時間でお金をもらうという概念は捨てて残業をやめよう

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です。

僕は1年半前くらいから、プロジェクトを兼任して一気に残業が増えました。
それまで45時間超えることなんて、ほとんどなかったんですけどねぇ。

今では45時間超えることなんて全然よくあることになってしまいました。

といっても、ブラック企業ではないので残業代は全て支給されており、給料の面で考えれば潤っているわけです。

そのせいもあって、まあいっかと思うことが多かったのですが、最近は残業を減らさないとダメと感じることが増えました。
今日はそんなお話をツラツラと書いていきます。

1. 残業によって奪われるアクティブさ

sleep-1437956-639x424

残業が多くなっていくと、体調不良や精神が不安定になってきます。

僕は体も心も弱くないので、自身の変化には敏感になるように気を付けています。
周りを見ていて思いましたが、長時間労働で体なり心なりがいくとこまでいっちゃう人は大抵が人より体も心も強い人です。

体調面や精神面で耐えられても、長時間労働が続くと何かしら変化は起きるんですよね。
これくらい大丈夫と思っても、小さな変化に気を付けてブレーキをかけないと危ないです。

その変化の一つがアクティブさです。

僕も過労死ライン超えたり、その付近まで残業している月は休日の無気力感が半端ない。

仕事の時間中は休んでいる暇もないので、アクティブなんですが解放された休日は本当に何もする気が起きない。

これが本当に時間の無駄。そして危ない二歩手前くらい。
この辺で気を付けたほうがよい。

2. 残業で稼いでも成長できない

despair-1418516-639x852

残業をいっぱいすれば、お金は稼げます。
しかし、本当にそれが将来的な成長や収入アップにつながるのでしょうか。

今後の展望から、残業を辞めるべき理由を述べていきます。

2-1. 残業代が出なくなる未来

今年4月の施行は見送りになりましたが、ホワイトカラー・エグゼンプション、いわゆる残業ゼロ法案の適用は近い将来に迫っています。

昨年の段階で、政府は年収1,075万以上を適用範囲として成立を目指していましたが適用範囲を徐々に広げていく方向性であることは明らかです。

残業して今の収入を増やすことも大事ですが、残業以外の手段で収入を増やすための取り組みを今の内からやっておくことが重要です。

残業だけで収入を増やしていると、将来頭打ちになります。
また、裁量労働制が適用される職務や役職の人は残業代が出ないです。

どこの会社も管理職になると裁量労働制になるので、どちらにしろ昇進していくにつれて残業代で稼ぐという概念を捨てていかないと頭打ちになります。

2-2. 特定の仕事だけに特化した人間になる

仕事以外の時間に勉強したり、ブログ書いたり、遊んだり、人と会ったり…。
仕事以外の時間こそ、自身を人間的に成長させるために大事な時間なのに残業を頑張っていると、その仕事以外何もできません。

こうなると、特定の仕事ばかりが得意となって他で通用しなくなる人間が出来上がってしまいます。

とかく、日本だと将来や老後のことばかり話題に出て不安を募らせてしまいがちですが、将来のことを考えるほど今の自分でできることを考え、時間やお金を投資することが大事なのではないかと感じます。

残業して貯金して…とやっていて、今の社会で本当に将来が安定するのかが疑問です。

今の時間をクリエイティブに行動し、将来稼ぐためのビジョンを作ることこそ重要なのではないでしょうか。

2-3. タイムスケジュールやマネジメント能力が成長しない

長時間労働に慣れてしまうと、「業務時間外にやればいいか…」という考えが染みついてきます。

配下のスタッフに仕事を振り分けたり、落とし込みをしたりするのも面倒になって「業務時間外にやればいいか…」となってきます。

これが一番ダメ。
僕自身もこうならないように最近は本当に気を付けています。

結局、このパターンに陥ると自身やプロジェクトのタイムスケジュールもマネジメントも放棄してしまうので成長できません。

3. まとめ

  • 残業をすると体調・精神面・アクティブさなどに影響が出てくる
  • 将来、残業代が出なくなる可能性があるので今のうちから別の稼ぐ方法を考えておくべき
  • 残業時間を減らす方法を考えることこそ、自身の成長につながる

まあ、この記事は自分自身の戒めも込めて書いています。
本当ね、残業代がちゃんと出る会社だと残業代だけで毎月10万~20万とかいくから依存しちゃってまずいんですよね。

僕もブログなどを中心に音楽でお金を稼いで、徐々にサラリーマン業に依存しないで済むようにしたいと考えています。

そうなると、今こそ残業代で稼いでる場合じゃないなと思うわけです。
特に残業が酷くてブログ更新ができない、音楽活動ができないとか本末転倒です。

効率を上げて、無事昇給して、給料が上がった分、残業時間を年々減らして…。
そして音楽で稼げるようになった分、残業時間を減らして…働く時間を減らして…としていきたい。

その目標を実現するためにも残業時間を減らしてアクティブに活動し、音楽関連の収入を増やしていくために頑張ろうと思いました。チャンチャン。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。