ギター・コード・ボイシング完全攻略 ~書籍レビュー~

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です。

本日はギターの書籍レビューです。

コードの本はたくさん出ていますが、この本はボイシング攻略本です。
よく「同じコードでも5つは押さえ方を覚えておくことが大事」といいますね。

コード感を出しながらメロディーラインや効果的なオブリを入れるためには同じコードでも様々なポジションが必要なわけです。
そのために購入してみました。

表紙はエレキギターですが、アコギの方にも勧められる良書です。
それでは紹介していきましょう。

1. 本の概要

概要

まずは本書の概要からです。

臨機応変にコードを使いこなすボイシングの達人になれます!

コード・ネームを見てギターを弾く時、最も多いのが6弦か5弦のルートで押さえる人。でも例えば2弦がルートのコードとかもすぐに押さえられるようにしておけば、より演奏の幅が広がります。そしてひとつのルート位置でも複数の押さえ方を覚えておくとさらに便利ですよね。さらにルートをあえて押さえないフォームまで身につけられたらギター上級者。そんな風に「ルート位置」を軸に考えながら、状況に合ったいろいろなコードが押さえられるコード・ボイシングの達人になれる本です。“使える”コード・ダイアグラム+実際の演奏での使いこなしまでレクチャー。膨大なダイアグラムが掲載されているので、コード辞書的に活用してもOKです。

-公式商品説明から-

続いて目次。

■第1章【基本】三和音と四和音
三和音とは? 四和音とは?
◎6弦ルート~1弦ルートの“使える“ダイアグラム

■第2章【発展】テンションとルート省略
テンション・コードとは?
◎6弦ルート~1弦ルートの“使える“ダイアグラム
ルートを省略したコードについて
◎ルートを押さえない“使える“ダイアグラム

■第3章【応用】コードの作り方とトップ・ノート活用
コードを作ってみよう
◎“使える”オープン・コード

■第4章【実践】ポイント別のボイシング練習

コラム:コード・ネームを見てスムーズに弾くポイント

よく出てくるフレーズが「6~5弦ルートのみから卒業」

2. レビュー

writing-1434981-640x480

ではレビューへ移りましょう。
エレキギターを弾いている人とアコギの弾き語りをやっている人では読んでいて勉強できる部分がやや異なる印象です。

ここでは主にアコギ弾き語りの観点から本書を読み進めた感想を書いていきます。

2-1. 4弦ルートのフォームが勉強できる

まず、一番勉強になったのはここ。
他のコードブックも何冊か持っていますが、4弦ルートのコードフォームって意外と載ってないんですよね。

大体のコード本って3つフォームが載っていてメインは6弦、5弦。んで5弦ルートのコードフォームが2つ。
このパターンが多いかな。コードによって4弦ルートが登場する感じ。

だが、この本では4弦ルートのコードフォームが必ず出てきます。
アコギのコードフォームでも4弦ルートは実践的です。覚えておくと幅が広がりますね。

2-2. ほぼ全コード網羅している

この点は良いところと悪いところ両方です。
まず、全コード網羅していますがあくまでフォーム。CコードとかDコードといった書き方ではありません。

メジャー、マイナー、マイナーセブンスといった表記です。
このあたり、考え方が中級者以上です。

例えば6弦ルートのメジャーコードだと、フォーム例がいくつか載っているだけです。
「後は自分でルート位置は考えてコードを作ってね」というスタイルです。書いてあるフォームを6弦の1フレットで押さえればFだし、3フレットで抑えればGだよね。的な。

この感覚ってある程度、コード知識がないと無理。
上記の記載内容で言っていることがわからない人は本書買っても途中でポイしちゃいます。もうちょっと初級者向けの本を買いましょう。

逆に意味がわかる人には正直、この形式がもっとも効率的。
分厚いコード本買うより、この本1冊買って覚えたほうがよっぽど、たくさんのコード覚えられます。

ただ、情報は凄いんですけど「このフォームって使うことあんの?」っていうのも結構多いです。このへん省いていただいて、著者のコラムページを増やして欲しかったですね。

2-3. 3弦以下をルートとしたコードが覚えられる

続いて、こちらも良いところと悪いところ両方です。

大前提として1人で弾き語りとしてギターを弾く時に3弦以下をルートとするフォームは使いません。
何故ならベースも自分で鳴らす必要があるからです。

3弦以下をルートにしたフォームでは3弦ではベース音として高すぎますし、そもそもフォーム例を見てもルート音が最低音じゃないことが多々ありますので、1人で演奏するときに使用すると違うコードになってしまい、コード感が出ません。

なぜ、そんなコードを紹介しているのでしょう?

それは簡単でエレキギターで弾くことを想定しているからです。
エレキであれば基本はバンドですからベースがいます。

ベースがルート音を弾いていれば、ギターがベース音(最低音)をルート以外の音で弾いていても関係ないです。
例えばギターがCを弾いても、ベースがE音を弾けばバンド鳴っているコードはC/Eなんです。

なんだ、じゃあアコギには必要ないじゃん。
…と思った方。実はそんなことはありません。

例えば、アコギで弾いていたってベースやピアノとアンサンブルする時はあります。
そしてギター2本で演奏する時もあるでしょう。この時はベース音=ルート音を守る必要がなくなるので、3弦以下をルートとするコードフォームがわかると演奏に幅が出ます。

なので、こういった演奏にチャレンジする方には大いに役に立ちます。
逆に「俺はギター1本弾き語りしか、まだ考えていない」という人には本書は向きません。

2-4. コードフォームを自身で作れる

3章ではコードフォームを自分で作るコーナーが設けられています。
弾き語りで活用するのはイントロ、間奏、アウトロといった歌がないところです。

ギター1本だとベース音や3度の音を混ぜ、コード感を出しながらメロディーラインを弾く必要があるので規制のコードフォームに捕らわれず、メロディーラインに対応できる流動的なコードフォームを自身で作ることが重要です。

このあたりの知識を勉強し、理解すると弾き語りの演奏も飛躍的に成長できるでしょう。

3. まとめ

結論を言うと良書です!コードの本として1冊は持っていたい本ですね。

しかし、明らかに初心者向けではありません。中級者の人でも内容を全然理解できない人は多いでしょう。
買った時点での知識によっては全部読まずに投げ出してしまう可能性大ですので、買うタイミングは検討したほうが良いです。

  • 基本的なローコードは網羅している。
  • ハイコードも使ったボイシングを意識している
  • 規制曲を演奏する際に自分でコードの移調ができる
  • 演奏内容にメロディーラインを意識したフレーズを入れようとしている

これくらいはできる人が買ったほうがよいです。
逆に上記の点が出来る人でフレージングを意識して色んなコードフォームを覚えたいと思っている人にはこれ以上にオススメできる本を私は知りません。買いましょう。

アコギ弾き語りといっても昨今ではyoutubeの音源を見てもDTMでギター2本で音を重ねて音源を作ることが主流です。
その際にも非常に役立ちます。僕もお試しで本書を買ってみましたが想像以上に当たりでした。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。