あなたに最適なギターを提案!弾き語りすとナビ

ギター・コード・ボイシング完全攻略をレビュー。ボイシングに特化したギターコードブック

ぎたすけ

ボイシングって音の配置の事だっけ?

たけしゃん

そうだよ。ギターでいうとコードフォームの選択ってことだね。この本はボイシングに特化した解説本だよ
この記事でわかること
  • ギター・コード・ボイシング完全攻略について
  • ギター・コード・ボイシング完全攻略のレビュー

ギター・コード・ボイシング完全攻略

ギターコードボイシング 表紙

  • ボイシングに特化したコードブック
  • ルート音の位置を基準にコードフォームを解説している
  • 基本的なコード知識が必要な中級者向けの本

ギターコードのボイシングに特化したコードブック、ギター・コード・ボイシング完全攻略

サブタイトルは「6~5弦ルートのみから卒業」となっており、4弦以下をルートにしたコードフォームをたくさん掲載しています。

 

コードフォームを丸暗記というよりは基本形からルート位置の移動でバリエーションを増やすための本です。

なので、基本形をわかっていないと買っても挫折しそうです。

目次

  1. 【基本】三和音と四和音
  2. 【発展】テンションとルート省略
  3. 【応用】コードの作り方とトップ・ノート活用
  4. 【実践】ポイント別のボイシング練習

①、②で基本コードに対する1弦~6弦ルートのコードフォームが掲載されています。

③以降はコード理論を交えて、自身でコードワークを研究する内容になっています。

コード掲載パターン

サンプルページ

汎用型コードブックとは違い、コードネームの記載はありません。

メジャー、マイナー、メジャーセブンス…といった構成音別での紹介です。

 

コード構成音別の基本形だけ覚えて、ルート位置は自分で決めてね…という方式です。

サンプルページの例で行くと6弦ルート①は3フレットで弾けばGですし、5フレットで弾けばAになります。

 

最初は何のこっちゃ…となりますが、最終的にはだれしもが構成音ごとの基本形を覚えてキーに合わせて平行移動させるようになります。

たけしゃん

初心者時代は基本形コードの丸暗記からスタートするので、基本形コードを一通り理解してから本書を買うと良いでしょう

ギター・コード・ボイシング完全攻略 レビュー

レビュー

はじめに総評すると「弾き語りよりはバンドアンサンブルのギタリスト向け」です。

掲載内容はベースやピアノがいてベース音を鳴らしてくれるからこそ、使えるものが多いです。

 

ただ、最近は弾き語りすともギターを多重録音することが多いです。

ギター2本を使って伴奏を考える際などにギター・コード・ボイシング完全攻略のコード知識を活用することで演奏幅が広がります。

ルート音をしっかり弾くギターとボイシングを変えてハイポジションを弾くギターに分けると効果的ですね。

情報量は多め

各構成音ごとに6弦ルート~1弦ルートまでコードフォームが記載されています。

コードフォームの数も1つの弦に対して2~9パターン掲載されているので、情報量は多いです。

 

また、構成音については種類が多くテンションコード含めて29種類と使うものはほぼ網羅しています。

各コードフォームをルート位置別で調べるのには役立ちます。

各コードフォームにメモがある

サンプルページ

コードフォームはルート位置ごとに6フォームほど掲載されています。

そして、6フォーム1つ1つに簡単なコメントがついています。

 

定番のコードフォームには「定番」とついており、活用しやすいのが嬉しいですね。

バンドアンサンブルのほうが活用しやすい

弾き語りだとルート音をちゃんと弾かないとコード感が出なくなり、演奏にまとまりがなくなりがちです。

なので、4~6弦にルート音を持っていきたいところです。

 

よって、1~3弦ルートのコードフォームは掲載されていますが、あまり使いません。

弾き語りのギター伴奏に幅を持たせたい…と本書を買ってもいまひとつ活用しきれない可能性が高いです。

 

逆にバンドアンサンブルであれば、ピアノやベースがいるためルート音の位置にこだわる必要はありません。

ギター・コード・ボイシング完全攻略に掲載された内容から更にルート音を省略する…など活用範囲が広いです。

 

昨今では弾き語りすとがDTMをやることは当たり前なので、弾き語り以外のギター伴奏も踏まえて活用すると良いでしょう。

ルートに縛られた演奏から抜け出せる

弾き語りすとでギター・コード・ボイシング完全攻略を読むべき理由はこれです。

ルートに縛られた演奏から抜け出せるヒントがあることです。

 

弾き語りばっかりやっていると、ルートの制約でお決まりのコードフォームになりがち。

また、コードに混ぜたメロディーラインを作れなかったりします。

 

ギター・コード・ボイシング完全攻略を参考に色んなルート位置でのコード進行に慣れると、もっと演奏に自由度が出ます。

伴奏に気の利いたオブリガートなども入れられるようになるので、ルートから解放された演奏にチャレンジしてみましょう。

オブリガート
主旋律を引き立てる短いフレーズのこと

ギター・コード・ボイシング完全攻略 まとめ

たくさんのペン

  • コードのボイシングに特化した本で1~6弦でルートを変えたフォームが載っている
  • 掲載パターンはコードネームでなく構成音別になっている
  • 基本的なコードフォームを理解した中級者向けの本

ぎたすけ

コードって必ずしも、構成音全部を弾かなくてもいいものなんだな

たけしゃん

そうだよ。ただ、弾き語りだと音数が少ないから省略もほどほどにしないとコード感なくなっちゃうから注意だね

ギター・コード・ボイシング完全攻略の解説でした。

 

エレキギターのほうがマッチしている本ではありますが、弾き語りだけやっているとコードに縛られがちです。

こういった、視点の本でルートに縛られない演奏にも慣れると幅が広がって良いですね。

関連記事

ギターコードブック おすすめランキングベスト5を解説

たくさんの本ギターコード本(コードブック) おすすめランキングベスト5を解説
音楽教室の無料体験レッスンに行ってみよう!

アコギを弾く男性

音楽理論と作曲・演奏を紐づけて学ぶにはプロに習うのが一番です。

マンツーマンでプロの講師に作曲・演奏を学ぶことで実践しながら音楽理論を体系的に学ぶことができます。

 

シアーミュージックは全国に校舎がある大手音楽教室なので、講師の質も高く安心です。

まずは30分の無料体験レッスンに行って、体感してみましょう。