プレミアムフライデーをとりあえず全力で取り組んでみようぜ

こんばんは。たけしゃん(@_tkshan)です。

ついに2017年2月24日から開始されるプレミアムフライデー。
政府からも推進されている当制度ですが、世間的には批判する意見が多い。

仕事の時間が短くなるんだから、やらないよりはずっといいと思いますけどね。
給与とかどうなるのかも、少し気になるところ。

決まったことだし、今の世の中の風潮を壊すためにも、まずは全力で取り組ん見ようぜというのが僕の意見。
といっても僕は対象外な人間なんですけど(笑)

それどころか、月末金曜日の退勤時間が早くなる程度しか知らないので、記事を書くのを機に制度の内容をちゃんと見て、どういった意見があるのかを見て、考えてみましょう。

1. プレミアムフライデーについて

プレミアムフライデー(Premium Friday) どうする?月末金曜日。

 

 

まずは本制度をちゃんと知ろう。
ということで調べてみると公式HPがあった。衝撃。

プレミアムフライデーとは月末の金曜日は15時終業にしようという取り組みの事。初回は2017年2月24日。

僕もそれしか知らなかったけど、実際に導入するとなると労使との取り決めや所定労働時間の取り扱いはどうなるんだろう?って色々疑問が。

特に正社員は月給制を敷いているところが多いけど、一般的な17時半終業のところからすると2.5時間労働時間が短くなる。
これって、会社が負担してくれんの?単純に減給ってこと?

うちの会社も実施しないから、真剣に考えていなかったけど実行するのは意外と大変なのではないか。

1-1. 大抵の会社は有給対応っぽい

実施する会社の情報を見ると、さすがに月給額を下げるには労使協定がいるので有給で対応するところが多い模様。
まあ、有給消化率が悪い会社なら意味なくはない。

一番は早上がりしても給与は変わらずがいいんだけど、経営側がそれだと厳しいからなぁ。

具体的には半休取らせるところが多くなるので、15時前から帰宅する人が多いんじゃないのかな。それはそれで良い事。

1-2. 目的は消費喚起

目的は消費を促すこと。まあ、長時間労働の是正も少しはあるのかもしれない。

公式HPでもプレミアムフライデーに合わせた旅行プランやイベントなどが紹介されている。

優良な会社であれば、既に金曜日半休取って旅行へ行く人もいっぱいいるような気はするけど、そういったことが許されない会社にいる人には効果が出る可能性はある。

1-3. 制度ではない

国が決めた制度ではないので、強制力はない。
導入する会社もあるものの、大半はこれまでと変わらず。

個人的には強制力をある程度持たせてほしかった。
優良企業よりブラック企業にこそ、プレミアムフライデーを浸透させたいが強制力がなければ、ブラック企業がこんな取り組みをやるわけがない。

2. 果たして効果はあるのか

さて、世間的には批判的なプレミアムフライデー。
果たして効果はあるのか。僕自身の考えを述べていきます。ちなみに僕は賛成派です。

2-1. やることに意義がある

こういった制度ってやることに意義があるんです。すぐには効果が出ないのは当たり前。

この制度への反論を見ると

  • 月末の金曜日に帰れるわけがない
  • 土日に休日出勤が増えるだけ

こういった声が多い。ごもっとも。今はね。

月末の金曜は15時に帰らなければいけないってなれば、少しずつ体制や制度も合わせて変わっていかざるを得ない。
月末の金曜日に早く帰れるよう、仕組みを変えていかなければいけないわけです。

例えば、月末〆のものが多くて帰れないなら月末〆にならないように世の中の仕組みが変わっていくとかね。
過去の風習で月末〆になっているだけで、掘り下げてみると月末である意味はないものとか、いっぱいありそう。

政府が推奨している施策なので、これまで鉄の掟のように決まっていた世間の風習だって変わる可能性はある。
そのためにも、とりあえずやってみるってのは大事。

プレミアムフライデーの話になると、〇〇があるから帰れるわけがないって話ばかりで帰るために変えなければいけないことに対する議論が少なすぎると感じる。

2-2. 消費喚起は無理

本来の目的である消費喚起は無理だろうな。
みんな言っていることだけど、お金がないんだから時間ができたって消費は大して増えるわけがない。

ましてや、早上がりになった分の給与が減るなら尚更消費は増えないだろうな。

貧困差がある程度解消できて、飛びぬけた資産家が減って一般市民がもう少しお金を持てれば、この施策も活きてきそうだけど。

といっても、やらないよりはまし。
15時上がりになれば17時くらいから飲みに行ったりできるわけだし、大して変わらないといってもやらないよりは効果がありそう。

3. まとめ

  • プレミアムフライデーは月末の金曜日を15時退社するって施策
  • 官公庁は実行するものの、一般企業に対しては強制力はなく任意。
  • 大した効果はないだろうが、何もやらないよりはずっとよい

確かに世間の声の言う通り、大して効果はない施策だろうなとは感じる。
ただ、何もやらないよりはよっぽどいいと思うんだけどなぁ。

この取り組みで恩恵を受けられるのって本当にごく一部の人。サービス業の人はまず無理。
といってもごく一部が恩恵受けられれば、そっから変わってくこともあるとは思うんだよね。

国の施策だから、トライアンドエラーってわけにはいかないだろうけど、こういった施策はやってみるのが大事。
そんで、実行するための障害を変えていく動きがあるとよい。

15時に帰られたら、困るでしょ?って意見が多く出ているが、困ればいいんだよなぁ。
さすがに医療や公共交通機関とか無理なもんはあるだろうけど。

便利って誰かの努力で成立しているもんだから、世の中はもう少し不便になったほうがよい。
今回のプレミアムフライデーも、その流れの一端になってくれればよいが。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。