アコギ用ピックアップの選び方。種類別にプロの演奏動画付きで解説

「アコギをエレアコにしたいけど、どのピックアップがいいのか」

今日は後付ピックアップの選び方です。

僕は最初のギターをエレアコ化するために後付ピックアップをつけましたが、失敗しました。

 

次のギターでは教訓を活かしてピックアップ初期装備のエレアコを購入しました。

エレアコを選ぶ過程でピックアップ選びも相当こだわりました。

その中で学んだ知識や経験を基にピックアップ毎の特性や選び方を書いていきます。

後付けピックアップを選ぶ時は自分の演奏スタイルに合う選択肢をチョイスできるよう、色々と勉強して臨みましょう。

ピックアップの種類

まず、ピックアップとは振動を拾う装置のことです。

ピックアップで拾われた振動がアンプにいって増幅されて出力されるというわけです。

エレアコと呼ばれるギターはピックアップが搭載されたアコースティックギターを指します。

アコギ用のピックアップは大きく分けて下記の3種類です。

マイクは厳密に言えばピックアップではありませんが、用途は一緒なのでピックアップと含めて説明します。

Point

  1. ピエゾピックアップ
  2. マグネットピックアップ
  3. コンデンサーマイク

次章で上記3種について掘り下げていきますが、初めに特徴をまとめてみましょう。

 音質音量対ハウリング
ピエゾ
マグネット
 コンデンサーマイク×

注意
スマホで表が全表示されない方は横画面で見てください

とまあ、ざっくり書けばこんな感じ。

それでは細かく掘り下げていきましょう。

ピックアップ別解説

それで前章とご紹介したピエゾPU、マグネットPU、コンデンサーマイクを1種類ずつ掘り下げて紹介していきましょう。

なお、各種ピックアップの構造などについては触れません。

シンプルに出音について触れていきます。

構造について勉強したい方はまずはアコギピックアップについて知ろうを参照ください。

ピエゾPU

 音質音量対ハウリング
ピエゾ
マグネット
 コンデンサーマイク×

最初はピエゾPUからですね。

恐らく、最もポピュラーなピックアップです。

種類も豊富で価格帯も5,000円~30,000円程度まであって選択肢が豊富です。

ピエゾの中でも設置場所によって呼び名が異なります。

ブリッジのサドル下に設置するものをインブリッジPU。

他の場所に貼り付けるものをコンタクトPUと呼びます。

 

コンタクトPUはギターを叩く音も拾ってくれます。

しかし、取り付け位置によって音が変わり、ハウリングしやすくなることもあります。

そのギターの特性を分かっていないと難しいです。

 

ギターを打楽器のように使うわけではなければ、ポピュラーなインブリッジPUを選択するのが無難です。

なお、Gibsonビンテージギターはサドルを交換しないとインブリッジPUが載せられません。

ご注意ください。

【参考記事】Gibsonのビンテージギターに適したピックアップとはcheck

① 音質

高音が自然な鳴りじゃなく、ピエゾくさいなんて表現を使われたりします。

個人的には、そこまで嫌いな音ではないですが、ピエゾPUだと音を聴いていてわかります。

それくらい特徴はありますね。

…といっても言葉じゃわからないので聴いていただきましょう!

MEMO
この動画ではMartin D-28にFishmanのインブリッジのピエゾPUを入れたギターを使用されています。

② 音量

ピエゾ自体は出力が弱いですが、内蔵プリアンプで出力を上げています。

音量は全く問題ないです。

バンドの中に入っても、存在感を出せます。

 

ちなみに秦さんは上記の動画当時はGibson J-45にL.R.BaggsのM1というマグネットPUをつけた機種をメインギターで使っていましたが、バンドの時はMartinを好んで使っていました。

インタビューでMartinのギターを買った理由も「バンドのワンマンライブが増えてきた時にピエゾ・ピックアップシステムのギターが必要になった」と答えていました。

 

マグネットPUってプリアンプの出力を弱めに設定されている気がするんですよね。

大ホールでやるとなるとピエゾが有利なのかもしれません。

③ 対ハウリング

ピエゾはマグネットほどではないですが、ハウリングにも強いです。

ただし、同じピエゾでもコンタクトPUはハウリングに強くはないので気をつけてください。

インブリッジPUなら、普通に活動していて困ることはないでしょう。

④ 代表的な製品

まずはおさらいでピエゾのまとめ。

まとめ

  • ピエゾにはインブリッジとコンタクトの2種類がある。
  • 弾き語り使用なら基本的にインブリッジが良い
  • バンドに埋もれない高出力。ハウリングにも強い
  • 音質は高音が強く、ややナチュラルではない。

…で、ピエゾピックアップの中でも定番機種である「L.R.Baggs/i BEAM Active」「Fishman/Matrix Infinity」をご紹介しておきます。

よくわからなければ、このあたりなら無難で間違いないです。

店員さんも自然とこのあたりを勧めてくるでしょう。

L.R.Baggs
¥23,199 (2018/07/17 16:26:31時点 Amazon調べ-詳細)

マグネットPU

 音質音量対ハウリング
ピエゾ
マグネット
 コンデンサーマイク×

続いてマグネットPUです。

マグネットPUはピエゾほど普及率は高くないものの、機種はたくさんあります。

こちらはピエゾより価格帯が高く10,000円~50,000円程度です。

マグネットPUはサウンドホール上に取り付けするので見た目で一発でわかります。

画像はL.R.BagesのM-1。

また、ピエゾPUと異なり本体に穴を開けなくても設置可能な機種もあります。

① 音質

一言で言えばエレキギターのような音です。

ピエゾより更にアコースティック的な音ではありません。

ただ、これも音が悪いかというとそうでもないんですよね。

言葉で言ってもしょうがないですから、これも聴いていただきましょう。

秦基博さん再登場です。

今度はGibson J-45にマグネットPUであるL.R.BaggsのM1を載せたギターを使用されています。

MEMO
厳密に言うと上記動画のJ-45にはFishmanのインブリッジタイプのピエゾPUも内臓しており、M1の音とミックスしているそうです。

ね。自然な音ではないけど、いい音じゃないですか?

② 音量

マグネットは△にしています。

マグネットPUがピエゾPUに比べて低出力ってわけではなく、むしろ高出力らしいんですけどね。

M1などもそうですが、プリアンプの出力がピエゾに比べ弱く設定されています。

僕の知人はM1を使っていますが、フルバンドで演奏する際は別途外付けプリアンプを使って音量を稼いでいました。

 

ただ、ピエゾを使っていても音を太くするために外部プリアンプを入れたほうがよい場合も多いです。

外付けプリアンプについては下記記事に詳しく記載しています。

【参考記事】アコギ用 プリアンプの必要性と選び方についてcheck

③ 対ハウリング

マグネットPUはハウリングに強いです。

といってもピエゾもインブリッジPUならハウリングに弱くないです。

よって、ハウリングの観点ではピエゾもマグネットも同等。

④ 代表的な機種

ここでも初めにマグネットPUのまとめ

まとめ

  • ギターに加工しなくても取付可能
  • 出力も強く、ハウリングしにくい
  • 音がエレキっぽく、ややナチュラルではない。

マグネットPUでも代表的な機種としてL.R.BaggsFishmanからそれぞれ1機種ずつ、ご紹介します。

迷ったら、とりあえずこの二機種を選択しておけば間違いないです。

L.R.Baggs
¥21,384 (2018/07/17 16:26:32時点 Amazon調べ-詳細)

コンデンサーマイク

 音質音量対ハウリング
ピエゾ
マグネット
 コンデンサーマイク×

さて、2大PUの説明が終わりまして、最後はコンデンサーマイクです。

ここで言うコンデンサーマイクはギター内部に取り付けする内臓コンデンサーマイクです。

コンデンサーマイクはアコースティックギターの音を忠実に再現できますので、音質的には最高です。

ピエゾPUやマグネットPUでは出せない音です。

またまた、秦基博さんです。デビュー当初なので若いですね。

マグネットPUで紹介したGibson J-45をマイク録りしています。

音が実に自然ですね。

音はいいのですが、コンデンサーマイクには大きな欠点があります。それがハウリングです。

この動画のように弾き語りで1人でやるなら問題ないですが、バンド内での演奏は厳しいです。

 

ハウリングしないレベルまで音量を落とすと、バンドの音に埋もれて全く聴こえません。

さて、コンデンサーマイク内臓のピックアップ製品ですが最近ではL.R.Baggsから発売された「Lyric」が非常に良い製品でおすすめです。

参考動画こちら。

Lyricは後述するプロミュージシャン御用達のAnthemに使用されているTru-Micと新開発したプリアンプを組み合わせたコンデンサーマイク内臓タイプのピックアップ。

マイクで録った自然な音質はそのままにハウリング対策もされており、音量も上げられるという非常に良い製品です。

 

ただ、フルバンドだと設定で調節しないとハウリングを起こしやすくはあるようでバンドメインで使う人にはこの後のデュアルシステムをお勧めします。

アコースティック編成や弾き語りメインの場合は最有力にしてもよいピックアップと言えます。

また、Gibsonビンテージギターは初期装備のサドルだとインブリッジピエゾが載せられません。

さて、ここでコンデンサーマイクもまとめ。

まとめ

  • 音質はナチュラルで最も良質
  • ハウリングに弱く、フルバンドだと厳しい
  • 最近は内臓プリアンプでハウリング対策する機種が登場

…で、最後に「LYRIC」の紹介。

サドル交換なしでのGibsonビンテージギター向けピックアップだと大半の楽器店で一押しされているピックアップでもあります。

デュアルシステム

 音質音量対ハウリング
ピエゾ △
マグネット △
 コンデンサーマイク××
デュアルシステム

デュアルシステムとは、また小難しい名前でございますが、要はブレンドです。

ブレンドのパターンは上記の3つ。

  • ピエゾPU + コンデンサーマイク
  • マグネットPU + コンデンサーマイク
  • ピエゾPU + マグネットPU

販売されているものは大抵、「〇〇+コンデンサーマイク」という組み合わせ。

ここまで色んなピックアップを紹介してきたのですが、ハッキリ言って、デュアルシステムの選択がベストです。

コンデンサーマイクと音をブレンドすることで、ピエゾやマグネットの不自然さが薄まり、かつコンデンサーマイクの欠点であるハウリングを抑えることができる。

正にいいとこ取りしたピックアップシステムです。

 

そして、大半のデュアルシステムのピックアップはそれぞれのVolumeが独立しているか比率をいじれるようになっています。

弾き語りの時はコンデンサーマイク以外のピックアップはOFFにしたり、逆にフルバンドの時はハウリングしないようにコンデンサーマイクをOFFにしたりと状況に合わせて使い分けできます。

 

僕もピエゾPU + コンデンサーマイクのデュアルシステムのピックアップを使っています。

弾き語りライブやネット配信ライブをやる時はピエゾをOFF。

バンド時はピエゾとマイクを7:3くらいでブレンドしています。

また、それでもハウリングする時はマイクをOFFにします。

さあ、それでは…またどんな音かを聴くために、あの方に再登場していただきましょう。

今日は4曲も歌っていただき、ありがとうございます。秦基博さんです。

今回は先ほどのGibson J-45にL.R.BaggsのAnthem(ピエゾPU + コンデンサーマイク)を載せています。

ちなみに秦さんは少し前から所有のギターの大半をAnthemで統一しています。

 

他にも星野源さん、miwaさん、桜井和寿さんなど使っている人は多いピックアップです。

そんな素晴らしいデュアルシステムですが、唯一欠点があります。

それは値段が高いことです。

デュアルシステムはどれも30,000円以上はします(Anthemは約5万)。

工賃なども考えると、6~70,000円はする。

うーん、そこそこのギター1本買えちゃうね。

・代表的な機種

そんなデュアルシステムのまとめ。

まとめ

  • 各ピックアップの良いとこ取り
  • 弾き語りはマイク、フルバンドはピエゾといった使い方が瞬時に可能。
  • 使い勝手はダントツだけど、価格が高い

金額はさておき、デュアルシステムも代表的な機種をご紹介します。

以前はAnthemくらいしか選択肢がなかったのですが、現在はむしろピックアップの主流になりつつあるので選択肢が増えました。

予算が許すならAnthemで安定です。

 

ただし、Gibsonのビンテージギターはサドルを交換しないとインブリッジピエゾをそのままでは載せられないのでAnthemも付けられません。

といってもプロミュージシャンは「Gibsonビンテージ + Anthem」という選択肢を取っている人が多い。

その点も含めて、下記記事で紹介しているので参照ください。

【参考記事】Gibsonのビンテージギターに適したピックアップとはcheck

Gibsonビンテージギターではない人、もしくはサドルを変えて載せられるようにする人には非常におすすめ。

プロミュージシャンでもGibsonビンテージギターのサドルを交換してAnthem載せる人が多いです。

L.R.Baggs
¥43,200 (2018/07/17 23:03:04時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

  • ピックアップには「ピエゾ」「マグネット」「コンデンサーマイク」の三種類がある
  • 自然な音なら「コンデンサーマイク」。だがハウリングに弱くてバンドでは使いにくい
  • デュアルシステムは各ピックアップの良いとこ取りで利便性も音もよく最強だが価格が高い

さて、いかがだったでしょうか。

ピックアップにはそれぞれ、メリットとデメリットがあります。

そして、それぞれの弱点を全てクリアしたデュアルシステムなるものが最強ではあるが、値段が非常に高いということでしたね。

ご自身の予算と相談しながら、どの選択肢がよいか考えて見ましょう。

 

僕が最初買ったGUILDのギターにピックアップを載せる時にはデュアルシステムなんてものはなかったんですよねぇ。

M-1はあったから、そっちにしとけばよかったんでしょうけど。

当時はアコースティックギターを始めたてなこともあり、詳しくなくて店員さんの勧めるがまま選んだら失敗したわけです。

 

ちなみにその失敗から2本目のギターを買うときにはライブ向けでエレアコとして使い勝手がいいもの!と決めて買いに行きました。

【参考記事】2本目のギターの選び方check

 

最初の失敗で、いい勉強になりましたが愛機にピックアップ取付のための穴を開けたり戻れない部分もあるので、できれば失敗したくないですよねぇ。

デュアルシステムなら失敗することはほぼないので、高くてもお金を貯めてデュアルを入れとくことをオススメします。