アコギ用プリアンプの必要性と選び方。外付けプリの利便性を解説

「アコギにプリアンプ通すと音が良くなる?」

本日はアコギ用のプリアンプ特集です。

アコギ弾き語りだとプリアンプって何?ってなる人が多いでしょう。

ライブハウスに出演していると、他の弾き語りプレイヤーがプリアンプを使っている場面を見かけます。

僕も漏れなく使ってますが、使用するかしないかは人によってマチマチ。

 

「あれは何のために使っているんだろう?」

「プリアンプをつければ音が本当によくなるんだろうか?」

今日はそんな疑問を解決しつつ、定番プリアンプを紹介していきます。

プリアンプとは

sound-equipment-1423548-640x480

エレキギターをやっている人や音響機材が好きな人には馴染みの言葉ですが、一般的に知られていない機材。

それが「プリアンプ」です。

pre = 予め
amp = 増幅する

つまり、プリアンプとは音をアンプやスピーカーから出す前に予め増幅するための機械です。

 

プリアンプには音を増幅させる(音量を稼ぐ)機能もありますが、主たる役割は音を整えることです。

ピックアップで拾った音は小さいので、アンプやスピーカー内のパワーアンプで増幅する必要があります。

しかし、そのまま増幅するとノイズが多く鳴ってしまいます。

エレキギターを想像していただくとわかるでしょう。

 

そこでパワーアンプの前にプリアンプを置いて、音を整えて増幅するというわけです。

プリアンプ側の回路でノイズを抑えた出力形式に変えて音を増幅させる。

その後にパワーアンプで増幅させた時にもノイズが少ない状態で大きな音が出力できるようになるわけです。

パッシブとアクティブ

まずはここから。

簡単に言うとプリアンプを通さないで出力する形式をパッシブ。プリアンプを通す場合をアクティブと呼びます。

 

ピックアップの製品購入する際も「アクティブ」と「パッシブ」と明記されています。

アクティブはつまり、そのピックアップ製品にプリアンプも内臓されているということです。

 

アコギに関してはエレキギターやベースと異なり、プリアンプは必須と言ってよいです。

じゃあ、パッシブは駄目なのねというと、そんなわけでもありません。

 

パッシブを買ったら、外付けのプリアンプを購入すればよいだけです。

ピックアップに内蔵されているプリアンプは質が悪いものも多いです。

 

というのも、外付け品に比べると価格を抑える必要もあります。

何よりギター内臓になるので、スペースがありません。

かなり、コンパクトにまとめる必要があるので、機能性に難が出ます。

 

ピックアップ初期装備のエレアコ品となると製作の段階でピックアップ搭載を意識してます。

そのため、ギターサイドを削り、スペースを確保してプリアンプのコントローラーまでつけているようなタイプもあります。

そうなると、プリアンプの質が外付け品に負けていないこともあります。

IMG_0325

こんな感じで初期装備品は木を切り取ってスペース確保されてたりします。

パッシブとアクティブの見分け方

買った時の箱を見れば書いてあります。

たまに捨てちゃってわからないと言う人がいるので、おまけで紹介しておきましょう。

これは簡単です。

電池が必要なものはアクティブ。必要でないものはパッシブです。

ピックアップはコイルと磁石の力で動くので電池なしで稼動しますが、プリアンプは電池無しでは動きません。

外付けを選択する理由

usb-portable-hd-1535873-639x426

続いて、外付けプリアンプの優位性についてです。

プリアンプ内臓のピックアップ製品が多く売られています。

しかも初期装備のエレアコはプリアンプ内臓のアクティブが主流です。

その中で何故、外付けプリアンプを買う人がいるのでしょうか。

音質を調整したい

プリアンプにはEQ(イコライザー)など、音質調整できる機能がついています。

しかし、プリアンプ内蔵型ピックアップはスペースがないので基本的に音量ボリュームしかついていません。

外付けプリアンプであれば、高機能なEQからモデリング機能などがついている製品まであります。

 

自身で積極的に音をいじりたい人は外付けプリアンプを選択することが多いでしょう。

 

僕はパッシブのエレアコを一つ持っているので、それ用で外付けプリアンプを持っています。

でも、アクティブのエレアコを使うときも、音質調整を理由に外付けプリアンプを使うときもあります。

 

PAさんにお任せできる環境だと必要なかったりしますが、そもそもPAがいない環境などもあります。

そういったときはステージ上で音を調整できるので、便利です。

アクティブとパッシブを選択したい

パッシブにはパッシブのいいところがあります。

それはナチュラルな音ということです。プリアンプを通すと、どうしてもプリアンプの色が出ます。

できるだけ、ナチュラルな音でやりたい。そんな方に外付けプリアンプです。

 

レコーディングや小規模スペースの弾き語りライブ時はパッシブで演奏を行い、それ以上の場合は外付けプリアンプを使うことで両対応できます。

ちなみに僕の場合はレコーディングや小規模ライブはマイク一択なので、パッシブを選択したいと思ったことはないです。
※マイクは電源がいるのでプリアンプ必須です。

内臓プリアンプの音が不満

おそらくは外付けプリアンプに手を出そうと考える人の一番のきっかけは内臓プリアンプへの不満でしょう。

  • 音量を上げると音が細くなる
  • 音量を上げるとノイズが載る
  • 小規模PAシステムだと音量が足りない

などなど。

全て、外付けプリアンプで解決できることがあります。

そもそも、内臓プリアンプと外付けプリアンプを二重で使うのはよいの?という疑問がよく出ます。

僕の経験談から言えば、問題ないです。

 

僕もサブギターは「L.R.Baggs/ELEMENT ACTIVE 」に外付けプリアンプを使っています。

この構成で音痩せしたりしないです。

むしろ、ELEMENT ACTIVEのプリアンプだけだと音が細いです。

 

補強やノイズ抑制という意味で外付けプリアンプを使うのであれば、極力音量は外付けプリアンプ側で上げましょう。

内臓プリアンプで増幅させてしまうと意味がないです。

EQ機能がついている内臓プリアンプの時も内臓側はフラットにし、外付け側で調整しましょう。

 

つまりは活かしたいプリアンプ側で調整し、殺したいほうは最小限にしましょうってことです。

プリアンプの二重接続には賛否両論あると思いますが、今の内臓プリアンプに不満があるなら外付けプリアンプ付け足しの検討をしてみる価値はあるでしょう。

 

ピックアップ特集時に参考動画を紹介させてもらった秦基博さんもActiveのM1と外付けプリアンプのプリアンプ二重接続を選択しています。

おすすめ【参考記事】アコギ用ピックアップの選び方

もちろん、コスト面でも一番いいのは不満なく内臓プリアンプだけで済むことですけどね。

外付けプリアンプの定番機種

ようやく、定番機種の紹介です。

純粋に音を増幅させることに特化したプリアンプと積極的な音作りを意識したプリアンプをそれぞれ紹介します。

L.R.Baggs/PARA ACOUSTIC D.I.

トップバッターはL.R.BaggsのPARA ACOUSTIC D.I.です。

通称「パラアコ」と呼ばれています。

おそらくパラアコが最もポピュラーな外付けプリアンプでしょう。

ベストセラー商品です。

弾き語り系のライブハウスなら、パラアコといえば通じるレベルです。

僕も使っています。

特徴はというと原音に忠実です。純粋に音を増幅してくれます。音痩せもありません。

よく太くなるなんて言うんですけど、太くなるというか細くならないという印象です。

 

前章で少し触れましたが、僕は「L.R.Baggs/ELEMENT ACTIVE 」+ パラアコという組み合わせを使っています。

パラアコを入れることで太くなるというよりはELEMENT ACTIVEの内臓プリアンプだと音が気持ち細くなるから、極力内臓プリでは増幅させず、パラアコで増幅させている。

そんなイメージです。

音の調整としてEQ、ノッチ(特定の音域だけ消す機能)がついています。

EQの効きも非常によいです。

 

ちなみにD.I機能もついてます。

なので、ライブハウスで使うときはライブハウス側のD.Iを外して、パラアコを接続しましょう。

D.Iは二重接続NGです。

これも、PAさんに「パラアコ使います」とだけ言えば、大抵意味が通じます。

D.Iについては下記の記事に記載していますので、必要に応じて参照してください。

これで安心!弾き語りライブをするために必要な知識をまるごと解説

今のギターの音を基に持ち上げたい、良くしたいという考えでプリアンプをお探しの方はパラアコを推奨します。

今のギターの音を根本的に変えるような音作りをしたい人は後述のプリアンプを選択しましょう。

L.R.Baggs/Venue DI

L.R.Baggsからもう1品、紹介します。

こちらのVenue DIはパラアコの後発品です。

パラアコを基本として、ライブに必要な機能を追加したという位置付けです。

パラアコから追加された主な機能としては「チューナー」と「クリーンブースト」機能です。

他に細かいところでバッテリー残量が見えるようになったりしています。

 

チューナーはクロマチックチューナー(クロマチックチューナーって何って方はこちら) でペダルを踏めばギターの音をミュートできます。

クリーンブーストはもう一つのペダルでOn/Off選べるので曲中にギターの音量を上げたい時に便利です。

 

僕も使ったことありますけど、非常に便利。

だって、僕はパラアコと別でライブ用にペダルチューナーとクリーンブースター買ってますからね(笑)

つまり、Venue DI買ってれば、これ1台で済んだということです。

パラアコ買った当時はまだ発売されていなかったんですけどね。

音もパラアコと同じく、原音を忠実に増幅してくれるタイプです。

ペダルチューナーとクリーブースターを使う可能性がある人はパラアコよりもこちらをオススメします。

FISHMAN / AURA SPECTRUM DI

ここから、Fishmanです。

代表機種であるAURAの最新版です。

基本的な機能はL.R.BaggsのVenue DIと同様ですが、特筆すべき機能が1つあります。

 

それが、ブレンド機能です。

ギターのピックアップが拾ってきた音と、それに対応してAURAイメージで作られた音色をブレンドできるのです。

※AURAイメージとは・・・ピックアップで拾われたアコースティック・ギターのサウンドをマイク(ロフォン)で収音されたサウンドに変換する技術。

YAMAHAの商品紹介ページより-

AURAイメージで作られた音は自然な音ですね。つまみでモデリングの音色を変えられます。

Venue DIと後述するBoss AD-8のいいとこ取りした製品ですね。

ピックアップでデュアルシステムを選択しなかった方には最良の選択肢な気がします。

逆にデュアルシステムを選択した方には、あまり必要ない機能ですね。

ちなみに僕のメインギターであるTaylorのピックアップ&内臓プリアンプはFishmanのPREFIXというものがついています。

おそらくはプリアンプの性質としてはAURAと同じだと思います。

そうであればAURAも非常に高品質です。

EQの効きはパラアコのほうがよいと感じますが、どちらでも十分な品質でしょう。

BOSS/AD-8

最後はBOSSのAD-8です。

こちらも昔から販売されているベストセラー商品です。

以前は純粋に良質なプリアンプが欲しければ「パラアコ」、積極的な音作りをしたいなら「AD-8」という風にジャンル分けされていたイメージです。

 

こちらも上記のAURAと同様にピックアップで拾われた音からAD-8内でマイクで拾った音に変換することができます。

モデリングの音色でギターのサイズ、マイクの種類、弦の鳴り方などを調節できます。

そして、AD-8にはリバーブ機能がついています。リバーブを自身で調整できます。

AD-8とAURAの違いとしてはAD-8ではモデリングしたセットを何種類かメモリーして、フットペダルで呼び出せます。

その他、EQ機能やチューナー機能もついています。

AD-8はプリアンプというよりはエフェクターという表現が適しています。

まとめ

  • プリアンプはノイズが少なく音量を持ち上げることができる
  • ピックアップ内臓のプリアンプを高機能化したのが外付けプリアンプ
  • 外付けは音質を整えるタイプと音質を積極的に変える2タイプがある

まとめると、こんなところでしょうか。

必須品ではないですが、あると便利なプリアンプ。

自身のピックアップの音に不満があるときはピックアップの交換と共に外付けプリアンプの購入検討もするといいでしょう。

※ピックアップの選び方についてはは下記の記事を参照してください

おすすめ【参考記事】アコギ用ピックアップの選び方

 

ピックアップ交換と異なり、外付けプリアンプであればお店で試奏できます。

自身のギターを持参して楽器店で試してみるのがよいでしょう。

ライブに出るときはプリアンプ用の予備の電池を忘れないようにしましょう。

以上、長い記事を読んでくれてありがとうございます!