音楽賃貸マニアがカナデルーム(楽器可賃貸検索サイト)をレビューする!

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です。

本日は昨年の12/14に出来たばかりの楽器可賃貸検索サイト「カナデルーム」について。

僕は自他共に認める楽器可賃貸マニア。
楽器可賃貸に住んでおり、楽器可賃貸から楽器可賃貸への引っ越しもやっている。

そして、意味もなく日頃から楽器可賃貸を探している(笑)
大体のエリアや有名どころの楽器可賃貸物件は何故か知っているという謎のマニアっぷり。

特に楽器可賃貸に何度も移り住んでいるのが大きいですね。
何といっても、探すのが大変ですからね。ノウハウがないと、中々見つけらない。

そんな状況の救世主になるかもしれない本サイト。
早速使い勝手をレビューしていきます。

1. カナデルームとは

楽器相談物件をお探しなら | カナデルーム

 

 

「カナデルーム」とは、奏でる+ルーム=「楽器が演奏できるお部屋」の意味。楽器を演奏する方に向けた、日本全国の楽器可(相談)賃貸検索サイトです。

日本全国のエリアや路線からはもちろん、ピアノ・アップライトピアノ・グランドピアノ・24時間演奏・防音室ありなどの楽器演奏ができる賃貸物件・マンションが探せます。

あなたの音楽ライフ、楽器ライフをもっと充実させませんか?「カナデルーム」は音楽を楽しむ人、志す人を応援します!

-公式HP-

なお、物件情報の参照元はアットホームだそうです。

キュレーションサイトみたいなもんですかね。
アットホーム掲載物件の中から、楽器相談・楽器可能物件のみを拾ってきたような検索サイトです。

また、運営している「有限会社エフ・ディ・エス」はペット可賃貸専門の検索サイトを立ち上げている会社さんで、そのノウハウを活かして今回のサイトを立ち上げたということのようですね。

検索サイト以外にも楽器可物件についてのWebマガジンも運用しています。
同じURLでPCなら上部にあるタブから、スマホなら「三」と表示されているメニューから「楽器と暮らしのWebマガジン」というリンクに飛べば読めます。

2. レビュー

それではレビューに行きましょう。
本レビューはあくまで物件を本気で探している人目線で書いています。

僕のように引っ越す気もないけど、毎日日課で楽器可賃貸物件を見ている人目線で話すと、ただ一言。最高の暇つぶしサイトです。

2-1. 楽器相談物件が多い

アットホームから引っ張ってきているからねぇ。しょうがないところがある。

楽器相談物件というのは正直危ない物件です。
防音でもないし、楽器を弾く条件なども何も決まっていないものが大抵ここに分類されます。

こうなっている理由は大抵が借り手がいない家賃を相場より上げたいなどの理由です。
楽器相談とすれば、とりあえず問い合わせがきますからね。

大体相談すると、ピアノ以外不可。そして、「常識の範囲内でお願いします」とか「苦情がきたらやめてください」と言われる。
んで、別に防音でも何でもないから普通に演奏すれば苦情はそりゃくるでしょって案件が多い。

僕は絶対にオススメしません。

2-2. このサイトだけじゃ情報不足

結局、このサイトだけ見ても情報不足。案件はとにかく多い。アットホームから引っ張ってきてるから、そりゃそうなんですけどね。

ただ、楽器相談物件がめちゃくちゃ多くて本格的な楽器可能物件の数は全然少ない。
まあ、元々少ないのもある。

そして、メジャーハウジングなどの昔からある音楽賃貸専門サイトでは見つかるけど、カナデルームでは見つからない楽器可能物件がそこそこある。

まだ、都内で本気で探そうと考えると情報不足感はあるのでメジャーハウジングなどと併用して使うのがよい。

2-3. レイアウトが使いやすい

カナデルームの一番いいところはHPが綺麗にデザインされていて使いやすい事。

検索についても「楽器相談」の他に「楽器相談条件」を選択し、「24時間演奏可」とか「防音室あり」といった絞り込みができる。
まあ、一気に案件数が激減するが(笑)

これまでのアットホームなど大手賃貸メーカーのホームページで探すよりも圧倒的に利便性が高い。

そして、検索ツールも使いやすい。
情報量だけ増えてくれれば、非常に今後が楽しみなサイトと言えます。

2-4. Webマガジンがよい

中々にWebマガジンの情報が有益。これは僕も毎日読もうかなと考えています。

例えば、この記事。
楽器可賃貸の定義とは?楽器可賃貸専門の仲介会社メジャーハウジング(株)の場合【1】

これとか、すごく良い記事ですよ。
まあ、簡単に云うと<<2-1.楽器相談物件が多い>>に書いてある内容と同じなんですけど。

この記事読むと、メジャーハウジングが信用できる理由が明確にわかります。僕が本気で引っ越す時はまずはメジャーハウジングにメールして案件紹介してもらっています。

そんで、話がそれましたが他にも面白い記事が何個かありました。まだ、立ち上がったばかりで数は少ないので、今後に期待ですね。

3. まとめ

  • 物件数が多いもののほとんどが楽器相談可物件
  • 本気で楽器可能物件を探すとなると他のサイトと併用する必要がある
  • レイアウトやWebマガジンは優良で今後の成長に期待したい

メジャーハウジングの検索ツールやサイトがもっと優良だったら、あそこが1強なんですけどねぇ。
正直、物件状況の更新も遅いし、使い辛くてしょうがない。メールで問い合わせたほうが早い。

そんなところから、カナデルームに期待したい部分は多い。利便性やデザインはかなり使いやすいので、掲載情報の方向性などが変わってくれれば最高によい。

楽器相談物件とか正直いらないんだけどなぁ。住んで良かった人もいるんだろうけど、周りを見ていると外れ引いている人のほうが圧倒的に多い。あれ、トラブルの基だよ。

そんなわけで、このサイトに関してもある程度、外れを見抜ける力がないと使いこなすのは難しいです。

関東圏で外れを引きたくない人は案件数が少なくサイトも使い辛いけど大人しくメジャーハウジングを活用することをお勧めします。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。