あなたに最適なギターを提案!弾き語りすとナビ

音楽理論がいらないと言われる理由と勉強すべきタイミングを解説

本とコーヒー

ぎたすけ

シンガーソングライターでも音楽理論に詳しい人と全く知らない人に分かれるよな

たけしゃん

まあ、理論として体系的に覚えているか感覚で使っているかの違いでしかないんだけどね
この記事でわかること
  • 音楽理論がいらないと言われる理由
  • 音楽理論を勉強するタイミング
  • 弾き語りにおける音楽理論の必要性

音楽理論がいらないと言われる理由

本と葉っぱ

たけしゃん

まあ、音楽理論はいらないって人も体系的に学んでないだけで無意識に使ってはいるんですけどね

ポップスにおける音楽理論とは「よく使うパターンや手法を整理して明文化したもの」でしかありません。

なので、音楽理論を学ばないとできない作曲、編曲、演奏というものは存在しません。

 

「音楽理論なんか知らなくても作曲はできる」

「音楽理論なんか知らなくてもアドリブでギターソロは弾ける」

 

まさにその通りなんです。

音楽理論を学ばないとできない音楽など存在しない。

これが音楽理論がいらないと言われる理由です。

音楽理論を勉強するより演奏して身に着けたほうが早いが…

英語を覚えるときに勉強するより、日頃から英語を使う環境に行ったほうが覚えるのは早い…とよく言いますよね。

音楽も同じで理論を勉強するより、様々な音楽を演奏したほうが音楽の方程式を早く理解できます。

 

コードやスケールを勉強して、たくさん覚えたところでアドリブはできるようにはなりません。

アドリブができるようになるにはアドリブソロを何回もやってみることが重要です。

実践することこそ、何にも勝る勉強だということですね。

 

しかし…やることが複雑になって、時間をかけて作るようなものになると頭の中だけで解決していくのは難しくなっていきます。

英語の例えで言うなら、話すまでは感性・経験で身に付けられるものの英文を書く…となると文法を勉強せずには対応できません。

 

音楽も同じで楽譜を書くのはもちろん、作曲・編曲で工夫を凝らすにも頭の中だけでやるには限界があります。

人間の頭の容量など、たかが知れています。

自然と活用するパターンが固定されてきて、ワンパターン化してしまいがち。

音楽理論は知識・経験を整理するためのもの

改めてですが、ポップスにおける音楽理論とは「よく使うパターンや手法を明文化したもの」です。

なので、演奏経験が豊富な人が音楽理論を勉強すると既に知っていることばかりです。

 

しかし、明文化されているというのはすごいことなんです。

物事に名称がついていたり、図解になっていたりするだけで記憶できる量は圧倒的に多くなります

久々に使う知識でうろ覚えになっても「あれって、確か〇〇ページに書いてあったよな…」と本を調べれば良くなります。

 

また、自分がまだ経験したことない理論に出会うことも多いので引き出しを増やすことにもつながります。

すると、自身のこれまで身に着けてきた知識や経験と組み合わせることができます。

 

音楽理論を学ぶことで何かができるようになる…というよりはこれまでの自分の知識・経験をフル活用するためにこそ音楽理論は存在するものです。

音楽理論を勉強するタイミング

本を読んで勉強する人

たけしゃん

音楽理論で解決できるものをある程度は明確にしてから考えるのが良いですね。初めの一歩の段階だと役に立たないことが多いです

音楽理論を勉強するタイミングは自身が音楽理論を必要と感じたタイミングがベストです。

なぜなら、音楽理論だけ勉強しても身につかないからです。

演奏や作編曲の実践とのセットでやる必要があります。

 

ただし、音楽理論で解決できるものかどうか?はちゃんと考えたほうが良いです。

巷で言われるほど、音楽理論で解決できる範囲って広くはないです。

音楽理論は0を1にはできないが1を10にはできる

例えば、作曲ができないから音楽理論を勉強する…というのはよくある動機ですが、音楽理論を勉強しただけでは作曲自体ができるようにはなりません。

 

作曲自体が出来ない場合は下手でも模倣でもいいので、地道に試行錯誤して完成まで辿り着くしかありません。

作曲がある程度、出来るようになった後にバリエーションを増やしたい…という人には音楽理論は役に立ちます。

ポップスにおける音楽理論とは「よく使うパターンや手法を明文化したもの」ですからね。

 

なので、音楽理論を勉強するタイミングとしては、早くても0から1(作曲でいえば1曲作る)は乗り越えた後が良いですね。

感覚を知識に落とし込むのが理想

音楽理論を学ぶときの理想形は

「あ、この手法ってこんな名前だったんだ」…と感覚でやっていたものを知識に落とし込んでいくパターンです。

覚えるのも早いですし、実践への活用範囲も広がります。

 

この理想パターンで音楽理論を学ぶためには日頃から演奏なり、作曲なりをこなしていることが重要です。

日頃から色々とやってみて、自身が行き詰ったときに音楽理論を勉強すると理想パターンになりやすいです。

作曲なら10曲くらい作った後が頃合い

ザックリの指標ですけど、自身で10曲くらい作曲した後が音楽理論を勉強する頃合いです。

10曲くらい書くと、同じようなメロディーやリズムの曲が増えて行き詰ってきます。

すると、音楽理論を勉強する必要を自身でも感じやすいタイミングになります。

 

また、作曲するための基本パターンも10曲作ってれば出来てくるので、音楽本に書かれている技法やパターンを取り入れて曲を作ることもやりやすいです。

 

ただ、10曲作った後もスイスイと曲が出来て困っていないなら音楽理論を勉強する必要はさほどないです。

しかし、10曲作った後もスイスイ曲を作れる人は同じような曲ばっかり作っていることに気が付いていないことも多いです。

客観的視点で曲を聴くようにしましょう。

弾き語りにおける音楽理論の必要性

ギターを弾く男女

たけしゃん

そんなに深いところの知識までは必要ないですが、知っていて損はないです

弾き語りをやるのに音楽理論を勉強する必要があるか?

…というと、作曲などと一緒で必要を感じたら勉強するべし…といったレベルです。

 

ただ、作編曲と比べると音楽理論を必要と感じることが少ないため、勉強している人も少ないです。

プロのシンガーソングライターでも音楽理論はよくわからないって言っている人も普通にいます。

 

特に趣味で弾き語りをやる人は堅苦しく考えるより、楽しく演奏することが大事です。

演奏をしていく上で必要になったら、勉強する程度のスタンスが良いです。

弾き語りで音楽理論を活用する場面

  • 作曲するとき
  • 伴奏アレンジを考えるとき
  • 耳コピするとき

弾き語りをしていて、音楽理論を知っていると便利と感じる場面は主に上記の3パターン。

 

作曲と伴奏アレンジはイメージが付きやすいですよね。

多彩なコード進行やコード進行につけるメロディーラインを操るのに音楽理論を勉強したほうが有利です。

ワンパターン化に悩むタイミングで勉強するのが良いでしょう。

 

耳コピはコード進行を推理するのに使います。

耳コピは実際のところ 6~7割くらいはコード進行とメロディーラインからの推理で音を特定します。

膨大なコードパターンを覚えるには音楽理論を絡めて頭の中を整理したほうが良いです。

弾き語りで使う音楽理論

音楽理論の基礎中の基礎ですが、この3つは作曲やギターアレンジをやると必ず通るものです。

逆に言うと、この3つをちゃんと理解しておけば、趣味で弾き語りをやっている範囲なら困ることはほとんどありません。

 

3つとも無意識に使っていることが多いので、音楽本を読むと割とすんなり理解することができます。

他の理論は自身がやる音楽に応じて、必要なものを色々と勉強していくと良いでしょう。

音楽理論がいらないと言われる理由 まとめ

植物と机

  • 音楽理論がいらないと言われる理由は感覚だけで、できない音楽は存在しないから
  • しかし、複雑になったり、じっくり練り上げるものほど感覚だけでは対応できない
  • 自身の知識や経験をフル活用するために必要となるのが音楽理論

ぎたすけ

なるほど。音楽理論は自分の力をフルに発揮するためにあるんだな!

たけしゃん

そうだね。仕事でも感覚でやってたものをマニュアル化すると効率や成果が一気に上がったりするけど、同じようなもんだよ

音楽理論がいらないと言われる理由についての解説でした!

 

必須ではないけど、身に着けると必ず役に立つのが音楽理論です。

ただし、作曲や演奏の実践が音楽理論を習得する基礎となるので日頃から音楽に触れることがポイント。

 

色んな楽曲をたくさんコピーして、たくさん曲を作ってみて…。

その繰り返しの中でたまに音楽理論を勉強して頭の中を整理する時間を作ると非常に効果的です。