ストレスコントロールを身につける

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です。

本日は音楽と離れているようで、実は音楽活動においてもついてまわるストレスコントロールについてです。

現代社会は何をするにもストレス、ストレス…。
仕事をしているうちにストレスと過労で倒れる人は後を絶ちません。

そこで、如何に倒れないようにストレスと上手く付き合っていくかを書いていきます。

1. ストレスの原因を考える

antistress-1-1506008-639x852

最初にやることはストレスの原因を明確にすることです。
会社での人付き合いなのか、仕事内容なのか、家族の問題なのか。

はたまた、毎日の通勤時間の長さや拘束時間の長さ。仕事がハードである。など肉体的な疲労なのか

大体は両方であることが多いかと思いますが、意外と切り分けができていないことが多いものです。

なんとなく不安で心が押しつぶされそうになる。こんな状況ってありがちですが、一番危ないのがこの状態。
何に対して不安なのかを明確にすると、案外落ち着くものです。

また、ストレスの原因を明確にすると少しずつ免疫がついてきて、大丈夫にもなってきます。

原因が明確化したことで、状況が全て改善するわけではありませんが、よくわからずに不安に駆られている状況よりはずいぶんマシになります。

2. ストレス解消方法

sleeping-1310748-640x480

続いて、ストレスの解消方法。
これって本当に難しいところだけど、早い段階で着手したほうがよい。

というのも、いろんなストレス解消方法があるものの、ストレスが溜まっていけばいくほど、利かなくなっていきます。
僕もそこまで到達したことはないですが、周りの人を見ていると結局打つ手がなくなり、アクションを起こすこと自体できなくなると、医者にいって薬もらってってなります。

その前に色々と取り組んで何とかしたいところ。

2-1. 食事・睡眠・運動

基本ですが、これが全て。
ちゃんと3食取って、一定時間寝て、運動する。

色んなストレス解消方法ってあるけど、詰まる所は食事・睡眠・運動を軽視していると何をやってもダメ。
逆に言えば、食事・睡眠・運動を意識して行えば、強いストレス耐性を得ることができます。

ヒーリングやマッサージなど、リラックスするための方法がありますよね。
あの方法も、睡眠や食欲を正常にするためのものです。

大抵のストレス解消方法はよくよく考えると、食事・睡眠・運動を正常化するためのものだったりします。

ストレス解消で遊びに行こう!って夜通しで遊ぶと、その一時はいいですが、後で更に悪化します。
食事・睡眠・運動を正常化することをメインに置いて、ほかのストレス解消方法を試しましょう。

2-2. 外出する

遊びに行ったり、人に会うのも大事。
一人だと、グルグルと嫌なことを考えてしまいがち。

外出するってのは<<2-1.食事・睡眠・運動>>の運動に近いイメージです。
運動もそうですが、何かやっている時って他の事を考えないで済みますからね。そして活動していると、引きこもっているよりも代謝もよくなるのでストレスに強くなります。

だけど、睡眠時間を削ってまで遊びまわっていては駄目ですよ。
睡眠を軽視すると絶対ストレスに勝てません。

2-3. 趣味を持つ

僕は音楽が趣味ですが、趣味があると強いです。
ちょっと疲れていても睡眠時間に影響が出ないレベルで無理やり趣味のスケジュール入れてしまうのは効果的。

気分転換できますし、活動的になるのでストレスにも強くなります。

音楽もいいですけど、僕は自転車をオススメします。
自転車で1~2時間出かけると本当に気持ちよくスッキリしますよ。血行もよくなって、心身ともに回復します。
しかも、いい感じに体が疲れるので夜もグッスリ。

他にも山が近い人は登山などもよいですね。

3. まとめ

sleep-1437956-639x424

今日はストレス解消についてのお話でした。

本当に追い込まれて来たら思い切った手段を取るのも手です。
今日も結局は食事・睡眠・運動が大事って書きましたけど、昨今だと仕事が長時間過ぎて睡眠時間が取れないって人多いと思うんですよ。
僕も夜家着いて、朝出るまでに6時間ないことも結構多いです。

正直いって、この状況はどうしようもない。
この状況でも倒れないように自身のマネジメントはしますけど、そもそも無理です。この生活続けてりゃ、どんだけ頑張ったって、いつか倒れる。

なので、その生活をやめる方法を考えましょう。
会社の体制的に無理なら、会社やめるのも全然ありですよ。

結局はストレスマネジメントで一番大事なのは日ごろの生活習慣です。
ストレス解消でカラオケいったり、映画いったりするのは有効ですが一時的な効果しかないですからね。

みなさんも食事・睡眠・運動に気を付けて音楽活動を頑張りましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。