youtube再生回数増加サービスについて考える

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です。

イケダハヤト尊師の記事俺、まちがってねぇよなを見て触発されて書きますが、本日はyoutube再生回数水増し効果について考えます。

youtube再生回数を水増しする業者がいるということで。まあいるだろ、そりゃ。

食べログの評価向上やtwitterフォロワー数を増やす業者がいるくらいだし。
youtubeやニコニコ動画の再生回数増やすなんて昔からいるんじゃないの?って印象。

僕自身は本サービスについて、そこまで悪い印象はないです。
もちろん良い印象もないですけど(笑)

今日は音楽系の投稿に対して本当に効果があるのかを考えます。

1. youtube再生回数増加サイトについて

YouTube 視聴回数 再生回数 20000回 増加 購入
ほうほう。これか。
20,000再生回数で4,980円。

1再生=約0.25円

うーん、これははたして安いのか。

ちなみにベストセラーとして紹介されているのはinstagramのフォロワー1000人を980円というサービス。
Twitterよりもinstagramなんですね。

しかも1万人急に増えると怪しいという声から1,000人増えるサービスも作りましたって書いてある。
確かに。でも、1,000人いきなり増えても十分怪しいだろ(笑)

youtubeも同じことが言えますけどね。
音楽でいえば話題性がある曲でもない、これまでの実績もないユーザーの動画がいきなり2万再生となったら誰もが水増しを疑いますよ。

なので、このサービスを使うとしたらある程度、話題の新曲であることが重要ですね。

2. 再生回数水増しによる効果

nest-egg-ii-1241466-639x705

ここが一番大事。再生回数水増しで効果はあるのか。
再生回数って項目について考えてみました。

2-1. 信頼度を再生回数で測る傾向

みなさん、カバー動画を見るときに気にする指標って何ですか?
検索すると大量に出てくる動画。どの動画をクリックするか決める時に見るのが再生回数ではないでしょうか?

そうなんですよね。
youtubeでもニコニコ動画でも動画の信頼度を測る指標は再生回数なのです。

同じように下記の二つが検索結果で並んでいると…

  1. 再生回数 100回の動画
  2. 再生回数 1,000回の動画

そりゃ、2を選びます。ここで1を選ぶ人はほとんどいないでしょう。

しょうがないんですけど、動画投稿する人が増えすぎたんですよね。
カバー動画って特にそうですけど、当たり動画よりダントツで外れ動画が多い。

そして、とてもじゃないけど見切れない数の動画が投稿される。
となると再生回数で選ぶしかないですわ。

大抵のミュージシャンはyoutubeに動画を投稿する際の目的って「広告収入」か「動画からのアクション誘導」の二つです。

「動画からのアクション誘導」ってのはライブ見に来てもらうとか、販売している音源を購入してもらうとかですね。

動画の中身が悪ければ、動画からユーザーに何かアクションしてもらうなんて到底不可能です。

しかし、そもそも動画を見てもらえなければ認知されないので、アクションするかの検討すらしてもらえません。
そういった意味で再生回数の水増しにより、動画を見てくれる人が増えるなら一定の宣伝効果があるといえるでしょう。

2-2. 再生回数では検索順位が上がらない

逆説的ですが、今度は再生回数を上げても効果がない項目についてです。
意外と知られていないのですが再生回数を上げただけでは検索順位は上がらないのです。

公式データではなく一般論でありますが、youtubeでは検索順位決めの指標として下記の項目を重視するそうです。

  • 視聴者維持率
  • 総再生時間
  • 動画視聴後のチャンネル登録率
  • コメント
  • 評価

うーん、再生回数がない。でも上記項目が高ければ、確かに良質な動画ではある。

視聴者維持率とは視聴者がどれくらいの時間、動画を見ているかの指標です。
釣り動画の場合は一瞬でブラウザバックですから、いくら再生回数が多くても視聴者維持率は非常に低くなります。

一種の釣り動画対策ということですね。頭良いぜ、Google。
つまり、youtubeでは再生回数増加させたところで検索順位が上がるわけではありません。

ニコニコ動画にしても検索する時のデフォルトであるソート順は「コメントが新しい順」です。
そのあと、良質な動画を探す場合は「再生回数」か「マイリストが多い順」のどちらかでしょうが、「マイリストが多い順」のほうが信頼度が高いので利用者が多いです。

よって、ニコニコ動画にしても再生回数が多いところでマイリストが少なければ検索で引っ掛からないってことですね。

3. まとめ

  1. 再生回数を水増しすることで、動画の信頼度が上がり再生してくれる人は増える。
  2. 再生回数では検索順位は上がらないので、大量の動画に埋もれてしまって再生回数はあまり増えない

結論としてはこの二つ。
効力的には②のほうが強いので、無策に再生回数を水増ししたところで検索で相当下に表示され、結果誰にも見つけられず、動画が伸びないと予測される。残念。

しかし、使えないかというとそんなことはない。
話題性のある新曲を早い段階でアップして、まだ投稿者が溢れる前に数千回くらい再生回数をブーストするだけで劇的に再生回数を増やすことができるのではないか。

例えばMr.childrenの新曲のカバーを一番最初にアップしたとする。それだけで演奏能力に関係なく、おそらく数千回再生はいくだろう。
しかし、他の常連数名がアップを始めた段階で再生回数を数千回ブーストしておけば、しばらくは再生回数トップになる。そして検索してもまだ件数自体が少ないので検索順位も上位でいられる。

この状態であれば、再生回数を指標にたくさんの人が検索から流れてくるので万単位の再生回数は望めそう。

ただし、アップした動画の質が残念なものだった場合は一瞬でブラウザバックされるだけ。
チャンネル登録数は増えず、水増しに使った宣伝費で焼き肉でも食ったほうがよかったことは間違いない。

残念な投稿動画で氾濫している現状だと実績がないと、どんな良質な動画でも埋もれしまう。
そんな状況を打破するためには上記のように人気アーティストの新規動画を誰よりも早く投稿し、かつ再生回数水増しするのは一定の宣伝効果が見込めて効果的だと思う。

この一連の流れを勝手に「ジェバンニブースター」と名付ける。
ジェバンニブースターを使って有名になる人が現れることを楽しみにして、今日は終わります。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。