ミュージシャンが東京で住むのにおすすめな街を解説する

東京の風景

ぎたすけ

東京でミュージシャンが多い街っていうと高円寺とか下北沢ってイメージだけどな

たけしゃん

まあ、そのへんは憧れるよね。ただ家賃相場はかなり高いエリアだから何を優先するか考えて選んだほうが良いよ
この記事でわかること
  • 東京でミュージシャンが住む街の特徴
  • 東京でミュージシャンが住みやすい街

東京でミュージシャンが多く住む町

窓際の席

東京でミュージシャンが多く住んでいる街…というと大体決まってます。

  • 吉祥寺
  • 高円寺
  • 下北沢

この3カ所は世間的なイメージもミュージシャン、役者、芸人が住んでいる街という印象ですよね。

 

おしゃれな飲食店、アパレルショップ、ライブハウス、劇場などが多く存在し、都心までのアクセスも良好。

確かにミュージシャンが住むのに非常に便利な街なのです。

 

しかし、当たり前ですが家賃はかなり高いです。

1Kでオートロックがついていて、バス・トイレ別で…などよくある条件をつけていくと家賃8万円くらいはあっという間にいきます。

 

その一方で吉祥寺、高円寺、下北沢には安いぼろアパートも多いので住環境は妥協して憧れの街に住む!…という人も多いです。

 

次章では、ミュージシャンにおすすめしたい東京都内 4つのエリアを解説していきます。

それぞれのエリアのメリット・デメリットを説明していくので自身の優先順位に当てはまる街を探してみましょう。

東京でミュージシャンが住みやすい街

新宿

まずはミュージシャンが住みやすい街の条件を考えてみましょう。

  • 家賃が安い
  • 演奏できる場所が近くにある
  • 交通の便が良い
  • 楽器が弾ける物件がある

まあ、このへんですよね。

ただ、全部の条件を満たしているエリアはさすがにありません。

交通の便が良ければ家賃が高いですし、家賃が安いところはお店が少ない閑静な住宅地が多いです。

 

なので、上記の条件をある程度満たしている街の中から、あなたが優先したい条件によって住む場所を決めるのがベストです。

 

そして条件をある程度、満たしている街は下記4つのエリアです。

  1. 江古田エリア…楽器可能物件が多く、演奏できる店も多くて家賃はそこそこ
  2. 高円寺エリア…演奏できる店が多く、交通の便が良いが家賃は高め
  3. 登戸・狛江エリア…楽器可能物件があり、家賃が安め
  4. 立川・国分寺エリア…楽器可能物件があり、お店が多い

江古田エリア

ekodast006

メリット
  • 楽器演奏可能物件の数が都内No.1
  • 駅前にライブハウス、スタジオ、ジャズ・ブルースバーが多い
デメリット
  • 学生が多くて夜の駅前は少し騒がしい
  • 家賃相場は1K 6.6万円と普通くらい

西武池袋線沿線の江古田エリアです。

近隣に武蔵野音大があるため、楽器演奏可能な物件が東京都内で最も多いエリアです。

 

江古田駅前にはライブハウス、リハーサルスタジオ、ジャズ・ブルースバーなど音楽系のお店がそこそこあります。

飲食店やスーパーも多いので生活しやすいのも嬉しいですね。

 

そして、池袋まで7分で着く立地の良さの割に家賃相場も1Kで6.6万円くらいと高くもなく安くもないエリアです。

まあ、探したときの印象だと普通の1Kで7万円くらいです。

 

江古田駅が最寄の大学が2つあるので、完全な学生街です。

夜は学生がすごく多くて、駅前ロータリーはやや騒がしいですが住宅地と反対側なので騒音で困ることは少なそうです。

 

職場位置や音楽活動拠点が遠くなければ、家賃や住環境的に東京都内で最もミュージシャンが住みやすい街です。

高円寺エリア

koenjist004

メリット
  • ライブハウスやジャズ・ブルースバーがとにかく多い
  • ミュージシャン・役者・芸人の友達が作りやすい
  • 飲食店が多い
  • どこに行くにも交通の便が良い
デメリット
  • 夏などイベント時はとにかく人が多い
  • 家賃相場は1K 7.6万円と高め

JR中央線沿線の高円寺エリアです。

高円寺のエリアの良いところはとにかく音楽活動できる場所が近くに多いことです。

 

高円寺、荻久保でオープンマイクを定期開催しているお店が数店舗あるので、人前で演奏できる機会を作るのが非常に楽。

下北沢エリアはバンドマンには良いですが、シンガーソングライターだと意外と活動できるお店が少ないですからね。

 

また、JR中央線でどこでも出やすく、徒歩圏内に丸の内線 新高円寺駅があるので交通の便は非常に良いです。

 

反面、家賃は高めです。

相場では1K 7.6万円ですが、バス・トイレ別など普通の1Kを探すと8万円台が多いです。

駅から離れれば、そこそこ下がるので最もお手軽な妥協ポイントは駅からの距離ですね。

登戸・狛江エリア

komaest004

メリット
  • 楽器演奏可能物件が多い
  • リハーサルスタジオ・レコーディングスタジオがある
  • 下北沢と町田が近い
  • 家賃相場は1Kで狛江 6万円、登戸 6.2万円くらい 
デメリット
  • 交通の便はあまりよくない
  • 人前で演奏できるお店が最寄りにほとんどない

小田急沿線の登戸・狛江エリアです。

近くの百合丘と仙川に音大がある関係で楽器演奏可能物件がそこそこ存在します。

 

また、ライブハウスはないですがリハーサルスタジオとレコーディングスタジオが登戸・狛江それぞれにあります。

しかも、他の地域と比べて混んでいないので、地味に練習拠点としては選ばれやすい地域です。

 

交通の便は下北沢・町田に行くのが近いものの、ほかのエリアと比べて悪いです。

ただ、オープンマイクなどは町田・調布・宿河原にお店があるので音楽活動自体はそんなに困りません。

 

そして、登戸・狛江エリアは家賃が安いことが強みです。

特に狛江は各駅停車しか止まらないのもあり、1Kは5万円台でも普通にみつかります。

閑静な住宅街なので住みやすいのも良いところです。

僕も以前住んでましたが、良い街でした。

立川・国分寺エリア

tachikawastkita003

メリット
  • 楽器演奏可能物件が多い
  • 立川にライブハウスやスタジオが多い
  • 立川で何でも揃うので都心に出る必要がない
  • 家賃相場 1K 立川 7.1万円、国分寺 6.1万円と国分寺は安め 
デメリット
  • 都心に出ないといけないときが遠い

JR中央線の立川・国分寺エリアです。

近くに国立音大がある関係で楽器演奏可能物件が多いです。

 

そして立川が栄えているので、新宿などに出る必要もなく何でも立川で揃います。

ライブハウスなども多く、仕込み系セッションを頻繁に開催しているライブハウス CRAZY JAMもあるので演奏経験は積みやすいエリアです。

 

家賃相場も立川は便利なので高めですが、隣の日野や西立川なら5万円台でも物件を見つけやすいです。

 

反面、都心に出ないといけない場合に遠いです。

特に時給高めの仕事を探すと、どうしても新宿などに出る必要があるので職場選びがネックになりやすいです。

東京でミュージシャンが住みやすい街 まとめ

本を読んで勉強する人

  • ミュージシャンが多く住む、下北沢・高円寺・吉祥寺は家賃相場が高い
  • 家賃、住環境、交通の便など優先順位を決めて住むエリアを選ぼう
  • おすすめなのは楽器演奏可能物件が東京都内で最も多い江古田エリア

ぎたすけ

江古田か~。楽器演奏可能物件が多いって何か意外だったなぁ

たけしゃん

実は楽器演奏可能物件って特定エリアに集中してて、他にはほとんど存在しないんだよね。演奏可能物件を渡り歩いているから、かなり詳しくなっちゃったよ

東京でミュージシャンが住みやすい街についての解説でした!

ミュージシャンって、みんなお金がないのに家賃高いところ住んでる人が多いんですよね。

 

その分、住環境が悪い人も多いし、その街に本当に住む必要あるのか?と感じることも多いです。

最近は自宅からライブ配信やったり、自宅で音楽制作できると非常に有利ですから自宅の環境って大事です。

あなたが何を優先したいか?を今一度考えて、住むエリアに求める優先順位を決めるようにしましょう。