アコギで使うピックの種類とおすすめピックの選び方

ぎたすけ

ピックってたくさんありすぎて、何が良いのかサッパリだよ

たけしゃん

そうだよね。弾き語り目線でピックの選び方やポイントを解説していくよ
この記事でわかること
  • ピックの種類
  • アコースティックギターでのピックの使い分け
  • プロアーティストが使用しているピック

ピックの種類

たけしゃん

本記事ではサムピックなどは解説せず、普通のピックに焦点を合わせて解説していきます

ピックの種類を決めるには大きく2つの要素があります。

ピックの要素

  • 厚さ
  • 素材

この3つの組み合わせからピックの種類が決定します。

まずはそれぞれの要素にどんな種類があるのかを解説していきましょう。

ピックの形

  1. トライアングル型
  2. ティアドロップ型
  3. ジャズ型

トライアングル型

  • 面積が大きく持ちやすい
  • ストロークをジャカジャカやるのに最適
  • 細かいピッキングには不向き

三角形の形をしたピックがトライアングル型。

面積が大きく持ちやすいのが特徴です。

 

ストロークではピックを落とすリスクが少なく、振り切りやすいためアコースティックギターでは重宝されます。

その一方で速弾きなどの細かい動きには向いていません。

ティアドロップ型

  • シャープな形状
  • 様々なギタープレイに対応可能
  • エレキギターだと主流な形

ピックを三角形から丸みを持たせてシャープな形にしたものが、ティアドロップ型

細かいピッキングからストロークまで様々なプレイを万能にこなすことができます。

 

エレキギターだとティアドロップ型を使う人が最も多いです。

ジャズ型

  • 先端を尖らせ、ティアドロップ型より更にシャープ
  • 細かいピッキングに最適
  • テクニカルプレイヤーに好まれる

ティアドロップ型より更にシャープにしたのが、ジャズ型。

細かいピッキングに最適でテクニカルプレイにマッチします。

 

ただ、アコースティックギターではサイズ感が小さくストロークし辛いです。

弾き語りで使用される方は稀です。

ピックの厚さ

  • THIN
  • MEDIUM
  • HEAVY

ピックの厚さは主に3種類です。

呼び名がメーカーによって変わることがあります。

 

例えば、一番厚いHEAVYはメーカーによってはHARDだったりします。

THIN(SOFT)

  • 厚さ 0.5mm~0.6mm程度
  • アコギのストロークに適している
  • 単音弾きにはあまり向かない

ピックで最も薄くて柔らかいのがTHIN(SOFT)。

ストロークでは振り抜きやすいので、歯切れの良い音が出しやすいです。

 

反面、ギターソロなどの単音弾きでは固い音が欲しいためTHIN(SOFT)は不向きです。

MEDIUM

  • 厚さは0.7mm程度
  • どのプレイにも万能に対応可能
  • アコギ用だと0.73mmが主流

ちょうど中間の厚さに位置するのがMEDIUM。

どのプレイにも万能に対応できる優等生。

 

ストロークからギターソロまで幅広く、1つのピックでこなしたい人はMEDIUMを選択しましょう。

HEAVY(HARD)

  • 厚さは1.0mm程度
  • 単音弾きで固い音が出せる
  • アタック感を出すストロークでも使える

最後は最も固いHEAVY(HARD)。

厚くて固いため、ギターソロなど単音弾きする場合に適しています。

 

また、ハードな楽曲でアタック感が強いストロークをやりたい時に使えます。

強弱をつけたい時はTHINが良いですが、ガツンと迫力がある音を出したいならHEAVYが良いです。

ピックの素材

  • セルロイド
  • トーテックス
  • べっ甲

ピックの素材はものすごくたくさんあります。

本記事では主流である3つに絞って解説していきます。

セルロイド

ピックの素材として最もオーソドックスなものがセルロイド。

クリアな音で使いやすいです。

 

FenderやGibsonのピックを選択すると大半がセルロイドです。

値段は安いですが、昨今では規制されている素材なので徐々に上がっています。

トーテックス

トーテックスはセルロイドより、やや固めで音がクッキリします。

アコースティックギターでは写真のJim Dunlop トーテックス トライアングル ピック 0.6mm(オレンジ)がベストセラー製品なので使用者が多いです。

べっ甲

手汗をかいても滑らず、指の同化するような感覚を得られることで人気の高級ピック。

1枚100円が相場のピックの中で1枚1,000円近くします。

 

音質はクリアでサスティーンの伸びが他のピックより断然良いです。

また、薄いけど硬さはしっかりとあり、摩擦も少なく弾きやすいです。

自然な弾き心地とサスティーンの伸びなど、一部のプレイヤーから熱狂的な支持を受けている素材です。

 

しかし、ワシントン条約でべっ甲の国際取引が実質禁止になっていることや加工が難しいことから年々減少傾向にあるピックです。

ピック

サムピック

ピックの素材についての解説記事

ギターで使うピックの素材 16種類について素材の特徴とおすすめピックを解説する

アコースティックギターでのピックの使い分け

ぎたすけ

ピックって、やっぱり色々あるんだなぁ。余計迷っちゃうよ

たけしゃん

大丈夫!ここから、アコースティックギターでの状況別に使われるピックを解説していくからね

それでは具体的にアコースティックギターで使われるピックについて解説していきます。

ここでは3つのケースを想定して話を進めていきます。

想定ケース

  1. ギター弾き語り
  2. ギター伴奏(バッキング)
  3. ギター伴奏(リード)

なお、ピックの材質はセルロイドとトーテックスから候補製品を選択してます。

普通に使用する分にはこの2種が一般的です。

ギター弾き語り

ギター弾き語りに適したピックはずばりトライアングル型のTHINです。

ギター弾き語りでピックを使うのは主にストローク。

 

ピックが持ちやすく、振りきって歯切れよく弾けるトライアングル型のTHINが最適。

細かいアルペジオは指弾きが多いため、固い音が必要になることがないことも大きいです。

 

後述しますが、ギター弾き語り系のプロアーティストもトライアングル型のTHINを使っている方が大半です。

 

おすすめはJim Dunlop トーテックス トライアングル ピック 0.6mm(オレンジ)

コブクロの小淵さんが使用されていることで有名なピックです。

持ちやすく、ジャっと振り切りやすいです。僕も愛用しています。

ギター伴奏(バッキング)

想定シチュエーション

  • バンドでのボーカルギター
  • ピアノがソロを取るアコースティックユニット

ギター伴奏(バッキング)についても適したピックはトライアングル型のTHIN」。

理由は簡単で弾き語りとやることが変わらないからです。

 

ただ、ジャンルがジャズやロックだったりする場合は話が変わってきます。

ロックの場合は強めのピッキングが良い場合が多く、ジャズの場合は譜割りが細かかったりします。

その場合は万能なティアドロップ型のMEDIUMがおすすめです。

 

ギター伴奏をやると対応範囲が広くなるため、適したピックを何種類か持っておくと良いでしょう。

トライアングル型のTHIN

ティアドロップ型のMEDIUM

ギター伴奏(リード)

想定シチュエーション

  • アコギがソロを取るアコースティックユニット
  • バッキングのギターが他にいるアコースティックユニット

ギター伴奏(リード)に適したピックはティアドロップ型のMEDIUM

ただ、好みによるところが強くジャズ型のHEAVYを使う人もいます。

 

僕がやる範囲だとPOPSが多いので、速弾きもないため万能なティアドロップ型のMEDIUMが使いやすいです。

リードギターについても、やる内容によって使い分けると良いでしょう。

ティアドロップ型のMEDIUM

ジャズ型のHEAVY

プロアーティストが使用しているピック

たけしゃん

実際にプロアーティストが使用しているピックを紹介していきます!

それではプロアーティストが使用しているピックについて解説していきます。

メジャーどころだと自身でオリジナルピックを作っている方が多いです。

 

なので、オリジナルピックの情報中心ですがわかる範囲で市販品の使用ピックも解説していきます。

秦基博

秦基博さんはオリジナルピックでトライアングル型のTHIN(0.6mm)を使用しています。

オリジナルピックが製作される前はdragonflyのトライアングル型のTHIN(0.6mm)を使用されていました。

関連記事

秦基博のギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

秦基博のギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

小渕健太郎(コブクロ)

コブクロの小渕健太郎さんはJim Dunlop トーテックス トライアングル ピック 0.6mm(オレンジ)を使用しています。

持ちやすく振り切りやすい、おすすめのピックです。

斉藤和義

オリジナルピックでトライアングル型 MEDIUM(0.7mm)」を使用されています。

シングル「攻めていこうぜ」の初回特典でピックが付録としてついています。

斉藤和義 オリジナルピック

トライアングル型 MEDIUMの市販品

関連記事

斉藤和義のギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

斉藤和義のギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

高橋優

オリジナルピックでトライアングル型 THIN(0.5mm)」を使用されています。

参考 高橋優のピックASMART

トライアングル型 0.5mmの市販品

関連記事

高橋優のギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

高橋優のギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

スガシカオ

オリジナルピックで「トライアングル型のMEDIUM(0.8mm)」を使用されています。

オリジナルピックは滑り止めで穴が空いています。

オリジナルピック

トライアングル型の0.8mmの市販品

関連記事

スガシカオのギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

スガシカオのギター・ボーカル難易度や使用機材を解説

まとめ

  • ピックの種類には形、厚さ、材質の3つの要素がある
  • ギター弾き語りに適したものはトライアングル型のTHIN
  • プロアーティストもトライアングル型のTHIN使用者が多い

ぎたすけ

トライアングル型のMEDIUM使っている人も多くなかった?

たけしゃん

そうだね。エレキギターもやる人はトライアングル型のMEDIUMを使っているイメージがあるな

ギターで使うピックの解説でした!

改めて、おすすめの状況別ピック選択をまとめましょう。

状況別ピックの選択

…とこんな感じ。

アコースティックギターを弾くならトライアングル型のTHINはとりあえず持っておくことをおすすめします。

 

また、昨今の弾き語りアーティスト事情だとピックを使わず、爪弾きする人が増えています。

大石昌良さんや星野源さんがそうですね。

ピックと合わせて右手の選択肢をどうするかは考えると良いでしょう。

右手の選択肢についての解説記事

あなたはピック弾き?指弾き?アコースティックギターの右手の選択肢を解説する

あなたはピック弾き?指弾き?アコースティックギターの右手の選択肢を解説する

色んな選択肢は持ちつつ…。

ピック弾きはギター全般における基本スタイルなので、適したピックでガッツリ練習しておきましょう。

おすすめの記事

【まとめ】おすすめのアコースティックギター周辺機器・アクセサリーをまとめて紹介する

【まとめ】おすすめのアコギ周辺機器・アクセサリーをまとめて紹介する