アコギ初心者が読んでおくべき、サイト5選!

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です。

今日はアコギ初心者の方が最初に読んでおくとよいサイトを5つほど紹介します。
最初は自分自身で書こうかとも思いましたが、どこのページも充実している記事が載っていますので、そこをまとめて紹介することにしました。

いやー、実はブログを始めてすぐに書こうとした記事ですが、書き出すと意外と難航してしまいました。

なお、各リンク紹介と合わせて、僕のコメントも書いて行きます。合わせて参考にしてください!

ちなみにアコギをまだ買っていないんだよって人は下記の記事から始めましょう。

初心者が初めてアコースティックギターを購入する際の選び方

2016.02.07

では、いってみましょう!

1.  弦交換のやり方

【初心者向け】アコースティックギターの弦交換! | なる楽器
弦交換のやり方のページはたくさんありますが、ここがわかりやすかったです。

ギターを弾いていると何回も何回もやる弦交換ですが、初回は結構難しいです。
僕の友達はエレキギターですが、弦交換したあとにアーミングしたらバッツン!って音がして全弦切れてしまいました。おそろしや。

個人的には最初の弦交換は近くの楽器屋さんにやってもらって、その時に一緒に習うのがよいです。
楽器屋さんに行くと弦のお金+1,000円くらいでやってくれます。僕も楽器屋の兄ちゃんに教えてもらいましたね。

今はyoutubeなどでも動画で弦交換の様子も見れるので、楽器屋さんで教えてもらうなんてないかもしれませんけどね。

2. ギターのメンテナンスについて

“アコースティックギターのお手入れ方法”初心者のためのアコースティックギターサイト k.natsu.brand.81
非常に読みづらいのが残念ですが、内容は一番よかったので、こちらのサイトご紹介します。

ただ、やっぱり文字だけで駄目だって人はこちらと合わせて読んでください。
初級/メンテナンスガイド

さて、ギターメンテナンスにおいて永遠と結論付けされないテーマ「弦を緩めるか緩めないか」も書かれています。

これはほんと好みの問題でいいと思う。
専門家のリペアマンも人によって言うことが違うくらいです。明確な正解はないでしょう。

よく、言われるのは自身が住んでいる土地の環境によって緩めるか緩めないか変わるという話です。
ここまで来ると、わかんねーよってレベルですが、しばらく弾かない時は弦は緩めた方がよいくらいしか言えませんな。

3. アコギ初心者入門

アコースティックギター初心者入門講座|基本テクニック by J-Guitar.com
ここからはようやく演奏についてです。
このサイトは僕も今でもたまに読むサイトですが初心者~上級者向けまで幅広い記事が用意されている良サイトです。

文章での講座にサンプル音源などもついており、情報が充実しています。
今ならスマホでも見れるだろうし、このサイト見れば教則本いらないんじゃないかというくらいです。

初心者を脱出した後も、ずっとお世話になるサイトでしょう。オススメです。

4. Fコード攻略

Fコードの押さえ方と攻略法/初心者集まれ!指板図くんのギター・コード講座 第19回 | 指板図くんのギター・コード講座 | ギター・マガジン
3.で紹介したサイトにもあることはあるのですが、需要が高そうなので「Fコードについて」切り出しました。

ギター初心者の最初の壁として、あまりにも有名なFコード。
その、Fコードをどのように攻略していけばいいのかという部分にフォーカスした記事です。

僕は省略コード使えばいいと思うんですけどね。紹介したページでも一番最後に付録として省略コードの紹介がされています。
省略コードがFコード攻略記事のトップでもいいくらいですけど、それだと誰も読みに来ないか(笑)

というのはFコードを始め立ての人が弾くのは無理があるんです。
指の皮も硬くなっていないし、ギターの握りもなれていないし。

ギターマンはみんなFコードの壁を越えてきていますが、Fコードだけを何時間も何時間も練習して弾けるようになったわけではないでしょう。
大抵は「最初は弾けなかったけど、気づいたらFコードもできるようになっていた」だと思いますよ。

ある程度、弾いていけば指の皮も硬くなってFコードを押さえるための土台ができてくるんです。
それから挑戦すれば、比較的簡単にFコードを抑えられますよ。ただ、土台ができるまで数ヶ月かかりますけどね。

それにFコードができたって壁はいっぱいあるんです。Bコード、Fmコードとか。
おそらく、最初はみんなCキーの曲を練習するからFコードが壁になっているんでしょうけどね。

ちなみに、その点に触れたこの記事が少し面白かったです。
ギター初心者はCコードから覚えてはいけない

GメジャースケールにおけるBmの登場頻度も相当なもんだから、大して変わらない気もしますが面白い発想だなと思いました。

とにかく、ギターって最初はつまんないから、少しでもつまらなさをなくしたほうがよいです。
Fコードは省略コードでしばらくやりすごして、一刻も早く1曲弾けるようになりましょう。それだけで挫折する確率がずいぶん下がります。

5. 最初の練習曲を選ぶ

たった1日で弾ける!ギター初心者でも弾ける曲!
最後はこれ。最初の練習曲。僕は確かスピッツのチェリーでした。

このページでは下記の3曲が紹介されています。

  • Dragon Night/SEKAI NO OWARI
  • 赤い糸/コブクロ
  • 粉雪/レミオロメン

微妙なのか絶妙なのか、何ともいえない選曲です。
簡単に弾けるを基準に選ばれているので、選曲を言っても意味がないですけど。

コブクロが間に入っているのが何とも絶妙ですね。
初めて練習する曲が「ドラグナイ」なのもなんだかなぁ、でも粉雪は高くて出ないし。そんなところでちょうどよくコブクロが入っていてて地味に考えられている面白い選曲です(笑)

初めて練習した曲は意外と大事です。なんといっても、質問されますから(笑)

あまり、変な曲を選ぶと後で経歴詐称するハメになりかねませんので、ちゃんと考えて「あ~いいね~」なんて言ってもらえる無難な曲を選びましょう(笑)
掴みが欲しい人は逆に笑えそうな曲を選びましょう。

6. 最後に

さてさて、今日はアコギ初心者が読んでおくべき、サイト5選でした。

この記事を書くのに色んなサイトを見て回りましたが、すごいですね。ほんとに教則本買う必要ないくらいに情報量がありました。

ただ、どのサイトの情報が正しいかもわからないでしょうから、教則本を買うのが無難ですけどね。
サイトで情報を得て頑張ろうと言う方は是非、この記事を参考にしてください。

Fコードのくだりで触れましたが、ギターは最初つまらないです。曲を通して弾けるようになるまでにたいていの人はやめてしまいます。
だから、マイペースにやりましょう。

難しいところが出てきたら、いきなりクリアしようとせずに避けて通る方法はないか考える方がよいです。
その代表例がFコード。省略コードでいいので、1曲通してできるようになることを優先しましょう。レパートリーが増えてくればFコードを練習することも苦じゃなくなります、自然と弾けるようになっているもんです。

繰り返しですが、マイペースが大事ですよ。焦らず、焦らず。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。