オーディオインターフェース MOTU 828mk3 Hybridレビュー!

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です。

今日は僕が使っているオーディオインターフェースである MOTU 828mk3 Hybridのレビュー記事です。

弾き語りすとDTM必須な時代です。

弾き語りすとにおけるDTMの必要性

2016.03.12

そして、そのDTMに必要な製品がオーディオインターフェース。

DTMをスムーズに始めるための処方箋

2016.03.10

今日のご紹介するオーディオインターフェースはエントリーモデルではなく、プロユースに近い製品です。
エントリーモデルを使い込んで、そろそろ本格的な製品が欲しいと思った方は是非、参考にしてください。

1. 828mk3 Hybridについて

d9-digial-camera-back-1479447-640x480

まずはMOTUの828mk3 Hybridについての説明です。

828mk3 Hybridはプロユースの大定番オーディオインターフェース828mkシリーズの第三世代。Hybridの意味合いとしてはFire WireとUSB2.0両対応になり、Mac/Windows両対応にもなったことを指すようです。

前の世代はMac専用製品でした。
MOTUが発売しているDAWソフト Digital PerfomerもMac専用でしたが、少し前からWindows対応になったのでMOTUも基本的にはMac専用スタイルをやめて両対応商品を作るようになりました。

他の基本的な仕様は下記の通り。

・28イン / 30アウトの多チャンネル仕様
・Hi-Z 1/4” ギター入力 、TRS フォーン端子のアナログ入力、または Low-Z XLR マイク入力
・ステレオ 24bit 96kHz 対応の S/PDIF 入出力
・ワードクロック(Word clock)入出力
・SMPTE 入出力
・CueMix FX – 内蔵 DSP エフェクト搭載
・V-Limit /Soft Clip機能
・CueMix FX クロスプラットフォーム・ミキシングソフトウェア
・前面パネルからコントロール:ミックス/エフェクト等全てを前面パネルからコントロール可能。
・CueMix FX で多彩なミックス
・Sample-accurate MIDI
・独立ヘッドフォンアウトプット
・AudioDesk 同梱

正直、特筆するところはない(笑)
28イン/30アウトというのは外部音源を使わない人だと、こんなにいらない気しかしない。

続いて、本体についての説明。
サイズは1Uサイズなので、他の機材と一緒に収納ケースへ入れられるので楽。

motu_828mk3hb

フロントになるのはマイクプリ付きの入力、音量ボリュームとデジタルメーター、ヘッドフォンジャック。付属の内臓DSPエフェクトを使用するコントロールパネルがついている。

このオーディオインターフェースはスタンドアロン。一通りのエフェクトも、まあ無難なレベルでついている。

motu_828mk3hb_3

リアパネルにはびっしりと入力が…。
これだけあれば、通常使用で困ることはないだろう。

ここでも、特筆することはない。
特別な機能は何もないけど、必要な機能が全て揃っていて、どの機能も高品質。それが828mk3

2. レビュー

work00-1-1564976-640x480

それでは商品レビューへ。
良いところも悪いところも両方書いていきます。

2-1. 音質

一番重要視されそうな音質から。
828mk3 Hybridを使用する前はRoland UA-101を使用していました。

ua-101_cw_front_main

※UA-101

今でも、スタジオでニコ生をやるときなどのお出かけ用として使用しています。

UA-101も音質は及第点ですが、828mk3とはさすがに価格帯が違うのもあります。

828mk3はUA-101と比べて明らかにワンランク高い音質であることは間違いありません。特徴としては綺麗でフラットな音…という印象です。

クリアで原音を忠実に録音してくれます。また、PC経由で音楽を聴いていても以前より、音質が良いと感じます。

10万円前後の価格帯では定番商品なだけあり、この製品を買って音質で悩むことはないでしょう。

そして、マイク・オーディオインターフェース・マイクプリなどなど…音質を上げるにはどこに投資すべきか悩むところです。

どれも、ある程度投資しましたが一番効果があるのはオーディオインターフェースだと828mk3を購入して感じました。

今の音に不満があるなら、まずはオーディオインターフェースに投資するのがよいでしょう。他に投資してもオーディオインターフェースが弱いと、どうしてもそこがボトルネックになります。

2-2. 安定性

PCとの相性もありますが、安定性はオーディオインターフェースにとって、かなり重要です。

ハードウェアとソフトウェアを繋ぐドライバの相性はノイズ発生につながるからです。

828mk3はMacでは抜群の安定性を誇ります。
私以外にも周りの作曲家で828mk3の使用ユーザーが数名いますが、Macで使用しており安定性は抜群という評価を得ています。

しかし、Windowsでは安定性が良いとは言えません。残念。

起動時に認識しなかったり、IEやChromeを立ち上げるとブチブチとノイズが入ったりすることが多々あります。Macではこういった症状が全くないらしいので改善してほしいところです。

ノイズが入る部分は特に一度入り始めると再起動しなければ直らないので、地味に結構不便。昨年末にドライバが更新されてから、ずいぶんノイズが入る回数が減った気がするが何とも。

UA-101の安定性が素晴らしかったので、逆に828mk3の不安定さがやたらと目立つところでもある。

2-3. 拡張性

このあたりは、さすが定番機種。困ることはありません。

これだけの入出力があれば、DTMでチャンネル数をバリバリ使う人も問題なく対応できる。

僕も外部音源を使う人ですが、UA-101だとチャンネル数が足りなくて録音を数回に分けたりしていましたが、828mk3になってから若干便利になりました。

だけど、別にこの点はUA-101でもさほど困ってはいなかったかな。

3. まとめ

  • 特別な機能はないが、必要な機能全て揃っている。そして全てがハイクオリティ
  • Macでは抜群の安定性だが、Windowsだと若干不安定
  • 録音の音質向上でどの機材に投資するか迷ったら、まずはオーディオインターフェースにすべき

うむ。
やっぱり、定番機種と言われるだけあるって印象。

僕も当時、作曲を習っていたプロの先生に相談をしました。
その時に候補として挙げたオーディオインターフェースが下記の2種類

  • MOTU 828mk3 Hybrid
  • RME Fire face UC

この2機種は先生も両方持っていて、音質面での信頼性で828mk3を薦めてもらいました。実際に828mk3を使ってみて納得。信頼できる音質でした。

Macなら「APOGEE」や「APOLLO Twin」も選択肢に入ってくる価格帯なんですけどねぇ。DTM分野においてはWindowsだと選択肢が狭いです。

それでも「APOLLO Twin」もWindows対応製品が先日発売されたし、かなりプロユース製品もWindowsで使用できるようになりましたね。

エントリーモデルではWindowsとMacで選択肢が変わることもなくなりましたが、プロユースレベルになると、まだまだMac専用機が存在します。今後はもっと、Windowsユーザーも選択肢が広がることを期待したいですね。

ただ、選択肢が広がったところで10万円前後の価格帯であれば828mk3が後悔することない安定の選択肢であることは変わらないでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。