JASRACが音楽教室からも著作権料徴収する影響を考える

こんばんは。たけしゃん(@_tkshan)です。

つい先日にニュースになったJASRACのお話。

音楽教室で練習曲として既存楽曲を使用する場合に著作権料を徴収するってお話。
もちろん、賛否両論ありそう。

確かに専門学校や音楽教室だと既存の楽曲使っている例って本当に多い。
やっぱり、知らない曲より受けもいいし、練習するモチベーションになるからね。

このお話から発展しそうなビジネスモデルもあれば受講料値上げなども起こりそうで、何とも難しい話。

サラリーマンミュージシャンとして思うところをつらつらと書いていきます。

1. 内容

まずは今回のお話についての概要から。

冒頭でも触れている通りですが、JASRACが音楽教室に対しても著作権使用料を請求するというお話です。

カラオケやライブハウスの演奏に著作権使用料を請求しているので、その一環という認識だそうです。
ニュースサイト記載の内容を一部引用させてもらうと、こんな感じ。

日本音楽著作権協会(JASRAC)は2日、音楽教室での指導者や生徒の演奏について「公衆の前での演奏」と見なし、著作権料を徴収する方針を明らかにした。
今回は、音楽教室での指導者や生徒による演奏を「公衆の前での演奏」と解釈し、来年1月からの徴収を始める方針。著作権料は年間受講料収入の2・5%を検討している。

-産経ニュースより-

ほう。公衆の前での演奏って定義が難しいよなぁ。

これを音楽教室に適用したら、友達の家で演奏しても「公衆の前での演奏」ってことになるし、バンド練習とかでスタジオ入ってカバー曲やるのも「公衆の前での演奏」って話になりかねない。拡大解釈な気がするけどなぁ。

もちろん、音楽教室は該当に当たらないと抗議している。
定義と認識レベルの話だから、それぞれの主張に一定の妥当性がありそうで、中々に難しい問題である。

金額的にも年間受講料の2.5%とそこそこ高額。
月謝8,000円を払っているとすると年間で96,000円。2.5%ということは2,400円。…おおぅ。

こういった方が全国で仮に1万人いるとすると2400万ですか。
試算では10~20億って書いてあったので、音楽教室って600憶くらいの市場なのね。

音楽教室となると個人経営者とかも多数いるので、それを含めると、もっと全然多そうだけど。

2. 影響

影響に関してはプラスとマイナス面と両方ありそうではある。
音楽に関してはyoutubeやニコニコ動画、近年ではnanaなど作品の二次利用が活発に行われている。

そうした二次利用の活発化から音楽教室事業成長しているんだろうけど。
僕が思う影響をざっと書きます。

2-1. JASRAC非加入者の発展

プラス面でわかりやすいのはJASRAC非加入者の発展です。
非加入者の作品なら音楽教室で使ったところで、著作権費は徴収されません。

JASRACが音楽教室から著作権料を徴収?でも、ミュージシャンは歓迎すべき/俺、まちがってねぇよなでも、この点に関しては触れられています。

といっても、さすがに無名な人が営業したところで受講者がなびくわけもなく難しいでしょう。

ですが、ニコニコ動画のボカロ系の楽曲などはJASRAC非加入者が作っていることも多い。
著作権料の徴収対象外になりますから、今回の話も追い風になりえます。

どこかのプラットフォームを活用して既存のメディアや流通に乗っからずに一定の知名度が獲得できている人には非常に良い話ともいえる。そして、今後はそういった方が増えます。

古いサービスが経営難などの理由により既得権を強く発揮する時ほど、新しいサービスが台頭しやすくなるから、そういった意味では今回の音楽教室からの著作権料徴収も前向きに捕らえることはできそう。

2-2. 個人経営者の価格メリット

これはグレーな話ですが、音楽教室は個人経営者がこじんまりとやっているケースが多いです。
さすがのJASRACもマンション1室でやっている教室まで徴収することは難しいわけで…。

今回の話で大手音楽教室は値上げを余儀なくされるでしょう。
もしくは講師の賃金カットか。さすがに既存楽曲をレッスンで使用不可にするという判断はないでしょう。

対して個人教室はとくに何も影響なしの可能性が高いです。
これによって、大手に比べて受講費が安くなることが考えられます。

個人教室だとマンツーマンレッスンがどうしても多くなってしまうので、割高になりがちですがコスト差が解消される可能性もありそうですね。

といっても大手が値上がりするだけなので受講者からするとメリットはないですが…。

2-3. 二次利用者の減少

最後はデメリット。
今回の話が通ると大手音楽教室は価格を上げるか、既存曲をレッスンで使わないかどちらかを選択するしかありません。

後者はさすがにありえないので前者を選択することになるでしょうが、受講者もこのご時世お財布事情は厳しいので音楽を習う人が減ってしまうことが予想されます。

音楽を習う人は一般の人より音楽における消費額が多いでしょうから、その人たちが減るってことはさ…。
結局JASRACが音楽教室からお金を徴収できても全体の音楽における消費が減っちゃうので意味ないんじゃねーのって思っちゃったりもする。

だって、音楽教室で既存曲を練習するためには音源を購入して譜面だって購入するでしょ。
もう既に著作権料は一般ユーザー以上に支払っているわけで、結果的にそのユーザーへの負担額を増やすってのはなぁ。なんだかなぁ。

3. まとめ

  • 本件で「公衆の前での演奏」の拡大解釈が認められそうで心配
  • 本件の影響で脱JASRACの動きが活発化されるのは良い
  • 結局、一般ユーザーより音楽を消費してくれる人に負担がいくのがなんだかなぁ

フリーミアムモデルの模索を始め、新しいビジネスモデルを模索するのは音楽における消費者を増やそうって取り組みが多い。

けど、JASRACを始めとする既存音楽サービスの方々の施策って結局、今いる消費者の消費額を増やす方法に着眼点がいっちゃうんだよね。今回の取り組みも時代に逆行している感がすごいある。

ただ、権威があるところが時代の逆行をして行く中で、新しいサービスが台頭して入れ替わるって流れが、どこの業界でも起こる事象だから、そういった意味では今回の件でも音楽業界の時代が前に進んでいるともいえる。

著作権の在り方を考えるいい機会なので、是非議論が活発化していただきたい。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。