa

ヒカリヘ / miwa ギターコード譜 – U-フレット

原曲だとエレクトロな感じになっており、本人弾き語り動画だとアルペジオなのでイメージが少しし辛いかもしれません。

これもジャカジャカ弾いても伴奏として十分成立するので、最初はジャカジャカ弾きましょう。
弾きながら歌うということに慣れるのに最適な曲です。練習順番は先ほどと同様です。

  1. テンポを落としてギターだけ。ストロークはジャカジャカ
  2. テンポを戻してギターだけ。ストロークはジャカジャカ
  3. 歌とギター一緒に弾く。ストロークはジャカジャカ

こちらはアルペジオの練習にも最適な課題曲なのでジャカジャカで弾き語りできるようになったら、今度はアルペジオの練習曲として活用しましょう。

ヒカリへが収録されているギター弾き語りスコアは下記の書籍。
他の曲も結構、簡単なやつが多いので女性の初心者練習用としてアルバムとギタースコア両方持っておくのは有効かも。

2. 早く上達するためのコツ

ギター始めたら1日も早く上手くなりたいと思うのは自然な事。
だけど、その焦りが挫折の原因にもなります。

ギターは序盤は本当に面白くありません。マジで。
なので、効率的かつ無理なく続けられる内容で練習することが大事。

2-1. Fコードはしばらく逃げよう

初心者の難関と言えば「Fコード」。下のやつね。

F

しばらくは下記のコードで代替しましょう。大抵は問題なくはまります。

Fmaj7

まず、Fコードを初めからチャレンジするのは無理があるということを認識してください。

Fを押さえるには指の皮がある程度、固くなりギターのコードを押さえるための握力がある程度強くなっていることが必要です。

最初のうちは普通のコードを押さえていたって、指の皮が剥がれたり、手が痛くなったり、疲れてきたりします。

この状態でFコードに挑むのは無理。レベル1でボスに挑むようなもの。

最初は前章で記載したコードを覚えることを頑張って、課題曲を弾き語りで演奏できるようになることが先です。そこまでいってからFコードにチャレンジするくらいがよいでしょう。

2-2. 練習は時間より日数を大事にしよう

よく「〇時間練習しましょう」と言われます。
しかし、1日何時間もやるより30分で良いので毎日やったほうがよいです。

特にギターを始めたばかりの時はコードを指に覚えさせるということが第一関門です。
1日10時間やったところで、次の練習まで1週間あくと忘れてしまいます。

体に覚えさせるためにはやった時間数よりやった日数を重視することです。

始めたころは左指の皮が剥けて、厚くなっていきます。厚くなるとコードを押さえても痛くなくなり、音も綺麗に鳴らせるようになります。

早く厚くするためには毎日ギターに触って指を刺激することが大事。
結局のところ、効率よく上手くなるためには日々の積み重ねを意識する必要があるということです。

2-3. 仲間を作って発表の場を設けよう

挫折することを防止するための手段として何といっても有効なことがギター仲間を作ることです。

一緒に頑張る友達を作ることで、共に頑張っていくことができます。そして、練習した内容を誰かに発表する場を作ることも有効です。

初心者のうちは「上手くなってからじゃないと人に見せられない…」と考えがちですが、そう思っていると早く上手くならなきゃとハードルばかり上がって、上手くなる前に挫折してしまいがち…。

恥を忍んで、下手くそなうちから人前で演奏しましょう。あなたが考えているほど誰も、あなたの演奏を気にしてません。

友達がいたり、発表の場が合ったりするとモチベーションが上がりますからね。モチベーション管理という意味合いで非常に重要な事です。

3. まとめ

  • 最初にやることは主要コード8つとストロークの基本スタイルの練習
  • 難しい技術は置いておいて、まずは1曲演奏できるようになることが大事
  • 挫折しない環境作りをしよう

続けられれば、そのうちどんどん上手くなっていくので挫折しないようにすることが大事。
そのためには1曲、弾き語りで演奏できるようになること。

1曲やれるようになれば、挫折する確率が一気に落ちます。
そして、やっぱり大事だなと思うのが初心者時代から人前で発表する場を設けることです。

僕は1年に1回「秦セッション」という秦基博さんの楽曲をライブハウスでバンドセッションするイベントを主催しています。

そのイベントは初心者から上級者まで幅広くいますが「最初はオーディエンスとして参加して友達ができて次回はギターを練習してギターボーカルで参加される」という方が結構な数います。

弾き語り初心者の課題曲に最適な秦基博の楽曲 5選

2016.04.04

主催の僕自身も初心者の方が発表する機会になればいいと思って応援していますが、驚くべく成長っぷりと継続力だなと感心します。

これまで、周りの友達でギターを挫折した人を物凄く多く見た来たので、やっぱり発表の場を作ることの効果は凄いんだなと感心するばかりです。

ギター弾き語りができると楽しいことがいっぱいあります。
つまらない初心者時代を乗り越えて、充実した弾き語りすとライフを送れるように当ブログでは全力で応援していきます!

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。