アコギ用ピックの種類とおすすめランキング ベスト10を解説【プロアーティスト使用ピックも紹介】

ぎたすけ

ピックってたくさんありすぎて、何が良いのかサッパリだよ

たけしゃん

そうだよね。弾き語り目線でピックの選び方やポイントを解説していくよ
この記事でわかること
  • アコギ使われるピックの種類
  • アコギ用のおすすめピックランキング ベスト10
  • プロアーティストが使用しているピック

アコギ(ギター)用ピックの種類

たけしゃん

本記事ではサムピックなどは解説せず、普通のピックに焦点を合わせて解説していきます

ピックの種類を決めるには大きく2つの要素があります。

ピックの要素

  • 厚さ
  • 素材

この3つの組み合わせからピックの種類が決定します。

まずはそれぞれの要素にどんな種類があるのかを解説していきましょう。

ピックの形

  1. トライアングル型
  2. ティアドロップ型
  3. ジャズ型

トライアングル型

  • 面積が大きく持ちやすい
  • ストロークをジャカジャカやるのに最適
  • 細かいピッキングには不向き

三角形の形をしたピックがトライアングル型。

面積が大きく持ちやすいのが特徴です。

 

ストロークではピックを落とすリスクが少なく、振り切りやすいためアコギでは重宝されます。

その一方で速弾きなどの細かい動きには向いていません。

ティアドロップ型

  • シャープな形状
  • 様々なギタープレイに対応可能
  • エレキギターだと主流な形

ピックを三角形から丸みを持たせてシャープな形にしたものが、ティアドロップ型

細かいピッキングからストロークまで様々なプレイを万能にこなすことができます。

 

エレキギターだとティアドロップ型を使う人が最も多いです。

ジャズ型

  • 先端を尖らせ、ティアドロップ型より更にシャープ
  • 細かいピッキングに最適
  • テクニカルプレイヤーに好まれる

ティアドロップ型より更にシャープにしたのが、ジャズ型。

細かいピッキングに最適でテクニカルプレイにマッチします。

 

ただ、アコギではサイズ感が小さくストロークし辛いです。

弾き語りで使用される方は稀です。

ピックの厚さ

  • THIN
  • MEDIUM
  • HEAVY

ピックの厚さは主に3種類です。

呼び名がメーカーによって変わることがあります。

 

例えば、一番厚いHEAVYはメーカーによってはHARDだったりします。

THIN(SOFT)

  • 厚さ 0.5mm~0.6mm程度
  • アコギのストロークに適している
  • 単音弾きにはあまり向かない

ピックで最も薄くて柔らかいのがTHIN(SOFT)。

ストロークでは振り抜きやすいので、歯切れの良い音が出しやすいです。

 

反面、ギターソロなどの単音弾きでは固い音が欲しいためTHIN(SOFT)は不向きです。

MEDIUM

  • 厚さは0.7mm程度
  • どのプレイにも万能に対応可能
  • アコギ用だと0.73mmが主流

ちょうど中間の厚さに位置するのがMEDIUM。

どのプレイにも万能に対応できる優等生。

 

ストロークからギターソロまで幅広く、1つのピックでこなしたい人はMEDIUMを選択しましょう。

HEAVY(HARD)

  • 厚さは1.0mm程度
  • 単音弾きで固い音が出せる
  • アタック感を出すストロークでも使える

最後は最も固いHEAVY(HARD)。

厚くて固いため、ギターソロなど単音弾きする場合に適しています。

 

また、ハードな楽曲でアタック感が強いストロークをやりたい時に使えます。

強弱をつけたい時はTHINが良いですが、ガツンと迫力がある音を出したいならHEAVYが良いです。

ピックの素材

  • セルロイド
  • トーテックス
  • べっ甲

ピックの素材はものすごくたくさんあります。

本記事では主流である3つに絞って解説していきます。

セルロイド

ピックの素材として最もオーソドックスなものがセルロイド。

クリアな音で使いやすいです。

 

FenderやGibsonのピックを選択すると大半がセルロイドです。

値段は安いですが、昨今では規制されている素材なので徐々に上がっています。

トーテックス

トーテックスはセルロイドより、やや固めで音がクッキリします。

アコギでは写真のJim Dunlop トーテックス トライアングル ピック 0.6mm(オレンジ)がベストセラー製品なので使用者が多いです。

べっ甲

手汗をかいても滑らず、指の同化するような感覚を得られることで人気の高級ピック。

1枚100円が相場のピックの中で1枚1,000円近くします。

 

音質はクリアでサスティーンの伸びが他のピックより断然良いです。

また、薄いけど硬さはしっかりとあり、摩擦も少なく弾きやすいです。

自然な弾き心地とサスティーンの伸びなど、一部のプレイヤーから熱狂的な支持を受けている素材です。

 

しかし、ワシントン条約でべっ甲の国際取引が実質禁止になっていることや加工が難しいことから年々減少傾向にあるピックです。

ピック

サムピック

ピックの素材についての解説記事

ギターで使うピックの素材 16種類について素材の特徴とおすすめピックを解説する

ギターで使うピックの素材 16種類について素材の特徴とおすすめピックを解説する

おすすめのアコギ用ピックランキング ベスト10

たけしゃん

アコギ演奏に適したピックをランキング化しましたが、自身のプレイスタイルと照らし合わせて選びましょう

それでは、おすすめのアコギ用ピックランキングを解説していきます。

ランキング化するにもプレイスタイルによって、適したピックが異なります。

そこで、ピックのタイプがわかるように下記の評価項目を点数化して順位付けしていきます。

評価項目

  • ストローク…ストロークがしやすいか
  • ピッキング…単音ピッキングがしやすいか
  • 持ちやすさ…持ちやすいか?滑りにくいか?
  • 耐久性…長期間使っても割れないか?

 

それでは、ランキング解説スタート!

10位 Jim Dunlop ゲイターグリップ 0.71mm

ジムダンロップ ゲイター

ゲイターグリップの評価
ストローク
(3.0)
ピッキング
(5.0)
持ちやすさ
(3.0)
耐久性
(3.0)
総合評価
(3.0)

ゲイターグリップへのコメント

Jim Dunlopのオリジナル素材、ゲイターを用いたJim Dunlop ゲイターグリップ 0.71mm

表面がザラついており、手汗をかいても滑りません。そして、ピック自体がしなるのでカッティングには最適なピックです。

 

歌モノのどっしりしたストロークには正直向いていません。

崎山蒼志さんのように速いエッジの効いたカッティングや単音ピッキングに特化した癖のあるピックです。

 

単音ピッキングでは深めに持って、エッジの効いたカッティングでは浅めに持つと良いでしょう。

耐久性評価については削れるのがやや早めに感じたため、3としました。

ですが、そもそもエッジの効いたプレイばかりに使ってるためであり、激しいカッティングでも割れたりはしないので耐久性は高いとも言えます。

ゲイターグリップのプロ使用者

  • 井上苑子

9位 HOSCO 本鼈甲ギターピック トライアングル 1mm

HOSCOの評価
ストローク
(4.5)
ピッキング
(5.0)
持ちやすさ
(4.5)
耐久性
(4.5)
総合評価
(3.0)
MEMO
価格が通常ピックの10倍するので、総合評価は低めにしてます

HOSCOへのコメント

べっ甲のピック、HOSCO 本鼈甲ギターピック トライアングル 1mm

ストロークも良く、ピッキングも良く万能なピックです。

弾いたときの振動というか、レスポンスが爪で弾いているかのようなナチュラル感です。

 

厚くて、材質的にもかなり硬いピックなので、音にクッキリと輪郭が出ます。

ストロークやブラッシングの音量もかなり大きく出ます。

力強いストロークと輪郭があるピッキング音を出したい人には値段は高いですが、最適なピックです。

8位 Jim Dunlop HERCO HE210 Flex 50

JIM DUNLOP HERCO

 

HERCOの評価
ストローク
(3.0)
ピッキング
(4.0)
持ちやすさ
(3.0)
耐久性
(3.0)
総合評価
(3.0)

HERCOへのコメント

ナイロンピックの代表格、Jim Dunlop HERCO HE210 Flex 50

アコギというより、エレキギターで使っている人が多いですね。

 

昔から定番になっている歴史の長いピックです。

硬めで、早くて細かい単音ピッキングがやりやすいです。

 

ストロークも問題なくいけますが、アコギ向きでもないのでエレキと兼用している人などが使うピックというイメージですね。

7位 Fender ティアドロップ MEDIUM

Fender ティアDの評価
ストローク
(3.0)
ピッキング
(4.0)
持ちやすさ
(3.0)
耐久性
(3.0)
総合評価
(3.0)

Fender ティアDへのコメント

定番のFenderピックから万能タイプのFender ティアドロップ MEDIUMです。

エレキギターだと入門ピックとして、Fender ティアドロップ HEAVYと並んで定番中の定番ピックですね。

 

アコギにはFender ティアドロップ HEAVYはイマイチ適していないので、Fender ティアドロップを買うならMEDIUMにしておきましょう。

 

さて、特性はというと…ストロークもこなせますが、単音ピッキング向けです。

単音ピッキングを練習するにはニュアンスもつけやすく、しなる感覚もわかりやすいので良いピックです。

 

アコギだと最初にトライアングル型のピックを買って、ピック弾きに慣れたら単音ピッキング練習用としてFender ティアドロップ MEDIUMを買うのが良いでしょう。

Fender ティアDの使用者

  • YUI

6位 Jim Dunlop トーテックス スタンダード 0.88mm

Jim Dunlop 418R Tortex Standard

トーテックスSの評価
ストローク
(3.0)
ピッキング
(5.0)
持ちやすさ
(4.0)
耐久性
(5.0)
総合評価
(3.5)

トーテックスSへのコメント

摩擦が少なく、ストロークがジャっと弾き心地良く鳴らせるトーテックスのティアドロップ型、Jim Dunlop トーテックス スタンダード 0.88mm

ストローク・ピッキング共に万能なピックです。

 

良い感じの硬さとしなりで、エッジの効いたカッティングや速いフレーズの単音ピッキングもこなせます。

浅めに持てば、ザックリしたストロークも問題なくこなせます。

ただ、ストローク中心の場合はトライアングル型であるJim Dunlop トーテックス トライアングル ピック 0.6mm(1位で登場)のほうが適してます。

 

非常に優れたピックですが、アコギ演奏用で考えると単音ピッキング側に寄ってるピックなので6位としました。

エレキギターと同じピックを使いたいという人には最有力になるピックです。

5位 Fender トライアングル MEDIUM

Fender ピック

Fender TAの評価
ストローク
(4.0)
ピッキング
(3.5)
持ちやすさ
(3.0)
耐久性
(3.0)
総合評価
(3.5)

Fender TAへのコメント

ザ・定番のピック Fender トライアングル MEDIUM

ピックの王道であり、癖もないタイプなので初心者の方に薦めることも多い入門ピックです。

 

ストロークも単音ピッキングも無難にこなせ、音量も程よいバランスです。

MEDIUMですが、結構しなって滑りやすいピックなので豪快にかき鳴らしたり、BPMが速い曲を対応するには若干不向きです。

 

色んなピックを弾き比べる時に標準的なピックとして基準に用いるのも良いでしょう。

Fender TAのプロ使用者

  • 植村花菜

4位 MUSENT トライアングル型 0.6mm

MUSENTピック

Musentの評価
ストローク
(4.5)
ピッキング
(3.0)
持ちやすさ
(3.5)
耐久性
(3.5)
総合評価
(4.0)

Musentへのコメント

熱に強く、摩擦が少ない材質 ポリアセタールを用いたMUSENT トライアングル型 0.6mm

 

ポリアセタールのピックは摩擦が少ないので、ピッキングノイズが発生し辛いです。

ピッキングノイズ
ピッキングする際に弦とこすれて発生するノイズ

音質は軽やかなので、爽やかで軽快なストローク音を出すには適したピックです。

 

初心者の時はどうしても、ストロークの振りが固いのでピッキングノイズが発生しやすいもの。

慣れてくれば、綺麗に振り抜けるんですけど最初のうちはポリアセタールのピックから始めるのはおすすめです。

3位 MASTER8 JAPAN INFINIX 0.6mm

MASTER8 JAPAN INFINIX

INFINIXの評価
ストローク
(4.5)
ピッキング
(4.0)
持ちやすさ
(5.0)
耐久性
(4.5)
総合評価
(4.5)

INFINIXへのコメント

国内最大のギターピック専業製造会社「IKEDA PICKS」と、少数精鋭のカスタムギターブランド「L’ s TRUST」が設立したブランド「MASTER 8 JAPAN」が2016年に発売したINFINIX

 

特殊プラスチックを用いており、アクリルのような透明感ある見た目です。

音質は硬めでクッキリしており、でも結構しなりもほどほどにある…という色んなピックを良いとこ取りしたような性質です。

 

硬めでアタック感があるので、ブラッシングや力強く鳴らしたときの音量が大きめ。

低音を響かせて力強く弾いたり、優しく抑えて弾いたり…と演奏にダイナミクスをつけやすいところも良いところですね。

 

また、中央部分に滑り止め処理が施されているので、持っていて滑って落とす心配がありません。

僕もピックレビューのために初めて使ってみましたが、使いやすくてこれから人気が出そうなピックだなぁ…と感じました。

2位 Jim Dunlop ウルテックス トライアングル 0.73mm

ジムダンロップ ウルテックス

※画像はウルテックス 0.88mm

ウルテックスの評価
ストローク
(4.5)
ピッキング
(5.0)
持ちやすさ
(5.0)
耐久性
(5.0)
総合評価
(5.0)

ウルテックスへのコメント

熱に強く曲げ弾性率が非常に高いウルテムを用いて作られている、Jim Dunlop ウルテックス トライアングル 0.73mm

べっ甲に最も近い材質と言われており、若干厚めでMEDIUM程度の硬さです。

 

カッティングで勢いよく弾くと、非常にキレよく気持ちの良い音と弾き心地になります。

単音ピッキングで腕をストロークのように振りながら弾く場合もピックの硬さ、しなり方共に弾きやすいです。

 

さわやかなストローク音にしたいときはJim Dunlop トーテックス トライアングル ピック 0.6mm(オレンジ)(1位で登場)。

エッジの効いた音にしたいときはJim Dunlop ウルテックス トライアングル 0.73mmがおすすめです。

ウルテックスのプロ使用者

  • 大石昌良

1位 Jim Dunlop トーテックス トライアングル 0.6mm

トーテックスTの評価
ストローク
(5.0)
ピッキング
(4.5)
持ちやすさ
(5.0)
耐久性
(5.0)
総合評価
(5.0)

トーテックスTへのコメント

プロアーティストでもアコギ用ピックとして使用している方が多い、人気ピック Jim Dunlop トーテックス トライアングル ピック 0.6mm

 

振り抜きやすく、ストロークに最適なピックです。

キレのあるカッティングも、緩い感じにジャラランと鳴らしたストロークも万能にこなせます。

 

また、しなりもほどほどなので単音ピッキングも違和感なくこなせます。

中央の絵柄部分を若干ざらつかせて滑らないように加工されているため、握りやすく落としにくいところも良いですね。

 

僕も色んなピックを使ってみてJim Dunlop トーテックス トライアングル ピック 0.6mmに落ち着きました。

ストローク・単音ピッキング共にアコギ弾き語りで使うには最適なピックです。

トーテックスのプロ使用者

  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • 竹原ピストル

オリジナルピックを使用しているプロアーティスト

たけしゃん

実際にプロアーティストがオリジナルピックを作る時はどんなものを作るか見ていきましょう

メジャーアーティストは自身でオリジナルピックを作っており、ツアーグッズなどで販売されている方が多いです。

本章ではアコギを弾くアーティストは、どんな感じのものがオリジナルピックとして製作されているのか?

そして類似したピックは何か?を解説していきます。

秦基博

秦基博さんのオリジナルピックはトライアングル型のTHIN(0.6mm)を使用しています。

オリジナルピックが製作される前はdragonflyのトライアングル型のTHIN(0.6mm)を使用されていました。

関連記事

秦基博のギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

秦基博の使用ギター、使用機材と弾き語りの難易度・ポイントを解説

斉藤和義

斉藤和義さんのオリジナルピックはトライアングル型 MEDIUM(0.7mm)」を使用されています。

シングル「攻めていこうぜ」の初回特典でピックが付録としてついています。

斉藤和義 オリジナルピック

 TA型 MEDIUMの市販品

関連記事

斉藤和義のギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

斉藤和義の使用ギター、使用機材と弾き語りの難易度・ポイントを解説

高橋優

高橋優さんのオリジナルピックはトライアングル型 THIN(0.5mm)」を使用されています。

ASMARTで販売されていますね。

参考 高橋優のピックASMART

トライアングル型 0.5mmの市販品

関連記事

高橋優のギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

高橋優の使用ギター、使用機材と弾き語りの難易度・ポイントを解説

スガシカオ

スガシカオさんのオリジナルピックは「トライアングル型のMEDIUM(0.8mm)」を使用されています。

オリジナルピックは滑り止めで穴が空いています。

オリジナルピック

トライアングル型の0.8mmの市販品

関連記事

スガシカオのギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

スガシカオの使用ギター、使用機材と弾き語りの難易度・ポイントを解説

miwa

miwaさんのオリジナルピックはトライアングル型の0.75mmを主に使用されています。

市販品で類似しているのはJim Dunlop ウルテックス トライアングル 0.73mmですね。

関連記事

miwaのギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

miwamiwaの使用ギター、使用機材と弾き語りの難易度・ポイントを解説

アコギ用ピックのまとめ

  • ピックの種類には形、厚さ、材質の3つの要素がある
  • アコギ弾き語りに適したものはトライアングル型のTHIN
  • プロアーティストもトライアングル型のTHIN使用者が多い

ぎたすけ

トライアングル型のMEDIUM使っている人も多くなかった?

たけしゃん

そうだね。エレキギターもやる人はトライアングル型のMEDIUMを使っているイメージがあるな

おすすめのアコギ用ピックの解説でした!

ランキングを振り返ってみましょう。

振り返ってみると、Jim Dunlopが多いですねぇ。

あそこのピックは使いやすいのが多いですから、当然っちゃ当然の結果でしょうか。

 

ランキング形式で解説してきましたが、改めて僕のおすすめな選択肢を書くと…。

僕は両方持っていて、曲によって使い分けてます。

 

また、昨今の弾き語りアーティスト事情だとピックを使わず、爪弾きする人が増えています。

大石昌良さんや星野源さんがそうですね。

ピックと合わせて右手の選択肢をどうするかは考えると良いでしょう。

右手の選択肢についての解説記事

あなたはピック弾き?指弾き?アコースティックギターの右手の選択肢を解説する

あなたはピック弾き?指弾き?アコースティックギターの右手の選択肢を解説する

色んな選択肢は持ちつつ…。

ピック弾きはギター全般における基本スタイルなので、適したピックでガッツリ練習しておきましょう。

おすすめの記事

【まとめ】おすすめのアコースティックギター周辺機器・アクセサリーをまとめて紹介する

【まとめ】おすすめのアコギ周辺機器・アクセサリーをまとめて紹介する
Amazonで安くピックを買う方法

Amazonギフト券

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)して買い物するのがおすすめです。

チャージするたびに「チャージ金額 × 最大2.5%」分のAmazonポイントが付与されます。

 

Amazonを利用される方は使わない手はありません!僕は貯まったポイントでギター弦を購入してます。