ミックスボイスとは?広がる音域、出し方、活用しているアーティストを解説

ボーカル

ぎたすけ

ミックスボイスってボーカルの人が良く使う言葉だよな。意味はよくわからんけど

たけしゃん

高音を力強く綺麗に出すために必要なスキルってところかな。歌が上手い人は大抵は使っている気がするよ
この記事でわかること
  • ミックスボイスの基礎知識
  • ミックスボイスを活用しているアーティスト
  • ミックスボイスの練習方法

記事内で使う音域表記

音階の表記について

ミックスボイス

コンデンサーマイク

ミックスボイスとは地声と裏声の中間的な発声方法のこと。

地声で出すことが難しい高音域を力強く発声することができます。

 

プロアーティストではミックスボイスを活用している事例が多く、魅力的な高音には必要不可欠な存在にもなっています。

 

その一方でミックスボイスという言葉は非常に広義に使われており、曖昧な発声法でもあります。

よくあるミックスボイスの定義

  1. 表声と裏声の切り替えをスムーズに行う発声法
  2. 口腔と鼻腔の共鳴を混ぜ合わせる発声法
  3. 力強い高音域を出す発声法

最も認知されているミックスボイスの定義は③ですね。

ボイストレーナーの中でも言葉の便宜上使っているだけで、生徒とのコミュニケーションは実際の音を例に出してやり取りする人が多い印象です。

ミドルボイス

ミックスボイスと似た言葉でミドルボイスという言葉があります。

ミドルボイスは実声(地声の事)と仮声(裏声のこと)の概念で登場する言葉です。

実声の定義

  • チェストボイス…声帯の接触面を厚くし、低音域を出す発声。胸声とも呼ぶ
  • ミドルボイス…声帯の接触面を薄くし、中音域を出す発声。中声とも呼ぶ
  • ヘッドボイス…声帯の接触面を更に薄くし、高音域を出す発声。頭声とも呼ぶ

仮声の定義

  • 仮声…声帯の接触面を作らず、息が漏れた高音域を出す発声。裏声、ファイルセットと呼ぶ

…でミドルボイスの中音域というものが、先述のミックスボイスの定義③(力強い高音域を出す発声法)と同じ音域にあたります。

そんなわけで、ミドルボイス=ミックスボイスと解説しているトレーナーさんや書籍が多いわけです。

 

ミックスボイスは定義があやふやなので、本記事ではミックスボイス=ミドルボイス=力強い高音域を出す発声法という解釈で解説を進めていきます。

ミックスボイスというけど裏声とミックスしていない

ミックスボイスというと地声と裏声をミックスさせた中間的な発声と言われます。

…が実際は地声の延長線上にある発声がミックスボイスで裏声とミックスはさせていません。

 

地声と裏声は発生の仕方がそもそも異なり、地声は声帯の長さや声帯の接触面の厚さで音程差をつけています。

対して、裏声は声帯が全く接触しません。

 

…でミックスボイス(ミドルボイス)は声帯の接触面が薄い状態で発声しています。

なので、ミックスというよりは中間的な感じですね。

 

接触面が薄い状態でいかに音を安定させるか?がミックスボイスのポイントになります。

ミックスボイスの音域

ミックスボイスの音域

男性・女性でザックリ平均的なミックスボイスの音域は上記の通り。

個人差が激しいので、参考程度ではありますがJ-POPのよくある音域を見ても、これくらいの範囲です。

ミックスボイスの音域で書かれている最低音は地声とミックスボイスの切り替えポイントです。

この切り替えポイントを綺麗に伸ばすのが難しいです。

 

僕も切り替えポイントが一番苦手で…mid2 Gあたりですが、hi Aより綺麗に伸ばすのが大変です。

ミックスボイスを活用するアーティスト

バンドで演奏する

実際にミックスボイスがどんなものかを理解するにも聞いてみるのが早いですよね。

というわけで男性・女性 2組ずつミックスボイスを活用されているアーティストを紹介していきます。

秦基博

ミックスボイスを活用する歌手は多いですが、その中でもわかりやすいのが秦基博さんです。

参考動画の鱗ではサビ(1:22~)が地声とミックスボイスを行き来してます。

地声に近い、力強く伸びのある高音が素晴らしいです。

草野正宗(スピッツ)

裏声に近い繊細なミックスボイスを活用するのがスピッツの草野正宗さんです。

 

「いの段」「うの段」はミックスボイスで出しにくいものなんですけど、草野正宗さんは何でも綺麗に出てます。ものすごい安定度です。

なので、音域的にはすごい高いわけでもないのに高くて歌うのが辛いんですよね(苦笑)。

Superfly

女性アーティストで力強いミックスボイスといえばこの方、Superfly。

力強く抜けの良い高音が何とも気持ちいいですね。

 

ミックスボイスの習得はもちろん、共鳴のさせ方やブレスの安定などボーカリストとして様々な点を鍛えていかないと、これだけのパフォーマンスは難しいでしょうねぇ。すごい。

miwa

裏声寄りのミックスボイスを活用している、miwaさん。

高音域のミックスボイスは高音の成分が強く、細めな音質。

逆に裏声に芯があるため、かなり似通った音質になっています。

 

地声とミックスボイスの切り替えが上手くて、全音域通してクリアで綺麗な歌声です。

ミックスボイスの出し方

ボーカル

ミックスボイスを出すコツは声帯のコントロールができるようになることです。

声帯を長く細くした状態で声を安定させることで力強い高音が出せるようになります。

 

ミックスボイスは専門的なことを習わないと身につかない発声法ではありません。

むしろ、自分で声の出し方を試行錯誤することが大事です。

 

ボイトレに通っても、通わなくてもミックスボイス習得には自分で試行錯誤することが絶対に必要になってきます。

我流でやる人は喉を壊したり、変な癖がつかないようにだけ気を付けましょう。

裏声を鍛えよう

男性で多いのがチェストボイス(胸声)しかできないというケースです。

参考

  • チェストボイス…声帯の接触面を厚くし、低音域を出す発声。胸声とも呼ぶ
  • ミドルボイス…声帯の接触面を薄くし、中音域を出す発声。中声とも呼ぶ
  • ヘッドボイス…声帯の接触面を更に薄くし、高音域を出す発声。頭声とも呼ぶ

音域が上がってきてもチェストボイス(胸声)で発声していると、がなり声になって辛くなってきます。

 

この状況を打破するには声帯を細く長くして接触面を薄くした状態で発声する感覚を身に着けることが必要。

…で、その感覚を身に着けるには高い音を力まずに出す感覚を慣れることです。

 

つまりは裏声で高い音を出す練習をして力まずに高音を出せるように練習するということです。

チェストボイス(胸声)とは出し方が異なるので、その感覚を掴んで徐々に地声側に落としていくとスムーズです。

 

ドレミファソラシド~と音階で練習するのがシンプルで良いですが、楽曲で練習するのが最も楽ですね。

男性であれば、星野源さんなどの無理のない音域で裏声を多用するアーティストの楽曲で練習しましょう。

地声と裏声を行き来させよう

地声と裏声をいったり、きたりさせることで声帯をコントロールする力が身についてきます。

練習するには音階で練習するのが効率的です。

練習に使いやすいキー

ミックスボイスの練習

また、音階で練習するのが退屈…という方は地声と裏声を行き来する楽曲で練習でも良いでしょう。

男性なら星野源さん、森山直太朗さんあたりが多いです。

アーティストを真似よう

ミックスボイスを使っているアーティストで自分好みの音を出している人を真似ましょう。

選ぶアーティストは好みの高音を出しているアーティストにしましょう。

 

ラジオでSPITZの草野正宗さんが、どうやったら高音を出せるのか?という質問に

「歌っていれば馴染んできて、出せるようになる」

…と回答されていましたが、これはほんとにそうだと思います。

 

僕自身も秦基博さんが好きで、ずっと歌っていますがデビュー当初は高くて高音が出ないことが多かったです。

しかし、何年も歌っていると自然と出るようになってくるんですよね。

今では、秦基博さんの楽曲で高音に困ることはほとんどなくなりましたし。

 

ただし、高音をしぼり出してばかりいると喉がつぶれます。

前述の裏声の出し方も意識して、色んな発声方法を試行錯誤してみましょう。

ミックスボイス まとめ

コーヒー

  • ミックスボイスは定義が曖昧だが、力強い高音を出す発声方法と認識されることが多い
  • ミックスボイスといっても力強い音の人から細くて繊細な音の人もいる
  • 裏声の発声を練習して、色んな声帯の使い方を身に着けるのがミックスボイス習得のコツ

ぎたすけ

うーん、上手く出せないな。声がひっくり返っちゃうよ

たけしゃん

ひっくり返るならチェストボイスではない発声しているから一歩前進しているよ

ミックスボイスについての解説でした。

チェストボイスしか出してない状態からスタートする場合は気長にやったほうが良いです。

 

声帯の使い方を学ぶにも、声帯も筋肉なので色んな使い方で鍛える必要があります。

コツを掴めば、すぐできる!というわけでもないですからね。

 

ただ、使えると便利ですよね。

僕も高校生の時はmid2 G#が出なくて苦しんでいたのに、今ではhi Bとかも普通に出ますしね。

歌い込みと試行錯誤が大事だなぁと感じます。

 

自分の好きな歌を気持ちよく歌えるように…ボイストレーニングを日々重ねていきましょう。

ボイトレ無料体験レッスンに行ってみよう!

自分で自身の発声や歌い方を聴いて、直すのは難しいですよね。

マンツーマンのボイストレーニングではプロのボーカル講師があなたの発声や歌を聴いて、アドバイス・改善するためのトレーニングを提案してくれます。

 

シアーミュージックは全国に校舎がある大手音楽教室なので、講師の質も高く安心です。

まずは30分の無料体験レッスンに行って、体感してみましょう。