新潟のタレカツはバラスーシ!

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です。

先週、実家の新潟に帰省しました。
新潟といえば米ですが、本当に美味しいものがいっぱいあります。

米はもちろん、酒、魚、肉と美味しいものに溢れています。

そんな中で、僕が特に好きなタレカツをご紹介します。

1. タレカツとは

タレカツ丼は、揚げたての薄めのトンカツを“甘辛醤油ダレ”にくぐらせて、ご飯にのせただけのシンプルなもの。

-新潟カツ丼タレカツ HPより-

そうなんです。タレカツは極めてシンプル。
卵とじではなく、醤油ダレにくぐらせたトンカツとご飯だけ。そしてトンカツは薄めでサクサクの衣で作られます。

名古屋の味噌カツをはじめ、ソースカツ、デミカツなどカツ丼から派生したグルメは数多くあります。
タレカツもその一つ。B級グルメに属しています。

薄めでサクサクのトンカツは食感もよく、甘辛醤油ダレがしっかり染みてうまいです。
そして、甘辛醤油ダレがご飯にも染みていて本当に美味。

僕は子供のころから、タレカツ>カツ丼でした。
なかなか、最初は卵とじのカツ丼を好きなれないくらいタレカツ大好きっ子だったのです。いや、本当に美味しい。

2. タレカツのお店

それではタレカツのお店紹介。新潟と都内の店舗をご紹介。

2-1. とんかつ太郎

とんかつ太郎|新潟市 古町|卵でとじない新潟タレかつ丼発祥の店
まずは新潟のタレカツでも一番の有名店。とんかつ太郎です。
新潟市の古町に本店があります。車でくると古町は若干行きずらいですが、新幹線などでくる方はバスや電車でいけるので交通の便は悪くないです。

とんかつ太郎1
出典:食べログ

美味そうですね!これは普通のタレカツ。
ボリュームが欲しい人は特製カツ丼なるものがあります。特製カツ丼は米の上にトンカツが乗っかっており、その下のご飯の中に更にトンカツが隠れており、中々のボリュームです。

2-2. とんかつ政ちゃん/政家

とんかつ政ちゃん | 新潟タレかつ丼 政家 | MATSURIYA
新潟市民の認知度はとんかつ太郎に劣らない有名店。とんかつ政ちゃん。
そして、そのグループの政家(まつりや)。味はどちらも、ほぼ同じ。抜群です。

とんかつ政ちゃんは3店舗ありますが、車がないとやや行き辛い場所にあります。
政家は駅前のドン・キホーテの中に入っており、深夜までやっているので電車や新幹線で新潟へ来た方は非常に行きやすいです。

IMG_0404

写真は政家のタレカツ丼。
とんかつ太郎と比べるとメニューが豊富。

タレカツバーガーとかあるくらい。驚き。

政ちゃん

なんかポップだな。
店は古風なんですけど(笑)

2-3. 新潟カツ丼 タレカツ

新潟カツ丼 タレカツ(たれかつ)
3店舗目は都内でも食べられるお店。
吉祥寺店と神田神保町店があります。

新潟カツ丼 タレカツ
出典:食べログ

普通のタレカツもあり、二段盛りカツ丼という名前でとんかつ太郎の特製カツ丼と同じものがあります。

僕は吉祥寺店には何度か行ったことがありますが、しっかりタレカツの味ができています。
都内でタレカツを食べてみたいと思ったら、おすすめできます。

食べログの点数も高く、都内でも人気店のようですね。
何故か、俺が安心しました(笑)

3. まとめ

  • タレカツとは新潟のB級グルメ。カツ丼の1つのバリエーション
  • 卵とじではなく、甘辛醤油ダレをくぐらせたトンカツをご飯の上に置いただけのシンプル丼
  • カツ丼よりトンカツが薄めでサクサク衣に醤油ダレが染みて美味しい。ご飯にもタレが染みて二度美味しい

新潟にもB級グルメはたくさんありますが、僕の中で一押しです。
僕も地元に帰ったら、必ず一度は食べに行っています。

新潟だと、誰かお客さんがきたときにとんかつ政ちゃんに行ったりします。
おもてなしするにはちょうどいいお店なんですね。

新潟に行くことがあれば、ぜひ食べに行くことをおすすめします。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。