ブログ200記事に到達!コツコツ書いた現状を語る

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です。

昨日の記事で本ブログも200記事に到達。

毎月のブログ報告に加え、100記事毎に現状を書くのもどうなのかなと思いましたが、150記事くらいの時に僕もよく「ブログ 200記事」ってググってたんで需要はあるかもなと思い、書く次第でございます。

前より改善したこともあれば、100記事の時にはない悩みもあったり。

100記事の時と違ってブログで確実に収益も増えてきて、手応えも感じてきたから違う感覚になるのは当たり前っちゃ当たり前。

そんな現状をつらつらと語る。

1. 200記事到達しての現状

まずは200記事達成しての現状から。
1月のPVと収益予測で語ります。

  • PV数 20,000 PV程度
  • 収益  10,000 円程度

こんな感じ。
予測だけど、残り数日でいきなり失速しなければ両方とも達成しそう。

収益もブログ単体で1万円超えそうだし、副業として成立してきたので一安心といったところ。

200記事到達にかかった時間は11か月と20日。ほぼ1年ってことですね。

順調に上り調子なので、今後はこれまでよりもPV数も収益も上がり方が加速していきそう。

200記事を書いてみて、ヒットというヒット記事はありません。バズったこともない。
上位20記事くらいがPV数の4割を占めていて、割と満遍なく読まれているというスタンダードなブログです。

2. 200記事を達成して感じたこと

続いて、200記事書いてみて思ったことをつらつらと。
ブログ始めたての人には参考になると思いますが、夢がないかもしれませんね。

2-1. 執筆ペースは頑張りすぎてもよくない

前章の通り、200記事を書くのに11か月20日かかっています。
よく初心者ブロガー向けに1日1記事書きましょう」って書いてありますよね。

確かに1日1記事書いていれば、今頃300記事は超えている。
PV数も月5万以上はいってただろうなと感じる。

ただ、収益はどっちにしろ1万前後だったんじゃないのかなとも感じる。

1日1記事って、文章書きなれていない人が書くことを習慣化するための目標です。習慣化できている人は徹底する必要はないと思うんですよねぇ。

特に僕もそうですが、ある程度ジャンルを絞って自分が求める読者を集めたい場合は毎日書くことが逆効果だったりもする。

今の僕も1日1記事書きたいと思って頑張っているけど、達成するためには記事の質を落としたりジャンルが雑多にしたりしないとなんですよね。

最初は重要かもしれないけど、5万・10万PVって目指していくと、ただ書いてりゃいくわけもなく。
ブログの信用度を上げるブログでエンターテイナー化する必要があります。

前者は精通した知識と情報を身に着けて、提供することで信頼を勝ち取って付加価値を高めていくという手法です。
後者で一番ポピュラーな手法はいわゆる炎上商法ってやつです。

後者のほうが痛いセンスがいるものの明らかに手っ取り早く、前者はコツコツと地道にやってくしかありません。
僕は前者です。後者は明らかに向いてないんで(笑)

ブログの信用度を上げるためにも執筆ペースに拘って、読者を飽きさせることがないようにしないといけないと最近は強く感じます。

この悩みは100記事の時はなかったなぁ。あんときはとにかく記事量産しなきゃって思っていた。

2-2. ブログは根気ってのが真実

ブログ情報を検索していると、いっぱい出てくるのは短期間で爆発的な結果を出した人たちの記事です。

「1か月で月10万PV達成!」

こんな記事ばっかり出てくる。
僕のような1年かけて2万PVなんてブログの情報はまあ出てこない。

上記のような爆発的な結果が嘘とまでは言わないですが、よほどの事がない限りは起こりえません。

インフルエンサーと仲良くなって宣伝しまくってもらったとか、元々他のサイト運営していてノウハウと良質な被リンクを抱えていたとかね。

だから1か月で10万PVの話とか見るだけ無駄。

「●か月で必ず成功する副業」的な情報商材もたくさん売られている。
僕もauから格安スマホに変える時に不要になったauポイント使って何冊か買いましたけど、ほとんど参考にならない(笑)

そんな夢物語を語るサイトが大量にある一方で「ブログは根気が必要」だとか「楽して稼げない」といったことを語っているサイトがあります。

そう書いてあるサイトを参照にした方が良い。例えば下記のサイトとかね。
アフィリエイト野郎! – アフィリエイト初心者が稼ぐためにやる事とは?
しつこいくらいに「簡単には稼げません!」って書いてます。
内容を読むと1年やってきた所感と合致するところが多く、信頼できる感じが漂っています。

ただ、夢がなさすぎてブログで早く稼ぎたいって人は回れ右しちゃいそうですけどね。

200記事書いてみて、ブログってのは根気だなと本当に感じました。根気よく続ければ結果はちゃんとついてくるので、やりがいはあります。

3. 終わりに

100記事到達の際に書いた記事を読むと「200記事到達するころには3万PVくらいはいっていたい」と書いていたが、残念でした(笑)

その反面、当時は収益が1万円を超すのは5万PVくらいからと思っていたので、収益面では予想よりいっている。

Amazonの収益が高いのはレビュー記事の質が比較的良いからとポジティブに受け取っています。
収益面を考えると記事数も大事だけど、中身が大事ってのは思いますね。

また、検索ワードなどを見ても自分が狙っている層のユーザーが来ている感は強いです。
そのへんもうれしいです。

あとは如何に速度と品質を高めていけるかなのかなぁ。
やっぱり熟練者って速度も速くて品質も良いんですよね。早いと質が悪いっていう認識は間違い。早い人は大抵品質も良い。

300記事到達時には速さと質の両方を高めてブログの専門性を高めていきたいもんです。

ブログ100記事達成。到達してみて感じた事

2016.07.12

投稿記事数が300記事に到達!300記事書いた実績とわかったこと、感じたことを語る

2017.09.26

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。