電車での通勤時間を有効活用するツール 3選

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です。

今日は通勤時間の活用方法を考えます。
僕は東京ですが郊外の始発駅に住んでいて、都心まで1時間かけて電車通勤しています。

郊外の始発駅の良さを語る

2016.07.31

始発駅で座れることもあり、遠いけど以前のように中途半端な距離だった時よりもかなり楽。

なんですけど、やっぱり疲れているのもあるので、ただ寝ているだけの時も多い。
通勤時間の活用もチリも積もれば~的なお話なので、活用方法を考えます。

1. Kindle Unlimited

the-stacks-of-books-1630957-639x426

Kindle Unlimited 紹介ページ

まずは2016年8月からサービスを開始したKindle Unlimitedです。
月額980円で対象の本が読み放題になるサービスです。音楽の定額配信はこれまでもあったけど、ついに本まで対象になったか。

今のところ、このサービスが一番有用。
僕の場合で言うと毎日2時間が通勤時間になるわけで、このうち70%くらいの時間を読書に充てると約1.5時間。

一週間で1~2冊は読み終えることができるため、コスパが非常によいです。

そして、音楽ジャンルに関しては対象範囲がかなり広め。
新しい本は対象外なんですけど、音楽のノウハウ本については結構有名なものも対象です。サンレコが対象であることも大きい。

通勤時間が長い人にはかなりオススメできるサービスですね。

2. Apple Music

Music – Apple(日本)
今、お試しで使っています。
正直なところ、家で音楽を流すのはイマイチなんですよね。

好みの問題なんでしょうけど、プレイリストが全然ハマらない(笑)
BGMとして流しているのですが…うーん。

趣味が合うチャンネルがあればいいんですけどねぇ。それでも、USENと異なり次曲に早送りできるので便利。

本題の通勤中に話を戻しますが、電車の中だとやることもないので自分で音楽を色々と探せるので使っていて楽しいです。
今のところは合いそうなプレイリストを通勤時に探して、お気に入りつけて、休みの日に家でかけているって使い方をしています。

よく、プロミュージシャンが作成したプレイリストを聴くんですけど個人的には変な条件付けないでほしいんですよね。

「ドライブでかけたくなる」「秋の夜に聴きたくなる」とか条件つけられているんですけど、それよりミュージシャンが自由に作ったプレイリストが聴きたいんだよなぁ。今ハマってるプレイリストとかそんな感じのほうがよい。

3. Amazonビデオ

mitchell-movie-camera-wide-ang-1521525-639x521

Amazonビデオ紹介ページ

これはこれから使ってみようと考えているサービス。
歌詞書いたり、曲書いたりする時にイメージを作るんですけど、僕の場合は映画見ていてワンシーンを切り取って書くことが結構多いんですよね。

どっかのワンシーンを切り取って、この場面に流れている曲ってテーマを決めて書くって感じ。
なので、曲を書くためにも映画は多く見ておきたいんですけど、通勤中に見られると効率もよい。通勤時と退勤時で1本見終わるので、結構な数見れるのも大きい。

Amazonプライム会員に入ると定額で対象映画を見放題ということで、かなり興味があります。
今度、お試しで入会してみようと思っています。

4. 終わりに

今は定額サービスが本当に増えましたよね。
全部加入していると高いので、悩みどころですが魅力的なサービスが多いです。

ブロガーもミュージシャンもアウトプットしていく仕事ですが、質の高いアウトプットをするためには大量に情報をインプットする必要があるので、定額サービスの利用は必須ともいえます。

通勤時間を考えると1日2時間で僕の会社は年間休日が121日。有給が24日。有給を使い切ったとして、出勤日数は220日ですか。
となると通勤時間だけで年間440時間。日数換算で18.3日。

うーん、中々ですね。
寝て過ごすのと何かやっているのでは差が出そうな、でも大して変わらなそうな微妙な数字(笑)

サラリーマンブロガーは時間が本当に足りないので、こういった時間を有効活用するのが大事ですよね。
引き続き、色々試して紹介していきます!

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。